Wolf Alice /Moaning Lisa Smile 和訳 Cool Beauty’s Smile! ドヤ顔で仁王立ち

Cool Beuty’s my favorite stands.

Because It grabes people’s all of hearts, I think.

クールビューティて良いわよね、

Lyraの好きな立ち位置だ。

強烈じゃない?

今日はそんな女子の話。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ロンドンで結成されたオルタナティブロックバンドWolf Alice ウルフアリス。

2010年から活動、2013年リリースのEP『Blush』を皮切りに、パーフェクトな構成とサウンドが売りのバンドとLyraはオススメしたい4人組みバンドだ。

スポンサーリンク[ad#go1]

Wolf Aliceは、ライブパフォーマンスにも定評があって、イギリス中心に、インディーロックファンから口コミで広がって行き話題になるという、まさに良質パンドが売れて行く構図を歩んで来たの。

グランストンベリーなどのBig Festival イベント出演で更に人気爆発。〈BBC sound of 2015〉にも選出された実力派なんだ!

今日Lyraが選んだ曲は、Wolf Aliceの2nd EPにあたる2013年リリースの『Creature Songs』から【Moaning Lisa Smile】よ。

(click to amazon ↓ ↓) 2nd EP “Creature Song” クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

アメリカでは、Album 『My Love Is Cool』に収録されています。

現在は、こちらの方が入手しやすいよ。

(click to amazon↓↓ ) 1st Album [u.s] “My Love Is Cool” クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

グラミー賞も受賞したこの【Moaning Lisa Smile】のLyraの和訳を読んでね!

その後、又お話ししましょう!

 

Moaning Lisa Smile” is a song by English alternative rock band Wolf Alice. It was released on 3 April 2014 as a single from their second EP Creature Songs (2014).  It also appears on the US edition of their debut album, My Love Is Cool (2015). The song reached number 9 on the Alternative Songs chart and was nominated for the Grammy Award for Best Rock Performanceat the 58th Annual Grammy Awards.

The song was re-released as a single in April 2015 in the US, marking their first single release in the US. It was released on vinyl with “Giant Peach” featured as a B-side.

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Moaning Lisa Smile =

Clinging to love, escape a father and mother
She offers some other way out of the hole
She’s overachieving, chasing her dreams
And coming down slowly, yeah, it’s out of control
Scrap the blues, if the blues don’t work
Flash your teeth, though the inside hurts
(Ah) it’s time to glow, lose your way
To make you feel better just because you feel worse
All of the books and all in a boat and
Nowhere to run, God, this is out of control
You wait for something to undo these feelings
Waiting and waiting but it’s out of control
Scrap the blues, if the blues don’t work
Flash your teeth, though the inside hurts
(Ah) it’s time to glow, lose your way
To make you feel better just because you feel worse
It never is enough
No, it never is enough
It never is enough
No, it never is enough

 

愛にしがみついているの
父と母から逃げて
彼女は、経済的屈強から脱げ出す道を申し出る
予想以上に成果を出してるから、夢を追い始めてるの
彼女はゆっくりと堕落して行く
そう、それって制御出来ないことよね
ブルーズに効き目がないなら、憂鬱はゴミ屑にして捨てな

 

歯をチラッと見せて
心の中が痛みを抱えてるならね
ああ、幸福に満たされる時間だわ
気分をより良くするには、余計な判断をしないこと
だって貴方が、気分が益々悪くなってるのを感じているからよ
本は全部、船中のは全部、どこにも逃げ場はないの
神様!これは、手に負えないわ
これまでの気持ちを振りほどく為の何か、を貴方は待つの
待っている、待っている、
でも、手に負えないわ
ブルーズに効き目がないなら、憂鬱はゴミ屑にして捨てな
歯をチラッと見せて
心の中が痛みを抱えているならね
気分をより良くする為には、余計な判断をしないこと
だって貴方が、気分が益々悪くなっているのを感じているからよ
それって全く足りないわ
ダメよ、全然足りないわ
それって全く足りないわ
ダメよ、全然足りないわ
Songwriter: Ellen Ciara Rowsell / Joel Donald Scott Amey / Jonathan David Oddie / Theodore Joseph Ellis
 Translator: Lyra Sky 和訳

