カークランド【ウルトラクリーン】海外の洗剤の選び方 TIDEとの違い!比較してみた KIRKLAND Ultra Clean

Lyraが石鹸や洗剤探しをするのが大好きなのは、このブログに遊びに来てくださる皆様には周知の事実。

なので今日は説明なしでレビューしますね。^_^

Lyraが、液体洗濯洗剤でヘビロテしてるのがカークランドのエコフレンドリー(KIRKLAND-Ultra Clean ,Clean Escape)

薄いエメラルドグリーンのエコな洗剤。

「エコがよく落ちるならば、普通のカークランドはもっと凄落ちじゃないのー?」という又、好奇心から買っちゃいました。

スポンサーリンク

実は、使って3ヶ月以上経ちます。

レビューを直ぐに書いていましたが、時期的に書きたいものが先に色々出て来ちゃって、、、遅くなってしまった(汗)。

最近こればかり〜。

映画『悪魔のいけにえ』レビューも10月に久しぶりに見直して直ぐに書いたのに、先に好きなバンドの話をしたくて放置したまま、公開するのを忘れていたという、、、おバカなLyraです。(もうアホと言って)

実はこの赤いカークランドKIRKLANDを3ヶ月使った後に使い始めたのは懐かしい【TIDE タイド】です。

(【TIDEタイド】のレビューはこちらからどうぞ。)

どちらもボトルが、赤に近いオレンジ色。

液体まで同じブルー!

「何でここまで同じなん!」と、ビックリしちゃいますが、洗い上がりは全く違うので比較すると面白いかもね。

今日は、Ultra Clean 同士の違いと、TIDEとの違いを話そうかなっ。

1.KIRKLAND「UltraCleanウルトラクリーン」と「Clean Escapeクリーンエスケイプ」の違い

今日、紹介しているのは、

【KIRKLAND Ultra Clean カークランド ウルトラクリーン液体洗濯洗剤 5.73L 】です。

日用品でアメリカではお馴染みのブランドKIRKLAND SIGNATURE の液体洗濯洗剤です。

ウルトラクリーンの液体洗濯洗剤には、2種類あります。

1.前に紹介したエメラルドグリーン色の【エコフレンドリー(実際の品名はUltra Clean Clean Escape)】

2.今お話しているオレンジ色の【Ultra Cleanウルトラクリーン】があります。

どちらもサイズは同じ5.73L(126回分)です。

が、色が違う以外にも洗いあがりなど違いがあります。

*詳しいエメラルドグリーンの使い心地は、前記事を参考にしてくださいねぇ。  

①成分が。普通の合成洗剤

こちらの赤い液体洗濯洗剤は、弱アルカリ性の合成洗剤です。

普通の合成洗剤のように、蛍光剤や洗濯洗剤に入ってある薬剤が入っているのが、抑えめにしているエコフレンドリーとは違う1番わかりやすいところですね。

【成分】

界面活性剤(40%、アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)、工程剤(水)、再付着防止剤、蛍光増白剤、溶剤、酵素、分離剤、保存料、泡調整剤、着色料、香料

②青い濃縮の液体

そして、液体の粘着性がこちらの方が濃いです。

まぁ、濃縮している液体洗濯洗剤なので当たり前なんですが、こちらのオレンジ色のウルトラクリーンは、液体がメチャクチャ濃〜い!

だから、Lyraはお湯で規定量を入れたあと投入して、キチンと洗濯機に行き渡るようにしました。

そうしないとベットリして周りに行き渡らない。

そのかわり濃縮だから、少しの量で沢山の衣類を洗えるのは便利ですね。

③香り

エコフレンドリーが爽やかな香りがしていて、洗い上がりは香っても乾くと匂いが飛んでしまう。

でも、こちらは甘いフラワーのような香りがして洗い上がりは、かなりガッツンと香ります。アメリカの洗剤というあの匂いです。

だから、部屋干ししてる人でこの香りが好きじゃない人は嫌かもしれませんね。

Lyraは嫌いな香りじゃないから平気だったし、頭が痛くなることはありませんでした。

あと、面白いことに衣類が乾くとそんなに香りがしないこと!

洗い上がりのガッツンとした匂いがなくなりフワッ香る程度になります。

日本の柔軟剤の方がよっぽど臭いくらい。

ただ、これは日本の場合。

アメリカだとお湯で洗うし、乾燥機ガッツリ使うから匂いが残る、残る。

匂い残したい人は自然乾燥しないで、乾燥機にかけた方が香りが強くなりますよ!

④洗い上がりが違う

エコフレンドリーは、洗い上がりはサラッとしています。

こちらは、シットリ。何故だ?

エコの方が薬剤少ないから、こっちのほうがザラザラするかと思ったら、シットリして若干、柔軟剤入りの洗剤のようなヌメリがあります。これが不思議でした。

⑤乾いたら

エコフレンドリーより少しフワフワしています。

匂いは、こちらの方が少しキツイ。

ただ、汚れは落ちてない。

汗汚れや普通の汚れは落ちているとみたが、、、ケチャップとかの食べこぼしはそのまんま入れたら勿論、落ちていません。

ポイント洗い、つまみ洗いしたら少し薄くなったかなー、くらい。

あまり落ちないなっていうのがLyraの感想です。

日本の某有名な液体洗濯洗剤みたいに汗をかいたら洋服が臭くなる、っていうのはありませんでした。

スポンサーリンク

逆に、エコフレンドリーと同じところは、

似てるところ

①用途が同じ、「綿、麻、合成繊維用」

②原産国が「アメリカ」という点。

③使う分量が少しで済むからコスパがよくてリーズナブル

ですね。

違いがかなりあったので、同じメーカーで、同じ液体洗濯洗剤でも種類によって使い心地が違うなぁ〜、とビックリしました。

あと、たまたまかもしれないけれどオレンジ色のこのUltra Cleanを2回目に買った時に少し下に軽くぶつけちゃったら亀裂が入ってポタリポタリと知らない間に液垂れしていました。

