【LANY/ Thick and Thin】和訳 解説 LANYについて 失った愛 Dua Lipa? Ended love

Grunge RockやPunkやHeavy Metal好きなLyraなので激しい系やDeepなサウンドしか聞かないように思われがちですが、Popsも好きで周期的に毎日ヘビロテしてしまう時がやって来ます。今は何でもござれのPops寄りの時期みたい。

今日は、Lyra’s Monologueで時々、取り上げて来たバンドLANYを取り上げましょう。

LAとNYを行ったり来たりしてる彼ら。サウンドもスタイリッシュで都会的。それでいながら都会の冷静な音というより、温かみのあるサウンドで聴いてると心地よいのです。

この和訳もまた書いたまま掲載し忘れていたので、気がついたら直ぐにUPしないと他のアーティストと同じくまた放置してしまうから早速UPします。

それに今の季節にぴったりな爽やかで海が似合う、ちょっぴりほろ苦い曲だから。一緒に気持ち良いおセンチ・ロックに浸りましょ。

Congrats on your live performance at Summer Sonic in 2023.

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ出身のインディー・ポップ・バンド、Lany レイニー。

スポンサーリンク

LANY (「ロサンゼルス・ニューヨーク」の頭字語) は、2014年にナッシュビルで結成されたバンドで、Paul Jason Klein とJacob Cliford Goss ジェイク・クリフォード・ゴスで構成。

今日Lyraが和訳する曲は、2018年10月5日リリースのLanyの 2nd アルバム『Malibu Nights』に収録されている 2018年9月11日リリースのシングル【Thick and Thin】。詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 2nd Studio Album “Malibu Nights” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Thick and Thin is a song of the album Malibu Nights by American indie pop band LANY, Malibu Nights is the second studio album was released on October 5, 2018, by Side Street Entertainment and Polydor Records. The album was produced by Mike Crossey.

= Thick and Thin=

Late night, your eyes fell to the floor
I’m trying to make sense
But you’re losing your patience
Hands talk, won’t stop, we go to war
In the heat of the moment
You think that we’re broken

I could see my whole life with you baby
Now you got me thinking that I’m crazy
‘Cause you’re

Out the door, just one mistake
You say you’re not in love no more
But was it really love if you can leave me for
Something so innocent?
Is this the end?
Thought you’d be there through thick and thin
(Oh-ooh, oh-ooh)

 

Now you’re out the door, just one mistake
You say you’re not in love no more (Love no more)
But was it really love if you can leave me for (Leave me for)
Something so innocent?
Is this the end? (Is this the end?)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)
Out the door, just one mistake
You say you’re not in love no more (Oh-ooh)
But was it really love if you can leave me for (Oh-ooh)
Something so innocent?
Is this the end? (Oh-ooh)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)

Said you’d be there for me through everything (Thick and thin)
Said that you’d have my back with anything (Thick and thin)
Said you’d be there for me through everything (Thick and thin)
Said that you’d have my back with anything (Thick and thin)

 

夜遅く

君の両目が床へと落ちる

俺はその意味を

理解しようとしてるよ

でも君は

忍耐力を失いつつある

咄嗟の話が

止まらないみたいだね

俺たちはケンカへと進む

瞬間の熱さの中で

君は俺たちが

別れたって思ってるんだ

 

俺には君と一緒にいる

俺の人生全体を

見ることができた

ベイビー

今、君は

俺が気が狂っていると

思わせた

だって君は…

 

ドアから出て

ただ一つの過ち

もう恋はしないって

君は言う

だがそれは本当に愛だったのか?

俺を放っておいてくれるなら

とても無邪気なものの為に

とても無邪気なもの

これが最後か?

良い時も辛い時も

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

(オー、オー)

スポンサーリンク

Can’t sleep, can’t eat
My mind’s a mess
What are you thinking?
You were happy last weekend
All the good times
How’d you forget?
I was your best friend, yeah
Remember when you said

You could see your whole life with me baby
Now you got me thinking that I’m crazy
Cause you’re…

 

寝れやしないし

何も食えない

頭の中がグチャグチャさ

何を考えているんだい?

先週末は幸せだった君

楽しい時間をすべて

どうやって忘れたの?

