【Joe Strummer & The Mescaleros / Coma Girl】和訳 Happy Birthday,Joe! 解説

August.21st.

I’ll translate to celebrate for  Joe Strummer ‘s Birthday.

You can feel love and wanna smile from my articles today.

今日はジョー・ストラマーのお祝いを兼ねてやっちゃうぞい!

今日、Lyraが和訳&解説するのは、イングランド のロックミュージシャンでありPunk Rock のシンボル的存在である Joe Strummer ジョー・ストラマー、本名は John Graham Mellor ジョン・グレアム・メラー(1952年8月21日- 2002年12月22日)。

パンク・ロックバンド The Clash ザ・クラッシュのVocalistとして世界的に知られている。

The Clashは、Sex PistolsとならびイギリスのPunk Movementを牽引したバンドであり、その存在、生き方までもが大きな影響力を未だに持っている。

二大キングといて良いほど。

スポンサーリンク

今日は、そのJoeの名を知らしめたThe Clashの曲で、前にこのブログで紹介したのとは違うテイストを選ぼうか?とも考えましたが、

Joe Strummer のお誕生日よ!

と考えたらLyraの頭にピン!と浮かんだのが「Happy Birthday」ならぬ「Happy Moodな曲を」ということ。

確かにお誕生日だから楽しくしたい!

ということでJoe Strummerのソロプロジェクトからバンドになった、最期のバンドになってしまった、Joe Strummer & The Mescaleros の曲を和訳します。

ジョー・ストラマー(Joe Strummer)&ザ・メスカレロス (The Mescaleros) は1999年に結成されたジョー・ストラマーのバンド。

2002年 のストラマーの死までに3枚のアルバムを発表し、メンバーの多くは複数の楽器をこなすマルチプレイヤーの集まりだ。

Lyraが和訳した曲は、彼らのスタジオアルバムでは3枚目になる、遺作『Street Core』(2003年)から【Coma Girl】を選びました。

イギリス人でも、意味わかってない人が多い曲です。Rock好きじゃないとわからないニュアンスだから。

が、Rock好きLyraならばこう訳すぜ!って、Joeの気持ちになりながら和訳しましたよん。

和訳しながらLyraは、Joe Strummerの愛をバシバシ感じてHighになった!

美しい曲だと思います。

 

( click to amazon↓↓ ) 3rd Studio Album “Streetcore” CD.  クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

 

John Graham Mellor (21 August 1952 – 22 December 2002), known by his stage name Joe Strummer, was an English musician, singer, actor and songwriter who was the co-founder, lyricist, rhythm guitarist and lead vocalist of the Clash, a punk rock band formed in 1976 as part of the original wave of British punk.

and The Mescaleros were the backing band for Joe Strummer, formed in 1999, which went on to make three albums prior to Strummer’s death in 2002.

Streetcore is the third and final studio album by Joe Strummer & the Mescaleros. The album was completed after the death of frontman Joe Strummer, primarily by Martin Slattery and Scott Shields, and released on 21 October 2003.

スポンサーリンク

= Coma Girl =

was crawling through a festival way out west
I was thinking about love and the acid test
But first I got real dizzy with a real rocking gang
Then I saw the Coma Girl and the excitement gang

And the rain came in from the wide blue yonder
Through all the stages I wandered

Coma Girl and the excitement gang
Mona Lisa on the motorcycle gang
Coma Girl
Coma Girl
Coma Girl was beating with the Oil Drum gang
Some fast food fanatic was burning down the burger van
Somebody was wailing off their head
Nobody was ripping the teen scene dead

And the rain came in from the wide blue yonder
I thought you and me might wander

Chorus

As the 19th hour was falling upon Desolation Row
Some outlaw band had the last drop on the go
Let’s siphon up some gas let’s get this show on the road
Said the Coma Girl to the excitement gang

Into action everybody sprang
The oil drums were beating out dulang dulang
Coma Girl and the excitement gang
Mona Lisa on the motorcycle gang
Coma Girl
Coma Girl

 

泳ぐようにして、フェスティバルの群衆を掻き分け、西へと抜けて行く

愛と厳密検査について考えながらな

だが、真っ先に俺が感じたのは、ロック野郎どもと一緒にいるせいで、目眩がしたことさ

そしてさ、俺の愛する種髪のあの子とワクワクするような奴らが、一緒にいるのが目に入ったんだよ

 

その時、あそこの開けた青空があるだろ?

