【The Doors/ Roadhouse Blues】和訳 言葉の影響 Words’re Powerful


今日はどの曲にしようか迷いまくった〜。

何故ならLyraの誕生日だからよん。

Happy Birthday To Me❤️

と言うことで今まで、【Lyra/ Oasis】【Lyra/Kate Bush】に、【Layla / Eric Clapton: Derek & the Dominos】と来たからね〜。

Lyraネタ探す予定でしたが、寝れんくらい忙しい上に、問題勃発して調べる時間が全くなくて今年は、名前ネタはやめて好きなバンドの曲にしましょう。

そうなるとまた好きなバンドが沢山あり迷って来ましたが、安心・安定した好きをキープし続けて来たThe Doorsの曲にしましょう。

かなりThe Doorsネタは書いて来たので今日はいつものロックなThe Doorsではなく、Jimが大好きだったブルーズなサウンドが魅力の曲を選んだよ。

一見、能天気な歌詞。Lyraの趣味である深読みスラング和訳をすれば、かなりセクシーなダブルミーニングがある曲よ。

これから「遊びに行くぞ」と言う時にも、「このチャンスに賭けるぞ」って時にも良いかもね。で、ちょっぴり悟りを開いてる感じが人生の悲哀をかんじてしまう。魔術的な曲。

魔術のように狂わしたい。そんな願いは、永遠。

“【The Doors/ Roadhouse Blues】和訳 言葉の影響 Words’re Powerful” の続きを読む

Echo and The Bunnymen【People Are Strange】和訳 “ロスト・ボーイ”のサウンドトラックとThe Doors

賛否両論あるとは思いますが、個人的Lyraの意見を述べさせて頂くと、音楽でのカヴァーは、「カッコよけりゃ良い!」。

それに人のネタを無断でパクッて、あたかも「自分のオリジナルよん」と、やる盗人より全然マシ!

ちゃんと「誰々さんの曲を歌います(演奏します)」と書いて公表しているし、作った人にリスペクトを与えている。それにしっかりと印税(使用料)を払っているのだから、完璧に正常な行為です。

パクる人って自分が悪いことをしてるのを理解しながら人の真似をする。

そしてバレたり or 居心地が悪くなると、すぐにアカウントを変えたり&消す。そして新たに新しいアカウントを作ってパクリ出すから本気で怖い!

そして、元ネタの人の記事や上げた物をコッソリと覗きをする変態の様に、見にくるのです…何度も…何度も繰り返し😱

そんな事ばかりだから本当に気持ち悪い、だって反省しないんだもの、その人達。

そんな気味の悪い人達を忘れるために、今日は、大好きなThe Doorsの素敵な曲をカヴァーした Echo & The Bunnyman を和訳しましょう。

不気味だけど面白い映画のサウンドトラック。

昨日本家のThe Doorsを和訳したから、比べてみるのも楽しいでしょう!

“Echo and The Bunnymen【People Are Strange】和訳 “ロスト・ボーイ”のサウンドトラックとThe Doors” の続きを読む

【The Doors/ People Are Strange】和訳 寄り添うジム•モリソン Jim Morrison’s Benevolent Words

The Doorsのおかげで、今のロックな女になれたのは、良いことだと思う。他人はアホかって言うだろうけど(笑)。

でも好きなものが既に分かっているって言うのは、生きて行く上で財産だと感じる。

だって世の中には、自分が好きなものやパワーを与えてくれる物が何だか分かっていない人達もいるからだ。

趣味が無いと悩んでる人が身近にいたり、打ち込めるものがないからつまらないと嘆いてる人に出会うことがあるから、たまに相談を受けてアドバイスをしたりする。

知らない人には、なんだかわからないだろうけれど、好きなものがないってキツイんだよ。実際に見てるから分かるし、寄り添ってあげたい。

Lyraは、結構ヘンテコな人生を歩んで来たし、変人にも沢山出会ってしまうおかしな毎日を送っているが、好きなものが沢山あって良かった。

特に音楽には何回救われただろう?

LyraがLyraである理由、存在証明が音楽なのだ。

私が私らしくいられる、いさせてくれるものがRock Musicなの。

そんなことを考えながら今日は、ロックに感動した最初のバンドであるThe Doorsの名曲の中から、人気の高いこの曲を和訳しましょう。

もう和訳していたと思っていたら、まだやっていなかったからビックリ。 「自分が何者か?」をJimも考えていただろう、そんな想像をしてしまう曲。

“【The Doors/ People Are Strange】和訳 寄り添うジム•モリソン Jim Morrison’s Benevolent Words” の続きを読む

【Syd Barrett/ Dark Globe】和訳 Syd Barrettの素顔 Iggy the Eskimo

Happy Birthday Syd Barrett! When I’m listening to your songs,I always feel like you’re sitting by my side.Especially that feeling get more.maybe our channel of our minds’re same.

今日は、Syd Barrettのバースデイなので、前にSyd在籍時のPink Floyd の曲を和訳&解説したから、彼のソロワークの中から選んだよん。

本来はメジャーな曲にしようと思ったの。

でも朝にこの曲が頭にパッと浮かんでしまったのと、たまたま開いた本に、この曲タイトルの言葉が出て来たので、何となく「Syd のお告げか?」なあ〜んて予感がしちゃったので、このマイナーよりの曲を選びました。

書いているうちにSydの話というより、不思議なんだが、彼の恋愛観にLyraの興味が移ってしまいました。

だからお祝いハッピー!って弾けられないのも、この歌詞のせい。

刹那い男の想いをさめざめ泣きながら書いている様な歌詞なんだけど、いつものLyraの深読みが始まってしまい、「これはとっても情熱的なメッセージなんじゃないか?」と思い始めたよ。

Sydって情熱的だったんじゃない?

最近、妖しい輩がLyraの周りに寄って来るから、Sydへの愛を書かない方が危なくなくて良いのかもしれないけど、Sydの Birthdayなんだもん。

気にしないで書いちゃお。だって、

Lyraは、Lyraでしかないから、この生き方しか出来ないんだもの。

“【Syd Barrett/ Dark Globe】和訳 Syd Barrettの素顔 Iggy the Eskimo” の続きを読む