和訳【Sponge/ Plowed】解説 音に埋もれて Buried by the Sound

疾走感あるロックを聴きながら、夕陽に向かって車をぶっ飛ばすのって最高!

ってヤンキーじゃないよ〜(笑)。

でも海に向かって〜て、まさにそれ?

なぁんて、これ海近のアメリカ等等、海外なら普通に皆やること。

気持ち良い音楽と、気持ち良い景色は、最高な癒し。

夜の真っ直ぐな道を爆音で、走らせるのも良いねぇ。

そんな時、トラッカーのオジサンたちならばAC/DCやZZ Topね。

Lyraの場合は、疾走感ありつつ刹那い系がベスト。

この人達は、初めっから最後まで突っ走ってる感じで、良い味出してるの。

あとバラードも得意な人達なんだよ。

今日は突っ走ってるサウンドの方を和訳するから、走れ!

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のオルタナティヴ・ロックバンド、Sponge スポンジ。

1991年結成。

超シンプルで、ファニーな名前とは真逆の骨太ロックを聴かせてくれるバンドだ。

今日Lyraが和訳する曲は、Sponge の記念すべきデビューアルバム『Rotting Piñata』からの大ヒットシングル【Plowed】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に、又お話しますね!

 

(click to amazon↓ ↓ ) Debut Album “Rotting Pinata” [CD, Streaming] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

Sponge is an American alternative rock band from Detroit, Michigan formed in 1991 by Vinnie Dombroski, Mike Cross, Tim Cross, Jimmy Paluzzi, and Joey Mazzola. Dombroski and the Cross brothers were founding members of the hard rock band Loudhouse, later joined by Mazzola at the end of the band’s tenure. Sponge was signed to Sony Records in 1994 but has since switched to other labels.

"Plowed”is the first single of debut album Rotting Piñata by Sponge.

Rotting Piñata is the debut studio album by Sponge, released in 1994 on Work Records. Hit singles from this album, such as “Molly (16 Candles Down the Drain)” and “Plowed,” helped launch the band’s career and pushed the album to Gold.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

=Plowed =

Will I wake up? Some dream I made up
No, I guess it’s reality
What will change us? Or will we mess up
Our only chance to connect with a dream

Say a prayer for me
(Say a prayer for me)
Say a prayer for me

Say a prayer for me
(Say a prayer for me)
I’m buried by the sound

Of a world of human wreckage
In a world of human wreckage
In a world of human wreckage
Where I’m lost and I’m found and I can’t touch the ground
I’m plowed into the sound

To see wide open with a head that’s broken
Hang a life on some tragedy
Plow me under the ground that covers
The message that is the seed

Say a prayer for me
(Say a prayer for me)
Say a prayer for me

Say a prayer for me
(Say a prayer for me)
I’m buried by the sound

Of a world of human wreckage
In a world of human wreckage
In a world of human wreckage
Where I’m lost and I’m found and I can’t touch the ground
I’m plowed into the sound

Will I wake up? Some dream I made up
No, I guess it’s reality

 

ああ、俺は起きてるのか?

自分が作り出した夢の数々から

違うぞ

現実だと思うぜ

何が俺たちを変えるんだ?

それとも俺たちが滅茶苦茶なのか?

俺たちのたった一つチャンスは

夢と繋がっているんだぜ?

 

俺のために祈りを捧げてくれよ

(俺のために祈りを捧げてくれよ)

俺のために祈りを捧げてくれよ

 

俺のために祈りを捧げてくれよ

(俺のために祈りを捧げてくれよ)

俺のために祈りを捧げてくれよ

俺は音に埋葬されるんだ

 

人類の残骸の世界の

人類の残骸の世界で

人類の残骸の世界で

俺は道に迷い

見つけられ

地に手をつけられないでいるよ

俺は音に突進して行くのさ

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

ぶっ壊れちまったこの頭をつかって

開かれた世界を見るのさ

ちょっとした悲劇の上にぶら下がっている人生

伝言という種に覆われた地の底に

埋まっている俺を掘り起こしてくれよ

 

俺のために祈りを捧げてくれよ

(俺のために祈りを捧げてくれよ)

俺のために祈りを捧げてくれよ

 

俺のために祈りを捧げてくれよ

(俺のために祈りを捧げてくれよ)

俺のために祈りを捧げてくれよ

俺は音に埋葬されるんだ

 

人類の残骸の世界の

人類の残骸の世界で

人類の残骸の世界で

俺は道に迷い

見つけられ

地に手をつけられないでいるよ

俺は音に突進して行くのさ

 

そろそろ目覚めるか?