あそこから雨が降って来たんだ

そのせいでデカいステージを、俺は雨避けて彷徨い歩いたわけ

 

種髪のあの子とワクワクする奴ら

バイク野郎どもにまたがるモナリザみたいな可愛さだろ?

フワフワ種髪の可愛い子

フワフワ種髪の可愛い子

種髪の可愛い子は、石油のドラム缶でビートを刻んでるぜ

何種類か最高のB級グルメがあってさ、ハンバーガー売りのトラックで焼かれてるぜ

そういや、誰か奴らの頭に向かって泣き叫んでいたな

10代の光景は終わったみたいに、誰も素敵な奴は、居なかったのになぁ

 

あそこの開けた青空があるだろ?

あそこから雨が降って来たんだ

だから、君と俺で雨を避けて、彷徨い歩くなぁ〜、と思ったのさ

19時間経過してさ、俺の耳に”Desolation Row”が聴こえてきたよ

何人かの、はみ出し者のバンドが、最後に偶然現れプレイした

さあ、良い奴をサイフォンで吸っちまおうぜ、

そしたら、このライブをやりにロードを始めるぞ

可愛い種髪のあの子に、ワクワクする奴らに言ってくれ、て頼んだよ

戦場に挑むと、どいつもこいつも跳ね回ってんだよ

石油のドラム缶がグワンと鳴り響く

 

種髪のあの子とワクワクする奴ら

バイク野郎どもに跨るモナリザみたいな可愛さだろ?

フワフワ種髪の可愛い子

フワフワ種髪の可愛い子

Translator:Lyra Sky 和訳

とってもハートが暖かくなるラブソングだ。

この曲を聴くとLyraはDaddy のことを思い出す。

そして、Joe Strummerの優しい笑顔も脳裏に浮かぶ。優しい眼差しも、、、

【Coma Girl】というタイトルの中のComa に惑わされてしまう人が多いだろう。

何故なら「Coma = 昏睡状態」の意味が真っ先に浮かぶからだよ。だが、本当の意味は違う。

Joe はThe Clash【London Calling】の解説をこのブログで書いた時にも話したが、政治的要素や社会問題を取り入れ、ナショナリズムに対抗する歌詞を書く事が多かった。

だからComaならば、昏睡状態に陥っているRock Girl ロックな女の子の歌で社会批判しているかと、勘違いしても無理もない。

それに、このMusic Videoがおかしい。Punk少年を意識したのか、製作者側がお色気入れたくて女の撮影してるのがミエミエ。

歌詞を知らない人は、これ見たら、ヤク中のPunk Girlが昏睡状態になった歌と勘違いする。

だが、Joe Strummer が好きな人ならばLyraの考えを理解してくれるて思う、、、この歌は、昏睡状態を歌う悲惨な歌ではない。

この曲は、Joe Strummerのもう一つの顔、Daddy の顔、つまり、優しい父親としてのLove Songなのだよ。

意外に思う?

Lyraには、Joeの眼差し、たまにインタビューで溢れ出てしまうユーモアや優しさから当たり前のJoeの素顔にしか見えない。

素直な彼の愛情だからLyraには、不思議でも何でもないよ。Joe 好きの貴方ならわかるでしょう?

 

スポンサーリンク

 

この【Coma Girl】の歌詞を読むとロック好きならわかると思うが、この situation は野外ライブだ。

Joeが、イングランドでは1番有名な Festival 、Glastonbury Festival に出演した時の気持ちを書いた歌詞なの。

昔インタビューで読んだか、見たんだか、どちらかは忘れたけど、Joe には娘さんがいて、確かまだ小さい時に連れて行った時に、小さい彼女が遊んだり、寝てしまった時の事を話していてその事を曲に書いたようなの。

はっきり覚えてるのは、Lyraが見た時にJoeが子供をThe Pretenders プリテンダーズの Chrissie Hynde  クリッシー・ハインドの子供と芝生で遊ばせていて、ああだこうだ言ってるところ、、、Daddyらしくて微笑ましかったのを覚えている。

冒頭にLyraが選んだ写真が、その時のにソックリだったので「誕生日のKissみたいで良いなっ」て思って選んだんだけど、雰囲気、わかる?

