【Psychedelic Porn Crumpets/ Hymn For A Droid】和訳解説 サイケデリック・ポーン・クランペッツの意味 True Meanings

書いたまま放置。

今年書いたまま、ならば良いが3〜4年前ってバンドや映画があって片付かなくて大変!

石鹸ネタや最近だと香水ネタもまだ途中よ〜どうしよう?

【This Is Us】も書いたまま、まだ終わらせてないし。

今日はその中から、疾走しまくっている曲をお届け〜。

サイケデリック・ロック・バンドとして知られているけれど、今日の曲は、ガレージ・バンドみたいに超ヘヴィ。

トリップと言うよりは、ゴジラの気分で、地球生命体を踏み潰して行く感じ〜♪

愛とは何か?

瞑想ではなく、迷走するゴジラになってみよう。

今日Lyraが和訳&解説するのは、西オーストラリア、パース出身のサイケデリック・ロック・バンド、 Psychedelic Porn Crumpets サイケデリック・ポーン・クランペッツ。

スポンサーリンク

2014年パースで結成。

メンバー5人で、「リーダービルの田舎の古い馬小屋」で一緒に演奏し始めたのが始まり。

King Gizzard and the Lizard Wizardキングギザードアンドリザードウィザードや、Tame Impala (→ 【Lost In Yesterday】解説 テーム・インパラとは? Face Covid19 song ) テームインパラなど、オーストラリアで人気のある他のサイケデリックロックバンドと良く比較されているバンドである。

今日Lyraが和訳&解説する曲は、Psychedelic Porn Crumpets の2019年リリースの3rd スタジオ・アルバム『And Now for the Whatcha macallit』に収録されている曲【Hymn For A Droid】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓ ↓ ) 3rd Studio Album “And Now for the Whatchamacallit” [CD] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

 

Psychedelic Porn Crumpets is an Australian psychedelic rock band formed in 2014 in Perth. Members include Jack McEwan (guitar and vocals), Luke Parish (guitar), Danny Caddy (drums), Luke Reynolds (bass), and Chris Young (keyboard), who began playing together in “an old horse barn in rural Leederville”. Their genre and sound has been compared to that of other popular psychedelic rock bands in Australia, such as King Gizzard and the Lizard Wizard and Tame Impala. They have self-described their sound as “an energetic mess of colour and tone”. Concerning the reasoning behind the name of the band, its members have given little explanation. The band claims it was chosen at random because they thought it was amusing. The word crumpet may be unusual to some, as it is a traditional english food described in the Cambridge Dictionary as “a small, round type of bread with holes in one side that is eaten hot with butter”.

スポンサーリンク

=Hymn For A Droid=

[Verse 1]
Boy broke his heart
I told him he’s thinking too much
Don’t listen to love, listen to love
It’ll do you more harm
See how you go
Trundling life on your own
Red or blue pill? Red or blue pill?
I’ve been having too much of both

[Pre-Chorus]
Here we are
Five years on and it feels like the start
On now off
Freedom again
Now your friends will be happy you’re back taking drugs with them
Drugs with them

[Chorus]
Now we’re here, everything’s unclear
As the girl inside’s tearing out your mind
Is it love you need? Is it her that feeds?
Is it love at all?

[Bridge]
Now you’re born
Weightless son
Head without ego
Young no more
Mind unwound
Laying in a reef
Trying to reassemble
A thousand dreams

[Chorus]
Now we’re here, everything’s unclear
As the girl inside’s tearing out your mind
Is it love you need? Is it her that feeds?
Is it love at all?

 

少年は自ら傷ついた

俺は彼に「考えすぎだよ」って

話したんだ

愛には耳を傾けないぜ

愛なんかに耳を傾けたら

愛が君をもっと傷つけるだろう

君が自分の人生を

どう転がして行くか分かるよ

赤か

青の錠剤か?

赤か

青の錠剤か?

両方共

俺は持ちすぎているんだよ

 

さあ、着いたぞ

5年後

また新しいスタートを切る気分さ

自由よ再び

君の友達は嬉しくなるだろう

君がまた

彼らと一緒にヤクをキメるようになったんだから

アイツらとやるヤクさ

 

俺たちはここにいる

全てが不明瞭だ

女の子のように

君の精神を引き裂くようだ

それが君に必要な愛なのか?

餌をやるのは彼女なの?

それってさ

結局

愛なの?

 

スポンサーリンク

君は生まれた

無重力の息子

自我のない頭

既に若くはない

精神が解く

葉の中で横たわり

再び寄せ集めてみよう

千もの夢を

俺たちはここにいる

全てが不明瞭だ

女の子のように

君の精神を引き裂くようだ

それが君に必要な愛なのか?

餌をやるのは彼女なの?

それってさ

結局

愛なの?