ガン!とぶつけていないのに亀裂が入ったとしたら、材質が硬すぎて割れやすいか?元々、運送中に傷ついていたか?でしょうね。

使うときはたまにチェックした方が良いですね。

エコフレンドリーの方では今迄、液だれはなしです。

2.「Ultra  Clean 」と「TIDE」の違い

まるっきり見た目が同じ〜!な「TIDE タイド」と、「ウルトラクリーン」。

似てるのは、外観のルックスと中身のブルーの液体だけ、、、

と思ったら似てる所、多し!

違いはタイドの方が¥500〜¥1000高いくらいじゃないの?って思ってしまいます。

ただ、洗い上がりなどちょっとした違いがありました。

Tideと違うところ

①計量カップ

計りやすい(分量が見えやすい)のは、タイド!です。

どちらも日本のキャップみたいに1番使うところが多い場所にキャップの渦巻きや変な形がない為、わかりやすいですが、タイドの方が目盛りがわかりやすいですね。

こんな感じに少し違う。

TIDEには、棒グラフみたいな数字メモリがあるからわかりやすい。

タイドTIDEは、水50Lに対して22mlです。数字の1番少ない1メモリが50mlだから1番下のライン1の半分くらいが目安です。

分量は、KIRKLANDもTIDEも同じくらいです。

②香り

このKIRKLANDのウルトラクリーンの香りは、「百合の香り」という人もいますね。フローラルです。

TIDEも同じフローラル。ただこちらの方が香りがキツめで、フルーツも入ったようなフローラルの甘い香りがします。

香りは、ウルトラクリーンと同じく乾くと飛びますが、ウルトラクリーンより衣類に匂いが残っています。

乾燥機ならばより匂いが持続しますよ。

部屋干しならば部屋中にこの香りはします。頭は痛くなりませんでした。

香りは乾燥機使った時より薄いですね、やっぱり。

③洗い上がり

洗濯後触ると、KIRKLANDよりTIDEの方がシットリしています。

そう、柔軟剤入ってるの?って感じのシットリ感andヌメリ感はあります。

でも、こちらの方が洗い上がりはサラッとしています。

汚れも落ちている。ただ、やはり濃い食べ物のシミは、そのまま洗濯機に放り込むだけじゃ無理でした。

つまみ洗いすれば薄くなります。KIRKLANDと同じですね。

汗汚れは取れてるみたい。

ただ、匂いがキツイから、完全に汚れが取れて臭くないのか?または、香りで消されて臭くないのか?がわからないのが正直なところ。

日本の最近の液体洗濯洗剤も香りがキッツイ!から同じですね。

汗掻いたら洋服が臭くなるというのはありませんでした。

TIDEの方が若干、ふわふわした仕上がりになりました。

サラッとしていてフワリ率は、TIDEの方が若干強め。

スポンサーリンク

3.トータルしたLyraの感想は

・KIRKLANDのウルトラクリーンの2種類を使い比べたら、エメラルドグリーン色の「エコフレンドリー」の方が良かったです。

値段はが高い時もありますが、汚れ落ちが良いし、匂いがあまりしないのも他と(柔軟剤や香水)とケンカしなくて良いですね。

それに、不思議とこちらの方がサッパリとスッキリした洗い上がりになりますし。

エコフレンドリーなだけに少し地球に優しいしね。(あまり大差ないけど)。

洗いが良いだけに乾くと、オレンジ色のウルトラクリーンよりパサつきます。

タオルがゴワつくのが嫌ならば柔軟剤を使うか?

・TIDEと緑色のエコフレンドリーならば、エコフレンドリーかな?

あまり大差は無いけれど、仕上がりがサッパリ、スッキリの方が好みだからです。

だから、フワッとした方が好きな人はTIDEの方がいいかもね。

ただ、香りがキツめなので匂いが気になる人は部屋干しがキツイでしょう。

TIDEを試したいけど「香りが気になる〜」という人はTIDEの記事にも書きましたが、小さいサイズを買ってから試してみては?

ちょい割高になるけれど、いきなりドデカサイズを買って香りが嫌いだと嫌だもんね。

TIDEが1番この中で価格が高いから、高いのは嫌!ならば、KIRKLANDのオレンジ色でもシットリした仕上がりは変わりがないからいいでしょう。

ただ、サッパリした仕上がりでもOKならばLyraはKIRKLANDのエコフレンドリーをオススメします。

自分の好みに合った仕上がりを重視するのが洗剤選びのキモかもしれませんね。

汚れ落ちが1番だけどね。

ULTRA CLEAN LIQUID LAUNDRY DETERGENT
詳細
液体洗濯洗剤5.73L
126回分

【名称】液体洗濯洗剤

【商品名】カークランドシグネチャー ウルトラ 液体洗濯洗剤

【用途】綿、麻、合成繊維用

【液性】弱アルカリ性

【内容量】5020ml

【成分】界面活性剤(40%、アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)、工程剤(水)、再付着防止剤、蛍光増白剤、溶剤、酵素、分離剤、保存料、泡調整剤、着色料、香料 【原産国】アメリカ

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