和訳【Vance Joy/ Riptide】皮肉とお笑いラブソング Coming of Age Love Story

 

バリトン・ヴォイスにヤラレる。

Dave Gahan (Depeche Mode)然り、

Andy Biersack (Black Veil Brize)に、

Jim Morrison (The Doors)に、

Eddie Vedder(Pearl Jam)に、

Nick Caveとかね。

Chris Cornell (Soundarden)も低い声の歌い方が好きだし。

とにかく低くて男らしい声のVocalistが好きなのだ。

しかし、まれーにオッ?となる例外がいる。

Jack Whiteとかね、

Liam Gallagherや

Mike D (Beastie Boys)などだ。

個人的な好みだから、万人の意見じゃない為、興味ない方はスルーして欲しいのだが、私、Lyraは、高いヴォーカリストの声は好みではない。

それなのに、この3人は、何故だかハートを鷲掴みされてしまう。

どうやら神経質で叫ぶ、「ギリギリでやってます。」って所、

「俺メーター振り切ってます!」と言う、彼らの歌い方が、Lyraのハートを鷲掴み。

限界ギリギリ

計画や計算は全く出来ないバカ(愛しいからのバカです)。

もしくは、全力投球な姿勢にやられるらしい。

今日Lyraが紹介するアーティストは、がなり立ててはいないし、Liamみたいな「あなた、その顎上げの歌い方は、喉痛めますよ」の心配もない。

だが、Jack WhiteみたいにLyraの胸にキリキリ入り込んで来る神経質さが堪らない。

ちょっと皮肉れた歌詞とこの声が、ギリギリの精神状態を保っているみたいで、妙に気になってしまうのだ。

“和訳【Vance Joy/ Riptide】皮肉とお笑いラブソング Coming of Age Love Story” の続きを読む

【BLACKPINK / Ice Cream with Selena Gomez】和訳 本当の甘い意味 Sweet Full-Flavored Song’s Meanings

「大好きなアーティスト同士が結婚するパターンが多い」と、このブログで何回か話して来たけれど、

今回は大好きなSelena Gomez セレーナ・ゴメスとBlack Pink プラック・ピンクがコラボしたからビックリ⁉️

何か今年に入って、好きな人や好きなものが、互いに関係があったことが発覚したり、自分が昔からの知っていたことが、最近知り合ったばかりの者と繋がっていたりと、驚いてばかりいる。

巡り巡ってと言うことかしら?

今日紹介する曲の場合、今あげた運命的な事で繋がっていたと言うよりは、オファーが来た時に互いにファンだったから2つ返事でOKした、と言う偶然なお仕事だ。

でも偶然で必然だと思う。

起こるべくして起きることが運命だが、それも偶然から始まるのだよ。

彼女達が可愛くて、深読みしたら超エロい歌を歌うのも話題性を作り、お互いに相乗効果を生む為の必然なのだ。

もう秋になった感がある東京(今日初めて30度行かなかった!)。

だけど、ゆったりと”Chillin’ Chillin” と可愛く歌うこの曲で、まったり、”Chill Out” するのも乙なものでっせ!

“【BLACKPINK / Ice Cream with Selena Gomez】和訳 本当の甘い意味 Sweet Full-Flavored Song’s Meanings” の続きを読む

【Cardigan/ Taylor Swift】和訳 歌詞の本当の意味と裏話 Trueth and Secret Story

このCovid-19で世界中が苦しんでいる中で、貴方はどんなことを感じ、どんなふうに生きて来ましたか?

特にこの春は、皆んな自粛中はキツかったと思う。

日本ですらキツかったのだから、海外ではLockdownや、厳重な地域が多いのもあり尚更、考えることが多かったでしょう?

