Maison Margiela Replica- Beach Walk メゾン・マルジェラ ビーチ・ウォーク 海が似合う香水 レビュー口コミ

自他共に認める『海好き Lyra』です。

山の日に、山にドライブ行って楽しかったが、「やっぱ海行けば良かった〜」と言ってるアホな女です。

先日、海の日に行った時の海写真を見返して又行きたいな、と思う。

別に泳げなくても良い。お台場や街から眺める海も大好物だから、、、

「だったら気持ちだけでも海気分、味わっちゃえ!」と、今日は、海好きや、甘い香り好きの夏秋にピッタリの香りを紹介しちゃいましょう。

一年中使えそうなセクシーで爽やかな香り。

Vanialla好きで探してる最中に、寄った居心地の良い香りざんす。

探す旅記録第5弾よん。

スポンサーリンク

今日Lyraが解説&使った感想・レビューするのは、フランス出身のデザイナー Martin Malgiela が設立したアメリカのブランド Maison Margiela の大人気香水、Replica レプリカ・シリーズの【Beach Walk Eau de Toilet  ビーチ・ウォーク・オード・トワレ】です。

*先週の香りはこちら→ Maison Margiela Replica【Music Festival Eau De Toilette】 メゾン・マルジェラ・レプリカの魅力 フェスの香り⁉︎

 

1.Maison Margiela メゾン・マルジェラとは

創始者のMaison Martin Margiela メゾンマルタン・マルジェラは、ベルギー出身のファッションデザイナー(1957年生)で、1988年設立のフランス・パリ発のファッションブランド。

婦人・紳士向けの既製服をはじめ、各種アクセサリーや香水などを展開。

常識を無視した新しいデザインを打ち出し、ファッション業界に影響を与えて来たブランドです。

お洒落に敏感な人々に愛されて来ました。

特にダメージ・ジーンズやミリタリーなど、ヴィンテージテイストを、モードの世界に取り入れた第一人者です。

ミニマルデザインでシンプルなのも特徴的。

ブランドの哲学を踏襲したウォレットやバッグなどの小物や香水も大人気。

今日紹介してる「レプリカ」のシリーズは、ファッション感度が高い大人に支持されているお洒落な香水と言えるでしょう。

 

( click to amazon↓↓) “Maison Margiela Replica- Beach Walk EDT” [Fregrance] クリックしてアマゾンへ ↓↓

2.Replica レプリカの香水

2013年に発表されて以来、人気が続く『メゾンマルジェラ』の「レプリカ」。

現在は15種類と豊富に揃う「レプリカ」シリーズは、どれもライトな香りで使いやすいのが特徴。

そして目を引くボトルのデザインも、アンティークの薬瓶にインスパイアされたものと大人のおしゃれ心をくすぐる仕様。

ボトルのラベルには、それぞれの香りに合わせてストーリーが設定されていて、ネーミングや生産国、地名、年代、までもが記載されているという凝りよう。

ヴィンテージの服やアクセサリーを元にマルジェラが複製した衣服「レプリカ」ラインから着想を得ているため、ファッションとリンクしたデザイン。

Lyraも今回比べるために幾つかゲットしましたが、その日の気分やファッション、行く場所で使い分けするのが楽しい香水です。

3. 【Beach Walk EDT ビーチ・ウォーク・オード・トワレ】とは?

 

ビーチウォークは、1972年にカルヴィ(コルシカ島)での思い出の香りとしてJacques CavallierとMarie Salamagneによって調香された柑橘系フローラルの香りです。

ボトルラベルに香りに出会った年、起源や説明が記載されているユニークなデザインとなっているのがオシャレなレプリカの香水シリーズ。

この【Beach Walk】も素敵な海の思い出が感じられる仕様になってぃす。

 

ノート
ムスク、ヤングヤング、ベルガモット、レモン、ピンクペッパー、エリオトロープ、ココナッツ

*詳しいノートは、最後の方に書いてあります。参考にして下さいね。

 

スポンサーリンク

4.使い方

体にスプレーする。

*成分表は、最後に書いておきますね。参考にして下さい。

5.Lyraの感想 Review

このReplica レプリカ・シリーズの最大の特徴は、香りでシーンを再現していること!

