【Taylor Swift/ You Belong With Me】 和訳 Can Bleachers Be Steady? 恋心

Powerful lady…

強い子ってどうなんだろ?

男性から見たら魅力的なの?

朝から頭の中に鳴っていて、しまいには一日中脳内 Taylor Fesになって来たので今日、急遽、和訳することにしました(笑)。

Lyraが和訳したのは洋楽知らない人でも彼女の曲は耳にしたことがあるであろう、勢いがある女性シンガーソングライターで、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のカントリー歌手、最近はポップ歌手になりつつある Taylor Swift テイラー・スウィフト (1989年12月13日 – )です。

最近のTaylorは、セレブ感が増して、女優として映画やテレビドラマにも出演し、ファッション雑誌にも引っ張りだこな人気者Taylorになっちゃいました。

身長178  cm、足のサイズは26.5cm というだけあって、ステージにギターを弾きながら立つ姿は圧巻!

歌うTaylorは存在感がありまくりで、ステージ映えする金髪美女です。

ファッション誌やティーン誌で取り上げられるのも納得な可愛さ。

その可愛さにLyraは彼女のプロモーションビデオを見るのがいつも楽しみで良く見てきました。

彼女の凄さはルックスではなくて、立て続けにヒット曲を生み出して行くヒットメイカーであること!

才能があり、維持する精神力も強いんだね。

ファン層も広く、「America’s sweetheart」と呼ばれるくらいのメジャーな人気を維持して行くのは並大抵な努力ではないと感心しているの。

2018年に公開した「End Game」は1日で8,000,000再生にものぼったというんだから凄いよね。

もうテイラー現象だわ。

最近のTaylorは、カントリー歌手と言われているけどLyraにはPop歌手にしか思えない。でも、それで良いんじゃないかな。

だってTaylorの書く歌詞は、本当に周りにいる女子の気持ちを書いているから、、、。

広く大衆に受け入れられるPop Musicの方がTaylor の女の子路線な歌詞や覚えやすいメロディにピッタリだもの。

女子の気持ちを書いた歌詞って?

Taylorの歌詞がどんなか気になるでしょう?

それはLyraの和訳の後にお話ししましょう。

今日Lyraが選んだのは、2009年リリースのアルバム”Fearless” から 【You Belong With Me】です。

恋心を聞いてみよう!

 

( Click, to amazon ↓ ↓ ) album CD & streaming “Fearless” クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Taylor Alison Swift (born December 13, 1989) is an American singer-songwriter.

One of the leading contemporary recording artists, she is known for narrative songs about her personal life, which have received widespread media coverage.

You Belong with Me” is a song recorded by  Taylor Swift. The song was co-written by Swift and Liz Rose and produced by Nathan Chapman with Swift’s aid.

It was released on April 18, 2009, by Big Machine Records as the third single from Swift’s second studio album, Fearless (2008).

Swift was inspired to write “You Belong with Me” after overhearing a male friend of hers arguing with his girlfriend through a phone call; she continued to develop a story line afterward. The song contains many pop music elements and its lyrics have Swift desiring an out-of-reach love interest.

スポンサーリンク

= You Belong With Me =

[Verse 1]
You’re on the phone with your girlfriend, she’s upset
She’s going off about something that you said
‘Cause she doesn’t get your humor like I do
I’m in the room, it’s a typical Tuesday night
I’m listening to the kind of music she doesn’t like
And she’ll never know your story like I do

[Pre-Chorus]
But she wears short skirts, I wear T-shirts
She’s Cheer Captain and I’m on the bleachers
Dreaming about the day when you wake up and find
That what you’re looking for has been here the whole time

[Chorus]
If you could see that I’m the one who understands you
Been here all along, so why can’t you see?
You belong with me, you belong with me

[Verse 2]
Walking the streets with you and your worn-out jeans
I can’t help thinking this is how it ought to be
Laughing on a park bench, thinking to myself
Hey, isn’t this easy?
And you’ve got a smile that could light up this whole town
I haven’t seen it in a while since she brought you down
You say you’re fine, I know you better than that
Hey, whatcha doing with a girl like that?

