Cream / Sunshine Of Your Love 和訳 Colorful Cream Love 解説

ムフッ、格好良い!
このブログでも、他でも
Patty 絡みやElic Claptonのみの話やら、Creamの曲の 話はチラチラしているし、Jack Bruce (のご家族運営)に,イイねを時々してもらってるの。
「このまま放置じゃいかんな」と思い、好きな曲を和訳するの巻。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ロンドンで結成されたサイケデリックロック、ブルースロック、ハードロックバンド Cream クリーム 。
1966年から1968年という短さだが、ベーシスト兼ボーカリストの Jack Bruce ジャック・ブルース、ギタリスト兼ボーカリストのElic Clapton エリック・クラプトン(元ヤードバーズetc)、ドラマーのGinger Baker ジンジャー・ベイカーの3人の才能がぶつかり合う、Super Group スーパーグループであった。(1993年、2005年に再結成あり)。
スポンサーリンク

Lyraは、Creamの素晴らしさは、メンバー3人がそれぞれ巨人のような才能と演奏能力があったことだと考えている。

YoutubeやDVDで見るだけでも、その場にいなくても迫力ある才能のぶつかり合いが見れる。

まさにSuper Group.

そして、Bruce ブルースとHard Rock, Psychedelic Rock を 融合させたサウンドが真のロック好きのハートを揺さぶるのが特徴だ。

世界でアルバム売上は3,500万枚以上、 『Wheels of Fire』は世界初のプラチナアルバムを獲得した2枚組のアルバムとなった。

今日Lyraが和訳するのは、彼らの1967年リリースした 【Sunshine Of Your Love】。

あちこちで「この曲サイコーにSexy!」と言いまくって来たので「Lyraまた言ってる〜」と笑っている人もいるでしょうね。
和訳してなかったのよ(笑)。
それに今日はSexyな曲を聴きたい気分なの。
詳しい解説はLyraの和訳の後に又お話しましょう!
(click to amazon ↓↓ ) Studio Album “Disraeli Gears”  クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Cream were a 1960s British rock power trio consisting of drummer Ginger Baker, guitarist/singer Eric Clapton and lead singer/bassist Jack Bruce. The group’s third album, Wheels of Fire (1968), is the world’s first platinum-selling double album.The band is widely regarded as the world’s first successful supergroup.

In their career, they sold more than 15 million copies of their albums worldwide. Their music included songs based on traditional blues such as “Crossroads” and “Spoonful”, and modern blues such as “Born Under a Bad Sign”, as well as more current material such as “Strange Brew”, “Tales of Brave Ulysses” and “Toad”.

スポンサーリンク

= Sunshine Of Your Love =

It’s getting near dawn,
When lights close their tired eyes
I’ll soon be with you my love,
To give you my dawn surprise
I’ll be with you darling soon,
I’ll be with you when the stars start falling
I’ve been waiting so long
To be where I’m going
In the sunshine of your love

I’m with you my love,
The light’s shining through on you
Yes, I’m with you my love,
It’s the morning and just we two
I’ll stay with you darling now,
I’ll stay with you till my seas are dried up

I’ve been waiting so long
To be where I’m going
In the sunshine of your love

 

I’m with you my love,
The light’s shining through on you.
Yes, I’m with you my love,
It’s the morning and just we two.
I’ll stay with you darling now,
I’ll stay with you till my seas are dried up
I’ve been waiting so long
I’ve been waiting so long
I’ve been waiting so long
To be where I’m going
In the sunshine of your love

 

もうすぐ夜明けだぜ
朝日が疲れた瞼を閉じさせる時
もうすぐ、俺の愛するお前の側に俺は行くよ
お前に驚きの全てをやるために向かってる
今すぐダーリン、お前の元へ行くからな
星達が降り落ちて来たら、俺がお前と一緒にいるから

 

俺ったら、もう随分と長いこと、自分の行くべき場所を待ち続けて来たよ
お前の愛が輝く陽の光の中で

 

俺は、愛するお前のものだぜ
その光がお前を通り抜ける
そうだよ、愛するお前と一緒にいるからな
朝だぜ、俺たち2人きりだよ
ダーリン、俺がお前についていてやるから
俺の海が干上がっちまうまで、お前と一緒に居るよ
俺ったら、もう随分と長いこと、自分の行くべき場所を待ち続けて来たよ
お前の愛が輝く陽の光の中で

 

俺は、愛するお前のものだぜ
その光がお前を通り抜ける
そうだよ、愛するお前と一緒にいるからな
朝だぜ、俺たち2人きりだよ
ダーリン、俺がお前についていてやるから
俺の海が干上がっちまうまで、お前と一緒に居るよ

 