可愛いでしょう?

【Coma Girl】は、その時の気持ちを書いたのだろう。

もしかしたらDouble Meaningを狙ったかもしれない。

最近、迷っていることがあって、、、つまらない話だけど、

何か「Lyraが、詳しくブログを書く必要がないんじゃないかな?」って迷っているの。

Lyraが一生懸命書くと、熱が入り長くなるし、「長いのを人は読みたくないんじゃないか?っ」と考えたり、

文章減らして中身がない写真ばかり載せとけば世の中OKか?と呆れてしまうし、

Lyraのブログみたいなマイナーなブログで詳しく情報を書いてると、直ぐに他の悪者に、内容や情報を盗まれてしまうのも嫌だからだ。利用しやすいんだろう、バレないからと。

自分が有名ブロガーじゃないのがいけないのよね、そう、力不足が利用される理由なのよ、きっと。

ただ盗まれるならばムカつき度も普通で上がらないんだけど、完璧にCopy & Pastしてると頭にくる。あと、意見が全く同じ文章とかね。

Lyraのをパクるならパクらないで、「これ書いたのはLyra Skyさんですよ」とか、普通に「こちら」とリンクを貼り情報源はココです、と分かるようにしてほしい。これブログやってる人は皆んな悩むことだよね。

だからと言って、和訳だけのサイトにしたら、つまらない気もするしね。

色々、悩みますね、、、ブログやめようかなぁ、と。

話が逸れてごめんなさい。

何かJoeの 【Coma Girl】の和訳と解説していて迷いだしの、、、自分の大切な想いまで盗まれてしまうのかな?て。

どこまで宝物を出すべきか?

今日は、ここまでにしよう。

長いと嫌でしょう?

Lyraの和訳を読めば、きっとJoeの世界観が分かるでしょう。分かって頂けると嬉しい、、、。

Glastoburyの広い芝生(雑草あり、笑)の前に座る女の子が、バイク野郎やロッカー達と遊んでいたり、走り回っていたりする姿が見えない?

きっとJoeは、幸せを感じたんだろう。分かるよ。

とっても。

あとね、不思議な気分にもなった。

この【Coma Girl】を久しぶりにジックリ聴いて、フッてLyraは感じた。

自分の理想の風景はこれかな?って。

音楽に囲まれて生きて行く。

広がる景色が見えた。

ボヤーッてしていた未来は、いつか此処に辿り着くのかもしれない。

その時は、Joeみたいに雨に濡れたくないな(笑)。

Can you show me blue sky at Glastobury, Joe?

幸せな光景が見えるよ。

ちなみに種髪とは、テイカカズラなどの、裂開する実の種子を飛ばすためにある毛のこと、、、

Lyraが種髪と訳した意味わかるでしょ?

まっ白い羽毛の様な細い毛が風にそよぐ。

綺麗。

柔らな髪の毛がそよぐ

そして、Lyraもフワフワ飛んで辿り着きたいね、

貴方と。

あの広がる景色を味わうんだ。

 

スポンサーリンク

 

The song is written by joe for his daughter, It is about the Glastonbury Festival.

Desolation Row” is a 1965 song writtenand sung by Bob Dylan. It was recorded on August 4, 1965, and was released  as the closing track  of Dylan’s  sixth studio album,  Highway 61 Revisited. During its length of11 minutes, Dylan weaves together a number of characters lifted from history, fiction and the Bible, into a narrative which suggests entropy and urban chaos. The song has been covered  by many artists, including My Chemical Romance for the film Watchmen  in 2009.

 

I remember watching & reading old interviews were Joe mentioned that amid all the goings on at Glastonbury he noticed his daughter fast asleep , hence Coma Girl. and Coma means plants’ hair like dandelions.

So I translated fancy hair cute girl and     that girl Joe’s daughter plays with rockers and sleeping in Glastobury.