[Pre-Chorus]
She wears high heels, I wear sneakers
She’s Cheer Captain and I’m on the bleachers
Dreaming about the day when you wake up and find
That what you’re looking for has been here the whole time

[Chorus]
If you could see that I’m the one who understands you
Been here all along, so why can’t you see?
You belong with me
Standing by and waiting at your back door
All this time how could you not know, baby?
You belong with me, you belong with me

[Bridge]
Oh, I remember you driving to my house
In the middle of the night
I’m the one who makes you laugh
When you know you’re ‘bout to cry
And I know your favorite songs
And you tell me ‘bout your dreams
Think I know where you belong
Think I know it’s with me

[Chorus]
Can’t you see that I’m the one who understands you
Been here all along, so why can’t you see?
You belong with me
Standing by and waiting at your back door
All this time how could you not know, baby?
You belong with me, you belong with me
[Outro]
You belong with me
Have you ever thought just maybe
You belong with me?
You belong with me

電話中、彼女も一緒だったね

何か彼女、怒ってたみたい

あの人は、アナタの言うことを流しちゃう

だって、あの人は、アタシが好きなアナタの面白いところが全くわかっていないのよ

アタシは自分の部屋にいるの

典型的な火曜の夜よ

アタシは、あの人が嫌いそうな音楽を聴いているの

そして、あの人は決して知ることはないだろうな

アタシが好きなアナタの物語を

 

でも、あの人はミニスカートを履いていて、

アタシはラフなTシャツ姿

あの人は、チアリーダーのキャプテンで、

アタシは外野席組

アタシは、その日が来るのを夢見てる

アナタが目を覚まし、気がつくの

アナタが探し求めていたモノが、ここにずっと居たということを

 

もしアナタが見ることが出来るなら、アタシよ!

アタシがアナタを理解出来る唯一の人間なの

初めっからずっと居たわ

だから、お願い分かってちょうだい

アナタの居場所はアタシよ

アナタはアタシと一緒にいなくちゃいけないの

 

アナタと、その擦り切れたジーンズと一緒に道を歩いていると、こうあるべきよ!って考えずにはいられなくなるの

ベンチに座りながら笑い自問自答するの

チョット、これって簡単なことじゃない?ってね。

アナタは町中をライトアップしちゃうくらい微笑んでいるし、、、

あの人がアナタを落としてから、こんなステキな笑顔見たことなかったしね

アナタは楽しいって言ってるし、

でも、アタシはアナタ以上に理解してるわ、アナタのこと

ああ、何であんな女と付き合ってるのよ?!

 

あの人は、ハイヒール履いて、

アタシはスニーカー

あの人は、チアリーダーのキャプテンで、

アタシは外野席組

アタシは、その日が来るのを夢見てる

アナタが目を覚まし、気がつくの

アナタが探し求めていたモノが、ここにずっと居たことを

スポンサーリンク

もしアナタが見ることが出来るなら、アタシよ!

アタシがアナタを理解出来る唯一の人間なの

初めっからずっと居たわ

だから、お願い分かってちょうだい

アナタの居場所はアタシよ!

アナタのそばに居るのよ、

秘密の扉の前で待っているのよ

ずっとそうなのに、どうして分かってくれないの?

アナタの居場所はアタシよ!

アナタはアタシと一緒にいなくちゃいけないの

 

ああ、覚えてる!アナタが私を家まで車で送ってくれたこと!

真夜中にねっ

アタシは、アナタが今にも泣きそうな時にでも、アナタを笑わせられる唯一の人間よ

それに、アナタの好みの歌を知ってるし、

それに、アナタはアタシに夢を話してくれたわね

アタシにはアナタの居場所が、どこだか分かってるの

考えてみて、アナタはアタシと同じだって分かってるの

 

アタシがアナタを理解出来る唯一の人間だってわかってよ

初めっからずっと居たわ

だから、お願い分かってちょうだい

アナタの居場所はアタシよ!

アナタのそばに居るのよ、

秘密の扉の前で待っているのよ

ずっとそうなのに、何で分かってくれないの?

好きなの

アナタの居場所はアタシよ!

アナタはアタシと一緒にいなくちゃいけないの

 

アナタとアタシは一緒よ

もしアナタがアタシのものだったらって考えたことない?

アナタはアタシのものなの、、、

Translator: Lyra Sky 和訳

凄く切羽詰まった恋心!

こんなに思われた男性は、嬉しいものなんだろうか?

