ウォーキングデッド シーズン1、第2話完全あらすじThe Walking Dead,Season1,第2話生き残る為の方法

ウォーキングデッド第1話はこちら。
第2話、「生き残る為の方法」です。

第1話「目覚めの朝」のリックの閉鎖的な雰囲気から一変、今週はキャラクターが一気に増えます。

危機一髪、戦車のなかに閉じ込めらたリックがどうなるか?

無線の相手は?家族は?がポイント。ラストの方に詳しい内容とLyraのホンネの感想も書いときますね〜!

img_1415

これからのウォーキングデッドを引っ張って行くメインキャラの登場。

ネタバレ全開であらすじと、感想書きますよ!

sponcerlink

キャンピングカーの上に見張り。銃を持ったヒゲの白髪のおじさん、デール(ジェフリー・デーマン)だ。

リックの妻、ローリ(サラ・ウェイン・キャリーズ)の所に、少女エイミー(エマ・ベル)が「キノコを採って来たよ」と持って来るが、ローリが毒キノコかもしれないから、焼いて毒味をしないと危険だと話す。

ローリが息子カール(チャンドラー・リッグス)に「今から森へ取りに行くから、ここに居なさいよ」と声をかけると、カールが「Yes,Mum」と素直に返事をした。

それを見て、デールが「見える場所にいてくれよ、余り遠くへ行かないでね」と車の上から注意した。

「Yes,Mum」と小さく返事をするローリ。

森の中へキノコを探してると、ガサゴソ音が。

気にしつつも、森の奥へと。鳥の飛び立つ音と、誰がが木の枝を踏んだかのようなパキッと折れる音が。

ビクついていると、いきなり背後から押し倒された。

シェーン(ジョン・バーサル)だった。まちあわせをしていたのだった。森の中で抱き合おうと服を脱ぎ出す2人。しかし、一瞬動きを止める。

ローリの首から結婚指輪下げたネックレスがあったからだ。ローリは、申し訳なさそうにするが、指のネックレスを首か外した。また、激しく抱き合うローリとシェーン。

2人が激しく事に励んで?いた時、アトランタの街の中ではリック(アンドリュー・リンカーン)が戦車に閉じ込められていた。

馬にウォーカーたちが群がり食べており、戦車にはウォーカーが乗っかり戦車の蓋を開けようとしている。

「生きてるか?」とスピーカーから声。「心配したぜ!」

リックが無線のマイクを勢いよく取り「俺の事が見えるのか?」と聞くと、

「ウォーカーに取り囲まれて戦車の中にいるなんて悪いニュースだな」と男。

リックが「良いニュースはないのかい?」と尋ねる。「誰だか知らないが助けてほしい。」

「現状を目にしたら気が変になるぜ!」と男。

「何かアドバイスないか?」と聞くと「さっさと、そこから逃げろ!」としか言わない。

「外の様子を教えてやるよ。戦車の上に1人。あとは、馬を貪っているぜ。戦車の後ろが空いているから、今すぐそこから逃げろ!武器は持ってるか?」と聞いて来た。

必死に探したが、1丁のピストルと手榴弾しかない。15発装填していることをリックが話すと、

「50ヤード先の路地で待ってるぜ!」と男は叫んだ。

一瞬、気合いを入れるリック。戦車を出て、まずウォーカー1人をやっつけた。それを聞いたウォーカーたちが群がって来るのをピストルで打って行きながら、リックは全速力で走った。

いきなり角から野球帽を被り、リュックを背負った東洋人が現れた!

「こっちだ!」とリックを先導して走り、非常階段を上がって行く。

それに、必死に続くリック。危機一髪、2人は非常階段の踊り場で一息つき、互いに自己紹介をした。

男の名前は、グレン(スティーヴン・ユアン)。下にはウォーカーたちが先ほどより群れをなして捕まえようと手を伸ばしていた。

グレンの案で、屋上まで長く真っ直ぐ続く梯子を上がって行く事にし、難を逃れた。

何で危険を犯して助けてくれたんだ?と、リックが尋ねると、グレンは笑いながら、「俺が助けたように、いつか、あんたに俺の事を助けて貰えるかな?って期待して助けたんだよ、君より俺の方がバカだな」

