The Tourists【I Only Want To Be With You】Rock’n’Roll o’ Eurythmics! 和訳 Lyrics

この前、Eurythmicsユーリズミックスの”Sweet Dreams”の和訳した時にバンドヒストリーやら色々と紹介しました。

その時に、彼らがユーリズミックスの前にやっていたバンドでヒットチャートを賑わしたと話しましたが、その前進バンドの和訳をしたので紹介しますわ。

スポンサーリンク

今日、Lyraがお話しするのはEurythmics ユーリズミックスのアニー・レノックスとデイヴ・スチュアートが前にやっていたバンド【ザ・ツーリスツThe Tourists】。

1976年から1980年まで活動していたイギリスのロック&ポップバンドです。


(amazon ↑ ↑ )

ヒットチャートにも上がり順調な中、解散し、付き合っていたVoのアニー・レノックスAnnie LennoxとGのデイブ・スチュアート Dave Stewartが世界的大ヒットを出すために結成したのがユーリズミックスEurythmicsなのですね。

音楽的成功を収めるために恋愛関係は解消してからユニット活動を始めるという、、、肝が座ったと言うか割り切った変わった方々ですな。 Lyraには真似できまちぇん。

*詳しくは、ユーリズミックスEurythmicsの前に書いた記事を読んでくださいね!

The Tourists (1976–1980) は彼らが結成したユーリズミックスのデビュー1981年の前年までやっていたのですが、バンドイメージは可愛いポップさを表向きは出している。

表向きなポップさに隠れて、曲の中に鞭打ちのサンプリングみたいの入れたり、革ジャン着てたりユーリズミックスへ変容するポイントが見え隠れてしてるようでニヤッとなりました。

Lyraが和訳した後に2バージョンの面白ビデオ、じゃなかったThe TouristsのMusic Videoを載せたのでチェックしてみてね!

そのあと又お話ししましょう。

スポンサーリンク

= I Only Want To Be With You =

I don’t know what it is that makes me love you so
I only know I never wanna let you go
‘Cos you started somethin’, oh, can’t you see
That ever since we met you’ve had a hold on me
It happens to be true, I only want to be with you

It doesn’t matter where you go and what you do
I wanna spend each moment of the day with you
Oh look what has happened with just one kiss
I never knew that I could be in love like this
It’s crazy, but it’s true, I only want to be with you

何故あなたの事をこんなに好きになるのかわからないわ

わかってるのは、私はあなたを離したくない

だって、あなたが始めたのよ、わかってる?

始めて会った時からあなたは私を抱きしめて離さないわ

真実の愛よ、私はただあなたと一緒に居たいだけなの

あなたがどこに行こうと何をしようと構わない

あなたと一緒に居る時間をジックリ楽しみたいの

ああ、たっだ一回のキスで何かが起きたのよ

こんな風に恋に落ちるなんて知らなかったわ

狂ってるわね、でも真実なの、

私はただあなたと一緒に居たいだけなの

You stopped and smiled at me, asked if I’d care to dance
I fell into your open arms and I didn’t stand a chance

Now listen honey, I just wanna be beside you everywhere
As long as we’re together honey, I don’t care
‘Cos you started somethin’, oh can’t you see
That ever since we met you’ve had a hold on me
No matter what you do, I only want to be with you
I said I only want to be with you

あなたが立ち止まり私に微笑みかけ、ダンスしないかって聞いたわね

私は貴方の両腕に飛び込んだわ、だってせっかくのチャンスに我慢できなかったんだもん

ねぇ、ちょっと聞いて、どこに行く時もあなたの隣に私は居たいの

2人で一緒に居られればそれだけで良いの、愛するあなたとなら、私は構わない

だって、あなたが始めたのよ、わかってる?

始めて会った時からあなたは私を抱きしめて離さないわ

あなたが何をしようと構わない、私は、ただあなたと一緒に居たいだけなの

わかる?私はただあなたと一緒に居たいだけなの

Translator 和訳 : Lyra Sky

このライブ格好良いね!

Lyraのブログに遊びに来てくれる方に教えて貰ったの。

教えてくれて有難う‼︎

そして、次にPVの方を見てね。

音は今のライブよりロックンロールで、アニーレノックスは兄貴じゃなくて50’s ぽい可愛さもあるフレア〜ドレスを着用。

だが、そこはアニー兄貴。

やはりアニーはアニー兄貴である、、、鞭打ちしてると言うていでEurythmicsの片鱗をうかがわせる仕様になっています。  ↓  ↓

ライブの方は、革ジャン着てるせいか、ミニスカートなのにアニー姉さんがアニー兄貴にしか見えないLyraです。

もう、プレスリーにしか見えない‼︎

Rock’N’ Rollの要素が強い「I Only To Be With You」だなぁーと始めて見た時に思いました。

だって、この曲、Baycity Rollersベイシティローラーズが歌っているのをMTVやTVKで良く流していたから見たもん。

調べたら元はDusty Springfieldダスティ・スプリングフィールドいうイギリスでは超有名な大御所の女性ポップシンガーの曲で、今話したベイシティローラーズの他にもSamantha Foxサマンサ・フォックスや、日本のTommy Feburaryトミー・フェブュラリィや、Pink Ladyピンクレディーなんかもカバーしてる超メジャーな曲でした。

