【ローズ ローズィ ローズフル バッド】1巻 いくえみ綾、胸キュン!感想・あらすじ(ネタバレ有無)ツッコミポイント

 

久しぶりに笑った!

久しぶりにバカ笑いした!

久しぶりに声が出た「嫌〜ん」

実は「いくえみ綾」ネタでほかにおもろい漫画があるので感想を書いたのがある、、、前に書いた高校生の恋愛ストーリーの【いとしのニーナ 全巻】のような胸キュンとレイプの話ではない。もっと大人の話。

【いとしのニーナ 全巻】感想あらすじ「焦がれて拉致る?」ドラマ化決定‼︎ ネタバレ

 

だがそれを何故ブログにあげないかと言うと、ただ単に「気分じゃないから」。

とても良い作品だ。20代の男女に他の世代も絡んで長いストーリーみたいだから、これからも発行されたら読んでいくし、気に入っている…それなのにブログに書いたまま放置してるのは、書き続けていくパッションを上げるには大人過ぎるのだ。

Lyraがただ単に大人の恋愛が出来ない未熟者なだけ。作者は全く悪くない。

だが昨日発刊された新作は、何だ⁈

ドッキドキするだろう〜!

何じゃこりゃ?

解説感想書いた作品より、倍の大人の主人公なのに乙女じゃん!

はあ〜?

そうだ。恋愛には、年齢なんて関係ないと言うことだ。

おっそろしい。

この泥沼にハマってみろ。

恋愛の胸キュンにどつぼるしかねぇ。

 

*今日はいつもRockネタ映画ネタではなく、お久しぶりの漫画ネタよん。ネタバレ有る無しを選べるように書いたから、お好きな読み方してね。

今日Lyraが感想・あらすじを書くのは、2021年2月28日発刊の(早めにリリースされたのをゲットして読んだから発刊のが後なだけです)、いくえみ綾原作【ローズ ローズィ ローズフル バッド】の1巻です。

 

スポンサーリンク

 

1.いくえみ綾について

簡単に作者を紹介しておきましょう。

いくえみ 綾  (1964年10月2日 – )は、北海道名寄市出身、札幌市在住の女性漫画家です。東海大学付属第四高等学校卒業。血液型A型で既婚。

1979年中学3年生で、別冊マーガレット』7月号(集英社)で【マギー】でデビューし、それから漫画家業を40年以上続けているだけでなく、第一線で書き続けている大人気作家さんなのです。

体力的につらい時はあっても本気で辞めようと考えたことはないというから、生粋の漫画家なんだと思います。

2000年、『バラ色の明日』で第46回小学館漫画賞を受賞。2009年、『潔く柔く』で第33回講談社漫画賞少女部門を受賞。2013年、『潔く柔く』が実写映画化。2017年『あなたのことはそれほど』がテレビドラマ化されるなど数多くの作品がヒット、実写化されています。

本人は「これは、プライベートの話ではない」とか、今日紹介する作品のラストにも「この主人公は、私じゃないからね!」と書いていますが(笑)、作者が長く書いていた主人公が恋する相手が作者が大好きな奥田民生にクリソツだったり、行きつけのバーがモデルの話があったり、猫が出てきたりとその他にも色々作者の半径1メートル周りネタが多い、作家さんだとLyraは感じていて、これがより話を漫画だけじゃないリアルなストーリーにしている特徴なのだと思います。

早速、そのリアル恋バナに行きましょう!

あらすじを簡単に書来ますが、前編後編でネタバレ有る無し、にしています。

お好きな読み方をしてね。

その後のLyraの感想で、又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) “ローズ ローズィ ローズフルバッド Rose Rosy Roseful Bad” [Book] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

2.簡単あらすじ

神原正子、40歳。職業・漫画家。「ファブ郎」というコミカルなキャラクターが主人公の漫画を連載中。夢はキラキラの少女漫画を描くこと。でも、ネームを描こうとしても、胸キュンが足りないようで!? そんな時、出会ったのは…!! アラフォー漫画家、恋と仕事のゆくえは!?