香りの記憶をコンセプトにしているのが凄い。

①香りのシーンまでプロデュースしている!

「訪れたことがある図書館、海、理髪店、フラワーマーケットなど日常のシーンを香りで表現しているのが面白いな」と思ったのが買うきっかけでした。

コンセプトの海とか、花のある場所へ「昔行ったな」と自分の記憶を蘇らせながら香りを嗅げるのが、面白いです。

②パッケージまで凝っている!

 

フレグランスのボトルラベルには、思い出のシーンが書かれていて、香りが再現する場所・シーン、時などが、刻まれていました。手が混んでいるし、大人っぽい演出だと感じたかな。

パッケージの箱にも、香りのイメージに合った風景のポラロイド写真があるので、凄く手が込んだ香水だと感じました。 

今回の【Beach Walk EDT】は、海辺に佇む女性で雰囲気があり素敵。

シリンダーボトルには、キャップはなくて銀のスプレーノズルは小さめ。

レトロな感じして素敵。

硬いコットンの紐が巻き付けられ、ラベルも布と、ヴィンテージを提唱したMalgielaの洋服のようで、シックリと来ました。

③海辺を歩いてる時の香り?

 

 

海辺を歩くような香り、、、

それも1972年、カルヴィ(コルシカ島)での思い出の香りとしてJacques CavallierとMarie Salamagneによって調香されたと言う、時代も場所も確定されているから凄い。

この時代もコルシカ島の海の香りもLyraには分からん〜でも、香りは確かに爽やか〜な柑橘系に、ロマンチックなフローラルが混ざり合った、夏にピッタリな香りです。

だからと言って夏にありがちな可愛らしいベリー系やオレンジ系ではなくて、ココナッツとレモンが感じられるフレッシュな甘さ。

Maison Margiela と言うと、奇をてらった洋服で有名。

数字を羅列したタグや穴あきジーンズやミリタリーや個性的なデザインが魅力のブランド。

そしてシンプルで、minimalismをオシャレに見せるのが上手いと思います。

この【Beach Walk】のスプレイ下にある布タグには、作品名や起源の場所が、出荷する時のチェックみたいに印刷されていて雰囲気抜群。

掠れたタイプライター文字を見ていると、香りがコルシカの懐かしい海に連れて行ってくれる錯覚に陥ってしまいますね。

海側の窓を開けて、タイプライターを打つ音が聞こえるようだ。

Lyraは、ココナッツの香りが大好きだから、小さい時に行った海が蘇る。

それに、どちらかというとココナッツが、リアルなココナッツではなく、Lyraにはコパトーンやアメリカのモイスチュア・クリームの香りに感じちゃいました。

そのココナッツもそれだけだと子供っぽく、ファミリー向けになりますが、プラス爽やかなベルガモットや、レモン、ピンクペッパーの香りが香ってくるので、波が立っている海みたいな爽やかさです。

マリン系の香水は人気があり、たくさん世間に出回っていますが、ココナッツとフラワーや柑橘系が合わさっているのは、珍しいアイデアだと思いました。

ココナッツ・ミルクは次第にムスクがプラスした匂いへと移行。

海水の塩の香りが感じられる、そんな雰囲気。

そしてラスト・ノートで、官能的なイラン・イランへと続く。

使って思ったのが、初めが爽やかだから、海についたばかりのフレッシュさ、てことかな?

ココナッツは、好きな人の日焼け止めの香りと、自分の肌の香りが混ざったようで安心できるから好き。

そして香りがチラチラしている花々のフレグランスは、浜辺に咲く花や、フローラルのシャンプーの香りにも思えてくる。

もしかしたらフルーツも、浜辺で飲んでいるジュースの香りかも。

ラストまでゆっくりと、ムスクやイランイランになるのは、火が落ちてからの真っ暗で焚き火をしているあの時間?

