【The Catheters/ Nothing】和訳 イタさを愛に Respecting Others’ Respecting Yourself

色んなことがあり過ぎて頭、爆発!

ってのは少し大袈裟だけど(笑)…やらなきゃいけない事があり過ぎて、どれから手をつけたら良いかすら分からない状態。

それでも時は止まってくれない。

アッと言う間に年末よ〜。

街はハロウィンのデコレーションで可愛らしくオレンジ色になっているから、気分はアガる。

けれど、いつもよりは少し地味かな?

どこに行っても人、人。

だから殺伐としてしまう人間も出てくる訳で…

でも焦ったって狭い日本でどうなるわけでもない。

他人に対して、あんな風に暴言を吐くような人間にだけは、なりたくないわ。

“【The Catheters/ Nothing】和訳 イタさを愛に Respecting Others’ Respecting Yourself” の続きを読む

【Nirvana/ Something In The Way】和訳 解説 バットマン新作の曲! The Batman 2021 Teaser!

な、なぬぅ〜? Lyraが大好きな者同士が、またコラボとなッ!

Tommy LeeとPostmalonといい、Megan FoxとMGKといい、Selena GomezとBLACKPINKといい…もう今年は嬉しいビックリが多すぎるぅ〜って、音楽や映画の話ざんす。

リアルで「嬉し過ぎて鼻血ブー!」なことが起きて欲しいのに…もう、起きろ!って(笑)。

ご存知の方も多いと思いますが、来年2021年 LyraのメチャLoveな映画『The Batman』が公開予定なのデス。

巷では、昔の作品と差別化を図る為”The Batman 2021″ なんて呼ばれていますが、この予告がやっと先週解禁(Covid-19のせいで製作が中断されたせい) 。

その時の使用曲がこれまたLovelyなGrunge Bandの Nirvanaのこの曲⁉︎嬉しすぎるから、今日和訳するぜ。

新しいThe BatmanはDC comicsとは全く関係ない設定。つまり完璧なるBatmanではない為、「進化したおニューBatmanになりPopになるんかい?」と半ば諦めて見るつもりでした。

Batmanを幼少期から愛して来たLyraですが、実は昔のPopで漫画チックなBatmanはイマイチで、最近の Dark KnightシリーズのDark & Real (暗黒ぽくて現実的)なBatmanの方が個人的に好きなの。

だから、この曲使われてるの知り「はあー?」と思って見たら、なーんとDarkness!監督が変わったのにあのまんま!

もう興奮しっ放し。

I’m living for this よ。

(この為に生きてる)

“【Nirvana/ Something In The Way】和訳 解説 バットマン新作の曲! The Batman 2021 Teaser!” の続きを読む

和訳【Sk8er Boi/Avril Lavigne】解説 See the Soul is inside

Avrilの1stと2nd は死ぬほど聴いた。前にも紹介した数曲はヘビローテ〜ションだった。【My Happy Ending】の彼女のファッションは、当時の自分のワードローブに近いこともあり勝手にマブダチに思ったり。

【Avril Lavigne / My Happy Ending】 和訳 Go on, go on! ロックガールのままでいて Lyrics

日本でも大人気で今となってはアイドル視されるシンガーだ。

ここで紹介した新曲も良かったし、今も変わらず可愛い。

でも今日紹介する頃のPop Punkしていた頃のAvrilが最高だなあ、と思ってしまう。

それは見かけの話では全くない。

サウンドの事よ。

ストレートなRockにガツン!と聞く者に訴えかける、強めの感情。

それこそがRockだ。

良い悪いは別として、「私はこうなのよ!」と真っ直ぐに私たちに訴えかけて来る。

有無を言わせない思いを綴った歌詞。

それが最高のRock。

陰でこそこそして不穏な動きをしている人には、一生手に入らないRockなのよ。

“和訳【Sk8er Boi/Avril Lavigne】解説 See the Soul is inside” の続きを読む

和訳【Iceage/ The Day the Music Dies】解説 Iceageを紹介!

その日の気分で予定をコロコロ変えてしまうLyraです。

Jimi Hendrixはお誕生日だから予定通りお祝いしましたが、それ以外は「今日の気分じゃないから」で予定を変更しまくり…やっと今日、こちらのパンクバンドを紹介できるわあ〜。

多分、夏から「書いたから早よ、ブログに載せないかん」と思ってたの、、、冬よ。

見た目のカワユサ故に、ヨーロッパ圏で大注目された彼ら。

いやいやサウンドが良いんだよ、本当に!

周りが、ビジュアルを優先してしまってサウンドを聴いてないんじゃない?

せっかくの良さを見てあげて〜!ってことで、今夜のお題は「デンマーク産PUNK パンクを食す」でありんす。

和訳【Up The Bracket/ The Libertins】解説 Protect Her! あの子を守れ』で「やる予定」と話したバンドが、これでした。

“和訳【Iceage/ The Day the Music Dies】解説 Iceageを紹介!” の続きを読む