俺は君はの親友だったよ

ああそうさ

君が言った時のことを

思い出してる

 

君は俺と一緒の

君の人生全体を見ることができた

ベイビー 今

君は俺が気が狂っていると思わせたよ

だって君は…

 

Out the door, just one mistake
You say you’re not in love no more
But was it really love if you can leave me for
Something so innocent?
Is this the end?
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)

Said you’d be there for me through everything
Said that you’d have my back with anything
Said you’d be there for me through everything
Said that you’d have my back with anything

 

ドアから出て

ただ一つの過ち

もう恋はしないって

君は言う

だがそれは本当に愛だったのか?

俺を放っておいてくれるなら

とても無邪気なものの為に

とても無邪気なもの

これが最後か?

良い時も辛い時も

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

良い時も辛い時も

(オー、オー)

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

良い時も辛い時も

(オー、オー)

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

良い時も辛い時も

(オー、オー)

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

君は全てを通して

俺のためにそこにいてくれると言った

何でもサポートしてくれるって言ったんだ

君は全てを通して

俺のためにそこにいてくれると言った

何でもサポートしてくれるって言ったんだ

 

Now you’re out the door, just one mistake
You say you’re not in love no more (Love no more)
But was it really love if you can leave me for (Leave me for)
Something so innocent?
Is this the end? (Is this the end?)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)
Out the door, just one mistake
You say you’re not in love no more (Oh-ooh)
But was it really love if you can leave me for (Oh-ooh)
Something so innocent?
Is this the end? (Oh-ooh)
Thought you’d be there through thick and thin (Oh-ooh)

 

今、君はドアの向こうにいる

たった一つの過ち

もう恋はしないって

君は言う

だがそれは本当に愛だったのか?

俺を放っておいてくれるなら

とても無邪気なものの為に

これが最後か?

良い時も辛い時も

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

たった一つの過ち

ドアの向こう

もう恋はしないって

君は言う

だがそれは本当に愛だったのか?

(オー、オー)

俺を放っておいてくれるなら

とても無邪気なものの為に

これが最後か?

(オー、オー)

良い時も辛い時も

いつも君が

そこにいると思ってたんだよ

(オー、オー)

 

Said you’d be there for me through everything (Thick and thin)

Said that you’d have my back with anything (Thick and thin)
Said you’d be there for me through everything (Thick and thin)
Said that you’d have my back with anything (Thick and thin)

 

君は全てを通して

俺のためにそこにいてくれると言った

(良い時も悪い時も)

何でもサポートしてくれるって言ったんだ

(良い時も悪い時も)

君は全てを通して

俺のためにそこにいてくれると言った

(良い時も悪い時も)

何でもサポートしてくれるって言ったんだ

(良い時も悪い時も)

Songwriters: Goss Jake Clifford / Klein Paul Jason

Translator: Lyra Sky 和訳

 

かわいそうな男の歌でそれ以上でもなく以下でもない。世間に転がっている良くある悲しみと恨み節の歌なのだが、非常に洗練されたポップソングでメロディの気持ちよさが先に立ってしまい、悲惨さが軽減されているのが凄い。LANYの才能がなせる技か?

『Malibu Nights』は、LANY の 2 枚目のスタジオ アルバムで 2018年10月5日にSide Street EntertainmentとPolydor Recordsからリリースされた。アルバムはマイク・クロッシーによってプロデュースされた名盤だ。彼らの代表作と言っていいアルバムだ。

スポンサーリンク

Lanyについて

ここでLANYについてご存知ない方のために、彼らのことを説明しましょう。(和訳を早く読みたい人は、この先をお読みください。)

2014年3月結成。ソロ活動が少ししかなかったポール・ジェイソン・クラインが友人のジェイク・ゴスとレス・プリーストに会うためにナッシュビルに飛んだ。以前、ジェイクとレスは、WRLDS という名前の別のプロジェクトがあったが、LANY の結成後に中止される。ポールは、クラシックピアノの訓練を受けており、幼い頃からピアノを弾いていた。翌月、彼らは古いプロジェクトと新しいプロジェクトを区別するために、フォロワーがゼロのSoundCloudアカウントに2曲【Hot Lights】と【Walk Away】を匿名でアップロードした。これら 2 曲は 4 日間もかからずレコーディングされたもの。

