Halestorm / Love Bites (So Do I ) 和訳 No Snake, Accept Habites 好き嫌い 解説

昨日、アホだけど、男の本音(又は願望)の愛の歌を和訳&解説したので、

今日は、Heavy Metal Band 対決みたいに女の気持ちを歌ってる曲を丸わかり和訳しちゃう。

ただ同性のLyra から見ても「ここまではならんな」と言う感じ。

それくらい激しい感情を姉さんは歌っておるのじゃ〜。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ヨークカウンティ、レッド・ライオン出身の Heavy Metal Band  Halestorm ヘイルストーム

Halestorm は、「hailstorm」の「激しく降る雹」のことと、Haleはメンバーの姉弟のラストネームでもあるから、語呂合わせバンド名ですね。

スポンサーリンク

小さい頃から音楽が好きな家族だったようで、姉 Lzzy Hale レジー・ヘイルと弟 Arejay Hale エアジェイ・ヘイルは5歳の時からピアノを習い始めた。

1997年、当時13歳と10歳だった姉弟によってHalestorm は始動。この頃にはArejayはドラム、Lzzy は、1keytar (ギター型キーボード) を引いていて16歳からギターに転向する。

2000年に、最初のEP「Don’t Mess With the Time Man」を発売。2003年ギタリスト Joe Hottinger ジョー・ホティンジャー、翌2004年にベーシスト Josh Smith ジョシュ・スミスが加入、現在のラインナップに。

2005年6月28日 アトランティック・レコードと契約。 廃盤「One and Done」というEP発売。(中には「It’s not you」の初期のライブ版が含)、今の人気ハードロックバンドとして、楽曲&Live ともに人気を保持して来た。

今日Lyraが和訳するのに選んだ曲は、Halestormの2nd アルバムである『The Strange Case Of …』(2012年4月10日リリース)から、リードシングル【Love Bites (So Do I )】。

彼らの代表曲と言っていいくらい人気の曲であり、2013年 Grammy Music Awards で、Hard Rock/ Metal Performance を受賞し、プレイした曲である。

詳しい解説は、Lyraの和訳の後に又お話ししましょう!

(click to amazon ↓ ↓ ) 2nd Studio Album “The Strange Case Of…” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

Halestorm is an American rock band from Red Lion, Pennsylvania, consisting of lead vocalist and guitarist Lzzy Hale, her brother drummer and percussionist Arejay Hale, guitarist Joe Hottinger, and bassist Josh Smith. The group’s self-titled debut album was released on April 28, 2009, through Atlantic Records. Their second album The Strange Case Of… was released on April 10, 2012. Its lead single “Love Bites (So Do I)” from that album won their first Grammy Award for Best Hard Rock/Metal Performance on February 10, 2013. Their third album, Into the Wild Life (2015), peaked at number five on the Billboard 200. The band’s fourth album, Vicious(2018), debuted at number eight on the chart, becoming their second top 10 record.

スポンサーリンク

= Love Bites (So Do I) =

[Verse 1]
Don’t listen what your girlfriend says
She reads those magazines
That say you failed the test
You don’t have what she needs
I slither like a viper and get you by the neck
I know a thousand ways to help you forget about her

[Chorus]
That bitch can eat her heart out!
Love bites, but so do I, so do I
Love bites, but so do I, so do I
Love bites!

[Verse 2]
My lips are pale and vicious
You’re foamin’ out the mouth
You’ve suffered in the darkness
I’ll suck the pain right out
So come and taste the reason, I’m nothin’ like the rest
I kiss you in a way, you’ll never forget about me

[Chorus]
That chick can eat her heart out!
Love bites, but so do I, so do I
Love bites, but so do I, so do I, so do I!

