Machine Gun Kelly and WILLOW【emo girl】和訳 エモな子を蘇生! I’m A God from Jeniffer’s Body

 

Lyraのブログで好きだからと、頻繁に載せて来た女優Megan Foxと、先月、婚約したMachine Gun Kelly。さっそく、Meganをチラッとフィーチャーした新曲をリリースした。

Machine Gun Kellyと言えば、半年位前に「New アルバム出すぞ〜!タイトルは『Born With Horns ボーン・ウィズ・ホーンズ』とあちこちで発言し、エグゼクティブ・プロデューサーとしてタッグを組む blink182 のドラマー Travis Barkerとお揃いの、このタイトルの文字を上げて居たのに…何だかタイトルも変えちゃって3月にリリースするとは!

2人とも(MGKとTravis)これをネタに大爆笑していたけど、まあ、今日紹介する曲が、もろPop Punkでご機嫌な曲だから、心配しなくても大丈夫そう。

MGKといえば、コラボレーションの天才だからね。

早速、活きの良い曲を解説しましょう〜♪

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のラッパー、シンガーソングライター、俳優の Machine Gun Kelly マシン・ガン・ケリー (1990年4月22日- )、略して MGK と呼ばれている。

スポンサーリンク

192cmの長身に端正な顔立ちでマシンガンのようなラップで知られて来たが、最近は、俳優として活動したり、Pop Punkのリバイバルに貢献するような楽曲を多くビッグ・ヒットさせている。

*MGKについては多く書いて来たので過去記事をお読みください。例えばコチラなど→【Machine Gun Kelly ft. Halsey/ forget me too】和訳 観念!ホールジーとMGK 密過ぎ! Accept It For Loving Each Other

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、Machine Gun Kelly (MGK)が、来月2022年 3月25日にリリース 6th スタジオアルバム『Mainstream Sell Out』に収録される、2月4日にリリースされた WILLOW ウィロー とのコラボレーションした新曲【emo girl】。

ドラムにTravis Barker トラヴィスバーカーも参加しており、この後に掲載しているミュージック・ビデオにも登場している。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 6th Studio Album “Mainstream SelakOut” [CD] 予約受付中、クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

(click to amazon ↓↓) 5th Album “Tickets To My Downfall” [CD] こちらは前作の5thアルバム クリックしてアマゾンへ ↓↓

“Emo Girl” (stylized in all lowercase) is a song by American rock musician Machine Gun Kelly. Along with Travis Barker on drums, the song also features guest vocals by Willow. The song was released on February 4, 2022, as the second single off of Kelly’s upcoming sixth studio album Mainstream Sellout, following “Papercuts”.

=emo girl=

[Intro: Machine Gun Kelly & Megan Fox]

I am a God

Na-na-na-na-na-na-na-na

Yeah

[Verse 1: Machine Gun Kelly]

She’s got makeup by the mirror in her bedroom

Thigh-high fishnets and some black boots

Nose pierced with the cigarette perfume

Half-dead, but she still looks so cute(Yeah)

She is a monster in disguise

And she knows

all the words to the trap songs

Takes pics with a cherry-red lipstick

Says she only dates guys with a big (Mmm)

[Chorus: Machine Gun Kelly]

I fell in love with an emo girl

I’m in love with an emo girl

I fell in love with an emo girl

All I want is an emo girl

[Refrain: WILLOW]

La-la-la-la-la-la-la-la-la-la

[Verse2: WILLOW]

She puts eyeliner on her dark skin

She tells me lies, but she knows all of my secrets

And when we drive in the car and I say, “Who is this band?”

She says, “You won’t understand, this some next shit”

Choke- choke- chocker on her neck

Kiss me, holy fuck, I’m bleeding on your Blink tee

So, so, so many regrets

You tell me you’re depressed, baby girl, that makes two of us

[Chorus: WILLOW & Machine Gun Kelly]

I fell in love with an emo girl

I’m in love with an emo girl

I fell in love with an emo girl

All I want is an emo girl

I fell in love with an emo girl

I’m in love with an emo girl

I fell in love with an emo girl

All I want is an emo girl

[Bridge: Machine Gun Kelly, WILLOW, Both]

Yeah, yeah, yeah

I fell in love with an emo girl

I’m in love with an emo girl

I fell in love with an emo girl

All I want is an emo girl

[Chorus: Machine Gun Kelly & WILLOW]

I fell in love with an emo girl

I’m in love with an emo girl

I fell in love with an emo girl

All I want is an emo girl

[Outro: WILLOW, Machine Gun Kelly]

She’s in love with an emo girl

Okay, I’m in love, hahaha

Yo, oh, my God, hahaha

 

 

「アタシが神よ」

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、ナ

 

あの子は自分の寝室の鏡のそばで

化粧をしてる

網タイツのニーハイ・ストッキングに

真っ黒いブーツ

タバコの香りをさせながら

鼻ピアス

半分死んでるみたいでさ

でもめっちゃ可愛いんだよ

(最高!)

