【Harry Styles/ As It Was】和訳 コレが今のハリー・スタイルズ The Harry Today

 

Congrats, Harry! アメリカでNo.1に輝いたのは、これがお初のHarry、めでたい!

実は、Harryのこの曲をリリースされてすぐに和訳したのに、またもや放置したままでいたら、アルバムリリースされそうになっちゃって、ヤバっ!となってます。ごめんね、Harry。

しかしアメリカのNo.1が、イギリスの80’sぽいデジタルサウンドの曲だとは面白い。

このピコピコメロディは、前回紹介したDepeche Modeの初期サウンドみたい!

そんなノスタルジックなサウンドに、Harryお得意の悲しみと意味深な言葉を載せるとは、、、。

ピコピコに騙されて明るい曲だと思うかもしれないが、真逆の歌だ。

Harryはあんなに可愛くて人気者なのに。何故かこの手の歌詞ばかり書くから、プライベートで悲しい恋ばかりしてる気がして来る。

だからか?

笑顔のHarryを見てると「無理してるんやないの?」と心配になる。

心配、Harry “【Harry Styles/ As It Was】和訳 コレが今のハリー・スタイルズ The Harry Today” の続きを読む

【Somebody To Love】和訳 FOO FIGHTERS: Taylor Hawkins Version QUEEN’s Song 詳しく解説

 

あれからもう1ヶ月経ってしまったとは…時がもの凄いスピードで過ぎて行くのを個人的にも時に追われているために、痛いくらい感じている。

パワフルで皆のムードメイカーでもあったFoo Fightersのドラマーと知られているTaylor Hawkinsが今年3月25日に亡くなってから、もう1ヶ月経ってしまった。

詳細は、亡くなった当日に悲し過ぎて居てもたってもいられずに書いたLyraのTaylor Hawkins and The Coattail Ridersの過去記事を参照して頂きたい。

追悼 Taylor Hawkins and The Coattail Riders【Middle Child】和訳解説「Taylor Hawkinsの全て」All About Taylor Hawkins

 

Grunge全盛期から、数々の有名アーティストや様々なバンドの後ろにはいつも彼がいた。バンドの要とも言えるドラマーとして、ヘヴィなビートを刻んで来た。そして、陽気に戯けたり、会場を盛り上げるシンガーとしても人気があったTaylor。

その歌声は、先日書いた彼のソロ活動の作品でもよくわかると思う。楽しい歌声だ。

Taylorは、死ぬ2日前までFoo Fightersのツアーでドラムを叩いていた。

そして、彼の死によりショックを受けたバンドメイト達が、彼の死を発表するわずか6日前の最後のツアーで、お気に入りのバンド、Queen を演奏していたのだ。

今日は、それを取り上げようと思う。実は、この記事はTaylorが亡くなった日に書いた。でも彼のソロワークも書いてしまったので、どちらにしようか迷い、「彼の名前がある方を先にしたほうが良い」と感じたのでソロを先にし、こちらが遅くなってしまった (ゴメンね)。

タイミングが合わず、Taylorの捧げた前記事から1ヶ月以上経ってからになってしまい、だからと言って、悲しみは未だ癒えないが、Taylorを忍び、音楽に身を委ねましょう。

それが彼が居たと言う証明になる気がするから。

「天国からみていてくれたら良いな」と願いを込めて…書きました。

“【Somebody To Love】和訳 FOO FIGHTERS: Taylor Hawkins Version QUEEN’s Song 詳しく解説” の続きを読む

【A Thousand Miles/ Vanessa Carlton】和訳 刹那い恋愛ソング Tragic love story

素敵なラブソング❤️と言えば、今の人気アーティストの曲が、瞬時に浮かぶ。聴きやすくて、歌いやすく耳に残る良い曲が沢山ある。

だがその良い曲にプラスして、「ロマンティックで刹那くて、どうしようもない気持ちを、純粋なまま一纏めした美しい曲は?」となると…最近の流行りの曲は、当てはまらない気がする。

今のヒットしてるラブソングは、歌詞が対象への恨み節か、Fワード連発で、知り合いのグチを聞いているようなカジュアルさが売りな曲が多め。

それは日常生活とマッチしていて共感を生みやすく、だからヒットを狙えるし、個人的にも激しい感情の話は、聞き慣れているから、全然OKなのだが、久しぶりに今日Lyraが取り上げるこの曲を聴いたら…、「ああ、切ない気持ちは、雲一つない青空のように澄み渡っていて、また、群青色のの夜空に光り輝く星々みたいに、何時間も愛でていて飽きない美しいものもあるのだ」と改めて感じ、この方が偽善も偽悪もなく真実だと思うのだ。