3.あらすじ:前編 (ネタバレ無し)

 

神原正子(40)は、姉想いの直子(35)と二人暮らし。

22年前に「神原薔子」のペンネームで少女漫画家デビューを果たすも5年間売れず、何気に出した、お相撲さんに憧れるケーキ職人見習い『ファブ郎』の漫画がゆるくヒット。

この最初で最後の売れ筋キャラクターのおかげで、漫画家人生を辞めずに続け来た漫画一本の女性。

このキャラのグッズも一時期ゆるーく流行り結構売れたらしいが、本人はずっと少女漫画らしい少女漫画を描く夢を未だに捨てきれていなかった。

ただここに来て、人生のターニングポイントがやって来たようである。

10年前にOLを辞めて、甲斐甲斐しく正子の周りの世話から何でもサポートして来てくれた妹が地元の男性と結婚。

正子は1人になることに。

自立と(笑)夢である恋愛キラキラの少女漫画を描くためにと、知り合いの出版社に電話するも、全く取り合ってくれない。

落ち込みつつも、気分を変えて早速ネームを書こうとカフェへ。

馴染みのカフェへ行くも気分が上がらず、たまたま気になっていたカフェへと移動。

エレベーターの階数を間違え、たまたま乗り合わせた青年もカフェへ行くつもりであった為に、偶然知り合い、カウンター席で隣り合わせになる。

正子が持つスマホのカバーが、ぶさ猫なのを見た青年がフッと笑う。

何気に癒される正子。

だがネームは一向に浮かばないし、焦りと周りから胸キュンは無理、と言われた腹いせからか、勇気を出しリサーチするように青年に話しかけた。

聞くと19歳だと言う。

「10代か、そう来たか」

彼が今、読んでる本から、22才で亡くなった愛猫のブサ猫の話までする2人。

「22年生きた猫が死んじゃった時は「悲しすぎて涙も出ない時」ですか?」と青年は正子に尋ねる。

「大量に泣きましたよ。受け入れることが前に進むことですから」と答える。

正子は悲しすぎて涙が出ないのは、22年間一緒に歩んだ子がいなくなって初めて自分のやりたかった事が何も出来ていないと気づいた時だ、と思い出した。

途方に暮れベンチに座る正子の後ろ姿を、たまたま帰りに見た青年は、正子に

口元にさっき食べた「エンガディナーついてます」と教えた。

そして「長いあいだ仲良しでしたね」と笑った。

「私、今、ぜったい、少女漫画描ける」

正子はやる気を出す。

だが、正子は気づいていない。

洞察力の欠けから、彼がファブ郎ストラップイチゴケーキ、をバッグにさげていたのを。

 

スポンサーリンク

うちに帰ると妹に「出会いを無駄にしたわ。その子と連絡先を交換してたら、普通に生活していて知り合えないような人と繋がったかもよ?その子じゃなくても、イケメン・パパがいたかもよ!」と残念がられたが、気にせず書けない少女漫画のネタを考える日々を送っていた。

すると一本の電話が入り、漫画賞を受賞したと言う!

妹は大喜びで早速イオンに行きお頭付き鯛でお祝い。

お祝いメールやLINEがあちこちから来て不安な気持ちになる正子。

20年来の付き合いがある売れっ子漫画家の茅絵に呼び出せれ合うと、「行きたくない受賞パーティーだろうとドレスアップしなさい」と言われ、そそのかされ、本人大後悔の中、薔薇が一面についたドレスで受賞パーティーに望んだ正子。

