Charlie Watts逝去 和訳【Miss You/ The Rolling Stones】解説 Hot Hot Love Song

2021.8.24. Died peacefully at London Hospital … It seems to be Charlie. A masculine drummer who was devoted to the shadows though, RS1 Dresser has a strong RS1 quarrel 🤜 Not known for his gentlemanly appearance and appearance Actually No.1 in the Rolling Stones is Wild man who Charlie Watts.
Charlie Watts R.I.P.

I was so shocked that Charlie dies.and I have zoned from this morning. maybe RS probably won’t end, because Mick should do it. But Keith seems to be depressed …so sorry. I feel like it will be coming a new RS … and ordinary RS …It’s strange to feel like this that
feeling of ending, like this. That’s how big Charlie was for RS, and for us.

朝寝坊してそのまま忙しくしていてスマホを全く見ないまま、人とあったりしていた。

たまたま電話が来てそれでスマホを見たらCharlieの画像が流れていて、誕生日だったっけ?何で呑気に見たら”Charlie Watts: Rolling Stones drummer dies at 80″ の文字。

あれから信じられないまま、ショック過ぎてボーッとなってる。

理性では人間には命があり、命は限りあるものとは分かっている。が、変わらないと思っていたものがなくなってしまった。

寂しいのを通り越して、

悲しいのを通り越して

訳が分からない。

今日は予定を変更してCharlie Watts 逝去のNewsを見たばかりで気が動転していますが、Charlieの為に【Miss You】の気持ちも込めて、この曲を解説&和訳して彼の安らかな眠りを祈りましょう。

Brianと再会していたら良いなぁ。

ああ益々、こちらの世界が寂しくなるじゃない?

“Charlie Watts逝去 和訳【Miss You/ The Rolling Stones】解説 Hot Hot Love Song” の続きを読む

【Marianne Faithful/ As Tears Go By】和訳 The Rolling Stonesの女と言うよりも Rebirth Woman

Happy Birthday Marianne Faithful! I love your music & your taste. I used to wear cute skirt fashion like yours before. and I’ve been said queen style by everybody because my hair styles’ve been like yours for a long time. You’ve been a queen since 60’s. and now.too! besides your birthday’s my mother’s day of birth,too. so I’m happy to remind my mom & you on 29th o’December. Today’s important day for me💕.

今日はMarianne Faithfulの誕生日!

そしてLyraのMumの誕生日でもあるので、特別な日かもしれないな。あとベンジーの誕生日でもあるからね〜。

大好きな人達の3人が、同じbirthdayとは運命的。

だから今まで和訳には取り上げなかったの。

Lyraの胸の中で大切に大好きを保管しておこうって。

元々、大切だから内緒にしておくことと言う事が多いかも。

SNSを初めて久しぶりに全てを真似される恐怖をうん年ぶりにやられて余計に、1番に近い大切な物はあげないようにしてる。

でも元々がオープンで開けっ広げな性格だから、たまに爆発する。

今日は忙しくて、何もしてあげられなかったからと言うのもあって、申し訳ないから取り上げようと思った。

それは、MarianeとMamaは似てる感じがするから。

劇的に生きて風のように散り、また再生する。

人は何度でも生まれ変われるのかな?

無邪気でいられるあの頃みたいに

笑える日が来るのかな?

“【Marianne Faithful/ As Tears Go By】和訳 The Rolling Stonesの女と言うよりも Rebirth Woman” の続きを読む

【Keith Richards/ Hate It When You Leave】和訳 貴方の心の為に A Song for Ears Eyes and Your Heart

Happy Birthday Keith Richards! Wishing you good health & happines in life!

Keith Richardsのバースデイなので、今年も彼の曲を和訳して盛り上がりましょう。

って思い、ストーンズの曲にしようか?ソロにしようか?と迷い、去年と同じくKeithのソロから、メロメロなラブソングを選びました。

Keithのラブソングって可愛いよね。

「お前なしじゃ生きられねー」 or

「側にいてくれよ〜」だから。

遊び人が多いとか思われがちなロッカー界隈ですが、実は真面目なKeithなのよね。

でアレだけ色々やって来たのに奥手だとか。

女遊びしない男性が条件のLyraなので、Keithのイメージはかなり良いの。

普通の人は、Keith = バッド・ガイ、又はジャンキーだろう。

だから皆さんのKeithのイメージと、Lyraが思い描くキースは、違うかもしれないが、今日Lyraがお届けする曲で、一途な可愛いKeithがわかるでしょう!

“【Keith Richards/ Hate It When You Leave】和訳 貴方の心の為に A Song for Ears Eyes and Your Heart” の続きを読む

和訳【On With The Show /The Rolling Stones】解説Welcome to the Devil’s World

いやはや、2019年も今日でおしまいとは信じられない〜。

つい1ヶ月前に「新年が来たわ♪ 明けましておめでとう」と皆さんに挨拶したような気がするぅ。

明日から2020年って凄くない?

20年代よ、20年代。

新しい10年が始まる。

今日はoasisをやろうと思っていたの。

でもよく見たら、この曲が和訳したまま残っていた!しかも書いたのが7月だって〜。

長くLyraをフォローして下さっているフォロワーさんにリクエストされていた曲なのでした。

多分リクエスト貰ったその日の内に和訳し、書いたら上げる時に、いつものその日の気分の曲を別にUPしたのでしょう。

今日は2019年最後の大晦日だから、リクエストのThe Rolling Stonesの曲を和訳紹介します〜。

サイケ好きだからこのアルバム好きなのもあるからウキウキ。

世間ではイマイチでも、この変わり加減が良いのだっ!

丁度、変態にも遭遇しその人に、Lyraが呼ばれたことも、まさかの奇跡だわ!

「人生、何があるか分からない」ってか?
“和訳【On With The Show /The Rolling Stones】解説Welcome to the Devil’s World” の続きを読む