【The Wait/ The Pretenders】和訳 Kindness Of Heart 優しさと愛を! 解説

Happy Birthday James Honeyman-Scott! I’m lucky to meet your beautiful songs & your guitarsounds. Pretenders’ songs make me happy. Wish you’re enjoying to plapy the guitar at there.

今日はPretendersの格好良い音を鳴らすギタリストJames Honeyman-Scott のバースデイをお祝いする為に、彼のバンドの素敵な曲を和訳&解説しちゃいましょう。

去年もJamesのバースデイをお祝いしたから、あれから一年経ったなんて月日が経つの早すぎに感じる。

Pretendersと出会ったのは、小学生の頃で、小さいながらに彼らが、格好良くてポップでお洒落な音を出すバンドと思っていた。

でも大きくなって聞き直してみると、メンバー全員がメチャクチャ演奏が上手くてびっくりしてしまう。

それにポップなのは彼らがお洒落だったからそう感じただけで、実はとても難解な事をやりながら、パンクやハードロックだったりと、何でも出来てしまうボーダレスなバンドだったのが分かるのだ。

それは才能も技術力もあるからできる事なのよ。

特に、Jamesはヘヴィメタルぽいギターを弾いたりするから面白い人。

そしてPretendersは、物凄くリアルな歌詞を歌う、大人なバンドだと言うことにも気づいた、、、。

聞けば聞く程、味があるバンド、それがPretendersなのだ。

“【The Wait/ The Pretenders】和訳 Kindness Of Heart 優しさと愛を! 解説” の続きを読む

【Kid/ Pretenders】和訳 MV James Honeyman-Scott について R.I.P.

今日はJames Honeyman-Scottの命日。

Pretendersは大好きなバンドだから、度々このブログで紹介して来たので、今までのLyraが和訳した曲も合わせて聞いてみて欲しい。

そうすれば、Jamesのギターが魅力的で、ロックンロールしているのが、わかると思う。

Pretendersの曲は全て好きだ。

今も活動している素晴らしいバンド!

でもドキドキして恋したような気分になるChrissieの歌詞を彩るサウンドは、Jamesのいた頃が1番だった気がする。

言葉で言ってしまうとアッサリしてる風に感じてしまうが、Pretendersの1st&2nd アルバムは、神レベルのロックンロール・バンドが作った作品なのだ。

それはPretendersの4人全員の個性が輝いていたから。

Jamesのギターがあったからだ。

“【Kid/ Pretenders】和訳 MV James Honeyman-Scott について R.I.P.” の続きを読む

和訳【Pretenders /Tattooed Love Boys】解説 They’ve Got Something!

かっこいいお姉ちゃんバンドって中々いない。

かわい子ちゃんバンドなら沢山いるのにね〜。

皆んなビジュアルだけ、、、悪いけれど、見た目だけ女で口調が、野郎言葉になるのだから不思議。

でもこの人達は、可愛さやお色気をルックスには出さずに、歌詞に乗せ、そして声で表す。メロディで女心を奏でるの。

どこにも野郎言葉などない。

下町のお姉ちゃんのように、チャキチャキさ、威勢の良さはあるけれどね。

そしてメンバー全員が、テクニックの持ち主なのだから、夢中になるしかないよね〜。

“和訳【Pretenders /Tattooed Love Boys】解説 They’ve Got Something!” の続きを読む

和訳【Talk Of The Town /The Pretenders】Love is Proof I’m Alive 生きてる証

この7月に爆発的に人気が再燃したドラマの舞台がアメリカの1984年あたりだから、当時の音楽産業ロックがガンガン鳴っているわ、

昔買ったBlu-rayの映画を久しぶり見たくなり見るとGrunge一色でノリノリ。

なんとなく男臭いロックばかり聴いているので、今日は姉貴にロックしてもらおっと!

Matt Dilon “You rock Me” て感じ〜!

“和訳【Talk Of The Town /The Pretenders】Love is Proof I’m Alive 生きてる証” の続きを読む