【THE HEAD】第2話 ネタバレ感想「新容疑者があの人でもうイヤ〜ン!」詳しいあらすじ

第1話の閉鎖感が1982年の『遊星からの物体X』『(John Carpenter’s) The Thing』みたいだと先週お話しました〜。

が、今回はその南極の僻地が宇宙的だったのが、いきなり密室殺人のドラマを見てるような犯人探しのストーリーになっています。

みんな犯人と言ってもおかしくないメンツ。

だから、腹の探り合いが始まりどうなることやら?

信じられないって本当に怖いな。

それも逃げ場がない南極で、誰も信じられないって、どんだけー!

今日Lyraがレビューするのは、日欧共同製作の《大型国際連続ドラマ》【THE HEAD】。

エミー賞受賞プロデューサー製作総指揮のもと、《震撼の極限心理サバイバル・スリラー》が禁断の幕を開ける!!

*前回の第1話はこちら!→【THE HEAD】第1話 ネタバレ 詳しいあらすじ感想 「山下智久 世界進出で遊星からの物体X」ツッコミポイント

 

長く暗い夜の果てに、最も冷たい真実がーその結末は誰にも予想できない…と言う触れ込みですが、

先週のLyraのツッコミPointに書いたように、怪しい人物が!

どんな風になったかは、早速、詳しいあらすじ に行きましょう!

あらすじは前後に分けるので、ラストを知りたくない人は、後編を飛ばして、【Lyraの感想】を読んでね!

スポンサーリンク


1.あらすじ 前編

 

夏季隊長のヨハンは、妻アニカとシンプルな家具が置かれている自宅にいた。

前にアニカは子供は要らないと言っていたようで、ヨハンにキスされると

「前に子供は要らない、って言ったけど…あれは、『今は要らない』ってことだから。今は、よ。」と言った。

それを聞いたヨハンは嬉しそうに笑いながら、アニカを抱きしめる。

良い雰囲気になっていると、いきなり電話が鳴り響いた。

出るなよ、と言うヨハンにキスすると、アニカは受話器を取る。

すると顔が一気に暗い表情に。

ヨハン「どうした?」

アニカ「ダミアン・ファウルズが死んだって、、、自殺か事故かわからないらしいけど、ロンドンの自宅の屋根から落ちたって」

 

吹雪の猛嵐の為に、雪上車を探していた隊員達は、調査を中断して基地に戻って来た。

ヨハンはまだ調査をしたいと頼むが、危険だからと諭される。

その為、7人の遺体の調査を急ぐヨハン達。

死体の指を1本1本電源ボタンに当てて行く。

死体の指紋を使って、スマホのロックを解除するのだ。

最初に殺されたマイルズに、アキ、エリック、ヘザー、ニルスと解除出来たが、6人目、調理師のラモンのが解除できない。

コンピューターに詳しい仲間に見せて、開けさせるヨハン。

だが、60通りのパスワードがかけられていて、「これは軍隊レベルのパスワードだ」と言う。

おかしいと思ったヨハンは、ラモンの部屋に行く。

すると棚には、ソクラテスやニーチェなど哲学書や難しい本が並べられている。

ヨハン「料理人が一体なぜ?アイツ何者だ?」

ヨハンは、医師の仲間に「無理矢理聞き出すな」と注意されながらも、マギーの病室に入り、話を聞くことを許された。

マギーに話を聞くと、恐る恐る話し出すマギー。

3週間前、冬季隊長のエリックと、生物学者のアーサーに頼まれ、マギーは、死んだマイルズの死因を調べていた。

マギーは、少し怯えたような表情で、切断されたマイルズの頭を両手に持ち、丁寧に調べて行く。

マギー「後頭部を重い鈍器で殴られています。レンチカハンマーのようなものです。そして出血の量から、首を切断したのは死んだ後。そして外の血の量から、外で殺されたと思われます」と言う。

