【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate

胸が躍る。

それは彼ら The Lumineers の音楽を形容するのにピッタリな言葉。

このブログで彼らの曲を和訳したのはずいぶん前のこと… ( 【The Lumineers / Sleep On The Floor】 和訳 Resemble Morning Soap Opera! 朝ドラ『半分、青い』のダメ人間ぶり)

あれから3年くらい経ったなんて信じられないんだけど、その間にThe Lumineersは3人→ 5人になっていた(メンバーチェンジ有り)

色々巡って、今がある。

この道が正しいのか分からない。気が焦るばかり。

でも息して生きてるんだから「まあ、いっか?」と空を見る。

この広い空の下で、きっとLyraと同じ太陽を( 夜には月を)、同じように見ているのだろう。

この地球に居る限り。

多分この曲のように、貴方は私を思い続けるだろう。そして私もきっと同じ目に遭うんだろ。

“【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate” の続きを読む

【Highway To Hell/ AC/DC】和訳 Bonは死を予感していたのか?解説 Premonition of Death?

Boo! To You, Too! Happy Halloween!

今日はハロウィンだから、ちょっとそれらしい曲を和訳&解説しちゃおっ。

去年はハロウィンらしくBootsy の【Bootsy Collins& Buckethead /Monster Mash】にしたので、今年は黄泉の国から皆さんいらっしゃるから、ちょい捻ってコレにしてみようかな(笑)?

オーストラリアを代表する彼らのノリの良いこの曲は、ジャンルを問わず多くのアーティスト達にカヴァーされて来たから、AC/DCを知らなくてもこの曲は聞いたことあると思う。

なきBon Scottの歌声で貴方もハイウェイを突っ走りたくなるだろう。

“【Highway To Hell/ AC/DC】和訳 Bonは死を予感していたのか?解説 Premonition of Death?” の続きを読む

和訳 Everclear【Santa Monica】解説 それでも生きて行く Still Life Goes On

力強く生きて行く…って、何だか格好の良い響き〜。

だけど、実際にそれを経験すると格好なんて良くないし、どちらかと言えば、情けない、醜態を晒す方が近いんじゃないか?

「どんなに辛い事があっても、乗り越えて来ました」

パチパチ👏 拍手〜じゃ済まされない。

泣きながら、鼻水垂らして、血を流し、時には暴言を吐き、酷いと、周りに当たり散らして「やり過ごした」だけかもしれない。

本当は「乗り越えて」なんかいないかもしれない。

でも時は過ぎて行くのよ。

ならば、「せめて歌わせて、言いたいことを」。

それが今日Lyraが和訳する曲の言いたいことかも。

愛を失ったら死んだも同然てことか?

“和訳 Everclear【Santa Monica】解説 それでも生きて行く Still Life Goes On” の続きを読む

和訳【Adore You/Harry Styles】ハリー・スタイルズと崖の上のポニョ Ponyo

色々あり過ぎて頭爆発!

予定では、CoolなPunks バンドか、ゴリゴリバンド、もしくはいい感じのグッズ話しようと思っていたんだけど、何か気分変えたくなったッ。

何も考えなくて良い(笑)、ベタな奴が聴きたい。

「何も考えなくてもキュンキュンするのをちょうだい」

ッてなっていたら、たまたま思い出したのが、この人だと言う…

Lyraの脳内どうなってるの?

イカレてまんなっ。

Chris Cornellの様にLyraの大好きな聴き入る歌声って程でもなく、Dave Gohanの様な理想のバリトンヴォイスでもなく、好きなミャーミャー式商法のLiam Gallagherでもない。

だけど、惹きつけられる人。

見ていて飽きない。

可愛いからかな?

周りの皆をホッコリさせる癒しキャラ。

それでありながら、近寄る女をモノにするモデルキラー Harryの、ベタ惚れした男のスゲェ〜ラブ✖️2ソングを和訳しよう。

こんなこと言われるお姫様になりたいわん。

and Happy Birthday, Harry Styles! I’ll translate & write’bout your song to celebrate ♪

( 2月1日Harry 誕生日なんだよね)

“和訳【Adore You/Harry Styles】ハリー・スタイルズと崖の上のポニョ Ponyo” の続きを読む