Lyraが男性だったら、ちゃんと彼女を理解していなかっだ場合、怖くなっちゃうかもね。

そう、おバカな男子は引いちゃいそうな勢い。

だから、この主人公の女の子も想いの強さに引かれたら、、、と言い出せなくて心の中で、叫び続けている状態なんだ。

友達の男性だから余計に「好き」とは言い出せなくてずっと片思い。

その好きな男性には、チアリーダーの、おまけにキャプテンの彼女がいる、、、となるとかなりのイケメンな男性か、勉強もスポーツも出来る目立つグループの男性だろうね。

普通の子は、なかなかなれない。

容姿端麗で勉強もできなきゃ、アメリカのチアリーダーにはなれないから、男性の彼女は頭も良いし人気者だろう。

逆に、この主人公は、普通で隣の家にいるような女子らしい。

そういう自分にも嫌気がさしているのが、「彼女はミニスカートで、私はTシャツ」って所や、

「彼女はチアリーダーのキャプテン、私は観覧席の外野席組」というのでわかる。

「あっちは、ハイヒールで、こっちはスニーカー」って、それのどこがいけないの?

自分が好きな気持ちに間違いがないならば、突き進めばいいのに。

それに気づいたのか?

「自分が一番の理解者だし、ずっと側にいたのだから私のものになって!」と心の中で唱えている、のが、この【You Belong With Me】なんだよ。

片思いの辛さ、、、キューンと来ますかね?

Lyraは、キューンを通り越してお腹が痛くなりますね。

愛する人に愛して欲しい!

それは世界中の女の子、男の子、大人の女性、男性にも共通な気持ち。

それを、可愛らしく強く歌うTaylorに世界中の片思いさん達が共感したから、この曲も大ヒットしたんだね。

余りにも好きな子を思う主人公が可哀想になっちゃって、Lyraは、こんなに好きな人を理解している子ならば、男性が付き合ってる女性をいくら代名詞でも「彼女」とは呼びたくないだろう、と思ったから「あの人」にしてみたよ。

意地悪そうなPVだったしね。

Taylorの一人二役上手い。

この歌詞は、テイラーが男友達と一緒にいる時にかかって来た電話にヒントを得たらしい。

「ごめん、今電話切らなきゃいけないんだ。後で掛け直すからさ。誰よりも君の事を愛してるよ。ベイビー」と話してるのを聞いて、なんじゃこりゃ?と思ったTaylor。

ネタになる、と思ったんだろうね。

この時期、ソングライティングチームを組んでいたLiz Roseさんとのセッションで、この話をヒントに曲を作りたいと言ってLizのアイデアとともに出来上がったのが、初めの出たしの部分 ” You’re on the phone with your girlfriend, she’s upset, She’s going off about something that you said” なんだよ。

Lyraは彼女の強い片思いの時の歌だと思っていたから、これを聞いた時は「フィクションか」と少しガッカリ。

だってTaylorは、実体験を歌詞に書くのが当たり前のシンガーソングライターだと思っていたから。

Lyraのブログにチラッと書いたイギリス俳優の Tom Hiddleston や、 ワンダイレクションの Harry Styles と付き合って歌詞にバンバン、気持ちを書いちゃってるでしょう?

でもね、これ、リアルだよね。

この【You Belong With Me】もTaylorの実体験だとLyraは思っているよ。

その男友達かじゃなくて、中高校生時代に冴えなくていじめられいた頃の自分を投影して書いたんじゃないかってね。

Taylorは、カントリー歌手だったおばあちゃんや好きなカントリー歌手に影響されて小さい時から、いつかカントリー歌手になるぞ!と心に決めて頑張って来た。

でも、それをバカにするクラスメイトが多かった。

今となっては、その辛い時期があったからこそ、乗り越えられた強い自分が、今の自信に繋がっていると言い切るTaylorを見てLyraは拍手を送ったよ。

成功したからこそ言える言葉なのかもしれないけど、、、

辛さを乗り越えた人間は素晴らしい。

だから、Taylorの作る曲からは全くの曇りがない美しさやポジティブさが伝わって来るんだ!

生きる強さを持った人間は、とっても魅力的だ。

だから、Taylorの作る歌詞で人々は、元気をもらえるから彼女の曲を手に入れたくなるのかもしれないね。

それがBig Hitを作り出し続ける秘訣なのかもしれない。

スポンサーリンク

 

特にこの頃のTaylorは、可愛く素直で透き通った歌詞を書いていたから、Lyraはビューンッと学生時代に引き戻される。

片思いで胸が切なくて痛くなり、酷すぎてお腹まで痛くなっていた自分が蘇る。

皆んなはどう?

この歌詞を知って、片思いの頃を思い出す?

切ない恋心が蘇る?

それとも片思い中だったりして?

そうだったら辛いねぇ、、、

シミジミ。

でも。この【You Belong With Me】聴いたら、突き進め!と思えて来ない?