[Bridge]
It sucks you in and kicks you down
And chews you up and spits you out
It messes with your sanity by twisting all your thoughts around
They say it’s blind, they say it waits
But every time it seals your fate
Now it’s got you by the balls and won’t let go until you fall
I was down and out, got up, and said
“Hey love, I’ve had enough!”
I’ve felt pleasure without pain
My soul you’ll never tame
[Chorus]
Love bites, but so do I
Love bites, but so do I, so do I
Love bites, but so do I, so do I, so do I!
Love bites, but so do I, so do I
[Outro]
Love bites!
Love bites!
アンタの彼女の言うことを聞くことないわ
雑誌の受け売りでアンタが診断テストに落ちたことを言ってるだけよ
あんな女の言うことを気にしちゃダメ
私は毒蛇みたいにズルズル滑って、アンタの喉元に噛み付くわ
私は、あんな女を忘れさせる手立てを1000通りも知ってるのよ
アバズレ女は、あんな女の心臓を食いちぎれるんだよ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ
愛咬
私の唇は、青白くて悪意があるのよ
アンタ、口から泡吹いてるわよ
暗闇にずっと悩まされていたわね
その痛みを私が直ぐに吸い取ってあげるわ
だから、こっちに来て理由を噛み締めてよ
私は安らぎみたいなもんじゃない
多少、アナタにキスはする、そうしたら、アナタは私を忘れられなくなるのよ
若くてイケてる子は、あんな女の心臓を食いちぎれるんだよ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ、私もやってやるわ
それってアンタを吸収しちゃう事だし、蹴り倒すことよね
それに、私はアンタを噛み砕くし、アンタに唾を吐くの
アンタの思考に身をよじって絡みついて、アンタの正気に手を出してやるの
人は、それを盲目的だって言うし、待ち受けているって言うけど
どんな時も、アンタの宿命に捺印をおしてるみたい
今、アンタの急所を握ってるのよ、だから、アンタが崩れ落ちるまで、離さないわ
私はどん底だったけれど、起き上がって言ったのよ
「ねぇ、アンタ、もうこりごりよ」
私には痛みなんてなくて、ずっと喜びで満ち溢れてるんだから
私の魂は、アナタじゃ手なづけられないだろうね
愛咬、でも、私もそうよ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ、私もやってやるわ
愛咬、でも、私もそうよ、私もやってやるわ
愛咬、
愛咬
Songwriter: Dave Bassett & Lzzy Hale
Translator: Lyra Sky 和訳

新しめのバンドなのに、何故だろう?

なんだか80年代のHard Rock Band, Heavy Metal Bandを見てる様な気になる。

メイクが大体、Pat Benetar やNina Hargen (2人を一緒にしちゃいけませんが) みたいな1980〜1990年代の女性歌手の赤ルージュケバ目メイクだもんね。

昨日お話ししたように、Heavy Metalの世界は進化はしていても、ファッションセンスだけは、全く変わらず同じ所をぐるぐる回っているのよね。

そのせい。頑固さが魅力か?

ただ、このHalestormは、音も80年代のHard RockやHeavy Metal を狙っているから徹底しているの。

これって、彼らの両親の趣味だったんじゃないかしら?2003年にギタリストのジョー、翌年にベーシストのジョシュが入るまでは、姉弟の父親がベースを担当していたというくらいだから、かなりのロック好きとみた!

Judas Priest みたいな畳み掛けるソロパートとか、曲のタイトルからして【Love Bites】だからね。 (Judas Priest の曲で【Love Bites】という曲があるのだ。)

小さい時から聴いてきたHR/ HMの要素がごっそり注ぎ込まれている力作なのかも。

そのせいか、ヴォーカルもパワフルだし、ギターもドラムもベースもバトルしてるみたいで凄くHR/HMの良い特徴が出ていて聞き入ってしまう。

スポンサーリンク

2009年4月28日、セルフ・タイトル・アルバムを発売。

1stシングル「I Get Off」がラジオでのヘビーローテーションされ、11月後半に2ndシングル「It’s not you」のミュージック・ビデオと音源を発売。2010年初期には「Love/Hate Heartbreak」のミュージック・ビデオをリリース。最新シングルは「Familiar Taste of Poison」で、ミュージック・ビデオが2010年8月10日に公開された。