あの子は変装した怪物さ

そして罠になる曲の歌詞を全部知ってるんだ

さくらんぼ色した口紅をして

写真を撮る

デカいアレ持った奴としかデートしないんだとよ

(ムムム…)

俺はエモい子に恋しちゃった

俺はエモい子に夢中だよ

俺はエモい子に恋しちゃった

俺が欲しいのはエモいあの子だけさ

 

スポンサーリンク

ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ

 

あの子は黒い肌にアイライナーをする

あの子はアタシに嘘つくの

でもあの子は

アタシの秘密を何でも知ってるのよ

そして2人で車でドライブすると

アタシが「このバンド、何?」って聴くと

あの子は「アンタには理解出来ないわよ

コイツら次に来る最高な奴らだから」

チョカ、チョカ、あの子が首に

付けてるチョーカー

アタシにキスして

何てイカした奴

アタシは貴方のblink182のTシャツに鼻血ブー

すっごく

すっごく

すっごく後悔してるってば

貴方はアタシに

落ち込んでるって言うけど

ねぇ、貴方

それはアタシも同じよ

エモい子に恋しちゃった

エモい子に夢中だよ

エモい子に恋しちゃった

欲しいのはエモいあの子だけさ

エモい子に恋しちゃった

エモい子に夢中だよ

エモい子に恋しちゃった

欲しいのはエモいあの子だけさ

 

そうだ、そうだ、そうだ

エモい子に恋しちゃった

エモい子に夢中だよ

エモい子に夢中だよ

エモい子に恋しちゃった

欲しいのはエモいあの子だけさ

エモい子に恋しちゃった

エモい子に夢中だよ

エモい子に恋しちゃった

欲しいのはエモいあの子だけさ

あの子はエモい子に恋しちゃった

平気よ

アタシ恋してるんだ

ハハハ

マジで?

ああ

アーア

ハハハ

 

Songwriters: WILLOW, SlimXX, BazeXX, Dark Waves, Travis Barker & Machine Gun Kelly

Translator: Lyra Sky 和訳

 

【emo girl】325日にリリースされるMachine Gun Kellyの6作目のニュー・アルバム『Mainstream Sell Out』に収録される予定だから、もうしばらくお待ち下さいませ、ませ。

当初のアルバム・タイトル『Born With Hornes ボーン・ウィズ・ホーンズ』を聞いた時にLyraは「やっばあ〜い。平気?」なんて深読みしてムフフとなっていたが、やはり真面目なタイトルにしたんですね、MGKさん。

「安心・安定したものを売らないと、これからの音楽業界はお先真っ暗」と言うことなんでしょうね。

 

(click to amazon↓↓) 6th Studio Album”Mainstream SellOut” [CD]クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

前作『Tickets To My Downfall』からのシングル曲を何回もこのブログで取り上げて来ましたが、もうリリースから13ヶ月も経ったなんて驚き。新譜がリリースされるのもうなづける。

あのアルバムは、MGKの最大のヒットアルバムであるだけでなく、2020年〜2021年を代表する記念的なアルバムだ。ロック・カテゴリーのアルバムとして全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得しているのも、納得するクオリティーの高いアルバムだと思う。

なにしろ聴いているだけで気分が上がるサウンド(歌詞は暗いのも多いが)が、堪らないし、Pop Punkという甘酸っぱい思い出が詰まったロックを復活させ、メインストリームに返り咲かせたのだからすごすぎる。だから、タイトルも「Mainstream Sell Out』。お後が宜しいようで…

 

(click to amazon ↓↓ ) 5th Studio Album “Tickets to My Downfall” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

前宣伝

リリース前からチラチラと、この新アルバム『Mainstream Sell Out』の話をして居たMGKとTravis Barker。タイトルの名前をオソロでTatooing した以外にも、インタビューやSNSでネタバレをしていた。