(click to amazon↓↓) 2nd EP “Creature Song” CD . クリックしてアマゾンへ ↓↓

アンビエント系サウンドも創作するWolf Aliceだから、「いつもの感じでSadnessのままダルく行くんだわ〜」と思っているとイントロ暫くして、Grungeのギターサウンドが分け入って来る!
この展開、Lyra大好物っすっ。
このバンドの良さは、Grungeばりのガリガリしたギターサウンドを、Shoegazer シューゲイザーぽい歌い方をするVocalのEllieがかき混ぜるようにするハーな曲がLyraは、魅力的な特徴だと思う。
もう1つのパターンは、まるっきり違い、激しさはなく絶えず緩やかに生きていく感じの曲が特徴。
だからLyraは今までのWolf Aliceはこの2パターンが多くて、今回紹介したのは前者ハードめギターサウンドね。
こちらのギターがザクザクした方がGrunge好きの人間としては、嬉しい仕上がりだし、不思議な魅力があるのもハードめの曲の方が際だっているからよ。
VocalのEllieの声が良く響くのもこのタイプの曲調の方だからね。
スポンサーリンク[ad#go1]
2010年、VocalのEllen Rowell とGuitarの Jonathan Oddie の2人で結成され、自主制作『Wolf Alice EP』をデジタル配信で発売。
後にDrumsの Joel Amey, Bass のTheodre Ellis が加入し現在の形態に。
イギリスBBCが毎年発表している期待の新人候補リスト「Sound Of 2015」にてノミネートされ一気に注目を集めた。
2015年6月今紹介しているデビューアルバム『My Love Is Cool 』をリリースしUKチャート初週2位を獲得、
グラミー賞(最優秀ロック・パフォーマンス部門)にノミネート、
ブリット・アワード(新人賞)、
マーキュリ・プライズ、
アイヴァー・ノヴェロ賞、
NMEアワード9部門ノミネート&2部門受賞し本国イギリスでゴールド・アルバムを獲得し大ブレイクを果たした。
期待の大新人を見事に体現している。
2017年9月に2nd 『 Visions Of A Life』をリリース。
今年2018年もシングルを3曲リリースしているし、活動がアクティブで前途洋々とは、このバンドのことですなあー。
(click to amazon↓↓)1st Album [U.S] “My Love Is Cold” CD. クリックしてアマゾンへ ↓↓