そう屋上で話しながら、グレンはトランシーバーで、「新入り1人、ウォーカー4人が来たぞ!」と誰かに連絡した。

ビルの下へ下りていき、裏口から入ろうとしたら、顔面に機動隊マスクを被り、棒を持った2人が出て来て、グレンとリックを中に入れてやるために、追って来たウォーカーをやっつけた。

ビル内に入るといきなり、アンドレア(ローリー・ホールデン)と言う金髪の女が銃をリックに向ける。

「あんたのせいで、皆が殺されそうになってんのよ!」

食料を求めて来たのに、リックが銃をぶっ放してウォーカーをやっつけたから、ウォーカーたちが音を聞き付けて予想以上な集まってきたから怒っていたのだ?

「音に呼ばれてウォーカーは来るのよ!」

ビルはデパートで、中にいたのは、白人の女アンドレアが1人。黒人男女2人、ヒスパニック男1人。

それ以外に、屋上にはマシンガンをぶっ放している白人男メルル(マイケル・ルーカー)1人と、銃をを打つな!と止めている黒人男Tドッグ(アイアン・シングルトン)が1人。2人は乱闘になった。

大乱闘に発展した。メルルの黒人差別もあり、Tドッグはボコボコにされて顔に銃を突きつけられた。

皆が止める。緊迫した中、メルルが、「ボスを決めるべきだ!今日から俺だ!」とマシンガンを撃とうとするため、ビビる全員。

その時、リックが取り押さえ、説教をしながらメルルの右腕に手錠をかけ、屋上の鉄の配水管に繋げた。

「お前、保安官かよ!」

「ただの妻子を探してる男だ」とリック。「妻子を探すのを邪魔する奴は誰でも容赦しない。」

屋上から下を見るとウォーカーたちが先ほどより集まって来たようだ。

無線が上手く繋がらず、遠くでキャンプをしている仲間と交信が出来ないから、助けを呼べないで立ち往生しているのだった。

「下水道から逃げるのはどうだ?」とリック。

それを聞いてグレンがビル周辺を見るが、マンホールが何処にもない、と言った。

それを聞いて、黒人の女性ジャッキー(ジェリル・プレスコット)が、こういう古い建物の地下には下水道と繋がる排水溝があるはず、と言った。じは、都市計画課で働いていたから詳しいのだと言った。

皆で地下へ行く。1箇所だけ地下へ繋がる排水溝を発見したが、中が真っ暗で繋がってるのかも判らない。

「誰が行く?」とグレン。皆、黙って答えない。

「OK!じゃあ、俺が行くわ!」とグレンが言うと、「私もついて行く!」とアンドレアが言った。

が、グレンは1人で行くと言う。皆が何で?と驚いているから、リックが、「言いたいことがあるんなら、言えば?」と言った。

グレンが「ここに来るまでは1人で問題なくやって来てたんだ。だが、今は災難続きだからだよ、悪気はないんだ」と言い、

「下へ行くなら俺の言うことに従ってくれ。1人だけ連れて行く。中が狭いから、何かあったときに身動き取れないと困るからだよ。

リックはアンドレアとデパートの入り口にウォーカーたちが群がり扉を押して来てるから、壊れないか見張っていてくれ!

都市計画課の女性は、ここで、下に潜った俺たちに何かあったら、助けを呼んでほしい。そして、君、モラレス(ファン・パレハ)(ヒスパニック系の男性)は、俺について来てくれ!」

と、凄い勢いで、テキパキと指示をした。

リックが感心して「役割が良くわかったよ、OK!」とグレンの肩を叩いた。

排水溝の中は真っ暗、ネズミが1匹歩いている。そのネズミが進む方向に行くと、ジャッキーが言った通り、下水道と繋がっていた。

そのネズミについていくと表の下水道と繋がっている!

バーナーで塞いでいる金網を焼き切れば直ぐに逃げれるぞ、と話していたら、目の前にネズミを食べているウォーカーがいた。

こちらに襲いかかろうと金網から手を出そうとして来た。

sponcerlink

デパートのガラス張りのドアは、ウォーカーたちが群がり押しているため今にも割れそう。

その前でアンドレアとリックが見張りをしている。そこは、婦人服とアクセサリー売り場だ。

「安全装置を外して今度は撃てよ。」とリックげ優しく言う。「赤い点が出たら、発射完了だ。」とアンドレアにピストルの打ち方をレクチャーしてあげた?