エリック「だったら犯人は、わからないじゃないか」

マギー「アーサーみたいな体格の良い人でも、私みたいな力の無い者でも可能性はあります」

アーサー「つまり全員が容疑者ってことか」

スポンサーリンク

エリックは、急いで隊員全員をリビングに呼び出した。

そしてここにいる全員が犯人の可能性があることを伝える。

それを聞くと料理人のラモンが、いつも仲が悪くて、昨日も殴り合いの喧嘩をしたニルスが怪しいと言い出した。

それを聞いたニルスは、「俺はやってない、それよりお前らだって!」と疑いだした為に、ラモンがキレて喧嘩になる。

エリックは2人を止めると、

「侵入者がいるかもしれない」と自分の考えを言った。

と新たな可能性を示唆。

アーサー「何言ってんだ?外は真っ暗で極寒なのに、誰が来るって言うんだ!」と馬鹿にするが、

エリックは、「もしかしたら外に何か痕跡があるかもしれないし、ひょっとしたら誰かいるかもしれない」と言い、全員で外に出て、手掛かりを探すことにした。

真っ暗な中、懐中電灯片手に探すメンバー達。

マギーも1人で探していると、先の方で、誰かが雪の中に何かを埋めているのを見つけた。

よく見るとニルスだ。

一瞬見つかりそうになったが、上手く交わしたマギーは、ニルスがいなくなると、雪を掘り起こした。

すると雪中から出て来たのは、血がべっとり付いたナタみたいな刃物だった。

マギー「みんな早く来て!見つけたわ!」と無線に向かって叫んだ。

そして、ニルスが血のついたナタを埋めていたと話した。

驚く隊員達。だが、その場にニルスがいないことに気づく。

急いで全員で基地に戻る

だが、ニルスは中から鍵を閉めて、皆んなを入れないようにした。

エリック「外は―30度なんだぞ!話を聞くから、中に入れてくれ」と説得をする隊長だったが、ニルスは、「俺はやってない、犯人じゃない」とブツブツいい、T3状態になって(閉鎖された空間で錯乱する精神病)話を聞いていない。おまけに酔っている。しまいには寝てしまった。

-30度の外に残されたメンバーは、手分けして入れる箇所があるか、出入り口を探す。

コンピュータ担当で、唯一のアメリカ人ヘザーが、「排気口から入れるんじゃないか?」と提案。

アキとマギーを連れて3人で行く。

が、排気口が小さい為、ヘザーが自ら防寒服を脱ぎ、下着姿で極寒の中で、排気口から基地内にギリギリ入れた。

アキとマギーは、ニルスの気をそらす為に、外から話しかける。

酔っ払たままニルスは、2人に文句を言ってる隙に、ヘザーが技をかけて、気絶させ、やっと皆、基地内に入ることができた。

気絶から目が覚めたニルスを、ランドリールームに連れて行き、地べたに座らせたまま、両腕をスチールにくくりつけた。

自分はやっていないと主張するニルス「俺は誰かにハメられたんだ!」と主張。

だが調理師のラモンはニルスには、やばい過去があると言い出した。

2. あらすじ 後編

スポンサーリンク

「こいつには、ジャンキーの娘がいたが、ディーラーから買った薬で死んじまった。しばらくして、娘に売ったディーラーは殺されたんだ。」

ニルス「俺はやってない!それにマイルズだってやっちゃいない!ハメられたんだ。偵察に行く前に、部屋に行くとクローゼットの下に、あのナタが置いてあったんだ。血がついたのが。もしあのまま部屋に置いていたら俺が疑われるだろ?だから、隠さなきゃと思って埋めたんだよ。だから犯人にハメらたんだ!」と主張した。

ニルスの話には、信憑性があることはあるが、はっきりした証拠がないため、仕方なくそのまま、ランドリールームに繋いだままにしておくことにした。

マギーとヘザーとエバは3人で世間話していた。

エバになぜこんな僻地に看護師としてきたのか尋ねると、

「旦那の借金のせいよ。南極は2倍の給料が貰えるから、だから、それ目当てで前は来たのよ」

「じゃ、今回は?」と聞くとエバは、肩を竦めるだけだった。

マギーは、自分の部屋に戻ろうと基地内を歩いていると、アキに呼び止められた。

アキ「マギー、君を探していたよ。なんか変だと思わないか?全部計画的な犯罪だよ、おかしい」と話した。

アキは、話を聞く為にニルスに会いにランドリールームへ。

すると、ニルスは両腕を繋がれたまま、首から大量の血を流していた。

アキは、急いで首から流れ出る血を両手で抑える。だが、血は止まるはずもなく、ニルスは痙攣したまま血を流している。

「誰か!助けてくれ!」と叫ぶアキ。

マギーがやって来た。

だがニルスは事切れた

スポンサーリンク

ヨハンは、マギーの話を聞いて、 「君は。なぜアキがニルスを殺したと思わないんだ?」と疑問をぶつけた。

マギー「彼はいい人よ。それが分かっていたから、疑うはずがないわ。」

ヨハン「何言ってるんだ?そもそもこんな南極に来る奴は、何かしら誰にも言えないような過去を抱えた奴ばかりだぞ。何かから逃げたくて来た奴が多いのに。何を言ってる?」とマギーに怒り出すヨハン。

