【Paolo Nutini /Candy】和訳 パオロ・ヌティーニの魅力について Heyday of Sam Cooke!

デビュー当時の彼は、凄〜く可愛くて、同じ学校にいるイケてるクラスメイトって感じ。

だが甘いルックスなのに、一度歌わせたら「あんた Sam Cooke  サム・クックかい!」って、ツッコミを入れたくなる位のギャップの凄さに、Lyraは密かに「萌え〜」ってなっていた。

最近、音沙汰がないが、久しぶりに聴いたら、やっぱり萌え〜てまう。

10代じゃ無くなった彼は、ワイルドな兄貴に成長。

チャラさが無くなった代わりに、良い感じの髭男になっている〜♪

今日は久しぶりに”萌え〜”ながら、危険な恋(の歌)に突入しようか?

 

“【Paolo Nutini /Candy】和訳 パオロ・ヌティーニの魅力について Heyday of Sam Cooke!” の続きを読む

【Sam Cooke /Twistin’ The Night Away】和訳 Let’s Enjoy Life! 解説

学生時代。

夜遅く、レポートの宿題が終わると良くこの人の曲を聴いていた。

一息つきたい時に彼の声は、優しく包んでくれるようだ。

そして、気分が乗っている時は、真夜中でもテンション高めにしてくれるから、皆が寝静まった夜に薄明かり中、踊っていた。

朝まで踊りたくなる声の持ち主。

皆に愛された元祖 King Of Soul。

“【Sam Cooke /Twistin’ The Night Away】和訳 Let’s Enjoy Life! 解説” の続きを読む