インタビューの中でポールは、シングルリリース後、6日以内にレコード会社からメールが届き始めたが、どのようにしてこの音楽を見つけたのかはまだ分からないと説明している。同年後半には彼らのデビュー EP『Acroonyms』がリリースされ、【ILYSB】という曲はオンラインで大きな注目を集め、100,000 件以上のヒットに達した。シングル【Made In Hollywood】と【Bad Bad Bad】がこれにすぐ続き、同時に彼らの正体も明らかになった。

因みにLANYは、ロサンゼルス・ニューヨークの略。ポールはインタビューでその名前について次のように説明した。

「デザインと美的目的から 4 文字の単語が必要であることはわかっていましたが、ご想像のとおり、全世界の 4 文字の単語がすべて採用されています。私たちは頭字語に移行し、しばらくの間、TTYL になるだろうと考えていました。 , でもその後、私たちは残りの人生を13歳のままでいたくないと決心して、最終的には、ロサンゼルスからニューヨークまで国を横断するスパンを考えました。最初はそれがL-A-N-Yになると考えていましたが、人々は続けました彼らにそれを話したとき、どう発音すればいいのか混乱して、「L-A-and-Y?」などと言ってしまいました。それで、私たちはそれを忘れて、自分たちのことをLANY、レイニーと発音しよう、となったんです。」

2015年、LANYはツイン・シャドウ、トーベ・スティルケ、Xアンバサダーズ、トロイ・シヴァン、ホールジーをサポートするアメリカツアーに乗り出した。セカンドEPのタイトルは『I Loved You』。その後、ロラパルーザなどのフェスティバルにも出演。

スポンサーリンク

 

2015年12月になるとポリドール・レコードと契約。その後『I Loved You』より前にリリースされた全曲(【Hot Lights】と【OMG】を除く)で構成された再リリースEP『Make Out』がリリースされた。この直後、2016年3月にエリー・ゴールディングとの英国サポートツアーが発表され、「ILYSB」のライブストリップバックバージョンがYouTubeでリリース。トロイ・シヴァンとの米国サポートツアーは2月まで続き、その後5月に初の米国ヘッドラインツアーであるザ・メイクアウト・ツアーが発表。 2016年3月11日、シングル【Where the Hell Are My Friends】をリリース。この曲はゼイン・ロウとともに Beats 1 にデビューした。 1か月後この曲の最初のミュージックビデオをリリース。 5月のヘッドライン・ツアーの後、LANYは2016年半ばにボナルー、ファイアフライ、アウトサイド・ランズなどの一連のフェスティバルに出演。

2016 年の秋に同名の EP をサポートする Kinda Tour と呼ばれる 2 回目のヘッドライン ツアーを開始。2017年2月15日、ジョン・メイヤーの「ザ・サーチ・フォー・エヴリシング・ツアー」の7公演の前座を務めた。クラインはメイヤーが彼自身とバンドに大きな影響を与えたと信じている。 バンドは公式インスタグラムとツイッターを通じて、2017年6月30日にデビュー・アルバム『LANY』をリリースし、その後3月3日にシングル「グッド・ガールズ」と「イット・ワズ・ラブ」をリリースすることを発表(『ザ・ブレイクアップ』、『13』)。

2017年6月30日セルフタイトルのデビューアルバムをリリース。シングル「Super Far」は、フルアルバムのリリースに先立って、Apple Music の Zane Lowe の Beats 1 でデビュー。バンドはアルバムのプロモーションのためにロサンゼルスとニューヨークでポップアップショップを開催した。 「Good Girls」「ILYSB」「Super Far」のミュージックビデオを公開。LANYは2017年の夏フェスティバルで演奏し、オーストラリアとアジアをツアーした。彼らは2017年の冬にヨーロッパもツアーしている。

2018年3月8日にインスタグラムでセカンドアルバム『Malibu Nights』を発表。クラインは、このアルバムは2018年1月4日から2月14日までに書かれたと語っている。2018年4月5日、フィリピンのスマート・アラネタ・コロシアムで初のアリーナコンサートを開催した。ショーのチケットは24時間で完売し、翌日の夜に2回目のショーが行われた[。最初のシングル【Thru These Tears】は7月17日にリリースされ、アルバムの2番目のシングル【I Don’t Wanna Love You Anymore】は2018年8月22日にリリース。待望の2枚目のスタジオアルバム『Malibu Nights』は2018年10月5日にリリースされ、9曲収録されている。

