【Cream/ Tales Of Brave Ulysses】和訳 ギリシア神話か現実か?愛に溺れる Drowner of Love

Happy Birthday Ginger Baker! I wish you an outstanding and fabulous birthday my friend, I think you met many rock’n’roll friends at there!

今日8月19日は Ginger Bakerのバースデイ!

今日はお祝いを兼ねて、Ginger BakerのいたCreamの曲の中から、Lyraが「セクシーで夏っぽいなあ」と思う曲をお届けします〜。

まさか連日「命の危険に関わる暑い日なので水分を取りましょう」など、命の危険があるような夏が普通にある人生が来るとは思わなかったわ。

それに去年の今頃は、海で泳いでいたし、マスクなんかしていなかったし…。

本当、生きていたら何が起こるかわからないね〜?

分からないんだったら、めっちゃ良いことが起きそうな気がして来たわ。

灼熱の太陽の下でこの曲を聴いたら、きっと涼しくなるかも。

もしくは溺れるような恋をしたくなるかもよーン!

スポンサーリンク


今日Lyraが和訳する曲は、イングランド、ロンドンで結成されたスーパー・ロック・バンド、Cream クリーム。

1960年代ハードロックの源流とされるグループの一つであり、スーパー・グループの始まりを作ったバンドでもある。

Jack Bruce ジャック・ブルース、Eric Clapton エリック・クラプトン、Ginger Baler ジンジャー・ベイカーの才能のバトルが、スーパーグループの所以である。

今日Lyraが和訳する曲は、1967年リリースの2nd スタジオアルバム『Disraeli Gears』に収録されている曲、【Tale Of Brave Ulysses】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後にまたお話しましょう!

 

(click to amazon↓ ↓ ) 2nd Studio Album “Disraeli Gears” [CD]クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“Tales of Brave Ulysses” is a song recorded in 1967 by British group Cream. It was released as the B-side to the “Strange Brew” single in June 1967. In November, the song was included on Cream’s second album, Disraeli GearsThe song features one of the earliest uses of a wah-wah pedal, which guitarist Eric Clapton plays throughout the song.

スポンサーリンク

=Tales Of Brave Ulysses=

[Intro]
You thought the leaden winter
Would bring you down forever
But you rode upon a steamer
To the violence of the sun

[Verse 1]
And the colors of the sea
Bind your eyes with trembling mermaids
And you touch the distant beaches
With tales of brave Ulysses
How his naked ears were tortured
By the sirens sweetly singing
For the sparkling waves are calling you
To kiss their white laced lips

[Verse 2]
And you see a girl’s brown body
Dancing through the turquoise
And her footprints make you follow
Where the sky loves the sea
And when your fingers find her
She drowns you in her body
Carving deep blue ripples
In the tissues of your mind

[Chorus]
The tiny purple fishes
Run laughing through your fingers
And you want to take her with you
To the hard land of the winter

[Verse 3]
Her name is Aphrodite
And she rides a crimson shell
And you know you cannot leave her
For you touched the distant sands
With tales of brave Ulysses
How his naked ears were tortured
By the sirens sweetly singing

[Chorus]
The tiny purple fishes
Run lauging through your fingers
And you want to take her with you
To the hard land of the winter

[Guitar Solo]

 

お前は重苦しい冬を思った

それは永遠にお前を落ち込ませるだろう

だがお前は太陽の暴力へと向かう

蒸気船に乗り込んだ

 

海の色が

身震いするような人魚と一緒に

お前の眼(まなこ)を釘付けにする

そしてお前は

オデッセウスの物語で有名な

遠方の浜辺に触れるのさ

彼の無防備な耳が

どのようにしてセイレーン達の

甘い歌声で拷問されたか

きらめく波波が

その白いレースで締めた唇に

キスしろと

お前を呼んでいるよ

 

そしてお前はトルコ石を突き破って踊る

茶色の肌の女に会う

彼女の足跡が

空が海を愛す場所へと

お前を追いかけさせるのさ

そしてお前の指が

彼女自身を見つけた時

お前は彼女の体内で

溺れ死にさ

その深い青色に刻まれた体が

さざなみを立てている

お前の精神の組織の中でな

 

スポンサーリンク

小さな紫色の魚が

笑いながらお前の指の間を

走り抜ける

そしてお前は彼女を連れて帰りたくなるんだ

冬の厳しい国へと

 

彼女の名前はアフロディーテ

真紅色の貝に乗っている

分かってるだろ

お前は彼女と離れられないぜ

だってお前は勇敢なオデッセウスの物語の (ユリシーズ物語の)

遠方の砂に触れたからさ

彼の無防備な耳が

どのようにしてセイレーン達の

甘い歌声で拷問されたか

 

小さな紫色の魚が

笑いながらお前の指の間を

走り抜ける

そしてお前は彼女を連れて帰りたくなるんだ

冬の厳しい国へと

 

Songwriters: Eric ClAton, Martin Sharp

Translator: Lyra Sky 和訳

はあ〜、Gingerカックイイ💕

格好つけてないのにワイルドな魅力がある所に惚れてまう〜♪

皆んなEricに目が行くみたいだけど、1960年代〜のサイケデリック・ロックのドラマーで、Gingerが1番ドラムが上手いと思うし、1番オシャレさんだと思う。

中々、この蛇革ブーツにファーコートは普通の人には似合わないわー。

柄シャツも似合うし、3人の中で1番長身ていうのもあるけれど、1番スタイリッシュだし、Creamのサウンドを引っ張って行ってるのは、Gingerだと思うな。

スポンサーリンク

タイトルの【Tales Of Brave Ulysses】は、古代ギリシア、紀元前8世紀末のアオイドス(吟遊詩人)だと言われている Hómēros (英語だと Homer ホメーロス) の代表的作品『The Odyssey 』 に出てくる Odysseus オデュッセイアから来ている。