そこに隊員から連絡が入り、「どこからか信号が出ている」と言う。

急いでその隊員のもとへ行くと、無線信号が出ていて、アニカが、誰か無線をキャッチした人に助けを求めているメッセージが、繰り返し流れている避難信号だという。

その上信号は、建物の中か、近くが発信元だという。

ヨハンは、隊員と2人で無線機を片手に、探し回る。

どうやら、地下通路の方から聞こえてくる。

走り回り、迷いながら辿り着いた先には、アニカがメッセージを発信する為に、スピーカーに録音した無線機が置いてあるだけだった。

すると、2人の後ろに人影が…。

その人物は、いきなりヨハン達に襲いかかって来た。

ヨハンは必死に抵抗。逆に力でねじ伏せ、フードを上げて顔を見ると、なんとアーサー(生物学者)だった。

スポンサーリンク

アーサーは、コーヒーを貰い、ゆっくりと平静になった。

話によると非常食を食べながら、この通路で、隠れながらジッとしていたのだという。

ヨハン「アニカは?アニカはどうした?」

アーサー「私が、最後にアニカを見たときは生きていたよ。どうしたかは、知らん。」

ヨハン「何故隠れてた?犯人は誰だ?」と聞くと

アーサー「アイツがやったんだ。生きてるのか?」

ヨハン「誰のことだ?生存者はマギーしかいないぞ。」

アーサー「そうか、生きていたのか。生きてたんだな。どうせ被害者ぶってんだろ?アイツを信じるなよ。」

ヨハン「何故だ?」

アーサー「マギーが全員ヤッたんだよ」

 

3.Lyraの感想

いやはや、先週のLyraのツッコミpointで、「マギーが怪しい」と言っていたらマジで容疑者疑惑が上がって来ました!

それもルックスが、激変したやつれた生存者のアーサーが、「マギーがやった」と言うのだから、真実味が強い。

まあ、彼は隊員達に対してシニカルと言うか。否定的な態度を取っていたから、怪しいと言ったら怪しいのだけど、どちらかというと頭はメチャイイ学者だけど、自分の研究の事以外は、全く興味がない人。

およそ誰かを殺す、と言う考えが浮かびもしないタイプだから、彼の証言は強みがある。

ただ、研究を邪魔される危険性があると豹変しそうだ。

それに、マギーが訪ねても前に基地で何があったか答えない。

それが怪しいの。

前回、殺されたマイルズと今日死んだニルスが喧嘩して、顔を怪我したニルスを治療したマギーに、

「あいつはなんか言ってなかったか?頭がどうとか?」と聞いていたんだよ。

あまり口調が強いからマギーも不信に思って「何かあったんですか?」と聞くんだけど、アーサーをエリックが止めたんだよね。

「まあまあ、もういいだろ」って。で、アーサーは、しまった、と言う感じでその場を離れた。

怪しいでしょ?

おまけに今回もアーサーがしつこく聞いたら、何故聞く?とマギーが言ったら、

今度は、エリックが「ここで上手くやって行くならば、余計なことは聞かないこと。出しゃばらないことだよ」と優しく(優しいのが、リチャード・サメルが演じているから余計、怖い!)忠告したから変なんだよ。

絶対、昔、この基地で何かあったか、もしくは、実験見たいのがあったか?が予想されて妖しいのだ!

全員じゃなくても、エリック、アーサー、ニルス、マイルズは、知っていた可能性が高い。

そんな連中の1人であるアーサーが「マギーが殺した」と言うのが、引っかかるのよね。

信憑性は高いんだが、この妖しい行動が何かマッドサイエンティストぽい。

ただ、事件がある側には、必ずマギーがいるの〜。

やっぱりマギー?

と今回も宙ぶらりんで終わってしまったから、この先の展開が気になる〜!

気になるついでに、いつものLyraのツッコミpointをいっちゃいましょう!

スポンサーリンク

4.Lyraのツッコミpoint

①ヨハンの先入観

夏季隊長ヨハン。

先週、「The Walking Deadのリックみたいだから、良い人に見える〜。」とLyraはキュンキュンしあて書きましたが、何か良い人過ぎて抜けてるかもしれない疑惑が、浮上した。

読みが甘いというか、妻アニカが死んだか生きてるか分からない状態だし、パニックになっていて頭が回らないのかもしれないけれど、ちゃんと物事を見ていない。

先入観に囚われている気がする。

その良い例が、パスワードを何重にもかけまくっているラモンが、ソクラテスやニーチェを読んでいたからって、「料理人の癖になんでだ?」と言うのが、おかしいなあ、と思ったの。

だって料理人だろうが、何だろうが読書好きはいるし、人生に悩んだら哲学書だって読むよ。

色んな人間がこの世にいるのに、何も知らんのか?