2010年には来日、Loud Parkに出演。

2013年キャンプハンセン・フェスティバルに出演した。

そして、2012年1月24日、この2nd スタジオアルバム『The Strange Case Of…” をリリースした。

(click to amazoo ↓ ↓ ) 2nd Studio Album “The Strange Case Of…”   クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

このアルバムで、先ほど話したグラミー賞を受賞し、人気も実力も獲得したことを証明した。

VocalのLzzy は、ギブソン製のギターを愛好することで知られ、フライングV、エクスプローラー、レスポール・カスタム、ファイヤーバード、ジョーン・ジェット・シグネチャー・メロディ・メーカーなど使用。

Arejay は、ラディック製のドラムセットに、ジルジャンにシンバル、プロマークのドラムスティックを使用。

こだわりが強い姉弟。仲良しで似た者同士。

彼らのミュージックビデオを見ていると、バンドメンバー全員仲良し。

特に姉弟の仲が良いのがとても良く伝わって来て微笑ましくなる。

プレイしている時のキレの良さまで息がぴったり合っている。

2人の躍動感や音楽を楽しんでいるところがLyraは、好きで特にArejayの自由奔放なドラムミングが好きなの。

Halestormは、そう、プレイのキレの良さも魅力なのだ。

それもそのはず、Halestormはライブを休まないのでも有名なの。

大体年間250本は少なくともツアーで回っている彼ら。

メジャーデビューしてからは、メンバーチェンジもせずに、休まず、有名なアーティスト達と回って来た。

それだけ演奏し続けていれば、もともと上手いのだから、メンバーシップも技術力も尋常でないくらい上がるよ。

そして、今年5年ぶりとなる4th アルバム『Vicious』 をリリースした。

休みなく走り続け、自分たちの好きな音楽を楽しむ姿勢に感動すると共に、Lyraは彼らをリスペクトしてしまう。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 4th Studio Album “Vicious” [Japanese Bonus tracks Edition] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓ 

 

【Love Bites (So Do I)】は、ちょっぴり変わったラブソングだ。

パッと見は、好きな男性に「あんな酷い女忘れなよ、私の方が良いよ」と言ってるラブソング。

前にLzzyが「雑誌の相性診断なんてロクでもないわ。それで、相性が良いか悪いかなんて、人間の性格とかも分からないのに影響されてしまう人たちがいるのだから、変よね。それを歌にしてみたの」と語っていた。

それがきっとこの【Love Bites(So Do I)】の前半部分の歌詞に当たる。

好きな男性は、その恋愛診断でダメだから振られそうで落ち込んでいるか、別れたかしたようだ。

そんな落胆してる男性に向かって主人公の女性は、「私の方が良い女よ、あんな女忘れさせてやる方法を私は1000通りも知ってるわ」というんだから凄いね。

ただ不思議なのがサビ。

「あばずれ女(若くてイケてる子)は、あんな女の心臓を食いちぎれるんだからね、私もそうよ。私もやってやるわ。」というところ。

これ一人称だけだと、自分だけが悪くなりそうだから避けたんかな?と思った。

先ず「あばずれ女って自分で言うか?」(笑)。

これだけ、強い感情を相手にぶつけるなら、無理してSo Do I 入れる必要ないな。

潔く「私が食いちぎってやるわ」と初めから叫んだ方がいいよ。

「誰かが食いちぎっているから、私もよ、私もやるわ」って嫌い。

自分のことだもん、自分たちの恋愛に、誰かの真似したりしたらおかしいわ。

と考えると今日の歌詞はLyra好みじゃないのがわかるでしょ?