このVanessa Carltonが、バカ売れしたのは、誰もが抱く恋心を飾らない言葉で、純粋に美しく歌に乗せたからだ。

ああ、貴方に会いたい。

そんな恋しい人への気持ち。

その純粋さを、歌いながら(語りながら)激しくなる感情と呼応するピアノとオーケストラの音色に乗せて、空に放り投げるのだ。

飛んでいくその思いを手に取る私達。

その想う瞬間の記録。

その時の素直な愛を歌う。

人の心を揺さぶるとは、そう言うことなのだ。

“【A Thousand Miles/ Vanessa Carlton】和訳 刹那い恋愛ソング Tragic love story” の続きを読む

Harry Styles【Falling】和訳 元カノ元カレ問題 Ex’s Memories

 

 

Happy Birthday Harry Styles! You’ve always given me power & made me smile. Thanks. Take careo’ yourself and Keep creating unique lyrics & incredible music forever, please! lyrasky.

今日はHarry Stylesの誕生日なので、今年も彼の曲を和訳して誕生日を一緒に祝いましょう!

Harryの歌詞は独特の世界観があるから大好き。エロいからって言うのもあるけど。

好きな理由は、ネイティブでも普通の人が聞くと普通のヒットソングだが、Lyraみたいな深読みが趣味みたいな人達には、本当の意味が分かり「ムフフ」となる点が魅力なの。

歌詞なんてどうでも良いと言う人が多いから、分からない人には分からなくて良いし、知りたい人だけ喜べば良い、と言うのが良い。Harryも、このスタイルなのかも知れぬ…もしくは検閲を掻い潜る作家の気持ちか?

選曲は、「誕生日は、人気が高い曲の方が皆さんが喜んでくれるかな?」と思い、この曲を選びました。需要高い方が良いでしょ、と。ただ誕生日向きの明るい曲ではない。前にこのブログで書いたHarryの傷心モードだからだ。

かなりHarryの激情の歌詞だから、私事=Harry似の元カレを思い出してしまったよ。

MV見ながら「悪いことした、ごめんね」って元カレに言っちゃう感じ…Harryの誕生日なのに〜。ま、それだけパッションが強い歌詞と言う証拠ねッ!

さすが、Harry〜♪

“Harry Styles【Falling】和訳 元カノ元カレ問題 Ex’s Memories” の続きを読む

Taylor Swift【All Too Well (10minute Version)】和訳 消えない炎のように Keeping My Scarf

昔から想像を膨らませて曲を書くアーティストと、自分が体験したことしか書けない実体験型アーティストがいる。両者共に良い面があるし、どちらが好きとか、嫌いとかは全くない。

中には歌詞なんて気にしないと言うリスナーもいるし…個人的に人間にも物事にも執着しないタイプだから、正直どちらでも良いのだ。

「本当他人の〇〇は何も見ていないんですね」と言われたが、本当見ていない(笑)。知りもしない人に興味がないし、仲良しの事もあまり見ていなかったりして(笑)。ただ大切な人達の気持ちには敏感。

関係のある人達に対して思いやりを持って接しているから、オールOKになっているし、大体、人様の恋愛やスキャンダルに興味ないんです〜。そう!関係ないから。

歌詞や作品で感動するし、本や映画など、「Lyraは感受性が強過ぎる」と言われるだけあって敏感に反応する。おまけに予知まで当たり、先まで読める。だが人間の噂話とかに興味ないのだ。

だから最近のソングライター達の流行りが、自分たちのプライベートな恋愛事情を切り売りしているのもOKだし、逆にそれを重要視もしていない。

このTaylorも、自分の恋愛を曝け出すことで有名なアーティストの一人。

今回も「これはあの人のことか?」と、頭にすぐアノ俳優や、御曹司が浮かぶが、それより一つの作品としてリスペクトしている。

おまけにMVが大好きな女優さんが主演だから余計に嬉しい。よく出来たショートフィルムだ。

この中にリアルはあるが、ゴシップなんか関係ない。美しい作品なのだ。

ゴシップなんかより、Taylorの昔の恋愛話に耳を傾ける…まるで友達の昔話を聞いているみたい。

冬の夜に一緒に話をして泣いてる友達を慰めてる気持ちになる。

そんな冬の夜の暖かい部屋の中にいるみたい。So beautiful song, Taylor XOXO

“Taylor Swift【All Too Well (10minute Version)】和訳 消えない炎のように Keeping My Scarf” の続きを読む

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.