【Glitterati / Kid Kapichi】和訳 Start Working Hard even for the Small Thing! 西川きよし師匠のように 解説

注目のバンド。

そう言われるバンドは星の数ほど多い。

だが、その中で燦然と輝く星 Starになれる者はと言えば、ほんの一握りだ。

そして新しいバンドだからと言っても気をてらったサウンドはとなると、、、。

大体は、聴いていると彼らのルーツが見えてくる。

サウンドとは人の歴史みたいだ。

今日Lyraが和訳&解説するバンドは、イングランド、ヘースティングス出身のインディーロックバンド、 Kid Kapichi キッド・カピーチ。

スポンサーリンク

2013年結成。

今春、2019年4月に新曲をリリースしたばかり。

実は長い下積みがあるので、サウンドもプレイも安定したパフォーマンスをしているため、ベテランの風格を感じさせるロックバンドである。

今日Lyraが和訳する曲は、彼らの最新シングルである2019年4月19日リリースされた曲【Glittterati】。

キャッチーなサウンドは正にパーティーソングって感じ〜! (ギャルな感じで読んでみると今のLyraのテンションになりまふ、まふ。)

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又、お話しましょう!

あげぽよ〜 ♪

ハア、ハア、 、、( ← 無駄なテンション使って疲れた。)

 

(click to amazon ↓↓ ) Single “Glitterati” [Streaming, MP3] クリックしてアマゾンへ ↓↓


Kid Kapichi are a Rock band from Hastings. Their raw and infectious sound is likened Queens of the Stone Age, Arctic Monkeys and Royal Blood. The band have been championed by BBC 6Music’s Steve Lamacq, and their single ‘2019’ received support from Annie Mac, Jack Saunders and Huw Stephens on BBC Radio 1. Kid Kapachi first broke on the live scene supporting the likes of Slaves, Skunk Anansie and Fat White Family.

 

スポンサーリンク

= Glitterati=

I’m gonna comb my hair and brush my teeth
I’m gonna lay in my favourite shirt [?]
I’ll catch my train at nine fifteen
I’m watching people watching me

I’m getting supersonic, catatonic
Don’t you wanna play with me?
(Ooh yeah)
I’m dressing so ironic, gin and tonic
Paparazzi won’t let me leave
(Yeah yeah)

[Chorus]
Give me the glitterati
I want the glitter on me
Give me the glitterati
I want the glitter on me

I want my watches gold, my Royces [?]
I want my diamonds bold
And my diamonds sold
Girls in heels, but not too tall
I want my caviar in a heart shaped bowl

I’m getting catastrophic, plate tectonic
Earthquake when I get in the zone
(Ooh yeah)
I’m talking ten iconic, [?]
Paintings hung [?] my home
(Yeah yeah)

[Chorus]
Give me the glitterati
I want the glitter on me
Give me the glitterati
I want the glitter on me

I’m getting supersonic, catatonic
Don’t you wanna play with me?
I’m dressing so ironic, gin and tonic
Paparazzi won’t let me leave

I wanna do no work, and reap rewards
I want fly to Mars on a gold Concorde
I want a million likes, Mercedes Benz
I wanna take advantage, save for granted all of my friends

I want my watches gold, my Royces [?]
I want my diamonds bold, and my diamonds sold
I want every single person taking pictures of me

[Chorus]
Give me the glitterati
I want the glitter on me
Give me the glitterati
I want the glitter on me

髪の毛といて歯磨きして

お気に入りのシャツを仕入れて

9:15 am の電車に飛び乗って

そしたら、俺をみている奴らを俺も見ているって感じさ

俺は超音速にやって、緊張病になっとるわ

俺と遊んでみたくね?

(なあ、どう?)

ジンとトニックで皮肉屋を装ってる俺って感じ〜

パパラッチは、俺を離してくんねぇし

(いいぜ、いいぜ)

 

裕福な社交界のセレブを俺にくれ!

自分自身を輝かしたいんだよ

裕福な社交界のセレブを俺にくれ!

自分自身を輝かしたいんだよ

スポンサーリンク

 

金の腕時計が欲っしい〜

俺専用のロールスロイスも欲っしい〜

大胆なカットのダイヤモンドも欲しいな

それも売り込めるようなダイヤモンドだよ

ハイヒール履いてる女の子たちも要るなあ

あんま背高くない子たちね

あと、ハートの形のボウルに入った俺専用のキャビアも欲しいぜ

 

俺は大変動してる地殻変動プレートを手に入れてやるんだ

俺が突入した地域の地震のな

(うー、最高)

10人の偶像とくっちゃべってるんだからな

俺んちを塗りまくってんだからな

(良い感じ、良い感じ)

 

裕福な社交界のセレブを俺にくれ!