現地時間2022年1月2日 MGKが年内に2枚のスタジオ・アルバムをリリースすることをTwitterでファンに約束した。 この数日前の2021年12月31日には、巷で噂だった6thスタジオ・アルバムで、blink 182のTravis Barker との2作目になるコラボレーション『Born With Horns』をリリースをすることについて、「俺がニュー・アルバムを大晦日にリリースするという噂があったのは知ってる……けど2022年に会おう」と否定していた。  この“噂”は、マシン・ガン・ケリー本人が昨年10月に始めたもので、米番組『Sunday TODAY With Willie Geist』に出演した際、「2022年に目を開いた瞬間に、聴けるものがあるはずだ。人がこう言う時、通常は春(にリリースする)という意味だけど、俺が話しているのは、まさに2022年になって目を開けた瞬間だ」と説明していた。  そして新年を迎えた現地時間1月2日、彼は「今年、2枚のアルバム(をリリースする)」と手短にツイートし、年内にアルバムを2枚発表することを明らかにした。  トラヴィス・バーカーとの初タッグ作品となったアルバムには、「Bloody Valentine」、「Concert for Aliens」などのシングルや blackbear ブラックベアーとのコラボ曲【My Ex’s Best Friend】が収録されていた。

スポンサーリンク

その後、彼は『Born With Horns』からのリード・シングルとして新曲「Papercuts」を解禁。  また昨年末には、『Taurus』と題された主演ミュージカル映画のキャストも発表しており、恋人のMagan Fox をはじめ、Naomi Wild 、Little TJ の出演が明らかになっていた

この曲で歌うWILLOWと、プロデュースとドラムを担当しているTravisBarkerは、202110月のRolling Stoneのインタビューで、元々は【EmoProm】(これ又ヤバイ!ww) というタイトルのこの曲の話をして居た。

Travisは、WILLOW が自分の声に忠実であり続けることができるように、彼女が書き直すことに決め、WILLOW のために事前に書かれた詩を持っていることも前から話して居たらしい。

 そしてMGK本人も、Travisと同じようにリリース前から話題にして居て、2021年のうちに、WIllo Smith とのコラボレーションに取り組んだと報告していたし、この曲を彼も【emo porn】と言っていた(笑)ψ(`∇´)ψ

そして、20221月にTikTokで曲をチラ見せてして居た。これは、WILLOWと共演している、このミュージックビデオのセットでやっていたようだ。

 

スポンサーリンク

2022年1月30日に、MGKのTiktokアカウントで、歌詞にある「Cherry Red Lipstick」をタイトルで最初にプレビューもしていたし、2月4日までに、クリップは1,700万回の再生回数を記録してしまったからすごい!

現在【emo girl】と改題されているこの曲のフルバージョンは、MGKが曲のそれぞれのアルバムのタイトルが『Born withHorns』から『MainstreamSellout』変更されたことを発表もして、直後の2月4日にリリースされたのだ。

アルバムについて

この曲は、2020年のアルバム『Tickets To My Downfall』でMGK と以前から交流があってコラボレーションしていたblink 182のドラマー、Travis Barker のドラミング、制作、共作のクレジットまで一緒にしている。

Travisは、以前、WILLOW とも彼女の2021年のアルバム『LatelyIFeelEverything』でコラボレーションしていたので、こちらも縁があったもの同士で、紹介して2人を引き合して実現したコラボレーションなのだろう。

Travisありきで新プロジェクトや新コラボレーションが行われるから、「彼の今までの行動(ジャンル問わず顔を出して居た)は、これをする為だったのだ!」と今まで彼を見て来て、「ドラム修行にしては編だし何かある」と思っていたLyraの頭の中で、全てが合致した。さすが、Travis! だわ。

 

WILLOWは、TravisやMGKについて話している時に、Travisに言ったという、、、

「私は貴方のような人々にとても感謝しています。貴方が私に電話して、『ねえ、君は、このMGKレコードで素晴らしいサウンドを出すだろうって本当に思ってるんだ』と言ってくれたから。その曲で本物の私になることができます。それは、より多くの人々に見られていると感じさせるようなもの。それが音楽の最も美しい部分ですね。」と話している。

Travisも これに追加するように: 【emo porn】で君は輝いているよ。はっきりと覚えてるよ、俺たちが最初にそれを君に送ったとき、俺たちは「ああ、俺たちは、詩を書いています」って感じだった。そして君は、君の詩を、俺たちのものと比較して正気ではなかったよな。それは、君がしていること、あるいは俺たちがしていることでさえ、リスクが高く、だが報酬が高いものなんだよ」と彼女の健闘を讃えていた。

互いのリスペクトがあるからこそ、作品は出来上がるし、私たち人間自体も生きていけるのだ。

【emo girl】について

【emo girl】は、Megan Fox の2009年の映画『Jeniffer’s Body』のMeganのセリフをサンプリングしたものから始まる。面白い出だしだよね。