サビの部分の盛り上がりがそんな前向きな気分にさせちゃうんだろうな。

Lyraは、好きならば気持ちを伝えるべきだと思っちゃうね

だって、明日、何が起こるかわからないじゃない?

もう、会えなくなるかもしれないよ。

そう思ったら気持ちを伝えられるでしょう。

頑張って生きましょう。

自分の想い描いた未来を手に入れるために!

この曲を聴きながら気持ちを高めて。

会いに行こう!

( to amazon ↓ ↓ ) Album  “Fearless’ クリックしてアマゾンへ ↓↓ 

Swift became inspired to write “You Belong with Me” after she overheard a male friend of hers speaking to his girlfriend on the phone.

He acted defensive as his girlfriend yelled at him, and said to her, “No, baby…I had to get off the phone really quickly… I tried to call you right back… Of course I love you. More than anything! Baby, I’m so sorry.” Out of the sympathy she felt towards him in the situation, Swift developed a concept for a song.

In a writing session with co-writer Liz Rose, Swift explained the situation along with her idea and conceived the song’s opening line, “You’re on the phone with your girlfriend / she’s upset / she’s going off about something that you said.”

Together, they developed a story line, which described Swift being in love with the male friend and her having the desire for him to break up with his current girlfriend for her.

Swift described the song’s concept as “basically about wanting someone who is with this girl who doesn’t appreciate him at all. Basically like ‘girl-next-door-itis.’ You like this guy who you have known for your whole life, and you know him better than she does but somehow the popular girl gets the guy every time.”

Swift recalled, “It was really fun for us to write the line, ‘She wears short skirts, I wear T-shirts’.”

“You Belong with Me” was first released as a promotional single from Fearlesson November 4, 2008, as part of Countdown to Fearless, an exclusive campaign by the iTunes Store; the song was then released as the third single from Fearless on April 18, 2009.

= Taylor Swift =

1989年12月13日、ペンシルベニア州ウエスト・レディング生まれ。

父親は銀行のファイナンシャル・アドバイザー。父はペンシルベニア州の祖先は3代にわたる銀行頭取であった。母親は投資信託のマーケティング管理であったが、退職後専業主婦となった。

母はアメリカ人であるが東南アジアを中心にエンジニアとして働いていた父親(スウィフトの祖父)と10歳までシンガポールで過ごし、帰国後テキサス州に居住。スウィフトには弟がいる。

スウィフトはペンシルベニア州Cumru Township の11エーカーのクリスマス・ツリー農場で幼少期を過ごした。スウィフト一家はクォーターホース、シェットランド・ポニーを何頭か所有し、彼女の最初の趣味は英国式乗馬。

9ヶ月の時に母親にサドルに乗せられたのが最初で、のちに競技会に出場するように。

フランシスコ会の修道女によるプレスクールおよび幼稚園に通いその後男女共学の私立学校に通ったスウィフトと弟は長老派教会を信仰し、夏季にバイブル・スクールに通った

9歳の時、一家はペンシルベニア州ワイオミッシング郊外に家を借り、ここで小中高と過ごした。夏季はニュージャージー州ストーン・ハーバーの海岸にある両親の別荘で過ごし、のちに「子供時代の思い出は主にここで作られた」と語った

この頃スウィフトはミュージカルに興味を持ち、劇団で『Bye Bye Birdie 』など多くの作品に出演。ブロードウエイに定期的に遠征し、歌や演技のレッスンを受けた。

シャナイア・トゥエインの歌を聴いて衝撃を受け、カントリー・ミュージックへの興味が。週末に地元のフェスティバル、喫茶店、フェア、カラオケ、コンテスト、ガーデン・クラブ、ボーイ・スカウトのミーティング、スポーツ・イベントなどで演奏するようになった

11歳の頃までなかなかうまくいかなかったが、地元のタレント・コンテストで優勝し、チャーリー・ダニエルズの前座として出演する機会を得た

プロのオペラ歌手である祖母とカントリー歌手のリアン・ライムスの影響を受け、カントリー歌手になる事を決意。(パッツィ・クライン、ドリー・パートン、シャナイア・トゥエインといった女性カントリー歌手や、ディクシー・チックスをよく聴いていた)

10歳の時、ワイオミッシングでのカラオケ大会で、初めて人前で歌を歌い、その時から詞を書き始めた。

Behind the Music 』のフェイス・ヒルのエピソードを見て、音楽業界で成功するためにテネシー州ナッシュビルへ行く必要性を感じる。

11歳の時、母と共にカントリーミュージックで名高いテネシー州ナッシュビルのミュージック・ロウのレコードレーベルにドリー・パートンやディクシー・チックスのカラオケ・カヴァーの自作のデモテープを提出。しかし、多くのレーベルからの評価は低いままだった。