因みにMusic Videoに出ているダンスコンテストに1人で来た子は、VocalのEllieだよ。
彼女を救ってあげた、というか一緒にチームを組んであげるDrug Queenドラッグクィーンのお姉様方は、勿論、バンドメンバーだ。
「背が意外と高いのねっ!」と思ってよく見たら15cmはありそうなピンヒール履いてんの!
映画『Kinky Boots』を思い出しちゃったよ。
4人共、最高なサウンドを作る奴らなのにダンスがド下手くそ。
余りのリズム感の無さに苦笑してしまうが(笑)、ダンスコンテストに、はみ出し者達が勇気を出して出場し、話題を掻っ攫うというありがちストーリーに感動してしまったの。
のし上がる系に弱いざんす ^_^
最高な笑顔のラストに清々しさを得るプロモーションビデオに乗る歌詞は、ままならない人生に不満タラタラの言葉だ。
愛にすがりつきながら、夢を追う女性を歌いながら自分の半生を歌っているようだ。
貧しい町から飛び出て夢を追いか蹴ることに邁進する。
イギリス映画にお決まりパターン。
だが、夢を追いかけていくものが必ず通る道でもある。
歌詞の中の女性は途中までうまくいっていたのだが、落ち目になりつつある。
歌詞の「物足りないわ、物足りないわ」は、「まだやれるわ、まだやれるはず!」だよ。
強がり。諦められない自分を吐き出しているのだ。
それが、聴くものの溜まり溜まった日常の不平不満と連鎖して共感を生むんじゃない?
そうなったら、こっちのもの!
貴方はWolf Aliceの世界を気に入っただからね。
イギリス人のWolf Aliceのこの曲は、実はアメリカンアニメの『The Simpsons』に使われた。
あとドラマ『Leftovers』のシリーズにも。
良い曲だもの、センスあるドラマやアニメ、映画にはもってこいの素材だわ。
【Moaning Lisa Smile】は、=【不満だらけのリサの笑顔』って意味だけど、よく見て見て!
『Mona Lisa Smile』とスペルを少し変えると 『モナリザの微笑み』じゃないのーん!
言葉遊びLyra、大好きー!
まあ、深読みしまくりのLyraだから、たまたまかもしれないけど、絶対、モナリザの微笑みをもじってるね、これ。
モナリザと言ったら、あのどこから見ても目線が合ってしまう、計算されたダ・ヴィンチの美女。
タイプじゃないけど(笑)、クールよね、あの笑い。
ドヤ顔にも見えなくない、「やっだわ!」という達成感も含む笑み。
Cool Beauty。
VocalのEllieがCoolに勝ち誇った笑みで、ビッグフェスのステージに仁王立ちするのが眼に浮かぶ。
私達もそうしない?
やりたい事やるために、憂鬱な気持ちはゴミ屑にして捨ててしまおう。
そして、辛いけど、頑張るのよ。毎日毎日を。
そうしたら、いつか夢が叶い、大ステージでクールに笑いながら仁王立ちする日が来るわ!
必ずね。
その日を夢見て、満足なんてしない。
先に進むのよ!
スポンサーリンク[ad#go1]
Wolf Alice are a British four-piece alternative rock band from North London, formed initially as an acoustic duo in 2010. Its members since 2012 are Ellie Rowsell (vocals, guitar), Joff Oddie (guitars, vocals), Theo Ellis (bass), and Joel Amey (drums, vocals).
Wolf Alice were formed in 2010 and began as an acoustic duo between Ellie Rowsell and Joff Oddie. Their name came from a short story by Angela Carter.
Eventually deciding to add electric elements to their sound, they recruited Rowsell’s childhood friend, Sadie Cleary, to play the bass, and James DC, a friend of Oddie to be their drummer. They self-released an EP called Wolf Alice that year, featuring three songs: “Every Cloud”, “Wednesday”, and “Destroy Me”.

“Moaning Lisa Smile” is a song written from the perspective of Lisa Simpson of the animated series The Simpsons.

“Moaning Lisa Smile” is featured in an episode of The Leftovers. It also appeared in the promotional trailer of Arrow‘s mid-season three premiere, as well as on the soundtrack of the video game MLB The Show 16.

To promote the band’s debut album My Love Is Cool in the US, the song was performed on the Conan show June 5 and on the Late Late Show with James Corden August 11, 2015.

 Discography

Studio Albums

・My Love Is Cool (22, June, 2015)

・Vision Of a Life (29, September, 2017)

EPs

・Wolf Alice (2010)

・Blush (7, October,2013)

・Creature Songs (26,May, 2014)

Singles

・Fluffy (2013)

・She

・Moaning Lisa Smile (2014)

・Giamt Reach (2015)

・Bros

・You’re Germ

・Freazy

・White Leather (2016)

・Leaving You

・Lisbon

・Yuk Foo (2017)

・Don’t Delete the Kisses

・Beautifully Unconventional

・Heavenward

・Formidable (2018)

・Sadboy

・Space & Time

 

 Band members

Current members

  • Ellie Rowsell – lead vocals, guitar, keyboards, synthesizers (2010–present)
  • Joff Oddie – guitar, violin, synthesizers, vocals (2010–present)
  • Theo Ellis – bass, synthesizers, vocals (2012–present)
  • Joel Amey – drums, synthesizers, vocals (2012–present)

Former members:

  • Sadie Cleary – bass (2010–2012)
  • James DC – drums (2010–2012)

Personnel

Credits adapted from the liner notes of “Moaning Lisa Smile”.

  • Catherine Marks – production, mixing
  • Paul Edouard Laurendeau – engineering
  • Robin Schmidt – mastering
スポンサーリンク[ad#go1]
[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