自分自身を輝かせたいんだよ

裕福な社交界のセレブを俺にくれ!

自分自身を輝かせたいんだよ

 

俺は超音速にやって、緊張病になっとるわ

俺と遊んでみたくね?

(なあ、どう?)

ジンとトニックで皮肉屋を装ってる俺って感じ〜

パパラッチは、俺を離してくんねぇし

(いいぜ、いいぜ)

働きたくねぇな

報酬を刈り取るのも嫌だしな

金色のコンコルドに乗って、火星まで飛んで行きてぇな

メルセデスベンツみたいに100万ポンドは欲しいぜ

俺の周りのダチは除いて、他の奴らを出し抜いてやりたいぜ

金の腕時計が欲っしい〜

俺専用のロールスロイスも欲っしい〜

大胆なカットのダイヤモンドも欲しいな

それも売り込めるようなダイヤモンドだよ

それに俺と写真を撮りたがる独身者たちをたくさん欲しいなあ

裕福な社交界のセレブを俺にくれ!

自分自身を輝かせたいんだよ

裕福な社交界のセレブを俺にくれ!

自分自身を輝かせたいんだよ

Songwriter: Kid Kapchi

Translator: Lyra Sky 和訳

 

随分と欲求に素直な歌詞ですな、、、

「セレブになりたいならなってください」としか言えん。

Lyraには、余り共感出来ない歌詞だわ。

だけど、世の中の人の多くは、この歌詞に共感するだろうね。

一気に天辺に行きたい、と目指している男性は、特にこんな感じの人が多いかな?

着実にステップアップしようと言う人間ではないからチャラい。

高級車乗り回して、高い腕時計して、可愛子ちゃんをはべらして豪遊して、社交界のセレブ達と友達だって言いたい、って人達をSNSで簡単に見れるよ。

札束を並べてる写真だけをUPしている人が多いのよね。

そう言う人には、これしか言えない。

頑張ってねー!

あげぽよ〜♪

( ↑  ↑ 全部これで片付けようとしてるな、今日のLyraは? とバレてる?)

スポンサーリンク

The Kid Kapichiは、2013年にヘースティングスで結成してからライブをして活動して来た為、スキルはある。

その為、早くもこれから化ける(売れる) バンドになるとBBCにも期待されているバンドだ。

2016年に【Ice Cream】がシングルデビュー。

EPを2枚出しているのみだが、シングルは、コンスタントにリリースしている(*ディスコグラフィーの欄を参照)。

今回の【Glittterati】が最新シングルであり大注目曲として4月のリリース直後からTVやラジオ出演が殺到しているようで、つい数日前もRadio出演したり、4月30日にもBBC Radio1のHype Chat With Phil Taggart に出演し、No.1注目アーティストに選ばられた。

 

(click to amazon  ↓↓ ) Single “Glittterati” [Streaming, Download MP3]

 

(click to amazon  ↓↓ ) Studio Album “Lucozade Dreams” [CD, Streaming] クリックしてアマゾンへ ↓↓

Kid Kapichiの強みは、ソングライターが2人いることだろう。

リード・ヴォーカル&ギターの2人、Jack Wilson と Ben Beetham だ。

この2人が、ミュージックビデオを見てもわかるようにタイプが全く違う2人だから、キャラ分けするかのように曲を飾ることもできるし、ソングライティングもどちらの良いところも惜しみなく出せば、多様性のあるサウンドを出せていけるだろう。

サウンド面は、Lyraは聴いていてまず初めにPULPを思い出したし、次にギターのリフのせいかMichael Jackson マイケルジャクソンを思い出してしまった。

Michael Jacksonの”Beat It”に似てる気がするのよね。

チラッとRapの雰囲気も見えるし、歌詞からはOasisの名残を感じて懐かしさも感じてしまった。

彼らのルーツが丸わかりな曲とも言えるね。

いかにもBrit Popが好きです、というところもイギリスロック好きには受け入れられそうだ。

あとは、華だよね〜。

その華があるかは、人それぞれの好みがあるから一概にLyraは言えないわ。

ただ、この【Glittterati】の路線のサウンドでいくならば、もっと笑いの要素を入れたら良いのにねっと、感じた次第です。

化けるかな?

化けないかな?