無類の酒好きもあり、何杯も飲んでスピーチをしたせいで、何をくっちゃべったかも記憶無し。

色々な人々、面識ない初対面の人々などと挨拶するも、皆んなどこかネガティブなことを言うひとが多くて嫌な気分になっていく。中には嫌味を言う評論家も。

そんな中

「あの評論家は失礼ですね」と、心中を察してくれるセリフを言う男性が。

ルルマックスの鷹野と言う。

見た感じ「シュッとした人」と思う正子。

その後ろから「父さん」と現れたのは、無理矢理、父親に頼んできたという漫画好きの息子。

「あら、、どこかでお会いしましたっけ?」とびっくりして聞く正子。

あのカフェで話した子だからだ。

青年は全く覚えていない、、、無理もない、、、薔薇一面ドレスに派手なメイクをしているからわからないのだ。

そして受賞式で猫と二人三脚で漫画業を続けて来た話をすると、青年(息子)は気づいた。

「父さん、俺、あの人にあったことあるみたい」

「何、そのファジーな感じ」

「だってあの服とメイク」

「ああ、凄く似合ってたな、バラのように、華やかで、名前の通りの人だ」

正子(薔子)は、知らない。

自分がリアルに、少女漫画の舞台に立ったことを…

4.あらすじ:後編(ネタバレ有り)

 

そして妹・直子はいなくなった…直子が地元に嫁いでから、家のあちこちが次第に荒れていっているのに一抹の不安を抱えながらも、一向に上手く行かない少女漫画の作品作りをしている正子。

そこへ茅絵から心配の電話がかかり、寿司屋の誘いに秒でOKを出す正子。

行くと茅絵以外は月刊フィナンシェの編集長や関係者もいて、作品の話になる。

「神原さんは、落ちついてるんだよね。それはいいことだから、ファブ郎みたいな安定した作品を生み出せるんだよ。でもたまには新しい刺激を求めてもいいんじゃない?」と、妹の直子が、正子が初めてカフェで青年と出会った日の夜に、自分に言っていたことと同じことを言われてしまう。

はっ、と「エンガディナーついてますよ」と言われた日の胸キュンを思い出して、もらったたくさんの名刺から鷹野怜(青年の父親)の名刺を探し出す。

自分に足りないものは何?

性格?ガッツ?どこをどう直したらいい?

そう思いながら鷹野にメールを送信する正子。

御子息と偶然出会っあから、縁を感じた、、、と言うだけの簡単な挨拶のようなメール。

動いた正子。

鷹野も秒で返信する。

鷹野は翌朝、息子に「神原薔子さんとホームパーティーする」といって驚かれる。今までそんなことをした事がないからだ。

ビビり形相まで変わる正子だったが、仲良し茅絵がついて来てくれることもあり、彼女を頼りにして勇気を出していくことにする。

ピンクの口紅を買う正子。

だが当日、子供がインフルエンザにかかってしまった茅絵は、行けなくなってしまう。

焦る正子。

そこへ少女漫画を描くならと新しい担当を雑誌社がつけてくれた、その担当の堂垣と言う女性が初めて会いに来た。

今から出かけると言うのに、堂垣は髪の毛の多さに比例した漫画愛の多いタイプの女で、正子の「ネームにはリアル感がない」とか、読者のハートを掴むには「物語の現実とは」と何たるかを説き出した。