そう思うと、ただ爽やかで、ただ甘いだけではない拘りの香りが、海辺と言うよりも、海辺で色々あった楽しい思い出が混ざった香りに思えて来ました。

中には勘違いして、マリン系にありがちな潮風の香りや、まさかの磯の香り(を想像する人はいかいかーw)、を思い浮かべるかもしれませんが、海の香りや、海辺の香りというより、海辺でいろんな香りを嗅いだ私達の記憶を擽る香りだと感じました。

海好きや、海に良く行ってた人のための香り。

幸せな時が蘇る爽やかで落ちつく香りですね。

 

(click to amazon↓ ↓ ) “Maison Malgiela- Replica -Travel Sprey Set ” [Fregrance] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

④持ち時間

持ち時間

34時間くらい。

初めガツン!と爽やかな甘いフローラル&フルーツが来ます。

その後は緩やかに移行。

前に紹介した【Music Festival】より軽め。

Maison Margiela ReplicaMusic Festival Eau De Toilette】 メゾン・マルジェラ・レプリカの魅力 フェスの香り⁉︎

⑤トータルして、ヴァニラ好きとしては、

 

Vanilla の香りやオリエンタル系が好きで「たまらん〜」と言うセクシーな香りに癒されるLyraには、珍しく爽やかな香りに感じました。

フランスの海岸線の町。

砂浜に吸込まれる足。

さっと肌をかする波。

空高くからビーチを包み込む太陽。

全てを受け入れてくれるような温かさと、少し塩気を帯びた水しぶきが混ざった開放的な空気を再現してる。

海好きだから試してみたくなりGetしましたが、フローラル系であってもフレッシュなフルーツが香りに、特にココナッツの甘さがキーになっているのが気に入った理由。

夏むきと言ってる人が多いけど、香りがTopとMiddleが強めだから、寒い冬でも良い感じよ。

爽やかでもLastがイランイランになるからセクシーさも味わえます。

じゃあ、メインか?となると、Vanillaが良いなあ。

セクシーで暖かい、癒しの香りがLyraには必要〜☆と、なるとこちらもサブ使いですね。

朝起きてシャキッと仕事したい時に使うのです。

あと普段遣いって感じ。

気軽に使える、誰にでも似合う香りですね。

男女共に使える。

気兼ねなく使いたい香りです。

Top(初め)が強いので、仕事行くときは少なめにした方が良いかも。

 

( click to amazon ↓↓ ) “Maison Malgiela Replica- Beach Walk Eau De Toilet” [Fregrance] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

Vanilla探しをしている時にたまたま、見つけて気に入った【Bech Walk】。

ちょうど今が夏ってこともあるし、バシバシつけちゃいます。

誰にでも合う良い香りだからシーンを選ばずに、使えて楽しめますよ。

是非モテモテな香りに包まれたい人は試してみてください。

香りフェチのLyraのお気に入りのVanilla 香水を見つける旅は、まだまだ続くのであった〜♪

第6弾お楽しみにっ!

4.調香

トップノート:ベルガモット、ピンクペッパー、レモン
ミドルノート:イランイラン、トランスルゾーン、ヘリオトープ、ココナッツミルク
ラストノート:ムスク、セダーウッド、ベンゾイン

5.成分表

成分エタノール、 香料、 水、サリチル酸ベンジル、ベンジルアルコール、 ベンゾトリアゾリルドデシルp-クレゾール、アミルケイヒアルデヒド、リモネン、 ヘキシルシンナマル、 リナロール、 シトロネロール、ゲラニオール、クマリン、アントラニル酸メチル、テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル、イソオイゲノール、 シトラール、 ヒドロキシシトロネラール、ファルネソール、アミルシンナミルアルコール、 安息香酸ベンジル、 ケイヒアルコール、アニスアルコール、橙205、 黄4、 赤504

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。