「妹の誕生日がもう直ぐなんだけど、あの子、こういう可愛いのが好きなのよね。子供みたいのが、、、こういうのをプレゼントしたいな。」とマーメイドがついたネックレスを手に触りがながらアンドレアが言った。

リックが、「あげれば?」と言う。

「これって窃盗罪になるんじゃない?」と言うと、リックが「今は無法地帯だから、気にしないでいいだろ?」と答えた。

その時、ドアの一枚が割れた!

その音を聞きつけ、グレンとモラレスとジャッキーが来た。地下の道はダメだと報告しに来たのだ。

屋上には、メルルとTドッグが2人。メルルが手錠を外してくれと懇願中。「黒人野郎と言って又、俺を殴るんだろ?」とTドッグ。

リックたちも屋上に上がって来た。屋上から下を見ると益々、ウォーカーたちで溢れかえっている。

どうしたものか、相談してる時に、ウォーカーの特性から、リックが良いアイディアを思いついた。

ウォーカーは、犬のように生き物の匂いや姿で判別すると言う特徴と音に寄ってくる、、、リックは皆に指示をした。

さっきリックがデパートに入ってくる時に裏口で倒した二体のウォーカーのうちの一体をビル内に運んで来た。

全員、トレンチコートに身を包み、全員でウォーカーを解体することにしたのだ。斧を振り下ろしたリックだが、思い留まる。

ウォーカーのポケットから財布を取り出し中を確認しながら、

「ウェイン、ジョージア州だ。1979年生まれ。」と美人の女の人の写真を取り出しながら「彼もスーパーボウルを見て家族を愛する普通の人だった。」と話した。それに続いてグレンが「そして、ドナー登録者だった、、、」と言った時に、リックが斧を勢いよく振り下ろし、ギタギタにし出した。

それを見て全員あーあー、とかOh,と唸り、吐きそうだ、と気持ち悪くなっている。

リックが全員に、「肌や目には付けるなよ!感染するかもしれんから」と注意し、全員でウォーカーの内臓や血液を取り出して、リックとグレンのトレンチコートや体に塗りつけ始めた。

Tドッグが死んだ子犬みたいだ、と言ったせいでグレンが嘔吐、アンドレアがTドッグを叱る。

体中に解体したウォーカーの内臓や肉をつけたリックとグレンが、外にユックリユックリとまるでウォーカーのように歩いて出て行った。

手には斧を持ってウォーカーに成り切るリックを、そばを歩いているウォーカーがチラッと見て一生懸命に顔を近づけリックの匂いを嗅ぐが、通り過ぎていくだけだった。

上手くいきそうだ!入り口をバリケードのように塞いでいるバスの下に入り込むグレンとリック。

バスの下から這い出ると、そこはウォーカーだらけの表通りだった!

沢山、歩き回るウォーカーたちの中をゆっくりと足を引きずる真似をして歩いていく2人。

その姿を屋上から見守る他のメンバーは、双眼鏡で様子を伺っていたが、いきなり雷の音を聞いた。

急に雨が降りそうな空に雷が轟く。

その頃、キャンピングカーの面々は、食料を調達しに行ったメンバーの帰りが遅いと心配していた。

シェーンがリックの息子カールにロープの結び方を教えている。それをニッコリ笑いながら嬉しそうに見ているローリ。

そこへ急にTドッグの声が無線から聞こえて来た。しかし、途中で又途切れてしまったが、「デパートに」と言っているのがハッキリ聞こえた。

エイミーが、「アンドレアは私のお姉さんだから私が助けに行く!」と言うと、シェーンが、「お姉さんはもうダメだろう。悲しいが状況を受け入れるべきだ、、、」と止めた。

エイミーがシェーンに向かって、「なんて事を言うのよ、このクソ野郎!」と毒づいた。

sponcerlink

アトランタでは、ウォーカーの群れの中を歩くリックとグレン。

「上手く行くとは思えないよ」とグレンがリックに囁く。それを聞いたのか1体のウォーカーが近づいて来た。

双眼鏡で屋上から皆んなが見ていると大粒の雨が降って来た。

大雨のせいでリックとグレンの服につけた腸や肉が流されてしまっている。だんだんと周りのウォーカーが首を傾げながら近寄り数が増えて行く。

「死臭が流れてしまうよ」とグレン。リックがグレンに「大丈夫だ、上手く行くから」と言った。

が、「いや、ダメかも、、、」と呟いたその時、隣のウォーカーが唸り始めた。

リックが「走れ!」と叫び、斧で襲いかかるウォーカーたちを1体ずつ倒し、やっつけて行く。

遠くに見える金網に向かって全力疾走するリックとグレン。2人は危機一髪、金網を乗り越えられた!