このブログでLyraがよく挙げて来たMegan Foxが超かわいくて、Lyraが好きなBitch感が溢れて居たあの頃の映画だ。

 

 

この映画では、Megan は憑依された10代のスクールカーストの上層部にいるQueenのような存在の少女を演じている。

曲のリリースの数週間前に、MGKとMeganは婚約を発表。

因みにMegan Foxの声は、MGK の2020年のアルバム『Tickets To My Downfall』の【kevinand barracuda(interlude)】と【banyantree(interlude)】でも、以前から登場していたので〜す。

歌詞について

Lyraの和訳を読んで頂ければ分かると思う、これは、ステレオタイプの「エモな女の子」=【emo girl】を好きになっちゃった子のラブソングである、、、が、実際にこの世界に生息している【emo girl】とはチョッピリ違う。

リアルな【emo girl】について解説したら、このページだけでは足りなくなる為、詳しくは書かないが、こんな歌詞にある、ニーハイの編みタイツばっか履かないし、いつも死にたいとか考えてばかり居ない。まあ、鼻ピアスか、へそピアスやらはしてる子が多いけど(笑)、というのはジョーク。

エモなんて今じゃ、ファッションみたいなもの、、、昔とは違って暗いやつばかりじゃないし、ニートばかりでもないし、悩みがあっても生きていく努力をして、前向きな子たちもいるのだから。

ただファッションとしてAlternative Fashionをしてる子達と、現在はリンクしているために、ブランド化してしまい、人口増加をしているため、ここにTravisやMGKが食らいついたのだ。

勿論、Travisはあんなファッションしているし、元々Suicide Girlな女性 (ピアスやTattooを体中にしまくっているセクシーな女性)が好きだっだと言うこともあり、それに似た一昔前のemo girlのイメージを合わせたというのもあると思う。

お陰様で、emoな男子、女子達がまたリバイバルしている、、、嬉しいやら、可愛らしいやら、で、見て居て飽きない。

今回WILLOWは、長い髪の毛をバッサリ切って、emo girlと言うか、Travis BarkerやMGKの友人達みたいなスキンヘッドにしてしまったから、始めて写真を見た時はびっくりした〜。

実はこのブログで掲載しようと思って和訳したまま放置している曲で、歌っているのが今回のWILLOWの雰囲気に似たスキンヘッドのPunkな子。

きっとWILLOWが似せたんでしょうね。又は、周りがすすめたね、、、興味がある人は、前にこのブログで書いた【Downfalls High】の記事を読んでいただくと、その子sickbrain が出ています。

*【Downfalls High】マシン・ガン・ケリーの映画ネタバレ・エモい感想 ツッコミポイント(映像有り) あらすじMachine Gun Kelly’s Grease

 

歌詞のリップスティックは、まあ、emo全体としては、どうかな?って感じだけど(色のチョイスが違うetc)、emo の定番と一般人が想定しているファッションを羅列している歌詞が、teenにうけるのかも。

そんな女子に恋したのは、MGKみたいな男性であり、WILLOWみたいな女性だというジェンダレスなラブソングと言うのも今時な恋ね。

「ちょっと変わってるけどイカしたあの子を好きになって、もう夢中だ」と言う曲なのだ。

その中に恋した相手の情報として男性にモテモテなのか?ただのホアーなんかわからんネタ→ 「アレがでかい人としかデートしない」と言及しているが、これはきっとウケ狙いなんでしょうけど、もしデカいの限定ならば、結構、ズバズバ言うタイプの女子だな、と思って笑う。

おまけに一般的なemo girlは、パンクやデスボのblack veil brides や bring me the horisonみたいなヘヴィメタル好きだったりするが、彼女達のステレオタイプが「ゲートキーピング」だっだ昔のイメージが根強いため、真のエモバンドは主流ではなく、地下にあるバンドだ、と彼らは考えている設定が歌詞にあるのも笑ってしまった。その拘りがあるから、主人公がBGMのバンドが誰か聞いても、相手の女子は「次に来るバンドだから、アンタにはわからないわよ」って上から目線でのたまうわけ。ww

生意気すぎる子なんだけど、それがOKにされるから、きっと誰もが見てホットな女子なんだ、と言うことが歌詞の隅々から分かる。

生意気が一般的に許されるのは、美人な子だけですからねー。どんなに素敵か想像するとワクワクして来る。

ブサイク同士で地べた這いつくばって「素敵」なんて言いあっている悲惨な人達の話ではないのです、、、良く皆んなが言っている「ブスほど人前でいちゃつくからキモい」って言うけれど、その逆のタイプの「良い女」を主人公達(MGKとWILLOW) は好きになったのだ。

