ウォーキングデッド,シーズン7第8話あらすじ「生きる意義」リックの覚醒、リックよコルトを使え!WalkingDead ,Season7-8

やっと半分超えて新しい動きが始まるWalking Dead 第8話「生きる意義」です。

カールが無鉄砲にも1人でニーガンのアジトに潜入して捕まってしまった前回の第7話。

今回は、ニーガン直々にカールをアレキサンドリアに送り届けにやって来て、、、果たしてPrettyなジュディスにチューするだけで済むのかな?

スポンサーリンク

*Lyraのブログは常にネタバレ& 本音レビューでやっております。詳しく内容を知りたくない方は、Lyraの感想をどうぞ!参考にしてください。

今回は、やーっと。やーっと。

皆んなの目が覚める回ですよ!

 

= 第8話「生きる意義」Hearts Still Beating あらすじ =

マギーは、グレンの墓の前に来ていた。しばらくグレンのそばにいてから塀の上へ上がり見張りをしていると、グレゴリーがやって来て「町のみんなが君に感謝しているらしいな。この前の夜も君のお陰で街が救われたと言ってるよ!」とりんご片手に愛想笑いをしている。

「あっそ。」とマギー。

「良い気になるなよ。」急に険しい顔になるグレゴリー。

「別に何も気にしないわ。貴方は、私のことが気になってしょうがないみたいだけど?」とマギー。

ニヤニヤ又うす笑いを浮かべているグレゴリーニヤニヤ「そのリンゴ食べるの?」とマギーが聞く。

「食うに決まってる」とグレゴリー。

すると隣でマギーと一緒に見張りをしていた男性が「彼女は妊婦なんだぜ!」と言葉を添えて来た為、渡さざるおえなくなてバツが悪いグレゴリーは、渋々、マギーにリンゴを投げた。

マギーは、リンゴを受け取り思いっきりかぶりつきため息をつく。

髭を剃り、楽しそうにミートソースを作るニーガン。アイルランドキッチンにはカールもパスタを作っており2人で作ってる様子は家族のようだ。カールの険しい表情だけが違うが…

オリビアにジュディスの面倒を見させ食卓につくニーガン。

「遅いな!もう待てん!ルシールも腹ペコだ!」とニーガンはルシールをイスに座らせた。ルシールの前にも料理がちゃんと置かれていた。つまりテーブルに5人。

キャロルは、まだ1人ボロ屋で暮らしていて、物音がしたので窓からみるとモーガンが食料を置いて帰るところだった。

キャロルは、モーガンに声を掛けた。部屋へ入るモーガンに、エゼキエルの物資が沢山あるのを見せ「1人になりたいのに、色んなものを皆んなが持って来て困る」とキャロル。そこへ、突然、王国のリチャードも水を持ってやって来た。

リチャードは2人に大事な話があると言い「いつ救世主が裏切るか分からない。救世主に奇襲攻撃を仕掛け倒すべきだから、エゼキエルを説得してくれないか?2人はエゼキエルが信頼してるから」と懇願して来た。
そして「キャロルは、暴力や戦闘の経験はないだろうけど頼むよ」とリチャード。

それを聞いてモーガンが「彼女は、最も戦闘能力があるんだよ」と話した。「なら尚更だ、戦うべきだよ!」とリチャードは喜ぶが、キャロルは「いいえ、私は関わりたくない。あなたは私の事を分かってないわ。ここには誰も来てほしくないし、あなたたちの命や死に私を巻き込まないで!1人にして!」と言った。

モーガンも「大勢の命が奪われることになる。」と付け足す。「何を言ってんだ?仲間を救う為にはいつか誰かを殺さなきゃいけない、この世界はそういうもの。大事な人を失う前に殺すのは仕方ない。このままじゃ、奴らに裏切られて血を見ることになるぞ!、、、そっか、血には慣れてるのか、、、」と肩を落として出ていった。

キャロルはモーガンにも自分は1人でいたいから構わないでと言った。

その頃、ダリルは、何者かが残した手紙の「今だ!行け!」とかかれた文字を眺め、脱出する事にした。廊下を抜け、話し声が聞こえたので急いで隣の部屋へ隠れる。そこで誰かの洋服が脱ぎ捨てらている中からパンツとネルシャツを抜き取り囚人服「A」を脱ぎ捨て着替えた。