そこは整備工場だった。グレンがキーボックスから車のキーを取り出し、リックと2人でトラックに乗った。その途端、金網が破れウォーカーたちが2人を追いかけて襲いかかる。

急いでエンジンをかけ車を発進、街を出て行った。

屋上から見てた皆が街を出て行ったぞ!逃げる気か?どうなのか?と口々に言う。

グレンが、「どうするんだ?」聞いた。リックは、「騒音を利用するんだよ。」

リックが街の外で真っ赤なスポーツカーを見つけフロントガラスを斧でぶち破る。警報が大きな音を立てて鳴り響く。

その車に乗り騒音でウォーカーたちを誘き寄せる作戦だ!

グレンが騒音を鳴らす真っ赤なスポーツカーに乗りながら無線で、無線を聞いているモラレスへ向かって、皆を迎えに行くから屋上から皆んな1階に下りて裏口で待っていろ!と叫ぶ。

皆が急いで1階へ走り降りるのを発見し手錠で鉄柱に繋がられてるメルルが離してくれ!手錠を取れ!と叫んでいた。

それを無視して皆が出て行くがTドッグだけが可哀想に思ったのか先程リックから預かった手錠の鍵をポケットから取り出しメルルの手錠を外してやろうとした。

が、勢いあまり手が滑って鍵が落ちてしまう、、、バウンドして、、、鍵が偶然、排水管の穴にポトリと入ってしまった!

そのせいで、メルルの手錠を外せなくなった。Tドッグはせめてもの思いで、屋上へ出るための鉄の扉を閉めて鍵をかけ、ぐるぐる巻きに鉄の鎖を掛けてその上から鍵をまた掛けた。メルルの罵声が鳴り響く。

リックがトラックをデパートのビルの裏口につけた、と同時に表玄関の窓が割れ、店内の売場の周りにウォーカーたちがなだれ込んで来た。逃げ惑う全員。

シャッターを開け、リックが付けたトラックの後ろから全員が乗り込んで行く。

sponcerlink

屋上ではメルルが「クソ野郎!」と1人叫んでいた。

「手錠の鍵を落としてしまったんだ。」とTドッグが悲しげに呟いた。

「グレンは?」とアンドレア。

その頃、グレンは、真っ赤なスポーツカーの音をウィンウィン鳴らしながら、快調に車を走らせていた!

ノリノリにスポーツカーを走らせるグレン。Yeah!!と嬉しそうに叫び死んだ街を疾走して行く。

To be continue…

[Lyraのホンネ感想]

どうでしたか?意外とお茶目なジョークがチラホラ今回は出ていて、メンバーも合流し少しだけ明るい展開になりました。

リックがかなり強いから、リーダーなるわな、と納得しますが、いきなり人間、ここまで順応できる?と疑問になるね〜。主役だから仕方ないけど、、、メインは生き残るのが当たり前だけどウォーキングデッドは、ドラマらしからぬメインキャラでも死なせちゃう所あるんだよ。

グレンがお茶目なクレバーさでドラマの明るい部分を持ってってくれますよ。韓国人だ、て中国人と間違われるのが嫌みたいでやたら言い直すキャラなんだよね。

元ピザ屋配達人だけど、あまりにも頭が良いし戦闘能力があるから皆んなが不思議がるのがわかります。

ローリがリックの同僚のシェーンとできちゃってるのがこれからの波乱を予想できますね。

あとメルルが取り残されたのが気になるでしょ!彼は元軍人でヤクの売人。悪童非道のキャラだから、このままじゃ終わらないよね。どうなるでしょう?

次回の愛憎劇をお楽しみに。やっぱ、人間が1番やばいのヨゥ〜。

ウォーキングデッド第3話「命を懸ける価値」は、こちらから!

sponcerlink

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