それがMegan Foxが演じてる子みたいと言うこと、、、で何故か、ファッションは昔のemoとはね、、、なんとも面白い〜。

この曲のサウンドは、典型的なPop Punkであり、Blink-182、New Found Glory、Bowling forSoupの作品と比較されているのは、そのサウンドと歌詞からイメージされる世界観があるからだ。だから、多くの人が、「2000年代のロックミュージックシーンでリリースされていたような曲に聞こえる」と言っているのだろう。

Meganの「I’m God」の台詞から始まるのもJokeが効いていて最高。そのあとPop Punk特有のギターリフが続いていくから世界に連れて行かれる。

Loudwireによって「エモの比喩のランドリーリスト」として、またBlink182の「TheRockShow」とTypeONegativeの「BlackNo.1」のミックスとして説明された歌詞が目白押し。

聴いた人により、ちょっとレトロな気分になり青春時代を思い出したりできるし、今のTeen達には、自分達の気持ちを歌ってくれる気持ちがアガル曲になるのだ。

あらゆるシーンに、あらゆる世代に行き渡り、メインストリームにも受け入れられるサウンドは、彼らの狙い通り、世界を席巻している。

またいつかブームが去る時が、来るかもしれない。けれどTravis Familyは、MGKと言う即戦力を従えて戦っていけるだろう。

そして彼らは、自分達だけでなく、下火になりそうな様々なアーティストたちを救って起死回生させていく、、、AvrilにWILLOWに、まだまだいる奴らを巻き込んで大ヒットを飛ばし、でかい嵐を起こしていくだろう。

チョッピリ、切なくなるようなラブソングと、夕日に向かって全力疾走してしまうサウンドを武器に、世界を自分達色に染めるのだッ!

 

(click to amazon↓↓ ) Single “Emo Girl” [Explicit] シングル、クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

(click to amazon ↓↓) 6th Studio Album “Mainstream Sell Out” [CD] [Edited] 予約受付中、特別盤アルバム、クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

WILLOW and Travis Barker revealed this track, originally titled “Emo Prom,” in an October 2021 conversation for Rolling Stone. Barker revealed that they had a pre-written verse for WILLOW that she decided to rewrite so she could stay true to her own voice.

MGK teased a snippet of the track on TikTok in January 2022, seemingly on the set of a music video with WILLOW.

WILLOW told Travis Barker in an October 2021 conversation for Rolling Stone:

I’m just so grateful for people like you. Even you calling me and saying, ‘Hey, I really think you would sound great on this MGK record.’ Honestly, to be a Black woman and be able to come on that song and write my verse with my outlook on life — just being able to be authentically me on that song — those are the kinds of things that are going to make more people feel seen. That’s the most beautiful part of music.

Barker added:

On ‘Emo Prom,’ you shine. Obviously you remember, but when we first sent it to you we were like, ‘Yeah, we even have a verse written.’ And your verse was insane compared to ours. It’s high-risk, high-reward with what you’re doing — or even what we’re doing.

“emo girl” opens with a sample from Megan Fox’s 2009 film Jennifer’s Body, in which she plays a possessed teenage girl. A few weeks before the song’s release, MGK and Fox announced their engagement.

Fox’s voice previously appeared on “kevin and barracuda (interlude”  and “banyan tree (interlude)” from Kells’ 2020 album Tickets To My Downfall.

 

A common stereotype for an emo person is “gatekeeping” according to which they think true emo bands are underground rather than mainstream.

The song’s sound was described as pop punk by multiple publications, being compared to the work of Blink-182, New Found Glory, and Bowling for Soup. As such, many also noted that it sounded like it could been released in 2000’s rock music scene. The track opens with a soundbite of Kelly’s fiancé Megan Fox stating that she is a god, followed immediately by a “pop punk guitar riff”. The soundbite comes from the 2009 film Jennifer’s Body.  The song then moves into lyrics that were described by Loudwire as a “laundry list of emo tropes” and as a mix between Blink 182’s “The Rock Show” and Type O Negative’s “Black No. 1”. The song even references Blink-182 lyrically, with Willow singing about “bleeding on your Blink tee”.

Personal

Written By WILLOW, SlimXX, BazeXX, Dark Waves, Travis Barker & Machine Gun Kelly

Video Director Drew Ketch

Personnel

  • Machine Gun Kelly – vocals, songwriting
  • Travis Barker – drums, production, songwriting
  • Willow Smith – vocals, songwriting
  • Brandon Allen – production, songwriting
  • Nick Long – songwriting
  • Stephen Basil – songwriting

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。