わかりやすく言えば、ギリシア神話を題材にしたと言うこと。

Ulyssesとは、Odyssdusを英語に変えたものだから、今回Lyraは、オデュッセイアと訳しました。

このギリシア神話のような幻想的な歌詞は、Creamのメンバーではなく、漫画家Martin Sharpマーティン・シャープによるもの。

因みにMartinは、編者のRichard Nevilらと1963年シドニーでアングラ雑誌Ozを創刊。そして1966年2月にイギリスへ渡って来た人。

写真家Robert Whitaker とロンドンのチェルシーに共同スタジオを構える前に、Richard の姉で作家のJill Nevil に居候していた時にナイトクラブThe Speak Easyで、Ericを紹介され、「最近書いた詩があるんだ」と話したら、「丁度俺が書いた曲に合う詩を探していたんだ」と言われたのだった。

Martinは、早速ナプキンに詩と住所を書き、Eric に渡した。

Ericは、Lovin’ Spoonful’ ラヴィン・スプーンフルの【Summer In The City】に着想を得た曲に、この詩をのせてかんせいしたのが、この【Tales Of Brave Ulysses】「英雄ユリシーズ」なのだ。

 

レコーディングは1967年5月、ニューヨーク。Jack Bruceがメイン・ヴォーカルだ。

この曲は、6月9日、シングル【Strange Blue】 ストレンジ・ブルー」のB面として発売

そして2nd アルバムにも収録された。

1972年発売のライブ・アルバム『ライヴ・クリーム Vol.2』にライブ・バージョンが収録されている。

(click to amazon↓ ↓ ) Live Album “Live Cream Vol.2” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

(click to amazon↓ ↓) 2nd Studio Album “Disraeli Gears ” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

ユリシーズは何年も旅行し、倒れたトロイから、ギリシャの自宅に戻る道を見つけようとしたが、最悪の場合数か月かかるはずでした。

その旅路を幻想的な歌に変えたのだ。

寒い国は、この曲だとイギリスやスコットランドのようだし、旅をする男も、ギリシア神話の登場人物と言うよりは、1960年代当時の男や、現在の人物に思えるから、身近なファンタジーとして聞いた方がリアルに入って来ていいと思う。

それに普通に聞くと、現地の女性、人魚、女神アフロディーテと美しい女性たちが立ち代わり〜だが、良く聞いてみると、少し違ったイメージが湧いてくる。

Lyraのいつもの深読みだが、人魚と女性は同一な気がするし、アフロディーテも人魚みたいで、まるで1人の女神に翻弄された男の歌にも思えてくる。

And when your fingers find her
She drowns you in her body
Carving deep blue ripples
In the tissues of your mind

の箇所は、セクシー過ぎ〜。

聴いてると、溺れ死にさせてみたくなるわ〜。

お伽話のようで、実際には、リアルな世界にいる女に惚れたイギリス男の歌みたいで面白い。

大英帝国然としたGingerのドラミングも気分を盛り上げる。

Creamの奏でる不思議な世界のラブソング。

時代を超えていつまでも、この地球で鳴り響くよ。

夢のような愛を味わいましょう。

 

スポンサーリンク

This song’s lyrics were not written by Cream, but by a guy named Martin Sharp. Clapton matched it to the music from a song he was already working on.

The lyrics refer to Ulysses, whose real name was Odysseus, in the original Greek stories. He’s famous mainly because classical Greek writer Homer wrote down a form of the stories in his book The Odyssey.

In it, Ulysses travels for years, trying to find his way from fallen Troy back to his home in Greece…which should have taken a few months at worst.

The song was the first collaboration between guitarist Eric Clapton and artist Martin Sharp. Clapton composed the music, inspired by the Lovin’ Spoonful’s 1966 hit “Summer in the City”. “I just started chatting to Eric”, said Sharp, who lived in the same building. “I told him I had written a poem. He, in turn, told me he’d written some music. So I gave him my poem. Two weeks later, he turned up with it on the B-side of a 45 record.”

The song was the B-side for “Strange Brew” in June 1967, several months ahead of the group’s second album, Disraeli Gears, which included both songs. AllMusic’s Matthew Greenwald calls it, “One of a few overtly psychedelic songs to have aged gracefully … Lyrically, it’s a relatively factual and colorful rendering of the great Greek tragedy Ulysses”.

In his 2007 autobiography, Clapton recalls:

When [first meeting Sharp] he heard that I was a musician, he told me he had written a poem that he thought would make good lyrics for a song. As it happens, I had in my mind at that moment an idea inspired by a favorite song of mine by the Lovin’ Spoonful called “Summer in the City,” so I asked him to show me the words. He wrote them down on a napkin and gave them to me … These became the lyrics of the song “Tales of Brave Ulysses”.

The song uses a “C/B flat/F chord pattern”, which Greenwald describes as “simple but effective”. Jack Bruce, on bass, also provides the vocal, and Ginger Baker is on drums.

Cream recorded the song at Atlantic Studios in New York City in May 1967, during the sessions for Disraeli GearsAtlantic brought in engineer Tom Dowd and producer Felix Pappalardi to work with Cream on their next album. For the recording, Clapton used a wah-wah pedal guitar effects unit for the first time.

Cream performed the song in concert and a 10 March 1968 recording from Winterland in San Francisco is included on Live Cream Volume IIIn May 1968, the group were filmed performing it for The Smothers Brothers Comedy Hour television programme. “Tales of Brave Ulysses” was later overshadowed by “White Room”, which utilised the chord progression and wah-wah to create one of Cream’s biggest hits.

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。