2018年10月に始まり2019年10月まで続くマリブ・ナイツ・ワールド・ツアーに乗り出した。バンドは2019年4月23日に歌手のジュリア・マイケルズとのシングル【OK】をリリースした。これは彼らにとってフィーチャリング・アーティストが参加した最初の曲となった。

2019年11月14日アメリカのシンガーソングライターLauvとコラボして曲【Mean It】を制作し、最終的にLauvのデビューアルバム『How I’m Feeling』に収録されている。

2019年12月17日、ロサンゼルスの砂漠で両アーティストが出演するミュージックビデオが公開された。 7月23日から25日まで、LANYはマニラのモール・オブ・アジア・アリーナでの3回連続公演を完売させた。

 

スポンサーリンク

ポリドールとインタースコープ・レコードと契約したこのバンドは、『LANY』(2017年)、『Malibu Nights』(2018年)、『Mamas Boy 』(2020年)という3枚のトップ40アルバムをリリースしている。さらに、彼らは多数のシングルをリリースしており、最も成功したのはRIAA認定の【ILYSB】(2015年)、ジュリア・マイケルズとのコラボレーション【OK】(2019年)、そしてラウヴとの【Mean It】(2019年)である。 2020年に3枚目のスタジオ・アルバム『Mamas’ Boy』をリリースし、続いて2021年9月に4枚目のアルバム『gg bb xx』をリリース。

 

今年、2023年5月29日、LANYは5枚目のアルバム『I Really Really Hope So』を9月29日にリリースすると発表している。その最初のシングル「Love At First Fight」は6月7日にリリースされた。

現在は主にライブハウスでコンサートを行なうLANY。ファンとの距離が近いのでも有名で、ライブの途中では、バンドのトレードマークであるバラの花をステージ上にファンが投げ込むのが定番である。

アルバム『Malibu Nights』について

【Malibu Nights】は、フロントマンのポール・ジェイソン・クラインとイギリスの歌手デュア・リパとの恋愛関係の終焉を受けて、2018年初頭に書かれ、レコーディングされた。

*Dua Lipaについては、こちらなど→【Dua Lipa / New Rules】和訳 Freedom from Ambiguity! LGBTの皆んなが愛する新女王誕生⁈

和訳【Physical】Dua Lipa 解説 80’s 映画みたいなBody Talk

 

Paul Klein は、かなり制作に没頭していたようで「アルバムのアイデアを念頭に置かずにカタルシスの一形態として音楽を書いたが、「50日」後にバンドのセカンド・アルバムを書いていたことに気づいた」と述べている。

Paulは後に、「失恋を経験したことで生産的かつ治療のはけ口ができたことに感謝している」とも言っていた。強がりにも感じるが、制作には良いネタだったのかもしれない。

このアルバムは当初『 January 』というタイトルで計画されていたが、より普遍的なものになるよう名前が変更されたらしい。

失恋後の愛や、憧れ、喪失についての歌詞とともに、このアルバムにはセルフタイトルのデビュー作より多くのギター、ピアノ、ドラムが組み込まれているのが特徴だとおもう。アルバムのタイトルトラックは、ピアノインストゥルメンタルをベースにしている。

【Tick and Thin】

【Thick and Thin】は LANY のアルバム「Malibu Nights」からリリースされた 3 枚目のシングル。

この曲のリリースは、1月4日にこの曲のタイトルをリードシンガーのポール・クラインのツイートの写真を通じて発表された。この日は、バンドがセカンドアルバムの作曲を開始した日だった。

歌詞は、別れた後の混乱した男性の感情を表現している。

作曲は、Paul Klein ,Les Priest ,Jake Gossのバンド全員で書いているが、歌詞は、先ほど書いたように別れたDua Lipa について書かれているように感じてしまう。前から良く2人のパパラッチされた姿がスクープされていたが、いつかしか見かけなくなっていたくらいのタイミングでこの曲がリリースされた。