俺ったら随分と長い間待ち続けて来たよ
俺ったら随分と長い間待ち続けて来たよ
俺ったら随分と長い間、自分の行くべき場所を待ち続けて来たよ
お前の愛が輝く陽の光の中で
Songwriter: Eric Patrick Clapton / Jack Bruce / Peter Constantine Brown / Peter Ronald Brown
Translator: Lyra Sky 和訳

前にも何回か紹介した動画。メンバーの顔がちゃんと見れるのが良い。
で、こっちはちょい長めの1968年のRoyal Albert Hall ロイヤルアルバートホールのライブ。
Farewell Concertだからか気合い入りまくりなの。

演奏がバトルしてるのはRoyal Albert Hallのほうだよね。でも、アメリカのレコード会社の意図が見え見えで、わざとElicばかり写すのが、ちょっと不公平な気がしちゃう。
Creamと言ったら3人がトリオとして、力関係がどこかに集中することなく、各々が弾きまくる、叩きまくる、情熱のバトルみたいなところが良いわけでしょう?
ならば撮影も、環境の良し悪しで左右されるならまだしも、Eric Claptonを売り出したいから、とレコード会社の都合で彼ばかり写すのは、なんだかなぁ、と思う。
Favorite Bassistに Flea (Red Hot Chili Peppersレッドホットチリペッパーズ)と一緒にJack Bruce を挙げたLyraですが、特に「Cream の中で一番凄く好き〜!」て訳じゃないのよ。
ただJackが歌ってる時はJackを写そうよ、ってこと。
Gingerが写ってる時はGingerを、
Ericが写ってる時はEricを、という普通のことをしてくれ〜って話なの。
スポンサーリンク
Creamは、イギリスのバンドなのに、アメリカ、ニューヨークで1967年にレコーディングして、この曲が収録されている『Disraeli Gears』を11月にリリースし、
アメリカのヒットチャートの方で先にTOP 10入りしたり、
シングルリリースもアメリカが1967年12月で、イギリスは遅れて1968年9月って変わってるCream。
アメリカのレコーディング会社は、Eric をいたく気に入り、彼をメインにして売り出そうとしたんだよね。
つまり、Eric Clapton とバックバンドにしたかったわけ。
勿論、その話を却下したメンバー。
誰かをリーダーとして据えることはなく、均等に平等な立場で、だけど演奏はバトルするというスタンスを貫いた。
バンドであり続けたからこそSuper Groupになれたんだよ。
たった2年の短せではあるけれど、物凄い濃度の濃い、音、歌詞、演奏、人間関係を築いたのは、バトルできる対等な関係のバンドだったからだ、そうLyraは考えます。
(click to amazon↓↓ ) Studio Album “Disraeli Gears” クリックしてアマゾンへ ↓↓
Creamの曲には「Crossroads」や「Spoonful」などの伝統的なブルースを基本としたもの、
「Born Under a Bad Sign」などのモダンなブルース、さらにエキセントリックな「Strange Blue 」 「Tales of Brave Ulysses」「Toad」などがある。
ヒット曲も2年の間に、
「I Feel Free」(UK, #11)、
「Sunshine of Your Love」(US, #5)、
「White Room」(US, #6),「Crossroads」(US, #28)、「Badge」などなど。

 

どれも凄くハードで、尚且つポップさも兼ね備えているからヒットチャートを上る、上る。

Creamは、Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリクスと共にワウを流行らせた。

当時の音楽シーンに多大な影響を与えたと同時に、1960年代以降のHeavy Metal バンドや Hard Rock Band  にも、そして、Greatful Dead , Fish, Allmam Bros’ Band みたいなジャムセッションをするバンドにまで影響をもたらした。

それについて、GingerはNMEのインタビューで「レッド・ツェッペリンもヘヴィ・メタルも大きらい」と答えているのが、笑える。

確かに決めつけられるのが嫌いそう。(о´∀`о)