スポンサーリンク[ad#go

最後には、勝ち取った主人公は、「あなたはもういらないわ」と、のたまう。

男の急所(弱み)を握ってるから言うこと聞きなさい、と言うのも恋愛を勝ち負けにしてる。

Lyraとは違う考えだから、サウンドは好きだけど歌詞は嫌い。

Halestormファンのみんなゴメンね。

この歌詞に同調出来ないのは、好みの問題だから仕方ないの。

で・も、

理解できることが1つ。

タイトルの【Love Bites】のことよ。

【Love Bites】はJudas Priestの曲でもあったし、Def Leppardの大ヒット曲にもあったね。(今度、和訳しようね。).

嫌いじゃないのよ。Love Bites。

ただね、この曲の歌詞はLzzyが 入れた単語から見て蛇をイメージしてるのがわかる。

蛇がとぐろ巻いて獲物を巻き込んで、トドメに噛むでしょ?アレをLzzyは話してるわけ。

でも、Lyraが言いたいLove Bitesは、Lzzyのとは全然、違うの。

〈歯をかんで十月待てる国家老〉(《柳多留》)。

とあるように、昔からある性愛技巧の一つがLove Bites なの。

そして Lyraの言いたいのも、こちらのLove Bitesなわけ。

インドの性愛古典には、詳しくやり方が述べられていて『カーマスートラ』だと8種、『アナンガランガ』では7種の方法をあげている。

だから、愛咬と書いたの。

相手を噛んだり、中には相手の肌に歯の跡を残すのも愛咬。

そう言う一種の性癖みたいものは、珍しい変わり者だと思うんだけど、Lyraは良く手首とか腕とか噛まれるんだよ。

前にHannibal ハンニバルの Hugh DancyがTV番組に出演した時にMads Mikkelsen に噛まれていたけどアレよ、アレ。

某ミュージシャンにも噛まれたし、、、

なんなんだろね?

ただ、「愛咬は愛してる人にしかしない性癖だ」と心理学者が言っているから、良しとする(笑)。

だって、本気で愛してくれているんだったら良いの。

何でも。

深い愛情なら頂戴。

そういう感じ。

 

スポンサーリンク

 

“Love Bites (So Do I)” is from “The Strange Case Of…” (2012).
As stated in an interview, the band had not originally planned to release it as a single, but when they did, it won them a Grammy for best Hard Rock Performance in 2013.
Lzzy commented that “this tells how much we know about the business”.
The song has got a very hard and fast sound compared to most other Halestorm titles. The whole part from “I was down and out” to “My soul you’ll never tame” is even screamed so the lyrics become nearly unrecognizable.
The music video features (among other stuff) Arejay Hale, the drummer, hitting one cymbal with another one, which has become some kind of a signature move for him.

 

Halestorm is well known for their near non-stop touring, often performing as many as 250 shows a year.  Since 2006 they have toured with many hard rock and heavy metal acts including Alter Bridge, Chevelle, Seether, Staind, Papa Roach, Trapt, Three Days Grace, Theory of a Deadman, Buckcherry, In This Moment, Disturbed, Shinedown, Avenged Sevenfold, Stone Sour, Hellyeah, Heaven & Hell, Evanescence, The Pretty Reckless,  Starset, Sevendust, Dorothy, Lita Ford and Bullet for My Valentine. Halestorm appeared on the first annual Rockstar Energy Drink Uproar Festival, and in October 2010 the band traveled to Japan to participate in the Loud Park Festival. Halestorm also appeared on the 2010 Taste of Chaos tour.

Band members

Current members
  • Lzzy Hale – lead vocals, rhythm guitar, acoustic guitar, keyboards, piano (1997–present)
  • Arejay Hale – drums, backing vocals (1997–present)
  • Joe Hottinger – lead guitar, acoustic guitar, backing vocals (2003–present)
  • Josh Smith – bass, keyboards, piano, backing vocals (2004–present)
Past members
  • Leo Nessinger – lead guitar (2000–2003)
  • Roger Hale – bass (1998–2004)

Discography

Studio albums

  • Halestorm (2009)
  • The Strange Case Of… (2012)
  • Into the Wild Life (2015)
  • Vicious (2018)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