たまたまあったピーナツバターの瓶を手に取り中身を無心で頬張りはじめ腹が満たされたのか、その部屋を出てバイクがある外へ向かう。

スポンサーリンク

リックとアーロンはピストルの穴がたくさん開いたボートに乗り、木片で漕ぎながら湖上のフロートの家へ漕ぎ出した。湖にはウォーカーが蠢いて、こちらへ来ようと手を向けてくる。水が入って来てもボートを漕ぎウォーカーを避けていく。

真ん中に浮いていカヌーに乗り移ろうとすると、中からウォーカーが飛び出て来た。

アーロンがやっつけたはずみで川に落ちてしまう。リックが焦ってアーロンが探すが、諦めかけた時、水面にアーロンが顔を出し助かったのを、確認。やっとの思い出フロートについたリックとアーロン。

弾以外は色々あったので、物資を集めトラックに積み込むリック達を対岸から何者かが見ていた。

その頃、スペンサーは自宅の鏡に向かい「やぁ、はじめまして」と何やら挨拶の練習。笑顔を作る真似。そして部屋の酒を持って出ていった。

途中、ロジータに「これからおデートか何か?」と声を掛けられる。

「何で俺たちは楽しい時を過ごしたのかな?」とスペンサー。

「そうね。場つなぎみたいなもん?貴方はハンサムだし、時々優しいし、、、本当に御免なさい。私、、、貴方を利用したの」と謝るロジータに、

「ふーん、じゃ、今夜、食事でもどう?変な意味じゃなくて友人として」とスペンサーが言うとロジータも一瞬、戸惑うが「OK、いいわよ」と答え、しょうがない奴、と苦笑いした。

物資調達から帰ったリックは救世主のトラックがあるのに驚く。

更にニーガンが自分の家で待っていると言われ困惑する。

物資をフロートからそのまま持ち帰った為、以前の家主が書いた「ザマァ見ろ、負け犬どもめ」と中指を立てた絵が書かれたメモが入ったままだったから、ニーガンたち=救世主達が勘違いしアーロンに暴力を振るい出した。

アレクサンドリアでは、スペンサーが先ほど鏡前で練習した通りの笑顔と挨拶でニーガンに自己紹介と酒をプレゼントしていた。

そして、2人でポーチに座り酒を一緒に飲んで話をしていると「エアコンあるし、酒もある。ここは最高だから別荘にしよう!これでビリヤードがあれば尚更なんだがな!」と浮かれるニーガンに、ポーチ前の家のガレージにビリヤード台があると話した。

「こりゃ良い!9ボールは最高!」とニーガンは言い、家の前の道路でビリヤード台をだしてプレイし始める。

住民たちも集まって見ていた。

スポンサーリンク

ニーガンがリックが遅い、と話し始めると、スペンサーは「リックには協調性がない、リックが来たことで優れた指導者だった母は死んだし、父も弟も死んだんだ。リックは掻き乱すだけで自分勝手だ。僕は指導者だった母の息子だ。アレクサンドリアのリーダーに相応しい」と言った。

それを聞き「俺はこう思うなー、リックは俺を殺したい。心底俺を憎んでるのがわかる。だが、奴は俺のために必死で調達してるんだ。それは、この町の人間を傷つけさせないためだ。それっと、ガッツがあるよな!一方、お前。お前は、リックの不在を待ち、その間、俺様に奴を殺す汚れ仕事をさせようと言い寄って来た。奴の地位を奪うためだ。なぁ、教えてくれよ?地位を奪いたいなら何で自分でリックを殺さない?俺の考えを教えようか?それは、、、お前にはガッツがないからだ!」と言うが早いかニーガンは、スペンサーの腹をスパッとナイフで切り裂いてしまった。