 

Songwriters: Jack Zed Mcewan / Daniel Caddy / Luke Parish / Luke Gary Reynolds

Translator: Lyra Sky 和訳

 

Jimi HendrixになりたいJohn Frucianteのようなギターに痺れる。

イントロ長すぎな所は、昔のサイケデリック・バンドみたいだわ。

彼らの昔の曲には、サイケなバンドらしいダルダルな物も多いが、この曲などに見られるスピード出しまくりの曲は、キレキレなギターが魅力の作品ばかり。

貴方は、どちらが好みかな?

スポンサーリンク

 

Psychedelic Porn Crumpetsは、自ら「色とトーンのエネルギッシュな混乱したサウンド」と言っている。

ヘンテコなバンド名の由来は、特に明言してはいないが、ランダムにいくつかある中から面白かったものを選んだらしい。

Crumpetsは、普通の意味だと片側に穴が沢山空いたホットケーキ見たいな奴で、バター乗っけて熱々で食べるのが王道なの。

伝統的な英国料理とか、知らない人はパンとか言ってるけど、日本で言うホットケーキに近い。

で、スラングだと良い意味じゃないと思うが。セックスの対象としての女性のことを意味するの。

だから「パンです〜」と言う人がいるけどCrumpetsの前にアレがついてるからセクシー系の女(女優)がマジな意味では?

まあ、「ホットケーキ食いまくり」って意味でも良いけどね。

 

見た目は、サイケデリックバンドというよりDinosaur Jr.みたいだし、Grunge Rock バンドみたいだ。個人的にGrungeも大好きなので親しみが湧く。

彼らはバンド結成する前は、同じ売人を通じて知り合った友達だったの〜、なんとも言い難い…w。

元は、ヴォーカル&ギターのJack McEwan が大学でやっていたユニットの1つとして始まったもの。

そのうち自分たちの楽しみでやるだけじゃなく、ガレージ・レイブと言われている若者の地元コミュニティのために曲作りするようになって行き、パンクバンドのようなDIYバンドのマントラみたいになるわけ。

自分たちの作った曲のほとんどを自分たちで録音し、自分たちで広告を打ち、自分たちが実践的になることを目指しているバンドなのだ。

頼もしいし、それが本来のバンドなのだと思う、、、利益云々は見込めないと言う現実的な方には、イマイチな奴らかもしれない。

地元のルバーブ・レコーズから『High Visceral {Part One} 』(2016年)と『High Visceral {Part Two} 』(2017年)の2枚のアルバムリリース。

そのノリで、2017年独自のレコードレーベルWhatRealityを設立し、「存在に固執し、リスクを冒し、アイデアを追求し、目標を設定し、大きな夢を見る」という意味をもって、活動しているのだよ、、。

彼らのレーベルのリリースから1年後、彼らはまだWhat Realityの理想的なビジョンを持っていたにもかかわらず、経済的な理由で他のミュージシャンとは契約していなかった。

いずれは 今後出てくるバンドのサポート体制を作りたいみたい。

2018年シングル【SocialCandy】リリース。好評を博し、109月までメルボルン、アデレード、パースの全国ツアーにつながった。

このツアーで、バックアップドラマーのPeter Coyne ピーターコインを入れたらしい。

2019年5月、英国のオールポイントイースト音楽祭のビクトリアパークイベントに出演。

2019年7月このアルバム『And Now for the Whatchamacallit』をリリース。彼らはパースの故郷、アデレード、ブリスベン、メルボルン、シドニー回る全国ツアーをした。

2019年10月【 マンダンガス】リリース。これは、ミュージックフェストニュースに「美しく混沌とした爆発的な」と言われた曲。

2020年8月5日、バンドはシングル【MrPrism】をリリースし活動を続けている。

 

スポンサーリンク

Psycheelic Porn Crumpetsのサウンドは、目も眩むばかりの多層ハーモニー、分厚い音、ファズの多いリフ、繊細なアンビエントなどが挙げられるでしょう。

そのどれかに、貴方の好みがひっかかるならば好きになるだろう。

メジャーバンドにはない魅力が詰まった音の渦を楽しめるよ。

 

(click to amazon↓ ↓ ) 3rd Studio Album “And Now for the Whatchamacallit- Limited Red Records”  [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

「これは、俺がシャワーでリフをハミングしてできた曲さ。それが想像したのとほぼ同じようにレコーディングが出来た珍しい曲なんだ。ほとんどの場合、曲は元のリフから大きく変化し、まったく異なるものに変わっちゃうだろ。でもさあ、「HFAD」(この曲) が最初からブームになり、おそらくこれまでに書いた中で一番お気に入りのコーラスがある曲だから嬉しいんだよ。1日目から出来上がった気分だったよ。歌詞は、俺とルークが離れている時に似たような関係をずっと続けていたことについて書いたんだ。

長期的な関係にある場合は、ツアーしまくってるバンドに参加するのは残酷さ。最悪なことに物事は素早く変化しているんだ。少なくとも君の友達は、君がドラッグを一緒にやってくれるんだから、ず〜っと楽しいだろうよ」とJack McEwan(ヴォーカル)は語っている。