 

 (Click to amazon↓↓ ) 3rd Studio Album “Streetcore” CD. クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Streetcore is the third and final studio album by Joe Strummer & the Mescaleros. The album was completed after the death of frontman Joe Strummer, primarily by Martin Slattery and Scott Shields, and released on 21 October 2003. The album marks the band’s transition from their previous genre-bending work to a more straightforward rock album, reminiscent of Strummer’s early work with The Clash. The album received a positive critical reception and is generally seen as a return to form and a high point for Strummer to have gone out on.

Members

  • Joe Strummer – lead vocals, rhythm guitar
  • Martin Slattery – lead guitar, keyboards, saxophone, flute
  • Scott Shields – guitar, bass guitar
  • Antony Genn – guitar (1999–2000)
  • Simon Stafford – bass guitar, trombone (2001–2002)
  • Tymon Dogg – violin, Spanish guitar, keyboards (2000–2002)
  • John Blackburn – bass guitar (2000)
  • Jimmy Hogarth – bass guitar (2000)
  • Pablo Cook – percussion (1999–2001)
  • Luke Bullen – drums (2001–2002)
  • Steve “Smiley” Barnard – drums (1999–2000)

= Joe Strummer’s Discography =

*The Clash → See this The Clash ‘s page.

The 101ers

Year Album Additional information
1981 Elgin Avenue Breakdown Compilation album with material recorded from 1974 to 1976.
2018 Joe Strummer 001 32 song collection featuring remastered, unreleased and alternate versions of songs from Strummer’s career

Solo

Year Album Additional information
1986 Sid and Nancy Soundtrack for the film Sid and Nancy, featuring 2 songs by Strummer. “Love Kills” and “Dum Dum Club”
1987 Walker (soundtrack) Soundtrack for the film Walker, scored by Strummer.
1987 Straight to Hell Original Soundtrack Soundtrack for the film Straight to Hell, featuring 2 songs by Strummer.
1993 When Pigs Fly (soundtrack) Unreleased soundtrack for the film When Pigs Fly, scored by Strummer.
1998 Chef Aid: The South Park Album Features “It’s A Rockin’ World”, performed by Strummer, Flea, Nick Hexum, Tom Morello, DJ Bonebrake, and Benmont Tench.
1999 Michael Hutchence(guest appearance) Backing vocals on the first track on Michael Hutchence’s solo album, “Let Me Show You”
2000 Free the West Memphis 3 Features a cover of “The Harder They Come”, performed by Strummer and Long Beach Dub Allstars
2002 Jools Holland’s Big Band Rhythm & Blues (guest appearance) Features “Return of the Blues Cowboy” performed by Strummer and the Jools Holland Big Band
2003 Unearthed(guest appearance) A duet of “Redemption Song” with Johnny Cash.
2004 Black Magic(guest appearance) Strummer performed the song “Over the Border” with Jimmy Cliff.
2018 Joe Strummer 001 32 song collection featuring remastered, unreleased and alternate versions of songs from Strummer’s career

The Latino Rockabilly War

Year Album Additional information
1988 Permanent Record Original Soundtrack Features songs by Strummer and The Latino Rockabilly War.
1989 Earthquake Weather Strummer’s only studio album with The Latino Rockabilly War.
2018 Joe Strummer 001 32 song collection featuring remastered, unreleased and alternate versions of songs from Strummer’s career

The Mescaleros

Year Album Additional information
1999 Rock Art and the X-Ray Style Strummer’s first album with the Mescaleros.
2001 Global a Go-Go Reached number 23 on Billboard’s Top Independent Albums chart in the US.
2002 Black Hawk Down Soundtrack for the film features a much shorter version of “Minstrel Boy”. The longer version appeared on Global a Go-Go
2003 Streetcore Strummer’s last album, released posthumously.
2012 Joe Strummer & the Mescaleros: The Hellcat Years Digital download only 57 song set featuring three Hellcat albums, various b-sides and Strummer’s 15 November 2002 concert
2012 Live at Acton Town Hall Record Store Day exclusive 2-LP vinyl album limited to 2200 copies featuring Strummer’s 15 November 2002 concert
2018 Joe Strummer 001 32 song collection featuring remastered, unreleased and alternate versions of songs from Strummer’s career

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