驚くスペンサーの腹からは、腸が真っ赤な血と共に流れ出し、信じられない、と言った顔で自分の腸を両手で抱えて倒れ込むスペンサー。

ニーガンは「こりゃ、失敗、俺としたことが!お前の中にはガッツ(内臓)があったんだな!こんな間違い、人生初めてだわ〜!」と言って笑いながら悶えだした。

「おい、誰か前へ出てこの汚物を片付けてくれ!」と言うニーガン。

誰も恐怖で動けなくなっているので「早くしろ!」と怒鳴るニーガンに、ロジータが、持っていた銃をニーガンに向け発砲してしまう。

バーン!と銃声。

ボコボコにされたアーロンを抱き抱えてリックが銃声のした方へ早歩きし出す。

「クソ!何しやがる!」と怒号をあげるニーガンの手にしているルシールに、ロジータの弾丸がめり込んでいた。

部下のアラットに押さえ付けられたロジータに「俺を殺そうとするとはな!ルシールが」と怒鳴るニーガン。ロジータは「邪魔されたわ!」

ニーガンは道端に落ちた薬莢を拾い「これは何だ?大したもんだ、手作りだな。アラット、ナイフを女の顔に当てろ」と命令。

「誰が作ったのか言え!言わないとその可愛い顔を傷つけてやるからな!」と脅すが、ロジータは自分が造ったと言う。

「こりゃ〜、何て肝が据わった女なんだ!もう〜好きにしろ!アラット!誰か他の奴を殺せ!」と命令すると、素早くアラットは反転し、カールと並んで立っていたオリビアを撃ち、オリビアは顔を撃たれ死亡。

そこへリックがアーロンを担いでやって来た。

「契約と違うぞ!」とリック。

「やっとリックが来た!おい、礼を言えってくれよ〜、お前の息子はうちのトラックに忍び込み部下を2人も撃ち殺したのに、俺様が直々に送り届けてやっただろ〜、それにな、スパゲッティも作ってやったんだぞっ。それに〜、コイツ(スペンサー)!俺にお前を殺させリーダーになろうとしていたからお前の為に殺してやったんだぞ!で、この女は俺を殺そうとして〜。ルシールを撃ったからこいつの代わりにあの女をら殺してやったよ。あの女の食欲は大損害だっただろう?まっチョイスしたのは俺じゃなくてアラットなんだけど、、、あの女は信用出来なかったんだと!」と言う。

リックは震えながら我慢して「荷物を持って出て行ってくれ!」と言うがニーガンは弾を作ったのが誰か言わないと出て行かないと言う。

「お前か?」とアーロンたちに銃を向けるのでタラが「私よ!」と言う。がユージーンが「違う、、、僕だ、、、」と半べそで言った。

「僕が造った。薬莢一つと装薬装置と火薬。じょうごと」と説明を始めるユージーンに、「もういい、信じるよ」とニーガン。

「厄介を省いてやろう。弾の製造者とお前が調達した物も頂いて行く!お前はまだ深刻な状況だ。大問題を抱えている。」と言ってユージーンを連れてアレクサンドリアから去っていくニーガン。

涙を浮かべ呆然と町の通りに立ちつくすリック。ゾンビに転化したスペンサーが動きだしたので頭をナイフで刺す。
そして一人地下牢にいるとミショーンが帰宅。

ミショーンはニーガンのアジトを探し出したが想像以上の人数であると打ち明け、「数では到底勝てない。でも私の道は決まっているわ。でも私1人じゃない、2人の生きる道にしたいの!私たちは生きている。生き抜いて、生き延びて、生きて行く。なぜ私たちは生きて行くの?[すべきことをする、だから生き延びた]と貴方は前に言ったわ。私はそのために戦う。ジュディスやカールのために、アレクサンドリアやヒルトップの仲間のために。奴らを倒す方法はきっとある。できるわ。でも1人じゃダメ。私たちがやるならよ!」と言った。リックは「ああ、そうだ、今やっとわかったよ。」とミショーンにキスをした。

スポンサーリンク

マギーは又、グレンの墓に来て土の上に座っていた。暫くグレンと話していたのか、立ち上がり見張り台に上がる、、、壁の向こうを見るとたちまちマギーの顔に笑顔が広がる。

門を自ら開けるマギー。そこには、リック、ミショーン、カール、ロジータ、タラが居た。

リックはマギーとハグをし「大丈夫か?君は正しかった。最初から。『戦う準備をしよう』と言ってくれたのに耳を傾けなかったが今ならわかるよ」と言った。

すると、そこに脱出したダリルとジーザスもやって来た。

ダリルは泣きながらボロボロの体をリックに預け、2人は抱き合った。

サシャとロジータも目を合わせうなづき合う。

カールもイーニッドと微笑み合う。ダリルはリックに取り返してきた彼のコルトパイソンを渡した。

皆の気持ちは一つになった!

