【The Lemon Twigs /I Wanna Prove To You】 和訳 Time Machines’ Sound 遥か彼方、遠い銀河系からお茶の間へ

高尚な音楽、、、何それ?

音楽って元々、音を楽しむ為にあるんじゃないの?

そんなプリミティブな感情をガム噛みながらお茶の子さいさいで、やってしまう兄弟の話。

今日Lyraが和訳 & 解説するのは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド出身のポップ, ロックバンドザ・The Lemon Twigs ザ・レモン・ツイッグス 。

ブライアン、マイケルのダダリオ兄弟を中心とした4人編成のバンド。

スポンサーリンク

2015年にイギリスの有名インディ・レーベン4ADと契約し、2016年10月、フォクシジェンのジョナサン・ラドープロデュースによるデビュー・アルバム『Do Hollywood ドゥ・ハリウッド』をリリースした。

今日Lyraが和訳した曲は、このデビューアルバム『Do Hollywood』からオープニングを飾る【 I Wanna Prove To You】。

「まだまだ10代の(今は20歳と18歳)若造やのう〜」というなかれ!

テクニカルな面も、歌いっぷり、表現力にしても、うん10年以上プロとしてやって来たオッさん以上の貫禄を出しまくっているから驚くよん。

 

( Click to amazon ↓ ↓ ) 1st Album “Do Hollywood”     クリックしてアマゾンへ ↓↓ 

 

The Lemon Twigs are an American rock band from Long Island, New York, United States, fronted by brothers Brian D’Addario and Michael D’Addario.

Both brothers are vocalists, songwriters and multi-instrumentalists, and are joined by Megan Zeankowski on bass and Danny Ayala on keyboards and backing vocals. All of the members of The Lemon Twigs attended Hicksville High School (also the alma mater of rock legend Billy Joel).

スポンサーリンク

= I Wanna Prove To You =

[Verse 1]
I wanna prove to you
My love is extended
My love never ended
My passion befriended
Your (Ba, ba, ba, ba ,ba-ba, ba) heart
To be the same with you
Is love fully realised
When I look in your eyes
I’m not telling you lies

[Hook]
Baby, why won’t you love me?
Sugar-girl, why won’t you hug me?
I tried and I tried all my life all my life
To get you to see
Baby, I guess you’re just not the one for me

[Verse 2]
I want to be with you
When my strength is tested
When I’m not invested
I haven’t digested
What I said when all my sweetness went away and I could taste the darkness
All of my life waiting for someone
Finding their waves
Pulsate and drum up
Love in an ocean
Love and devotion

[Hook]
Baby, why won’t you love me?
Sugar-girl, why won’t you hug me?
I tried and I tried all my life all my life
To get you to be with me
Baby, I guess you’re just not the one for me

[Outro]
I want to prove to you (Why won’t you love me?)
I want to prove to you (Why won’t you love me?)
I want to prove to you, what I can do
Prove to you what I can do
Yeah, yeah

君に証明したいんだ

僕の愛が日に日に膨張しているってことをさ

僕の愛は決して終わらない

僕の情熱は、

君の(バ、バ、バ、バ、バーバ、バ)     気持ちと近しくなった

僕が君と一緒になる事は、完全なる現実の愛なのさ

君の瞳を覗き込むと

僕は君に嘘がつけなくなるよ

 

可愛い君、僕を愛してくれるないかな?

愛しい君、僕にギュッとしてくれないかな?

僕は頑張って、自分の人生かけて頑張って、君に会う為に人生かけちゃった

可愛い君、君は僕の特別な人じゃないのかな?

 

君と一緒にいたいんだ

僕の精神力が試される時、

僕が受け入れられない時、

僕は何を言ったら良いか、頭が働かなくなっていた

僕の愛情の全てが消えてしまった時は、僕は暗黒を噛みしめることが出来たよ

僕の全てをかけて待っていた人

あのウェーブヘアを見つけた

 

ドキドキしよう、周りに言って回ろう

広い海の中の愛

愛と深い熱情

 

可愛い君、僕を愛してくれるないかな?

