【Rumple Buttercup :A Story of Bananas, Belonging, and Being Yourself】マシュー・グレイ・ギュブラーの本の感想 by Matthew Gray Gubler

俳優さんやミュージシャンが本を出版する、、、本好きのLyraからしたら「素晴らしい偉業」と拍手を送りたくなる。

そして、期待して見る(読む)と、本業で忙しいのだから片手間に描いたのね、 と思うしかない残念な物が多い。

特に絵本やカメラ(撮影する方の写真集)は手を出しがち。

「センスの良さと己の本性が出やすい難関にいざゆかん!」そして、失敗するのだ。

だが、たまにその難関を突破する者がいる。

今日は、その難関を突破したセンスの良いかわい子ちゃんの絵本を紹介するのであ〜る。

“【Rumple Buttercup :A Story of Bananas, Belonging, and Being Yourself】マシュー・グレイ・ギュブラーの本の感想 by Matthew Gray Gubler” の続きを読む

浦沢直樹 / 夢印 – MUJIRUSHI – あらすじ 感想 Dreams Come True ざんす?

浦沢直樹大ファンLyraです。

一時期は10000冊位漫画あったと思う。それくらいコミックス好き。

北海道大地震が、記録的な惨事になっている台風21号の後に来てしまい関西も九州までも苦しい思いをしている人々を思うと胸が痛いです。

どうしたら良いかわからないから…書きます。夢のある話を

“浦沢直樹 / 夢印 – MUJIRUSHI – あらすじ 感想 Dreams Come True ざんす?” の続きを読む

【ブッカー君】A4 size 透明ブックカバー Clear Book Cover 大切な雑誌を綺麗に保存する優れ物!

The Walking Dead好きLyraです。

American Comicsを色々買ってますがThe Walking Deadのスピンオフの漫画 “Here’s Negan”がちょいデカな為カバーつけられませんでした。

他のThe Walking Deadは全巻カバーしていたの。でも「大きいサイズないよねー」と放置。

それが、いいもの、見ーっけ!

“【ブッカー君】A4 size 透明ブックカバー Clear Book Cover 大切な雑誌を綺麗に保存する優れ物!” の続きを読む

【スローターハウス5】難解映画を解き明かす “Slaughterhouse Five”ネタバレ

難解な映画ほど好きになってしまうLyraです。

“Slaughterhouse 5″は【難解過ぎ〜+ 有名俳優なし= 売れなかった映画】という典型的なB級さん、ですが、監督は”Sting”『明日に向かって撃て』で有名なロイヒルだし、原作はアメリカンノベルズで著名なカート・ヴォネガットなんです。

SF映画好きならば押さえておかなきゃダメよー、って事で本当にオモロイ作品だから難解だと言わずについて来てね❤️

“【スローターハウス5】難解映画を解き明かす “Slaughterhouse Five”ネタバレ” の続きを読む