和訳【Doin’Time/ Sublime feat.the Pharacyde】解説 同じ空の下 Under the Same Sky

まだまだ夏がいる日本。

「夏はもう飽きたあ〜」言ってる人が多いけど、Lyraには「夏はたまんなあい!」ってくらい好きな季節なので、このままStayしていてっ、て感じ。

革ジャンは着たいけど、やっぱこの薄着いられるってのがキモ。

だから、今日は夏、それも真夏が似合う、前にも紹介したバンドを和訳するわ。

で、メチャ迷ったの最近このBlogでも常連のアーティストがカヴァーしたVesionにするか、別のLong Versionにするか?

迷った末、超面倒臭くて長いラップ・バージョンの方にしたよ。

全くムズイ方を選ぶなんて… Lyraって馬鹿なんだと思ふ。

“和訳【Doin’Time/ Sublime feat.the Pharacyde】解説 同じ空の下 Under the Same Sky” の続きを読む

和訳【Eminem /Love The Way You Lie ft. Rihanna】

「好きなヴォーカリストを10人あげよ」と言うのがあるが、この質問が1番困るかも。

好きなギタリストや、ベーシスト、ドラマーなら直ぐにあげられる。

ただヴォーカリストとなると滅茶苦茶、迷い倒す。

自分がヴォーカルをやっていたからと言うのもあるが、声ってPrimitiveでしょ?

野生なんだよ。

生に密着しているからその時の気分で変わる。

性にも密着してるしね。

声低いと惚れる体質なんだわ。

“和訳【Eminem /Love The Way You Lie ft. Rihanna】” の続きを読む

和訳【Destiny’s Child / Bootylicious】解説 We’re the Most! コンプレックスこそ長所!

今年の初め、『【アメリカンホラーストーリー シーズン8 第5話】ネタバレ感想あらすじ Enter Stevie Nicks! スティーヴィー・ニックス登場!』で書いた時に紹介して和訳したから、直ぐに載せようと思っていたら、あれよあれよと紹介したい曲が湧き上がって来た為に後回しになっていたこの方々。

後回しならば地味〜な曲かとお思いでしょうが、ベランメェ〜違うと来てる。

キンキラキンなこのド派手さ!

「ワテが1番やで!」と歌い上げる驚異的な自己主張。

そして、自分のコンプレックス迄も長所に変え、実際に美として成立させてしまうど根性!

ああ、見習わなければならない要素だらけ〜♪

“和訳【Destiny’s Child / Bootylicious】解説 We’re the Most! コンプレックスこそ長所!” の続きを読む

和訳【Good Life / G-Eazy & Kehlani 】ワイルドスピードのテーマ曲 “The Fate of the Furious” Thema

日本でアメリカン・ドリームばりの成功=「物すっごい巨万の富」をゲットするって出来るの?

まあ〜金持ちには成れるだろう。

ただ、アメリカンドリーム自体が消滅してるから一発逆転は、今の時代には無理ぽ。

でもハリウッドには、未だにギラギラッの世界が現存してる。

ならば夏だし、ここは気持ちよくドッカーン!とかましてくれる映画のサウンドトラックを和訳するのも手よ。

オモロイのは意外と現実的なとこー。

それが現代的なのか?

“和訳【Good Life / G-Eazy & Kehlani 】ワイルドスピードのテーマ曲 “The Fate of the Furious” Thema” の続きを読む

和訳【I Think I’m Okay / Machine Gun Kelly – YUNGBLUD- Travis Barker】マシンガンケリーとは? We can fly into the night

Travis Barker 熱が◯年ぶりに復活しているLyraでやんす。

そのうち冷めると思うので(← 冷めるって薄情な奴(๑˃̵ᴗ˂̵) )暫くお付き合いしてね。

先月Travisの山積みになっているコラボ作品が順にリリースされるのを知り、特に期待していたのが、今日紹介する曲なの。

待ちに待ったリリースが先週の6月6日だったから、その日の内に和訳載せようと和訳したは良いが、PVが全くリリースなし。

「音源だけで良いか?」と考えていたが例の如く、他の曲を先に上げたくなって放置。そしたら、今朝、ミュージックビデオが世界配信された!

ならば、今でしょ!

“和訳【I Think I’m Okay / Machine Gun Kelly – YUNGBLUD- Travis Barker】マシンガンケリーとは? We can fly into the night” の続きを読む