メジャーだけど、やはりアニー兄貴のクセの強さが気になっちゃって、気になっちゃって、もう、Lyraは皆さんに話したくて仕方なかったから和訳して紹介しました。

2人とも良い雰囲気なのにね。

只者ではない雰囲気が倒錯者ぽくて良い2人です。

この後、ユーリズミックス伝説が始まるのよ〜。

もう、こうなるとロックとは生き様ですな。

自分が辿ってきた道を振り返ってどう思えるか?が、人間の良し悪しを判断するポイントなのかもね。

あなたはどう?

頑張って生きていきたいよね。悔いがないように。

1度しかない人生だから楽しんで燃焼するくらいじゃないとダメだな!

思いっきり笑ったり、泣いたり、感じたり言いたいことは言って思いを伝えないといけないなぁ。

なあんて、アニーとデイブの2人の兄貴たち(笑)の道程を見て思いまちた。

スポンサーリンク

=The Tourists ザ・ツーリスト=

The Tourists (1976–1980) were a British rock and pop band. They achieved brief success in the late 1970s before the band split in 1980. Two of its members, singer Annie Lennox and guitarist Dave Stewart, went on to achieve massive international success as Eurythmics between 1981 and 1990, before they disbanded and Lennox went solo.

The Tourists
The Tourists, 1980—:

Jim Toomey, Eddie Chin, Annie Lennox, Peet Coombes and Dave Stewart
Background information
Origin London, England
Genres
Post-punk power pop
Years active 1976–80
Labels
Logo RCA Epic (US/Canada)
Associated acts Eurythmics
Past members David A. Stewart
Peet Coombes
Annie Lennox
Eddie Chin
Jim Toomey

(amazon ↑ ↑ )

Early history Edit

Peet Coombes was a guitarist singer-songwriter, while Dave Stewart, also a guitarist, had been a member of the folk rock band, Longdancer, who were signed to Elton John’s Rocket label. The two moved to London and encountered Scottish singer Annie Lennox who had dropped out of her course at the Royal Academy of Music, where she had been studying flute and keyboards, to pursue her ambitions in pop music.

Forming a band in 1976, the three of them initially called themselves The Catch, and released a single “Borderline/Black Blood” in 1977 on Logo Records. The single was released in the UK, The Netherlands, Spain and Portugal but was not a commercial success.

 


(amazon ↑ ↑ )

‘The Tourists’ Edit

By 1976, they had recruited bass guitarist Eddie Chin and drummer Jim Toomey, and renamed themselves The Tourists. This saw the beginning of a productive period for the band and they released three albums: The Tourists (1979), Reality Effect (1979) and Luminous Basement (1980), as well as half a dozen singles, including “Blind Among the Flowers” (1979), “The Loneliest Man in the World” (1979), “Don’t Say I Told You So” (1980) and two hits, the Dusty Springfield cover “I Only Want to Be with You” (1979)and “So Good to Be Back Home Again” (1980), both of which reached the top 10 in the UK.

“I Only Want to Be With You” was also a top 10 hit in Australia  and made the US Billboard Hot 100 (#83). Coombes was the band’s main songwriter, although later releases saw the first compositions by Lennox and Stewart, who were also in a relationship together for a time. The band’s music expanded using their folk roots, demonstrating some punk energy, reggae and 1960s pop influences. In 1980, the band signed to RCA Records.

The band toured extensively in the UK and abroad, including a support role on Roxy Music’s Manifesto Tour in 1979 but, despite some chart success, they were critically savaged by the UK music press. This, along with some legal wrangling and personal tensions, led to the group disbanding in late 1980.

After the break-up Edit

Coombes and Chin reputedly began a new project named Acid Drops  but this met with little success and Coombes, despite originally being the main artistic force behind the Tourists, drifted out of the music business after the disbanding. Lennox and Stewart soon split as a couple but decided to continue working as an experimental musical partnership, under the new name Eurythmics.  They retained their RCA recording contract and links with Conny Plank, who produced their first album, In The Garden in 1981. The untimely death of Coombes in late 1997 acted as a catalyst for Lennox and Stewart to revive their friendship and musical partnership, after they had disbanded Eurythmics in 1990.

Band members Edit

Peet Coombes – vocal, guitar
David A. Stewart – guitar
Annie Lennox – vocal, keyboards
Eddie Chin – bass guitar
Jim Toomey – drums
Discography Edit

Albums Edit
Year Title UK

1979 The Tourists
1979 Reality Effect
1980 Luminous Basement
1984 Should Have Been Greatest Hits
1997 Greatest Hits

Singles Edit

1979 “Blind Among the Flowers” The Tourists
“The Loneliest Man in the World”
“I Only Want to Be with You”
UK: Gold
Reality Effect
1980 “So Good to Be Back Home Again”
“Don’t Say I Told You So” 40 Luminous Basement
“From the Middle Room” promo single

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