【Måneskin /VENT’ANNI】和訳 English Translation 20歳の乙女のように…マネスキン Måneskinについて

This is One of my favorite bands that I don’t wanna tell everybody except my followers. They’re Itarian band Måneskin also they’ve been playing songs with Itarian lyrics. So I’d like to show ya one of their new songs with my Japanese & English translation on my blog today(and its music vid eo,too). I’m gonna be happy to make you enjoy it. Let’s enjoy with Lyra.

実は Lyraには、お気に入りバンドが幾つかあり、その中で教えたく無いバンドが数個ある。

つまり、紹介するのを躊躇しているバンドがあると言うこと。

何故なら、仲良しフォロワーさんには教えたいのだけど、このブログには、フォローしてくれていない人々も普通に見にくる訳でしょう?

不特定多数の方々、皆さんに喜んでもらえるように書く事を心掛けているLyraですが、その中には、妬みまくる変人もいて、そう言う人々は悪意丸出しだから嫌思いをしてるのです。

それにご存知のように丸パク・ウーマン達から、ちょいパクリ・マンまでいる為、真似されるのも嫌だしね〜。中には有名な人もいるから、使うならLyraの名前を明記して使用すべきだと思う。本当悩む。

最近、自分が損してる気分がMaxになっているの。だから内緒にして来た物やバンドがあるわけです。

でも今日は何か「秘密を1つくらいはバラしても良いか?」ってなっていて我ながら不思議。

最近Lyraも色々あって、気分を変えたいのもあるのかも〜。

今日は、日本ではまだ知っている人が少ないバンドの中から、gorgeous なバンドを紹介しましょう。

ヨーロッパ的なネットリした歌詞と雰囲気が、Lyraが推したいポイント。

怪しい雰囲気を醸し出している彼らだけど、本当はピュアな人たちだと思う。

そのピュアさに触れてみよう。

“【Måneskin /VENT’ANNI】和訳 English Translation 20歳の乙女のように…マネスキン Måneskinについて” の続きを読む

【Kozmic Blues / Janis Joplin】和訳 生に貪欲 Greedy WayOf Life

Happy Birthday Janis Joplin! The sun’s shining more brightly today as a way to wish you happy birthday. so don’t cry baby. you’ll be happy at there.

今日は、真のブルーズ・シンガーになりかったブルーズ・ロック・クイーンのJanis Joplinのバースデイ。

だから今日は、彼女の最高な歌声が聴ける素敵な曲を和訳して、Janisを偲びましょう…っていい声が聞ける曲が多いから迷うわ〜。

Lyraのイチオシの曲は、もう既に数曲このブログで紹介したので、ファンに大人気の曲にしたよ。

たたこの曲…意味が分からないと言うひとか多いの。

Janisのどうしようもない気持ちが吐き出されているのに…。

切なくなるけど、これがJanisという女性の生きた方だったんだろうね。

どうしようもないけど、もがいてる姿がいじらしい。

 

“【Kozmic Blues / Janis Joplin】和訳 生に貪欲 Greedy WayOf Life” の続きを読む

【The Flaming Lips/ My Religion Is You】和訳 無償の愛 Unconditional Love

Happy Birthday Wayne Coyn! I love your unique original worldview. I’m lookin’forward to see your new world,

先日 ヴォーカルの Wayne Coyn の Birthday だったので、「Wayne のバンドの曲でお祝いして盛り上がろう!」と、ウキウキ、和訳していたので今日あげちゃいます。

昔のWayneって不思議な感じだった。

Lyraが好きなSyd Barrettみたいな変わったところがあって、見た目も少し似ていたし、かと言ってダークな人ではなく、Beckみたいに飄々とした感じだった。(ヘナヘナとも言うw)

でも最近の彼は、サーカス団の団長のよう。

ドリーミーなふわふわした世界を見せていながら、彼自身は力強い存在感がある。

バンドが大きくなったからと言うのもある。

でもWayneがそう言う人なんだと思う。

力強くて夢みがち。

愛を唱えたもん勝ち。

たまにはそんなドリーミーなラブソングも良いでしょう。

夢の世界へ

ようこそ…。

“【The Flaming Lips/ My Religion Is You】和訳 無償の愛 Unconditional Love” の続きを読む

【Syd Barrett/ Dark Globe】和訳 Syd Barrettの素顔 Iggy the Eskimo

Happy Birthday Syd Barrett! When I’m listening to your songs,I always feel like you’re sitting by my side.Especially that feeling get more.maybe our channel of our minds’re same.

今日は、Syd Barrettのバースデイなので、前にSyd在籍時のPink Floyd の曲を和訳&解説したから、彼のソロワークの中から選んだよん。

本来はメジャーな曲にしようと思ったの。

でも朝にこの曲が頭にパッと浮かんでしまったのと、たまたま開いた本に、この曲タイトルの言葉が出て来たので、何となく「Syd のお告げか?」なあ〜んて予感がしちゃったので、このマイナーよりの曲を選びました。

書いているうちにSydの話というより、不思議なんだが、彼の恋愛観にLyraの興味が移ってしまいました。

だからお祝いハッピー!って弾けられないのも、この歌詞のせい。

刹那い男の想いをさめざめ泣きながら書いている様な歌詞なんだけど、いつものLyraの深読みが始まってしまい、「これはとっても情熱的なメッセージなんじゃないか?」と思い始めたよ。

Sydって情熱的だったんじゃない?

最近、妖しい輩がLyraの周りに寄って来るから、Sydへの愛を書かない方が危なくなくて良いのかもしれないけど、Sydの Birthdayなんだもん。

気にしないで書いちゃお。だって、

Lyraは、Lyraでしかないから、この生き方しか出来ないんだもの。

“【Syd Barrett/ Dark Globe】和訳 Syd Barrettの素顔 Iggy the Eskimo” の続きを読む

【The Verve/ She’s A Super Star】和訳 音に抱かれるということLike Held In Your Arms

大好きなThe Verve。

この人達の音は、Lyraの癒しなの。

その為、何も考えずについ手にしてしまうCDでもある。

昨年1番良く聴いたアーティストがThe Doorsでもなく Jimi HendrixでもなくOasisでもなくDepeche ModeでもなくThe Verveだったから、ちょっぴり驚いたけれど、それだけ癒されたい年だったのかもしれない。

聴くだけでトリップが出来るバンド。

この音の渦の中でLyraは自由になる。

特に初期の頃のThe Verveは一気にハートを鷲掴みにする。

サイケデリックで妖しくて優しい。

この音の中でなら素直になれる。

安心していられる。

一般向けじゃないかもしれないし、歌詞も普通の癒しではないけれど、Lyraには安心できる音。

そんな音を今日はお届けします。

“【The Verve/ She’s A Super Star】和訳 音に抱かれるということLike Held In Your Arms” の続きを読む