ヘナヘナ心も折れた正子。

ダメもとで目の前にいる堂垣に、「ヘタレで、」と1人じゃいけないから、ホームパーティーの同席を頼んでしまう。

飲んでも顔に出ない、毛量多い堂垣を従えて、いざ鷹野のマンションへ。

中に入るとエプロンをした鷹野怜に、息子と息子の友達と言う女子が迎えてくれた。

綺麗なマンションでパーティーが始まる。

手慣れた感じの鷹野だったが、ワインを開ける手がブルブル震えているのを息子に指摘され

「慣れないことをしてるので…」と言う。

その鷹野に胸キュンしてしまう正子。

自分の胸キュンの音のデカさ(笑)についキョロキョロする正子。

話をすればするほど、うどんや蕎麦パスタの麺の硬さから、食べ物の趣味がピッタリ合うために、2人の会話が弾む。

弾みすぎて、周りが引き、周りを黙らすくらいの気の合いように、鷹野はうかれ、正子は「喋りやすい人」とホッとする。

だが毛量多い担当、堂垣がパスタをつくる鷹野のお手伝いをしているのを見て、「自分がパスタを作るべきだったか?」と我にかえる。女子力低すぎ。

食べてみると、これまたパスタが美味い。

美味そうに食べている正子を見て、鷹野「よかった!」と笑顔になるのを見て、また胸キュンする正子。

子供達は酔っ払い眠ってしまい、大人3人で話をしてることに。

すると毛量多い堂垣が、「マンションは分譲なのか?」「前の奥様と別れてから彼女はいないのか?」など、正子が聞きたいのに聞けないことをズバズバ質問しだした。

別れて四年ずっと「1人です」と聞いて正子も(毛量多い堂垣も)嬉しさからか、ポーッとなってしまう。

話しやすい鷹野についつい正子も正直になり、仲良しの妹の直子が、実は血が繋がっていなくて、姉妹とも連れ子同士だったことも打ち明けてしまう。

 

スポンサーリンク

話しやすく相手の気もちをくんで会話を振って来てくれる鷹野に、正子は次第に打ち解け、胸キュンポイントが2回もあったのを原動力に、少女漫画にも力を入れていく。

あの日からLINEのやりとりをし始めた2人。

特に代わり映えはないやりとり…「今日のご飯は何ですか?」とか。

それのせいか自信がない正子、、、だが鷹野からは必ず返事が秒で返ってくるなど、好感触なのだが…それにも気づいていない正子。

仲良し漫画家の茅絵も「ショウちゃん、今、大幸運期だから応援するよ!」と励ましてくれるおかげで、普通すぎるおばさんだと自覚していても何やら勇気が。

おまけにファブ郎漫画が売れて、重版決定。

嬉しいこと続きのついでに(笑)、茅絵は現在自分の漫画がドラマ化されていて担当が鷹野だから、正子のために嘘をついて、「正子がドラマにでている俳優のファン」と言ったおかげで鷹野が、「撮影見学に来たらどうですか?」と誘ってくれた。

嬉しくてネームが進む正子は、カフェへ。

同じ頃、鷹野が息子の友達がくれた菓子を食いながら正子に返信し終わった時に、息子が入って来たので「お前のもらったこの駄菓子は、エンガディナーだな」と話しかけた。

すると息子は「正子さんと初めて会ったカフェで、あの人が食べていたお菓子がエンガディナーだよ」と教えていた。

正子がネームを書いていると、その鷹野がカフェに入って来た。

偶然来た鷹野をみて、コーヒーをぶちまける正子。

いつもの「今日のご飯は何ですか?」と2人で話していると、つい正子は

「一緒にどうですか?」と聞く。

すると「ごめんなさい、今日はこれから色々ありまして…

夜の10時とかだとダメでしょうね?」

と逆に、突然攻めてくる鷹野。

正子も

「夜…遅くからの活動は…得意です」

と応戦。

急いで家に帰る正子。猛ダッシュで部屋の掃除、風呂に入り身支度を整え、夕飯を作りだす。

そして夕飯食べないで待っていると、鷹野は下っ端の手違いとタレントのわがままで仕事が増え、時間通りに帰れなくて、ブチ切れていた。

それを知らない正子は、0:00になりそうな時間で彼は来ないし、食べないで待っているひもじさで落ち込んでしまう。

と、そこへ鷹野から電話が。

「遅すぎますよね?」と聞いてくる鷹野を優しく迎える。

2人で鍋を囲み「あと1分で明日ですね」と言う鷹野に

「明日にカンパイ」と笑う正子。

鷹野「じゃ僕も。ギリギリで今日に間に合った。来れて良かった。僕は神原さんに癒されてるみたいです」と言う。

正子は( …もう明日です。12時を過ぎてこの魔法がとけませんように、とけませんように)

と乙女チックで、古くさいことを祈りながら、2人、見つめあってた。

5.Lyraの感想

「こりゃ〜大変!」とか、「いや〜ん」とか、いちいち読みながら叫んでしまったLyraはアホ。

でもこの漫画、めっちゃ面白いし、キュンキュンする主人公の正子と同じに読んでいるこちらもキュンキュンしてしまうのよ!

これって名作の(オモロイ漫画の)重要な条件よね?