愛しい君、僕にギュッとしてくれないかな?

僕は頑張って、自分の人生かけて頑張って、君に会う為に人生かけちゃった

可愛い君、君は僕の特別な人じゃないのかな?

君に証明したいんだ

(僕を愛してくれないかな?)

君に証明したいんだ

(僕を愛してくれないかな?)

君に証明したいんだ

どうしたら証明できるの?

証明するには僕はどうしたら良い?

僕に何が出来るの?

ああ、ああ

Translator: Lyra Sky

Nicky Roney ニッキー・ローニー がディレクションして、オマケに自分もチラッとでながら、自分のおじいちゃん&おばあちゃんを出演させてしまったホノボノ系ビデオ。

何故だか最後は、祖父母をThe Lemon Twigsのダダリオ・ブラザーズに取られてしまう〜、という皮肉な結末が、ちょっぴりビターな感じ。

このプロモーションビデオにたいして、監督とLemon Twigsが感想を言っていたのが笑える。

➖この曲は自分の愛を証明するという本当に難しいことを歌ってるんだ。だけど僕のおじいちゃんとおばあちゃんは何か秘訣を知ってるんじゃないかと思った。50年も結婚生活を続けているからね。彼ら二人の関係性は、このビデオの重要な背景になってる。結果として、僕にとっては胸が張り裂けるような経験になってしまったけど、ザ・レモン・ツイッグスと僕のおじいちゃん、おばあちゃんがうまくいくことを祈ってるし、嫌な気持ちは持ってないよ。
– Nick Roney, Director

➖ニックのおじいちゃんとおばあちゃんと知り合えて素晴らしい時間を過ごせたよ。素晴らしい人たちだし、音楽や、彼らの結婚生活の成功の秘訣について話すのが楽しかった。
– The Lemon Twigs, Band

やさせ感ぱねぇ。

上手い具合のやらせ感と、

古き良きラウンジミュージックのような、

はたまた、トッド・ラングレンか?ビートルズのような

ポップさと懐かしさが混ざり合って

ジワジワ来る。

このジワジワ来る感じがLemon Twigsの良さだ。

お兄ちゃんのBrian D’Addarioは、良く来日時に若き日のジャクソン・ブラウンを思わせる19歳と、

弟のMichael D’Addario は、性を超越したルックスと独創的なファッションの17歳と、やたら言われていた。

でも、写真やビデオで見る限りは普通のTeenagerじゃない?

マスコミがもてはやしてるだけだわ。ルックスは、普通の男子たちよ。

ただ、一旦プレイし始めると、話は違う。

何処にでもいる普通の男子たちではなくなる。

スポンサーリンク

2人ともVocalをこなすし、マルチプレイヤーだから何でも演奏しちゃう彼らだが、特にこの【I Wanna Prove To You】の編成である兄ブライアンの歌とキーボード、弟のドラムは凄い。

パッと見、弟のドラムなんてキース・ムーンに見えたよ!凄いわ!

マイケル、実は自分がKiethに似てると分かっていて、完コピしてるんじゃないの?と思ってしまったよ。

ブライアンの声も若造には思えない声質で、狂おしい愛の歌を歌うのだから「これ、昔ヒットしたバンドの歌よ」と知らない人に渡したら本気にしちゃうだろう。

それくらいThe Lemon Twigsのサウンドは彼らのルーツを超えてしまったように感じる。

両親が好きなバンドを聞いて育ったThe Lemon Twigsだが、そのルーツの真似をしているのではなくて、全て消化して自分達The Lemon Twigsカラーを打ちだしているのだから本物だ。

コミカルなビデオでも、シラーっと演じていたが、2人共、子役としてブロードウェイ・ミュージカルやTVドラマ、ハリウッド映画などで場数を踏んできた経験があるからだ。

Michael は、イーサン・ホークやクリス・パインとの共演歴があるそうだから、あの面構えで余裕ありありだったのねっ。

2人の父親のロニー・ダダリオは Carpenters (カーペンターズ) も認めた実力派ミュージシャン。裏方で名を馳せた人物。

家の中で楽器を弾きまくっていたのが彼ら2人の当たり前の遊びだったし、家で1960年代〜色んな時代のバンドサウンドを聴いて来たからこそ、堂々した演奏とインパクトある曲が作れるのだろうね。

