和訳【Pink Floyd/ See Emily Play】解説 Syd Barrettについて HappBirthday Syd!

Happy Birthday, Syd Barrett!

Your sounds’ve been glittering like precious stones of crown〜forever and ever ⚜️🌟

今日はSyd Barrett のお誕生日🎂

なので、おサイケMondayになりまする。

彼がいた頃と居なくなったPink Floydは、全く違うバンドと言っていいでしょう。

サイケとプログレ…似て非なる物なり。

そう言えばLyraのお誕生日カードや、お元気?のカードにSyd Barrettが良く送られて来たのは、サイケデリック度数が高いからだったのかも。

ハンサムなダークサイドな人。

彼の作る曲も美しく暗黒面から響くよう。

“和訳【Pink Floyd/ See Emily Play】解説 Syd Barrettについて HappBirthday Syd!” の続きを読む

和訳【Wuthering Heights / Kate Bush】True Meanings 『嵐が丘』の本当の意味

少し前に終わったドラマの中で激しい恋愛をする恋人達の曲になったのが、この人の曲 【Running Up That Hill (A Deal With God) / Kate Bush】(→ 和訳 Heaving Billows 刹那くなるの)だった。

美しいメロディと、男女の違いと愛を歌う歌詞が、狂おしい2人の愛にピッタリだな、と思って自分の刹那い想いとリンクして苦しくなった。

この人は、激しい恋愛の歌詞が似合う女性だ。

それも神の意志に背くような激しさと狂気が似合う。

つまり、昨日書いた都会の大人のクールな恋愛とは真逆の恋愛。

そこには魂しかない。

だって肉体は身を焦がしたから。

“和訳【Wuthering Heights / Kate Bush】True Meanings 『嵐が丘』の本当の意味” の続きを読む

【Running Up That Hill (A Deal With God) / Kate Bush】和訳 Heaving Billows 刹那くなるの

凄いエネルギー。

この時代にこんな音を出していたなのら、さぞや鬼才、天才と扱われたのではないか?

生への叫びか?

神への愛か?

Lyraには魂が燃えてるように見える。

これが「私たちのテーマ曲になるわ」。

それって凄くない?

“【Running Up That Hill (A Deal With God) / Kate Bush】和訳 Heaving Billows 刹那くなるの” の続きを読む