違うにしても時期的にDua Lipaを想像してしまう。有名税なのだから仕方ないが、プライベートダダ漏れは可哀想だな。

 

君は全てを通して

俺のためにそこにいてくれると言った

(良い時も悪い時も)

何でもサポートしてくれるって言ったんだ

(良い時も悪い時も)

と言う歌詞は、何だか売れるためにサポートしてくれるという話があったの?と思ってしまった。

生活面で心の支え、と言う意味でのサポートかもしれないし、プロデュース面などの仕事の援助なのかもしれないし、色々と音楽業界のダークサイドを聞いていると頭に映像が浮かんでしまって止まらなくなってしまう〜。意味深な歌詞ですね、ここの部分は、特に。

そう言った意味でも、聞いているだけで想像が膨らんでしまうのは、良い歌詞である証拠だと思う。

歌詞なんて特に重要視しない人には、何の意味もないものだが、意味を考えるのが好きな人や、或いは、Lyraみたいに考えるつもりは全くないのに頭に映像が直ぐ浮かんでしまう人には、魅力的な曲であるし、影響を与えてくれるバンドなのだ。

夕陽に向かって車を走らせて風を靡かせていくのが好きな自分の毎日と似ているせいか、親近感が湧くビデオが好きだ。

自由奔放な女性は、着ていた服を脱いで夕陽が水面の輝いている海に入っていく。

思わず息を飲むPaul (主人公!。

新しい世界に飛び込んでいく女性とは違い、男は引きずっていくのだろう。

海だけが全てを見てる。

誰も知らない空間を。

 

(click to amazon↓↓) 2nd Studio Album “Malibu Nigh ts” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

LANY (/ˈlni/, an acronym for “Los Angeles New York”) are an American pop rock band from Los Angeles. Formed in Nashville in 2014, the band consists of Paul Jason Klein and Jake Clifford Goss.

LANY is an acronym for “Los Angeles New York”. Klein explained the name in an interview:

“We knew we wanted a four-letter word because of design and aesthetic purposes, but as you can imagine, all the four-letter words in the entire world are taken. We moved to acronyms and for a while we thought we would be TTYL, but then we decided we didn’t want to be 13 for the rest of our lives. I eventually thought of the span across the country from L.A. to New York, and at first I was thinking it would be L-A-N-Y, but people kept getting confused on how to pronounce it when I told them, saying things like ‘L-A-and-Y?’ So then we’re like forget it—let’s call ourselves LANY, pronounced Lay-Nee.”

Thick and Thin” is the third single released from LANY’s album “Malibu Nights.” It describes the feeling of confusion after a breakup.

The release of the song was announced through a picture of a tweet from lead singer Paul Klein, who had teased the title of the song on January 4. That same day was the day on which the band started writing for their sophomore album.

Malibu Nights was written and recorded in early 2018 following the end of a romantic relationship frontman Paul Jason Klein was having with English singer Dua Lipa. Klein says he wrote music as a form of catharsis without the idea of an album in mind but realized after “50 days” that he had written the band’s second albumKlein later stated he was thankful for experiencing heartbreak as it allowed him a productive and therapeutic outlet.

The album was originally planned to be called Januarybut was renamed to be more universal.

Personnel

  • Paul Klein – lead vocals, guitars, piano
  • Les Priest
  • Jake Goss – drums
September 11, 2018

GENRE

Pop

LENGTH

3:32

LABEL

Side Street • Polydor

COMPOSER(S)

Paul Klein • Jacob Goss • Alexandra Yatchenko • Nolan Lambroza

PRODUCER(S)

LANY • Mike Crossey

ALBUM

Malibu Nights (album)

Band members

Current members
  • Paul Jason Klein – lead vocals, piano, keyboards, guitar (2014–present)
  • Jake Clifford Goss – drums, percussion, samples (2014–present)

Current touring musicians

  • Eric “Puff” Scarborough – keyboards, guitar, background vocals (2021–present)
  • Kim Vi – keyboards, bass, guitar, background vocals (2021–present)

Former members

  • Charles Leslie Priest – keyboards, synthesizers, guitar, backing vocals (2014–2022)

Former touring musicians

  • Giuliano Pizzulo – keyboards, guitar, background vocals (2018–2020)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。