この【I Wanna Prove To You】は、「僕を好きになって!」と言う1人の男の愛の歌だ。

自分の君への愛がいかに本物か、を証明したいと切々と説いている歌だ。

そこには邪な気持ちはなく、嘘偽りのない愛。

こんな風に愛してる、と言われたらどんな人も心は揺れるだろう。

それをまだ10代だった兄弟がサラッと歌うから、ホンワカするのだ。

それも狙ってやっているの?

だとしたら末恐ろしや〜。

兄のBrian D’AadarhoのBrianは、 The Beach Boys (ザ・ビーチ・ボーイズ) のBrian Wilson (ブライアン・ウィルソン) から命名されたのであり、弟のMichaelは、Michael Love (マイク・ラヴ) から取って名付けられた。

お父さんのロック熱が、上手い具合に子供達にも伝わったんだね、こりゃ。

彼らのルーツが感じられるサウンドは父親のサウンドの影響が大だからパパサウンドもあるし、プラスしてThe Beatlesや、The Beachboys, The Zombiesから、Power popやArt rockのBad Finger, The Raspberries, 10CC, Todd Rundgren, The Times, Elton John, Gary Brooker of Procol Harum, Boy George, Laura Marling. Gilbart O’Sullivan, My Chemical Romanceなど色んな時代の音楽が感じ取れるから面白いのだ。

Lemon Twigsのサウンドで又音楽ヒストリーの展覧会みたいなんだよ。

( to amazon ↓ ↓ )    1st Album “Do Hollywood”                                               クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

そこには、難しく考えこむような音楽はない。

音を奏でるのが当たり前、

好きな音楽で感情を表現するのが当たり前、

好きだから好きって言う、

楽しいから歌い、

弾きたいから楽器を弾く、

と言ったPrimitiveな思いしかない。

勿論、これだけの完成度の曲を書くのだから念入りに考え出したものかもしれない。

だが、そこには偽善や欺瞞がない。

偉そうな講釈がない。

音を楽しみ、自分を表現する楽しさから生まれた陽の空気しかないのだ。

だから、聴いた私たちの気持ちが暖かくなる。

楽しいという感情があってこそ音楽なのだから。

人間も動物。

だから、Primitive 原始的なものに自然と惹かれる。

そして、自然と楽しい気持ちになるのだ。

彼らThe Lemon Twigsのサウンドで、これからもホンワカした気持ちになりたい。

きっと、飄々とした面持ちで、面白いサウンドを私たちに又、届けてくれることだろう。

弟のMichaelは Lyraが紹介したLAのバンド Starcrawler スタークローラーの Vocal アローと交際中。

もしかしたら、好きな音楽や自分のルーツのサウンドを体現したロックを肩肘張らずにプレイする事が出来るロックの時代が到来なのかもしれない!

スポンサーリンク

= The Lemon Twigs =

2015: Formation and first year

The Lemon Twigs were founded by brothers Brian and Michael D’Addario while they were both students at Hicksville High School on Long Island, New York. The siblings both perform lead vocals, lead guitar, drums and occasional other instruments.

Their first release was the cassette What We Know, issued in a limited edition of 100 copies (with digital download) in 2015 by Winspear Records.[3]

2016–present: Do Hollywood

On their first generally released album, Do Hollywood, each brother takes the lead on vocals and guitar on the songs he composed; during live performances, this setup is preserved, with the remaining D’Addario manning the drumkit. Fellow schoolmates Zeankowski and Ayala (who have played with the D’Addarios on and off since their youth) handle bass and keyboards, respectively, when the Twigs play live. Ayala is also a vocalist and figures prominently in the harmonies and contrapuntal backing vocals that are a key component of The Lemon Twigs’ sound. He announced the debut of his side project, Dr. Danny, in May 2017.