自分が作り出した夢の数々から

違うぞ

現実だと思うぜ

Songwriters: Mike Cross, Tim Cross, Mark Dombroski, Joey Mazzola, Jimmy Paulzzi

Translator: Lyra Sky 和訳

こういう突っ走ってる曲、大好き。

グランジの終焉の変わり目の時期にリリースされたサウンドだからか、Grungeのヘヴィーさと、ギリギリ感を感じる歌詞が良い。日本で認知度が低いのが非常に残念だ。

やはりあの時代の音楽は、生き死にをテーマにしてる。

真剣に生きること、それと、死を意識することは似ているのかもしれない。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

1991年にデトロイトで結成されたSponge。

現在のフロントマンであるVinnie Dombroskiが、TimとMikeの Cross兄弟に出逢い、Loudhouseというバンドを結成したのが始まり。その時は、Kenny Mugwumpというヴォーカリストもいて、Vinnieはドラムだったらしい。

彼らは、アルバムを1枚リリースし、超メジャー映画である1991年の『Point Break』のサウンドトラックに曲を提供した。

ギタリストにJoey Mazzolaが加入して5人編成になったが、vocalのKennyがディレクターの仕事をしたいと辞めたために、Vinnieがドラムからヴォーカルにチェンジ。そして、Jimmy Paluzziが加入して、現在のラインナップに落ちついた。

バンドを再始動させるために、ここで名前をSpongeに改名。

1994年にこの『Rotting Piñata』をリリースすると、いきなりこの【Plowed】が話題を呼び、MTVやラジオでヘヴィーローテーションされ大ヒットした。

アルバムは、ゴールドディスクを獲得し、【Molly】と言う可愛らしいバラードもヒットした。

 

(click to  amazon↓ ↓)Debut Album “Rotting Piñata” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

続く2ndアルバム『Wax Ecstatic』も順調にヒット曲も出して絶好調。

その最中ドラムの交代や、Kissとのツアー後の、Stone Temple PilotsとのツアーでScott Weilandの自殺による中止など、様々な試練を乗り越えながらも活動して来たSponge。

2000年にCross兄弟が、バンドを脱退。しばらく小休止に入る。

Vinnieはその後、2001年にシアトルのバンド、Spys4Darwinに参加したりしながら、メンバーチェンジを繰り返しながらもをSpongeを継続。

現在もアメリカンツアーをしてロックし続け、2018年にはDetroit Music Awardsで受賞。

久しぶりに全員のメンバーが揃い、ステージでプレイしたと言う。

Spongeの魅力は、ハードロックのテイストをそのままに、どこかブルージーなサウンドを聴かせるところだろう。多分、ジャリジャリな男臭いVinnieの声質がそうさせている気がする。