スウィフトは「この町にいる人々は皆私と同じことを考えている。だから皆と違うことを思いつかなくては」と気付く。

12歳の時、ギターで3コードの弾き方を覚え、『Lucky You 』を初めて作曲。

Monster in My Closet 』という詩で全国優勝していたが、曲を作ることに集中した。

2003年、スウィフトは両親と共にニューヨークをベースに活動する音楽マネージャーのダン・ダイントロウと共に活動を始めた。彼の助力により、スウィフトはアバクロンビー&フィッチのキャンペーン『Rising Stars 』でモデルとして登場し、オリジナル曲はメイベリンのコンピレーションCDに収録され、いくつかの著名なレコード会社との会議に出席することになった

8年生の頃、RCAレコードショーケースでのオリジナル曲演奏後、養成所に通うことになり、母とたびたびナッシュビルを訪れることになった。14歳の時、父の仕事がナッシュビル事務所に異動となったため、家族はナッシュビル近郊のヘンダーソンビルの湖畔に転居。

テネシー州でスウィフトは高等学校に1年生と2年生時に通学した。

その後ツアーに対応するため、ホームスクールを行なう私立のクリスチャン・スクールに転校した。平均4.0点を維持し、2008年、2年分を12ヶ月でこなして高等学校卒業資格を取得。

その後、カントリー・ミュージックに特化した独立レコードレーベルである、ビッグマシン・レコードと契約を結んだ。

学生時代は同級生からいじめをうけていて、カントリー・ミュージックが好きということも笑いのネタにされていたそのことについてテイラーは「彼女達のいじめという逆境に負けず頑張れたし、試練にもなった。私が世界に負けないよう強くなれたのも彼女達のおかげだと思う」とコメントしている。

 

Born: December 13.1989.

Reading, Pennsylvania, U.S.

Occupation: Singer songwriter,  Actress

Year active: 2004- present

Genre: Pop country

Instruments: Vocals, guitars, banjo, piano

Lebels: RCA, Big Machine

 

Born and raised in Pennsylvania, Swift moved to Nashville, Tennessee at the age of 14 to pursue a career in country music.

She signed with the label Big Machine Records and became the youngest artist ever signed by the Sony/ATV Music publishing house. Her 2006 self-titled debut album peaked at number five on the Billboard 200 and spent the most weeks on the chart in the 2000s. The album’s third single, “Our Song”, made her the youngest person to single-handedly write and perform a number-one song on the Hot Country Songschart. Swift’s second album, Fearless, was released in 2008. Buoyed by the success of pop crossover singles “Love Story” and “You Belong with Me”, Fearless became the best-selling album of 2009 in the United States. The album won four Grammy Awards, with Swift becoming the youngest Album of the Yearwinner.

Swift was the sole writer of her 2010 album, Speak Now. It debuted at number one in the United States and the single “Mean” won two Grammy Awards. Her fourth album, Red (2012), yielded the successful singles “We Are Never Ever Getting Back Together” and “I Knew You Were Trouble”. With her fifth album, the pop-focused 1989 (2014), she became the first act to have three albums sell 1 million copies within one week in the United States. Its singles “Shake It Off”, “Blank Space”, and “Bad Blood” reached number one in the US, Australia, and Canada. The album received three Grammy Awards, and Swift became the first woman and fifth act overall to win Album of the Year twice. The 2015 concert tour for 1989 became one of the highest-grossing of the decade. Swift’s sixth album, Reputation (2017) and its lead single “Look What You Made Me Do” topped the U.K. and U.S. charts, with the former becoming her fourth million-selling debut.

As a songwriter, Swift has received awards from the Nashville Songwriters Association and the Songwriters Hall of Fame, and was included in Rolling Stone‘s 100 Greatest Songwriters of All Time in 2015. She is also the recipient of 10 Grammy Awards, five Guinness World Records, one Emmy Award, 23 Billboard Music Awards, and 12 Country Music Association Awards. Swift is one of the best-selling music artists of all time, having sold more than 40 million albums—including 27.8 million in the US—and 130 million single downloads. She has appeared in Times 100 most influential people in the world (2010 and 2015), Forbes’ top-earning women in music (2011–2015), Forbes100 most powerful women (2015), and ForbesCelebrity 100 (2016). Her inclusion in the third of these made her the youngest woman on the list, and she ranked first in Celebrity 100.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