それは、Kid Kapich あなた達次第です、頑張って上を目指しておくれ。

歌詞の中に「俺の周りの友達は除いて」って箇所や、地道にライブをコツコツとやって行く姿は、真面目な良い人達だとLyraは感じたの。

ただのこの歌詞の中の「セレブ紹介してくれ!俺が輝くために必要なんだよ!」って、他力本願な輩だったら嫌だけど、彼らは、夢に向かって地道にやってる感じが伝わって来るから応援したくなるのよ。

他力本願にセレブより、これって知識じゃないのかな?

つまり、勉強したり情報を得たり、楽器の練習するとか、文章を書くセンスを磨くとか、自分をバージョンアップさせる知識が一番必要だとLyraは思う。(考え方によりけりだから、あくまでも個人的な見解)。

Lyraもコツコツと、西川きよし師匠みたいにやってるわけじゃん? だから、Kid Kapichの同じ苦しみがわかるからってのもある。

だから、自分たちが輝くためにやるしかない。

バージョンアップして行くために日々の積み重ねを怠らない。

そして、前進して行くのみよ!

負けないでやろうぜ。

I Want the Glittter on me!!

 

スポンサーリンク

Quotes

‘Muscly Riffage from Sussex’ – Steve Lamacq (”BBC 6Music”)

‘With a libs-esque front line of twin songwriters Ben Beetham and Jack Wilson, this unsigned band won’t remain that way for long’ – NME Magazine

“Kid Kapichi are going to be huge. I can honestly say they’re the best band I’ve seen in 20 years. If I was a kid watching them – this is the band that would make me want to pick up a guitar and play” – Dave Parsons (”Sham 69”)

Members

  • Jack Wilson (lead vocal and guitar)
  • Ben Beetham (lead vocal and guitar)
  • Eddie Lewis (bass guitar)
  • George MacDonald (drums)

Discography

  • Ice Cream (Single) 2016
  • Waster (Single) 2017
  • Take it on the Chin (Single) 2017
  • Kid Kapichi (EP) 2017
  • Puppet Strings (Single) 2018
  • Lucozade Dreams (EP) 2018
  • Revolver (Single) 2018
  • 2019 (Single) 2019

Tours

  • Lucozade Dreams UK Tour (2018)
  • Calva Louise UK Tour (2019)

BBC Radio 1

moved to the South Coast of England a few months ago – and I’ve asked more than a few people to recommend some decent bands. The answers generally pointed towards a band from Hastings called Kid Kapichi. Their live shows are meant to be intense, with a true rock and roll spirit… or so I am told. I haven’t seen them yet, but by God I want to!

They’ve had a lot support from Radio 1’s indie champion Jack Saunders and Future Sounds’ host Annie Mac – hence the reason they’ve ended up on this week’s Hype Chart!

I’ll leave you with a quote from the band on this banging record: “It’s a tongue in cheek look at the materialistic world in which we live, where Instagram culture rules and people’s want for the next outrageous thing grows and grows.

“We sing, ‘Give me the glitterati,’ because what actually is the glitterati? Obviously the word has a definition but when do the people who crave it know they’ve got there? A thing? A feeling?

“It’s a search for the unattainable to fill a hole that will always feel empty when you try and fill it with that stuff.”

 

Jack Saunders, BBC Radio 1“These guys are a force; quite possibly the biggest reaction we’ve ever had to a Next Wave track. (talking about ‘2019’)


About The rock heavyweights from Hastings stamped their name firmly onto the hide of the UK rock scene in 2018, after riding the wave of the release of their single ‘Puppet Strings’ and EP ‘Lucozade Dreams’. When it comes to the sound, Kapichi peddle a unique mixture of explosive riffs, bone-crushing live shows, and ear worming melodies of the duel-lead vocals and guitar.

Renowned for their live ferocious live shows, on stage is where Kid Kapichi really come alive. Fronted by Jack Wilson & Ben Beetham (joint lead guitar/vocals), with the other half of their ear-shattering sound emanating from George Macdonald (drums) & Eddie Lewis (bass). Having shared the stage with the likes of Slaves, Fat White Family, Fizzy Blood and Pretty Vicious; Kid Kapichi’s name is hot on the lips of the UK live music circuit.

In November 2018, Kapichi dropped their single ‘Revolver’ and celebrated with a huge hometown show. Storming into the new year with the aptly titled track, ‘2019’ is a reflection of the current state of social and political affairs, and its impact on a voiceless generation. Already the track has received acclaim as a Next Wave track on Jack Saunders’ Radio 1 indie show, and became John Kennedy’s weekly Big One on Radio X’s Xposure show

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