そしてあらゆる年代に共感を得られる1人の人間の成長物語だと思う。

だから、この表紙や「アラフォー漫画家の恋と仕事の物語」は、読む人を制限してしまうからやめた方が良いかもしれない。だって〜、

この恋する感情は、ティーンエイジャーから、スイも甘いもの知っている大人までオールラウンドでイケる感情だもの!読者を制限してしまうのは勿体ないよ。

ドキドキして話す感じとか、誰でも分かるはずだから。

それにダメ人間扱いされてる女性が、「自分は何も夢を叶えていない」と奮起して、一歩一歩動き出す感覚が、読んでいる私達を勇気づけている。

誰でも持っている自己嫌悪や、恋する瞬間を丁寧に、そして面白おかしく書いているのが良い。

年齢云々や、バツイチの男にその息子とか、異母姉妹なんだけど妹は真実を知らず自分も話していない、とか、かなりシリアスな部分も内包しているストーリーだけど、主人公が1人ツッコミしたり、話のナレーターが正子(薔子)が長年書いて来た「ファブ郎」で彼が「正子さん、動きなさい!」とか「今、どうせ恋に発展しないや、と諦めましたね!」とかツッコミ入れてくれているから、かなり救われているのだと思う。

ファブ郎を入れて来た時点でLyraは東野の「タラレバ娘」を思い出してしまったが、あちらより、この漫画の方が可愛らしい女子の気持ちを描いている(あっちの方が若い世代であっても)。

[東京タラレバ娘]第1話、ストーリー完全網羅、ネタバレレビュー!痛過ぎるタラレバ娘に見る、未来のオモロイドラマのあり方。

 

キュンキュン度が高いように盛り上げて行くファブ郎のツッコミと、自虐的な正子の1人ツッコミ、そして恋する相手の臭いセリフが、読んでるLyra(読者)を燃えさせるのであ〜る。

かなり臭い。臭いが鷹野のセリフや、大袈裟に「パスタはふにゃふにゃですよね、やっぱり!」みたいな同意のリアクションが、たまらん。

「薔薇のように華やかで名前通りの人だ」だなんていい感じ〜。

もう正子、行け!行ってまえ!、とつい声が出てしまう。

「鷹野さんて指が綺麗」と、毛量多めの堂垣が言って正子が同意していたり、いちいち女子が見ていそうなところを漏れなく入れてくるところは、「いくえみ綾は、やっぱり売れっ子少女漫画家だわ」とLyraが感心してしまったポイントだった。

つまり、大人の恋愛を描いているけれど、カンペキに少女のように(少年のように)心が震えるポイントをちゃんとついてくる。

欲しいところに欲しい愛が見える感じが、Lyraが気に入ったポイントです。

ロマンティックな気分をちょいちょい入れてくるから好き。

 

スポンサーリンク

普通の女が、普通に恋愛する話。

だけど、その人の一生がかかっている人生の別れ道にいるから、彼女が動いたことで、周りが動き出すと言う、普通だけどドラマティックだから、盛り上がるのだ。

ファブ郎の声が、タラレバみたいだタラレバみたいだが、これから正子がどうなって行くかをファブ郎みたいに応援したくなったの。

だから急遽いつものロックな音楽の和訳や解説をするのを変更して、このあらすじ感想を書いているのです。

元気を貰ったから。そして貴方にも元気を!

そんな気分でドキドキ感が伝わると良いな。

鈍感のLyraだから、これ読んでアレ同じことやったことある!って気づかなかった自分を再確認したり、反省したよ。

早速いつものツッコミポイントを描いて、どんな所が気になるか、教えましょう。

6.LyraのツッコミPoint

①カフェでの青年(鷹野蓮)

たまたまエレベーターで一緒になり、カフェでは隣の席に。こんな出会いはよくあること。

だがそれをファブ郎は「出会い」と言うから何だかな?と。

そんな事を言ってるLyraだからいかんのか?

妹からのLINEがうるさいから、返信後ひっくり返すと、ブサ猫。(正子は飼っていたブサ猫の顔をスマホカバーにしている)。

笑う青年に本が面白いんだな、と誤解して、何となくリサーチがてら「それは何と言う本ですか?」と尋ねて少し会話をするのが自然なんだけど、、、これが運命の出会いを呼び寄せる、きっかけになるんだからね。

まさかの妹が「お姉ちゃん、その子をどうにかしようとか考えなかったの?もしかしたらその子の父親とか知り合いがイケメンだったら恋しちゃって、とかあるかもしんなかったのに」と言うのが本当になるとは!