(click to amazon↓↓ ) [Remasterd Edition CD ] “Disraeli Gears” クリックしてアマゾンへ ↓↓ 

【Sunshine Of Your Love】は、どストレートなラブソング。
分かりやすい歌詞に難解なリズムが合わさるギャップが良いのかもね。
この曲はBassのJackが持って来た曲。
Jimi Hendrixのライブ後に、というかJimi とのツアーのライブを見ていたJackがあのギターの弾き方をBassでやれないものか?と考えて、このズンズンと腰に来るようなベースラインを思いついたのが始まりなんですよ。
それを思いついてEricに聴かせてスタジオ入りして作曲して、その曲にPete Brownが歌詞をつけたの。
丁度、前のアルバムが売れたから、今度はよりサイケデリックなサウンドの曲を新しくレコーディングしたいと考えていた彼らには、正にピッタリなラブソングが出来たと言うわけだ。
Gingerに「もっとインディアンが叩くようにtom tom drumを叩いてくれ」とJackとエンジニアTom Dowdが言った、と言われているけれど、実はGingerが考えたんだって。
Gingerがクレーム入れたらしい、、、やはり、この人、頑固者ね。
実はGinger好きなんだ。
あの赤毛と後ろから見たDrumming Style ドラミングスタイル がカッコいいんだよ!
あの曲がり具合、たまらん!
と、話はそれましたが( ◠‿◠ )
Lyraが生まれて初めて「Sexyな音だわ!」と子供ながらに感心、感動したのがこのCream の 【Sunshine Of Your Love】。
このBassの音だけでLyraはTrip トリップ出来ちゃうよ!
歌詞も「お前の側にずっといるから」てのが素敵。
夜中に向かってるみたいなシチュエーションが、ライブ終わって直ぐに彼女の家に向かっているEricやJackや Gingerみたいで良い。実際にそうだったのかもね。
クリームはVH1’s  の雑誌の 100 Greatest Artists of Hard Rock で16位、
ローリングストーンが選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストで66位。
今聞いても新鮮。
いつ聴いても新しい驚きがあるのがCreamだ。
彼らのサウンドは決して色褪せない。
色褪せない、変わらない愛の歌。
“I’ve been waiting so long to be where I’m going in the Sunshine of Your Love”なんて言われたいわ。
yoo hoo!
スポンサーリンク
“Sunshine of Your Love” is a 1967 song by the British rock band Cream. With elements of hard rock, psychedelia, and pop, it is one of Cream’s best known and most popular songs.
Cream bassist and vocalist Jack Bruce based it on a distinctive bass riff, or repeated musical phrase, he developed after attending a Jimi Hendrix concert. Guitarist Eric Clapton and lyricist Pete Brown later contributed to the song. Recording engineer Tom Dowd suggested the rhythm arrangement in which drummer Ginger Baker plays a distinctive tom-tom drum rhythm, although Baker has claimed it was his idea.

early 1967, Cream were writing and rehearsing songs for their second album. Their December 1966 debut album, Fresh Cream, was a mix of updated blues numbers and pop-oriented rock songs. Inspired by recent developments in rock music, they began pursuing a more overtly psychedelic direction.

“Sunshine of Your Love” began as a bass phrase or riff developed by Cream bassist Jack Bruce. Cream attended a concert on 29 January 1967 by the Jimi Hendrix Experience at the Saville Theatre in London. Cream guitarist Eric Clapton elaborated in a 1988 Rolling Stone magazine interview:

He [Hendrix] played this gig that was blinding. I don’t think Jack [Bruce] had really taken him in before … and when he did see it that night, after the gig he went home and came up with the riff. It was strictly a dedication to Jimi. And then we wrote a song on top of it.

A bootleg recording from the Ricky-Tick club in London before Cream recorded the song in the studio, shows “Sunshine of Your Love” with a beat common to rock for the period. Cream drummer Ginger Baker compared it to the uptempo “Hey Now, Princess”, another Bruce/Brown composition Cream recorded in March. He has said that he advised Bruce to slow it down and came up with the distinctive drum pattern which emphasises beats one and three.  (typical rock drumming favours beats two and four and is known as the backbeat).

However, Bruce and recording engineer Tom Dowd dispute Baker’s claim, which they say he only made much later. Dowd later explained

Where all the other songs that they [Cream] played were prepared, [but] this one song, they never found a pocket, they were never comfortable … I said, ‘You know, have you ever seen any American Westerns [films that have] the Indian beat, where the downbeat is the beat?’ … And when he [Ginger] started playing it that way, all of the parts came together and right away they were elated.

= about Band Cream =

The band’s biggest hits were “I Feel Free” (UK number 11), “Sunshine of Your Love” (US number 5), “White Room” (US number 6), “Crossroads” (US number 28), and “Badge” (UK number 18).

The band made a significant impact on the popular music of the time, and, along with Jimi Hendrix and other notable guitarists and bands, popularised the use of the wah-wah pedal. They provided a heavy yet technically proficient musical theme that foreshadowed and influenced the emergence of British bands such as Led Zeppelin, Deep Purple and Black Sabbath in the late 1960s and the early 1970s. They also influenced American southern rock groups the Allman Brothers Band and Lynyrd Skynyrd. The band’s live performances influenced progressive rock acts such as Rush.

The band was inducted into the Rock and Roll Hall of Fame in 1993.

They were included in both Rolling Stone and VH1’s lists of the “100 Greatest Artists of All Time,” at number 67 and 61 respectively.

They were also ranked number 16 on VH1’s 100 Greatest Artists of Hard Rock.

Members

  • Eric Clapton – lead and rhythm guitars, vocals
  • Jack Bruce – lead vocals, bass, keyboards, piano, harmonica, cello
  • Ginger Baker – drums, percussion, vocals

Discography

  • Fresh Cream (1966)
  • Disraeli Gears (1967)
  • Wheels of Fire (1968)
  • Goodbye (1969)
スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