The Lemon Twigs write and play music that updates the classic rock sound of 60s baroque pop like The Beatles, The Beach Boys and The Zombies and the 70s power-pop and art-rock styles of Big Star, Badfinger, The Raspberries, 10cc and Todd Rundgren.

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Lemon Twigs / Do Hollywood +6 【CD】
価格:2376円(税込、送料別) (2018/7/2時点)

 

The Times characterized The Lemon Twigs as “a modern-day band combining the melodic, harmony-rich soft rock of Wings and Supertramp, the underground cool of Big Star and the Ramones, and the theatricality of Broadway musicals.”

The Guardian cited the “humbling beauty of their songs” and their “sumptuous harmonies.”

The band was signed to British alternative music label 4AD in 2015. Their debut album, Do Hollywood, was released in October 2016 to critical acclaim.

A number of diverse pop music figures have publicly expressed admiration for the Twigs: Elton John,  The Zombies, Boy George, Laura Marling, Gilbert O’Sullivan, Gary Brooker of Procol Harum, and Gerard Way of My Chemical Romance.

The Lemon Twigs served as opening act for fellow New York City/Long Island-based alt-rockers Sunflower Bean on their East Coast tour in late 2016 and performed on television programs like The Tonight Show Starring Jimmy Fallon, CBS This Morning “Saturday Sessions” and Conan along the way. In early 2017 it was announced that the band would play on day one of the Coachella Valley Music and Arts Festival in Indio, California on April 14, 2017. This performance saw the Twigs joined by one of the band’s “favorite musicians ever, in the whole world”, Todd Rundgren, to play “Couldn’t I Just Tell You” from Rundgren’s classic 1972 double album, Something/Anything?. The Lemon Twigs released the Do Hollywood tracks “These Words” and “As Long As We’re Together” as a double-A-side single and made videos for both songs. The third single was album opener “I Wanna Prove to You” and features a video directed by Nick Roney.

スポンサーリンク

The band played at several major festivals in the summer of 2017, such as Glastonbury Festival, Outside Lands Music and Arts Festival, Lollapalooza, Austin City Limits Music Festival, and the Montreux Jazz Festival,  in addition to opening for Phoenix across the United States. These 2017 shows saw the band covering songs such as “Fish and Whistle” by John Prine, “I Walked with a Zombie” by Roky Erickson, “You Can’t Talk to the Dude” by Jonathan Richman, “I’ve Begun To Fall In Love” by R. Stevie Moore, and “I Can Feel the Fire” by Ronnie Wood; they notably performed the latter song with Thomas Hedlund of Phoenix on drums while supporting Phoenix at the Hollywood Bowl alongside Mac DeMarco. In September 2017 the band released an EP, Brothers of Destruction, containing songs recorded during the Do Hollywood sessions,  and have already started working on their second album, a concept album which they plan to entitle Go to School.

The band were announced as one of the support acts for Arctic Monkeys’ 2018 tour in support of their “Tranquility Base Hotel & Casino” album.

On June 28, 2018, the band released a teaser video for their upcoming concept album and musical, Go to School

Members メンバー

  • ブライアン・ダダリオ (Brian D’Addario) ギター、 キーボード、ボーカル、ドラムス、ホーン、ストリングス
  • マイケル・ダダリオ (Michael D’Addario) ギター、 キーボード、ボーカル、ドラムス
  • ダニー・アヤラ (Danny Ayala) キーボード
  • ミーガン・ツィエンコフスキー (Megan Zeankowski) ベース

ディスコグラフィー

アルバム

  • ドゥ・ハリウッド Do Hollywood (2016年)

シングル

  • ディーズ・ワーズ/アズ・ロング・アズ・ウィ・アー・トゥゲザー These Words / As Long As We’re Together (2016年)

=Do Hollywood =

Released 14 October 2016
Genre
  • Psychedelic pop
  • baroque pop
  • experimental rock
  • soft rock
  • power pop
  • progressive pop
Length 43:29
Label 4AD
Producer
  • Jonathan Rado
  • The Lemon Twigs
Singles from Do Hollywood
  1. “As Long as We’re Together”
    Released: 7 June 2016
  2. “These Words”
    Released: 7 July 2016

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