漫画だから〜のお手軽運命が、実際なさそうでありそうだから、モヤモヤが。

とにかくアンテナを立てておけ、と言うことね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ローズ ローズィ ローズフル バッド 1 (マーガレットコミックス) [ いくえみ 綾 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2021/2/26時点)

楽天で購入

 

 

 

②出版社や雑誌名がお菓子

フィナンシェという月刊誌とか、何気にお菓子の名前があったり乙女チックな環境がチラホラ。

可愛らしくて夢物語に思えた唯一のものかも。

③毛量多い担当、堂垣の動向

聞きたいことはバンバン聞くし、表情変わらない女子。

熱血な漫画好き。意外と忠実。

正子の担当はいつも男性だったから初の女性担当だ。

「転換期かも」と正子は、環境がいきなり変わったのに気づいたが、堂垣がなんか鷹野に好意を持ったみたいだから、心配。

まさかの鷹野を巡る争奪戦勃発したら嫌だな。

鷹野の「独りです」にキュンとしていたから嫌だわ。

正子、気をつけろ。

 

④鷹野怜がなんとなく、アノ俳優似

正子がキュンキュンキュンしてる相手、鷹野怜が何となく長谷川博己に似てない?

 

 

全くタイプではないが、長谷川博己の指が綺麗と評判になったのを思い出したし、共通項があちこち見受けらる。

もしかしたら鷹野怜は、長谷川博己をモデルにしてるのかもね。

全くタイプではない。

が、一瞬ためてから、優しいことや好きですアピールの言葉を言うから、キュンとなる。

顔ではないな、キュンは。

好意ありますって行動に女はキュンとなるんだわ。

(click to amazon↓↓) “ローズローズィローズフルバッド Rose Rosy Roseful Bad” [Book] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

結局人が人の心を動かすのは、「好きだよ」と言う好意を言葉にしたり、行動に示すことだ。

顔だとかルックスがタイプでも、何もして来ない人は、ただの風景や舞台にある張りぼて、、、もしくは「無」だ。透明人間。

いないのも同じ。

やはり「俺は君が好きだよ」って態度でガンガン来ないとわからんです…全く「無」ざんす。

鷹野のさりげないんだけど、秒で返信返ってくるのは嬉しい。

あと互いに「話が合う」と言う盛り上がりの高揚感よね。

趣味がやたら合うアレは、メチャ興奮するし、話していて楽しいし嬉しい。

 

食べ物や味の好みまで合うと、鷹野と正子は「話しやすい」と喜んでいたが、Lyraはそれプラス「好みが合うなら色んな所一緒に行ったら楽しいそう」と、2人でずっといられそうで安心する。それに、あっちの相性もきっと合うのよ、コレ(笑)。

まあ、人それぞれ考え方が違うから、この「お互いの趣味や好みが合う」と言う事を重視しない人には、良さはわからないかもしれない。

でも分かる人には、この2人が盛り上がって行く感じにドキドキ& ワクワクするでしょう。

これは世代問わずにドキドキするストーリーだと思う。

早速2巻が気になり始めてるよ。

大人って面倒くさいなあ、とも思った、、、相手の気持ちを伺いながら攻めてくる鷹野は、その面倒臭いを体現してる。

多分鈍感のLyraには分からんかも。

アンテナを立てておかないとね。

2人はどうなるの〜ん?

早く続きの2巻が読みたい!

漫画や小説をドカ買いしてしまったが、その中でこの【ローズ ロージィ ローズフル バッド】は、1番のヒットかもしれない〜。

また続きが出たら感想を書くかも!

大体、タイトルが【Breaking Bud】みたいで気になるし。ww

その時は、またキュンキュンした乙女モードで書いちゃいましょう。

お楽しみに!

See You Tomorrow 〜 ☆

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