そして、グランジバンドにあった悲しげな歌詞や、生きることや死に対して真摯に向きあう気持ちを書いている所が胸に来るのだ。

【Plowed】は、人生の裏側を見た男の再起を狙う歌だ。

覚醒しているのか、現実を彷徨う自分を叱咤しながら、夢に向かう人間の気持ちを表現している。

限定してしまうと、ロックに魅せられた男の歌だ。

音の中で生き、音に埋もれて死にたいと言っているのだと感じて、「まるでLyraの気持ちを歌ってる」と初めて聴いた時に感じたのを覚えている。

あの時の情熱は今はもうない。

けれど、この走りに走り続けているサウンドは、前向きな自分に返らせてくれる。

「音楽と共に生きていくよ」と言ってるこの姿勢は、「死ぬまでダラダラせずに、真剣に生きることをやめない」と教えてくれているのだ。

Lyraも大好きな音に埋もれていたい。

現実逃避する為ではなく、今の瞬間を無駄にしないために、つまり、生きる為に必要だからだ。

音に真っ向から突っ込んでいく。 それは、怖がらずに生きて行く、と言うことだ。

そして、音を掻き分けてたどり着いた場所が、愛する場所であって欲しい。

それなら、この世界で生きて来て良かったと思えるよ。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

Vinnie Dombroski, Tim Cross, and Mike Cross were in a band called Loudhouse, fronted by vocalist Kenny Mugwump. After releasing only one album and having a song appear on the soundtrack to the 1991 film Point Break, the band added guitarist Joey Mazzola. After Mugwump decided to pursue a career in acting and directing, Dombroski switched from drums to vocals, and they recruited Jimmy Paluzzi to round out the lineup. The band then decided to start fresh and name themselves Sponge. Their debut album, Rotting Piñata, released in 1994, was a major hit, received heavy play on radio and MTV, and was certified gold by the RIAA. The two biggest singles from that album were “Plowed” and “Molly”. By the end of 1994 Charlie Grover had replaced drummer Paluzzi. Their follow-up album was called Wax Ecstatic; the track “Have You Seen Mary” was included in the Kevin Smith film Chasing Amy. The title track also received significant airplay.

On June 28, 1996, Sponge opened for the Kiss reunion tour. The band had been hired a few weeks earlier to replace Stone Temple Pilots, who had cancelled their opening performance due to Scott Weiland’s drug problems. The show was one of the last concerts held at Tiger Stadium in Detroit.

New Pop Sunday, on Beyond Records, was a departure from the grittier sound of the first two albums, featuring songs that were pop rock in nature. The band’s popularity waned sharply during this period; however, “Live Here Without You” was nominated for the Outstanding National Single award by the Detroit Music Awards in 2000. During that time, the Cross brothers and Charlie Grover left Sponge. The remaining members (Mazzola and Dombroski) recruited Robby Graham on bass and rehired Paluzzi for drums to play sporadic shows over a short period of time.

In 2001, Dombroski joined the Seattle side project Spys4Darwin, which recorded one EP and worked together into the following year. Dombroski and Mazzola then created a new solidified lineup consisting of drummer Billy Adams, guitarist Kurt Marschke, and bassist Tim Krukowski. Sponge continued their career with For All the Drugs in the World on Idol Records in 2003. Afterwards, Dombroski created a new lineup once again, this time without the other founding member Mazzola, replaced by Andy Patalan, while Kyle Neely replaced Marschke. Dombroski became the only remaining original member of Sponge; although, Adams and Krukowski from the previous album stayed. The Man was released through traditional channels on Idol Records.

After exclusively selling the promo release Hard to Keep My Cool at shows, it was announced in November 2007 that the band would release a new album, titled Galore Galore, on their newly signed label Bellum Records. It contained songs from the promo plus new tracks. The album was quickly released on December 4, 2007 (the release date varied depending on the outlets that supplied the album). In 2009, former Sponge producer Tim Patalan replaced Krukowski on bass, and the following year the band released the EP Destroy the Boy. All of the songs from this release would round out the next studio album by the band in 2013, Stop the Bleeding. The band’s latest album, The Beer Sessions, was released on October 8, 2016 through a campaign on Pledgemusic. In May 2018, at the annual Detroit Music Awards, the original lineup of Vinnie Dombroski, Tim Cross, Jimmy Paluzzi, Mike Cross, and Joey Mazzola reunited for one night only. This was the first time in 24 years that all of the members shared the stage.

Band members

Current members
  • Vinnie Dombroski – vocals (1991–present)
  • Kyle Neely – guitar (2004–present)
  • Andy Patalan – guitar, backing vocals (2004–present)
  • Tim Patalan – bass (2009–present)
  • Billy Adams – drums (2001–present)
Former members
  • Joey Mazzola – guitar, backing vocals (1991–2004)
  • Mike Cross – guitar (1991–2000)
  • Tim Cross – bass (1991–2000)
  • Jimmy Paluzzi – drums, backing vocals (1991–1994, 2000-2001)
  • Charlie Grover – drums (1994–2000)
  • Kurt Marschke – guitar (2001–2004)
  • Tim Krukowski – bass (2001–2009)
  • Robby Graham – bass (2000-2001)

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