【Johnny Thunders/ Hurt Me】和訳 Johnnyからのメッセージ Johnny’s Messages

Happy Birthday Johnny Thunders! I’ve always been healed by your song, so I’d like to express feeling to thank You so I give you translation of your song. Wishing you a stress-free birthday.

今日は、Johnny Thundersのお誕生日だから、彼の曲を和訳してJohnnyを偲びましょう。

New York Dollsの頃の煌びやかで激しい感じも良いし、Heartbreakersのパンキッシュなワイルドさも格好良いから凄く迷ったのだけど、やはり優しいJohnnyの歌声が好きなので、一般ウケはしないかもしれませんが、「天国にいるJohnnyを想うならば、じっくり聞きた方が良いかな?」と感じたので、アコースティックの素敵な曲をお届けします!

マニアックなアルバムと言われているけれど、Johnnyを感じるには最適なアルバム。

一緒に聴いてねッ。

“【Johnny Thunders/ Hurt Me】和訳 Johnnyからのメッセージ Johnny’s Messages” の続きを読む

【Alice Cooper/ School’s Out】和訳 ダリのようにシュールなアーティスト A Surreal Artist Like Salvador Dali

 

 

Happy Birthday Alice Cooper! Please live long like a dancing monster serpent!

今日はAlice CooperのBirthdayなので、彼のキャッチーでPopな味があるロックを和訳して皆んなで盛り上げちゃいましょっ!

Alice Cooperの長いキャリアの中から、一曲を選曲するのは、なかなか優柔不断なLyraには難しい。

何故ならAlice Cooperってデビュー当時〜初期の音源って、R&Rベースではあるけど、もろグラム・グラムしてるでしょう?

それが時代を経てHard RockやHeavy Metal路線に変わって来たから、どのジャンルも好みの場合、一曲に絞るのはムズイの。

これが「俺はグラムが好きだ!」や「私はヘヴィ・メタルが好き!」と確固たるポリシーがあるならば、どちらかに決められるから話は早いんだが…。

全くポリシーない奴よね、今のLyraは。

でもそのお陰で色々なバンドや音楽と出会える、だから楽しみは増えるんだけど。

恋愛対象がどっちもOKならば世界も広がるって感じと似てるな(似てないか?w)

何か昔からどちらかもラブコール頂くので、どっちもいけたら楽しいのになあ、て。

Alice Cooperが網タイツでらいぶしていたみたいにね。

レンジの広さがものを言う。

これから何が起きるか分からないから。

今あるものが明日には全部吹っ飛んでしまうかもよ?

今日は、そんな恐ろしさを秘めた、浮かれて楽しいと皆が思っている曲を貴方にお届けします。

“【Alice Cooper/ School’s Out】和訳 ダリのようにシュールなアーティスト A Surreal Artist Like Salvador Dali” の続きを読む

【Breaking the Chains/ Dokken】和訳解説 LAメタルらしいメロディアスな演歌節と大爆笑MV!

Happy Birthday Don Dokken! Here’s a long-distance “Happy Birthday” to you from Japan.

今日はDon Dokkenのお誕生日ってことで、彼のバンドの曲を和訳してBirthdayをお祝いしましょっ!

Heavy Metalのコピーバンドをやっていた時に、色々歌った中で、Dokkenも良くやったので思い出の曲の1つかもしれない〜。

だからどれにしようか迷った。

で選んだのは、このデビュー曲。

Heavy Metal バンドだけど、DokkenってPop Rockの曲が多いバンド。

この曲も聴きやすく美しいメロディが、きっと皆さんも気にいるでしょう。

それに歌詞がめちゃくちゃ、ダサい、、、演歌みたい。ビデオはその上を行く面白さだから大注目よ!

“【Breaking the Chains/ Dokken】和訳解説 LAメタルらしいメロディアスな演歌節と大爆笑MV!” の続きを読む

和訳【Uni/ What’s The Problem?】UniとCharlotte Kemp Muhl の全て Beautiful Daydream

 

「天は二物を与えた!」と、Lyraが思っているアーティストが、今日紹介するバンドのベーシストであり、プロデューサーのCharlotte Kemp Muhlなの。

良く好きなモデルとしてCharlotteのことを紹介して来ましたが、今日は大好きなミュージシャンとしてのCharlotteを紹介します。

美しくて危険で、清純な少女の笑顔を持ちながら、時には妖艶な魔性の女の表情を持つ彼女は、Lyraの憧れの女性。

おまけに普段着が同じタイプのジャケット着ていたり、音楽漬けの生活を送っていたりと共感出来る所が、沢山あり、他人には思えないくらい。

その上、大好きなSean Ono Lennonが彼女のパートナーで、2人の仲良しな関係も本当に素敵。理想のカップル。

好き過ぎてSeanとのバンドにしようか迷って、Charlotte本人に尋ねたら、こちらを選んで頂けたので、今日は彼女のサイケデリックでグラムなメチャ格好良いロック・バンドを紹介しましょう。

興奮して来たわ〜♪

“和訳【Uni/ What’s The Problem?】UniとCharlotte Kemp Muhl の全て Beautiful Daydream” の続きを読む