隊長なのに先入観に囚われっぱなし。

アキを疑うのは、犯人探ししているから仕方ないと思う。

でも「こんな南極にくるような奴らは、何か過去にあった奴や問題抱えてる奴なんだよ」と言うのが、また、凝り固まってるよ。

確かに何かから逃げてくる人が多いのかもしれない。

だからと言って殺人犯だとは言えないよ。

全く先入観に囚われ過ぎて、真実が見えなくなりそうな人だよね。

隊長なのに、、、大丈夫かしら?

ただ、今回もアニカとラブラブで仲良し夫婦だったのが良かったわ〜。

ラブシーン少ないから、2人の仲良しさが、このドラマの癒しだわん。

②アニカ

このアニカも先週、怪しい手紙の切れ端を残していたから怪しい人でもあるのよね。 ↓↓

【THE HEAD】第1話 ネタバレ 詳しいあらすじ感想 「山下智久 世界進出で遊星からの物体X」ツッコミポイント

でも今週は、その話題には全く触れていないからモヤモヤ。

あの終わり方したら、普通、解決すべきでしょう?

または解決しなくても良いから、少しは触れないと話にならないのに、全くあの話はなかったかのよう。

で、新しく「犯人はマギー」と言う終わり方をして、これじゃあ、ただ単に、視聴者に次回を見させたいだけでその為にはストーリーは無視と言う魂胆が丸見えだよね。

マギーは、特に問題があるような人には見えないんだよ。ただおかしいなあ、と言うのが毎回妊娠の話をすること。

第一話では、「子作りしよう」と言い出した。ヨハンは大喜びしていたし、見ているLyraも幸せな2人を見て喜んでいたんだけど、今回も言うから、「ある意味しつこく言わせる何か意味があるのかも!」 と気にかかったんだよね。

だっておかしいでしょ、何回も。産みたくないが、産みたいと言うセリフ、、、まさかの人体実験とかじゃないですかね?

一瞬、寄生獣思い出しちゃった!

こわっ。あと、このブログで随分、昔になるが【Bodysnatcher】紹介したが、あれも似ていたらどうしよ!

恐っ!

ボディスナッチャー 恐怖の街。レビュー!実際にありそうな閉鎖された社会

 

もしそうだったら、この先スプラッター?もしくはB級ホラーノリになって面白くなりそう。

まあ、ならんだろうけど。

③アキ

ちょい妖しい。めちゃくちゃ変ではないから、犯人ぽくはないの、今は。

でも、たまに何か隠してるような表情をするのが、気になる。

あと、キャラ説明で「過去に何かあっだのを隠してる」と書いてあるから、気になるだけ。

日本に住んでるから、山Pを応援したいだけなんだわ。目立つキャラだと、この先ハリウッド行けるでしょ?

だから〜。

頑張れ山P!

多分、犯人じゃなさげだが。

④ラモン

犯人と言うより、何か悪いことをしようとしていた人だと思える。

秘密ありすぎよね。パスワードかけまくりが軍事レベル、てのが。

そのスマホの件以外は特に、今は何もない。

だから、変なことして危険性があるから殺されたんじゃないかね?

次回真相がわかると良いな。軍事レベルの意味が知りたいのだ。

⑤マギー

事件が起きるたびに、側にいるマギー。

確かにおかしいよね。

アーサーの話だと連続殺人犯は、マギーと言うことだが、それより、生存者として生きている方が怪しい。

ただ秘密を知り、それで殺されそうになった被害者でもありそうだと思った。

この先、ヨハンが犯人かもしれないマギーをどうするのか?

どう尋問して行くのか?が気になる〜。

く暗い夜の果てに、最も冷たい真実がーその結末は誰にも予想できない…ってところを見して欲しい!

エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマのエグゼクティブ・プロデューサーを務めたRan Tellem(ラン・テレム)が製作総指揮を担当してるし、ヨーロッパ最大級の制作会社であるTHE MEDIAPRO STUDIOが主導、、、と言うデラックスなドラマだから。

次回の【THE HEAD】の第3話が早く見たい!

来週も頑張って描くので、宣伝の方宜しくお願いします〜♪

やる気が出るのです。

お楽しみにねー!

See you tomorrow〜☆

 

The Head (German: Die Nackte und der Satan, “The Naked and the Satan‘) is a 1959 German horror film directed by Victor Trivas.

Is 【THE HEAD】remakes of this?

スポンサーリンク

 

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。