リックを先頭に、ヒルトップのリーダーが住むべき館へ全員が一緒に歩み始めた。

= Lyraの感想 =

ウワァーオ!やったね!

やっといつものリックが戻って来てくれました!

8話だよ!8話も戦う気になるまで掛かるとは!長すぎ、引っ張り過ぎ!

それだけ、グレンとエイブラハムの死がデカかった!と表現したいのでしょう。けど8話は長い、、、

WalkingDead 見てる方も辛かったよね、いろんな意味で(笑)。

散り散りになって居た仲間がヒルトップに集結した事で、ニーガンVSアレキサンドリアとヒルトップになるでしょう。

ただ、リックとアーロンが物資調達していた湖の反対側にいた人間が誰なのかが気になりますね〜。

浜辺の人々でしょうか?

それとも、新しいグループの登場かな?

気になりますね〜。気になると言えば、ダリルへのお手紙はジーザスで良いザンスカ?それとも〇〇か?

WalkingDead は、細部までやらないで、まれに、やりっぱなしの時があるからスッキリしない時があるんですよ。

誰が解放してくれたかは次回以降のお楽しみに〜。

スポンサーリンク

あとはモーガン教にハマったキャロル問題が解決するか?です。

戦闘モード→ ゼロになってるキャロルが、「今迄の自分は間違っていない然るべき事をした」ってポジティブになってくれれば、ニーガンが『100人居たって大丈夫!』になるんだよね!キャロルは無敵な設定になってるから。

宗教からの脱教(笑)は、なかなか時間がかかるもの、、、あともう少しはキャロル待ちになりますよ。

突然ですが、皆さんはキャロル好き?


キャロル人気あるよね。

Lyraは、キャロルがいつも不思議でならないの。何で強いキャラにしたんだろうって、、、。

絶対、主婦層に向けてキャラだね。

DVに何年も耐え続けていた弱かった一主婦が、戦いを強いられる残酷な世界で娘の死や色んな事件を乗り越えて行く内に、覚醒し、完全無欠な女戦士になった!➖ としたいんだろうな。

キャロル、、、はじめてシーズン1で見た時に何あの髪型?スキンヘッドってことは、Punksか?ネオナチか?と思った。

それなのにビクビクしていたから、ユダヤ人収容所のイメージで行く気なのか?とキャラ設定が不自然で仕方なかった。

今もそう。コミックスとルックス違うから不自然というだけでなく、全てが不思議なんです。

あの良い人キャロルの時の演技モードが違和感あるし。

ヨタヨタしながらの爆弾仕掛けたり、ライフル乱射とか、、、

「そこがいいんじゃない!」という多くの視聴者の声が聞こえて来そうだが、、、あえて言わせてもらう、

キモイと!

不自然だと!

Big 5だろうが何だろうが不自然は、不自然。

「別にキャロル無しでニーガン倒してよ。」と思っている私がいます。

皆さんはどうですか?

ダリルとくっ付けたいファンが続出しています。

本当にマジでくっついて欲しいファンクラブ迄あるからね!

Lyraはシーズン4だっけ?離れ離れになってやっと再会した時に、ダリルが真っ先にハグしに行って泣いたでしょ?あの時は、くっついて欲しかったんだよ。

幸せになるといいなあって。でも、その後ベスと良い感じになるじゃん?

あれ見たらベスと2人の純愛ぽいのが良いし、これよね、と思ってしまったのよ。あれ見たらな、こっちは違うな。

それに、最近の偉そうな我儘キャロルが嫌いになって来たからかもしんない。

皆んなに迷惑かけてるの、モーガンだけじゃなくてアンタだよ、となっちゃう。本人自覚してるけど、、、。

やっぱダリルとはくっつかないで欲しいわ。

って、くだらないヤキモチ焼いてる愚か者のたわ言と思って軽く流してくだされ。

新しい展開が楽しみな第9話もお見逃しなく〜!

又Lyraのブログに遊びに来てね!

いつも、ありがとう╰(*´︶`*)╯♡

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