今日Lyraが和訳解説するTaylorの曲は、そのコロナ下自粛中に書かれたものだ。

どうやらTaylorは、昔の恋愛や今まで描いて来た曲について考えていたみたい。この歌を聞けばわかるよ。

過去の恋愛について、「ああだったな」と考えた事はあるし、時々思い出していた筈なんだが、ここの所、全く思い出していない!と、この曲を聴いて初めて気づいたの。

忙し過ぎて考える暇が無かった。

それに今の諸々を考えて、刹那くなることで精一杯だったからだ。

自分でもビックリ。

おまけに今年は変な年で、新しい病気が見つかり多分治らないのが1つ、様子見も見つかったり…身が持たんわ、って感じ。

でもそんな中で、悲しくなったり、嬉しくなったりしてる自分が幸せだと感じてる。

過去より、今なのLyraは…。

でも過去を振り返り、語るTaylorが、凄く可愛いと思う。

だってこの姿は、私たち恋する人間たちそのものだから。

“【Cardigan/ Taylor Swift】和訳 歌詞の本当の意味と裏話 Trueth and Secret Story” の続きを読む

【Marshmello & Halsey/ Be Kind】和訳 ホールジー& マシュメロ恋愛事情 I’m always on Your Side

めちゃカワの曲〜♪

Lyraのブログで何回も取り上げているHalsey。

アメリカで今、1番ノリに乗っているシンガーでしょう。

勿論似たタイプのシンガーが今は多い。

AlianaやTaylor SwiftやLyraのブログの常連のSelena GomezやRihannaは、Halseyと同じく、「身を削ってネタを作るタイプ」のシンガーソングライターだ。

自分の恋愛ネタを包み隠さず、そのまんまダイレクトに歌詞にする。

Aliana Grandeの和訳で「こんなバラして大丈夫?」と毎回Lyraは心配して書いてるから、笑ってる人もいると思う。

ただHalsey姉さんの場合は、心配しない。

だって両足でしっかりと立っているからだ。

今の自分と未来の自分を、過去の失敗から冷静に見ているのが歌詞から見て取れるからだ。

あとRihannaもね。

2人とも大好きなヴォーカリスト。

もしかしたら、より力強いBitchなRihannaの方が、か弱くて危ういかもね。

Halseyには底力を感じる。男で失敗しても次に行く強いスタンス。

つい最近は、このブログでお馴染みの 【アメリカン・ホラー・ストーリー8 黙示録】のEvan Petersと付き合っていたんだからビックリしたわ。

この強さがホスィー。

この強さ、、、「姉御と言うよりMamaだな」思っていたら、優しい愛の歌がリリースされた。

それもEDMの売れっ子Marshmelloとのコラボだよ。

昨日がHeavy Metalだったから、今日は聴いていて気持ちいいエモーショナルなラブソングを和訳するね。

夏いアツな夜をこれで乗り切ってちょーだい(レーコーの乗りでよろしく)。

“【Marshmello & Halsey/ Be Kind】和訳 ホールジー& マシュメロ恋愛事情 I’m always on Your Side” の続きを読む

【Hounds Of Love/ Kate Bush】和訳 Kate Bushの技 乙女から女へ Growing into Woman

表現力が、ナパーム弾並みの人。

女で大英勲章を持つシンガーってKateくらいじゃなかろうか?

壮大なメロディに合わせてマイムする姿は、ミュージシャンと言うより女優の域に達してる。

だが彼女の描く歌詞は、とっても女らしく可愛らしいのだ。

片思いに胸を痛め、愛する人に一喜一憂する。どこにでもありそうな恋物語。

ただその表現の仕方が撚りまくっている。

デビュー曲の【Wuthering Heights / Kate Bush】(True Meanings 『嵐が丘』の本当の意味)は、英国小説のオマージュであるし、時には、体を彼氏とトランスフォームして、わかり合いたいと願うのだ。表現が絶妙なわけ。

同時期に売れた魔女仲間(と勝手にLyraが思ってる)、Stevie Nicksは、リアル話とフィクションを書くリアル魔女としたら、

Kateは、普通の恋心を真面目に書く、アングロサクソン版、アングラ小説好き&アングラ女優と言う感じ。

普通の女心を、自分が好きな文学のように表現する。

それがKateの魅力。

今日は、KateのBirthdayでもあるので、ウブな恋への恐れを、可愛らしく描いた曲を和訳しましょう。

まるで恋してるみたいにドキドキするかもよ〜♪

“【Hounds Of Love/ Kate Bush】和訳 Kate Bushの技 乙女から女へ Growing into Woman” の続きを読む