【Machine Gun Kelly ft. blackbear/ My Ex’s Best Friend】和訳 ヤバイ奴に恋しちまった! Stolen Love

男女の複雑な関係って経験お有り?

遊び人が女を引っ掛けてどうだこうだって言うのは、隣でよく見ていたし、騙された女性たちも知ってるが、そういう遊びの話ではなくて、本気な恋愛沙汰のこと。

幸いLyra自身には第三者が入って泥沼化は無いために、この方、MGKが毎度描く、恋愛沙汰ですったもんだしている歌詞が面白くて笑ってしまう。

彼がもし歌詞を自で行くならば、かなり未練タラタラの人かも?

激しい性格同士の恋愛がお好み(たまたまそうなっちゃうのかもしれないが)のようで、前回和訳したHalseyとのデュエットが可愛い(一般的には『激しい』)Pop Punkの【forget me too】のビデオのように好きなのに喧嘩して、惚れてるから余計にバトルになって、、、と言う『Mr.&Mrs 』な感じになる。

*【Machine Gun Kelly ft. Halsey/ forget me too】和訳 観念!ホールジーとMGK 密過ぎ! Accept It For Loving Each Other

 

今回の【my ex’s best friend】は、バトルではないが、かなり複雑な関係のストーリー。

「そんな事あるの?」って思うが、まあ、そこはフィクションですから!

って言い切れないんだった、MGKの場合。

好きって感情は止められない、

誰にも。

それが痛いほど分かってるだけに、これは、馬鹿には出来ないリアル・ラブソングかもね。

“【Machine Gun Kelly ft. blackbear/ My Ex’s Best Friend】和訳 ヤバイ奴に恋しちまった! Stolen Love” の続きを読む

【Machine Gun Kelly ft. Halsey/ forget me too】和訳 観念!ホールジーとMGK 密過ぎ! Accept It For Loving Each Other

「めっちゃ可愛なあ〜」

と、Lyraは思うんだけど、日本だと「いかつい」人と思われてるみたい。

確かにね〜日本では一般ウケしないかもねぇ。

良くて「格好良い」って感じかな。

アメリカでPop チャートのTop10には必ずランクインしてしまうHalsey。Lyraのブログでチョイチョイ書いていますが、punksが好きそうな部分とラップ好きが好きそうな女子を上手くMixした所が、カワイイのです、、、個人的な意見ですが。それに、ある一部のアニメオタクには萌えな感じ。

そして、元バリバリのラッパーで最近はLyraが大好きなTravis Barker (brink182)とコラボレーションし始めた途端、Pop Punkで再ブレイクしたMachingun Kellyは、Tattooだらけだからイカツイのだけど、母性本能くすぐる歌詞を書いてしまうから、カワイイと思ってしまうの。

その2人がTravis絡みで、新曲を出したから、今日はワクワクして和訳しちゃうぞ!

MVがカワイイの。歌詞はアレだけど…

“【Machine Gun Kelly ft. Halsey/ forget me too】和訳 観念!ホールジーとMGK 密過ぎ! Accept It For Loving Each Other” の続きを読む

和訳【Machine Gun Kelly/ Bloody Valentine】MVマシン・ガン・ケリーの魅力とギャップ萌え〜 Be my Valentine massacre tonight

昨日 Chris Cornell の【Preaching the End of the World】を和訳&解説して、今日はあの人も…とあげる予定だったの。

でも2日続けては辛いし、今日は気分を変えて、どストレートな激しいラブソングを紹介する事にした!

「もう〜メロメロなんだな」って歌詞が、Pop Punkのメロディに乗って疾走するから、最高に気分が上がるで。

オマケにLyraが大好きなblink-182のTravis Barkerがドラムを叩いているだけでなくプロデュースと作詞作曲も手掛けているから、blink 182好き、Pop Punk好きは聞くべし。

それにこれまたお気に入り女優まで…

もう、ホント聞くっきゃないって! “和訳【Machine Gun Kelly/ Bloody Valentine】MVマシン・ガン・ケリーの魅力とギャップ萌え〜 Be my Valentine massacre tonight” の続きを読む

【Lil Peep & XXXTENTACION/ Falling Down- Travis Barker】和訳 解説 奇跡の共演

若くして死んでしまった2人。

どちらも新しいRapの世界を切り開いていく有望なアーティストだっただけに、Lyraのダメージが強い、、、だけでなくRap界にも大きな損失だったと思う。

ゴリゴリのEminemみたいなラップ(好き)と違い2人は、もっと気怠くエモだった。

今快進撃を続けてるPost MaloneのPopさを薄めながら、若者のエモさを歌うのだから、ラップだけでなく世間の普通の若者達のハートを掴んだ。

賛否両論あるが、今夜は奇跡の共演とも言えるLiL Peepの楽曲を、天国にいってしまった2人が歌うヒットシングルを和訳しましょう。

“【Lil Peep & XXXTENTACION/ Falling Down- Travis Barker】和訳 解説 奇跡の共演” の続きを読む

和訳 nothing nowhere × Travis Barker【destruction】解説 nothing nowhereとボーダレスな音楽

travis barker-nothing nowhere

ビックリな8月に書いていたまま放置していました😱

好きなアーティストの曲やそうでなくても、聴いて「良い曲ね〜」と気分が上がれば和訳し、UPするのだが、たまに他を優先して出すのを逃してしまう記事がある。

それが100くらいある〜、これでも減らしたの、、、に減らない。

今日の和訳するアーティストは、Lyraの大好きドラマー Travis Barkerのソロワークの一つ、他アーティストとのコラボレーション。

Travisって自他共に認める「ドラムバカ」。

才能もあるドラマーであり、鍛錬も怠らない努力家だから、尊敬してしまう。

その鍛錬の一環が、コラボだが普通のpunkやRock アーティストと違い彼はジャンルを問わないところが好き。

RapもへヴィメタルもレゲェもHip Hopもなんでもござれ〜

でもLyraにはそれが音楽だと思う。あらゆるジャンルや国を飛び越えて分かち合い、楽しむ。

それが音楽なのだ。

“和訳 nothing nowhere × Travis Barker【destruction】解説 nothing nowhereとボーダレスな音楽” の続きを読む