【ウォーキング・デッド シーズン11第8話】ネタバレ犠牲者はアノ人 リアの選択ダリルは? That’s Close! あらすじ感想


ウォーキング・デッドを愛して来て、早いもので、もう11年か〜。

ジーンと来ますよね、今日ラストシーズンの前半戦の最終回だから。って、日本放送はまだまだ先の先ですが。

最終回迎えても、あまり悲しくないのは、中盤戦が来年2月にあり、本当の最終回は来年の今頃だからだろう。来年の今頃は、感涙と共にこのサーガが幕を閉じるのだろうか?

はたまた「こんな終わり方じゃ、許さねぇ〜!」と怒り狂っているんだろうか?

何か、それ想像すると怖いね。まあ、昔(数年前)ほどのTWD熱は、もうLyrcにはないので、怒り狂うほど入り込むことはもう無いと思う。何故なら(また言ってしまいますが)…

「Rickが、原作であんな終わり方をしたから、もう救いようが無いのよ〜」てこと。

あの衝撃ったらない。このブログでショックな気持ちをチラッと「Lyra’s Monologue」で書いたが、実は、原作アメコミの最終回のレビューを読み終わった発売日のあの日、あの時(2018年?)に読後の気持ちを書いていたのだ。でも上げていない…悲しくすぎるから。

あの衝撃的な悲しみを経験したから、ドラマでトンデモナイ事が起きても、大した事はないの。

今日の第8話(最終回)は、面白いと言うよりは、次回にハングオーバーされちゃったから、中途半端なモヤモヤで一杯。大ファンの貴方なら、きっと「持ち越しにするな!」と怒り狂うかもね。

でも大丈夫、大したことない!

あの原作の終わり方に比べたら…「こんなの屁でもないわーい!」

って事で、今日も張り切って詳しい解説&レビューと【Lyraのツッコミポイント】に行くで!!

“【ウォーキング・デッド シーズン11第8話】ネタバレ犠牲者はアノ人 リアの選択ダリルは? That’s Close! あらすじ感想” の続きを読む

【ウォーキング・デッド シーズン11第7話】ネタバレ「ニーガンの父性愛と聖母リア」あらすじ感想

日本放送は、まだまだの【The Walking Dead ウォーキング・デッド】シーズン11。いよいよ前半戦も、今日の第7話を入れたら残り2回となりましたよ〜。

懐かしい人達(リックを含めて)が、出て来る噂があったけど、まだ出てこんし!これは、来年の中盤戦で出る模様。だが今日の第7話を見たら、もうそんなの、先でも我慢できるわっと言う気分になった。

何故なら、相変わらず喧嘩ばかりしてるシーズン11のTWDが、今回は愛に溢れていたからだ。

細かく見れば、何となく思いやりのない嫌な行動をとりそうな人間が約1名居るが(笑)、それ以外は、自己犠牲を持つ良い奴らもいたんだ!と感じられて、久しぶりに満足行く仕上がりだったと思う。

いやはや「世の中、ポジティブな人間が勝つんだなぁ」とつくづく痛感しましたね。

人の不幸だけを願う頭の弱い人間は、地獄行き。と言うか、地獄さえも受け付けてくれない為、この手の愚者は「無」になるしかない、とハッキリ分かったので、納得が行くストーリー過ぎて「そうだよね」と、頷きながら視聴出来て楽しかったなあ。

ダリル班(Reapers) 、マギー班(旅している調達する)、ユージーン班(コモンウェルス)と、珍しく全部の舞台が見れる貴重な回でもあるし。

どんな風に愛があるか?は、Lyraの解説を見れば丸わかり!

ツッコミポイントも一緒に、楽しく解説しますねっ。

それに、「やっぱりアイツは、カッケ〜!」と再確認もしたよん。

“【ウォーキング・デッド シーズン11第7話】ネタバレ「ニーガンの父性愛と聖母リア」あらすじ感想” の続きを読む

ウォーキング・デッド シーズン10第10話 ネタバレ感想「出血多量でダリル&アルファガチ話」あらすじ

人によると思うが、今回【The Walking Dead Season10 Episode10】を「面白い!」と思うか「ワンパターンだな」と思うかで、今シーズンのモチベーションが決まるって感じ。

Lyraの感じは、ツッコミPointのコーナーに書くからね。

ただ強く思ったのは、「人を思いやる気持ちって行き違うと、ここまでややこしくなるのか⁉︎」と言うこと。

アルファにしてもロジータにしても、ダリルにしても。

ややこしくなる前に、早めに話し合うことが1番だなって感じた。

そうしたら戦争すらもなくなるだろう。

“ウォーキング・デッド シーズン10第10話 ネタバレ感想「出血多量でダリル&アルファガチ話」あらすじ” の続きを読む