パッと見は、友人が恋愛絡みで傷ついてるのを慰めて入る歌詞だが、実際は、「恋人も良いけど、薬の方が楽しいし、マシだぜ」ってアホな事を言ってるジャンキーの身勝手な歌な訳ですね。

頭も体も薬漬けで、脳みそ溶けてる奴が言ってるんだから無茶苦茶。

励ましている風だが、「鮮明には見えない」と自分でも分かってるし、時間感覚飛んでる上に、現在の自分が何がしたいかも、未来の展望もない。

ジャンキーは、やりたいことは薬だけだから。

くだらないながらに、真実に近い歌なのよ。

 

「歌詞に意味なんて関係ない」

「歌詞はどうでも良い、メロディさえ有れば」という方には、これでよかね。

Lyraは意味がある方が好きなので、物足りない。

癖ありすぎるくらいの歌詞が好きだし、難しい事いえとは思っていない。

同じこと叫んでるだけでも意味があれば感動する体質なの。

ただ昔からJimi Hendrixが好きで生きて来た為に、似た音を出しているギタリストの曲は、気になるのです。

それに愛について考えてる「風」のフレーズがある所が良い感じかな。自分たちでやろうとして、ノッシノッシと歩いている感じも良いし。

数年前からJohn以外で、Jimiっぽい音を出すギタリストが居ないかなあ〜って、ずっと思ってるのよね〜。

弾いて欲しいのがある。

上手い人は、世界中に数えキレな位くらいにたっくさんいるのに、中々、身震いする人には出会えてないです。

もしかしたらギターが上手い下手より、ハートが近い人の音だと感動するのかもね。

Jimi Hendrixの音に似てると言われている Psychdelic Porn Crumpetsは如何でしたか?

好き?

また良い感じの音を見つけたら、このブログでピックアップしますね。

お楽しみに〜☆

 

スポンサーリンク

This is one of the rare occasions I’ve managed to hum a riff in the shower and record it pretty much identical to how it was envisioned. Most times a song will change a lot from its original riff and turn into something completely different, but I really like how ‘HFAD’ booms in from the start and then hooks in with probably my favourite chorus I’ve ever written. It felt finished from day one. The lyrics are about me and Luke going through a similar type of relationship while being away a lot. Being in a touring band is pretty brutal if you’re in a long-term relationship. Things seem to change pretty quick unfortunately, but at least your friends will always be happy you’re back taking drugs with them.

— Jack McEwan via LNWY

 

Psychedelic Porn Crumpets’ music is described as created with “dazzling multi-layered harmonies, chunky, fuzz-laden riffing, and delicate ambient passages”…

The bandmates were friends prior to the creation of the band. It has been suggested that they became acquainted through their mutual drug dealer. The band began initially as a university project for a unit that Jack McEwan was taking at the time. They then continued to make music for their own enjoyment, as well as for that of their young local community in what has been described as “garage rave” type settings. They have made a point of retaining a ‘DIY’ band mantra, recording most of their own songs, as well as aiming to be very hands-on in their own advertisement.

The band went on in 2017 to create their own record label, What Reality? Records. They have made clear that they chose to do this for reasons of “getting stuck into existence, taking a risk, pursuing ideas, setting goals and trying to dream big.” The first release on this new label was a twin reissue of both parts of their High Visceral albums. One year after the release of their label, though, the band still had not signed any other musicians due to financial reasons, despite the fact that they still held an ideal vision for the What Reality? Records as “a support structure for upcoming bands”.

 

Members

  • Jack McEwan

Jack McEwan is the band’s vocalist, main songwriter and the member credited with being the main pioneer behind the band. Born in the 1990s, he and the other band members are of the millennial generation. After the release of the band’s record label, Jack is the member of the band who told the press that the idea for a record label had been around since the conception of the band, and that its creation was “only a matter of time”.

Jack grew up in England, where his passion for music was kindled both by his father and through playing in bands from the age of nine onwards, before the family migrated to Australia at the age of thirteen. He also has a degree in graphic design, which he uses in creating the band’s artwork.

  • Luke Parish

Luke Parish is the lead guitarist for the band. He is also a semi-professional skater, sponsored by Soggy Bones, having transitioned into the sport from surfing. He has been quoted stating that his biggest influence on the guitar is David Gilmour of Pink Floyd.

  • Danny Caddy

Danny Caddy is the band’s drummer. He played with Jack McEwan in a band prior to the formation of the Psychedelic Porn Crumpets.

  • Luke Reynolds

Luke Reynolds was the band’s bass player.

  • Chris Young

Chris Young plays the keyboard for the band in the songs that require the instrument.

  • Peter Coyne

Peter Coyne is the band’s back-up drummer. He used to be lead but after a wrist injury during his NRL season with the St. George Illawarra Dragons, he was placed into back-up.

Discography

●High Visceral {Part One} 2016

High Visceral {Part 2} 2017

And Now for the Whatchamacallit 2019

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。