【Dreams/ Fleetwood Mac】和訳TikTok 口パク曲は刹那い泥沼恋愛 解説 TikTok’s Lip-sync

前にも書いたようにLyraは小さい頃からStevie Nicksが大好きだ。

Tom Pettyがメチャ格好良く見えて幼いながらに「危険な大人の男の人だ」と感じたものだ。

その「危険な大人」を歌う男性と肩を並べるかのように、、、下手するとその男性を手玉に取ってるかのように歌うStevieが妖艶でありながら、妖精みたい可愛く時には魔女みたいで憧れてしまったのだ。

Tom Pettyと歌うStevieみたいになりたかったのかも。

Stevie Nicks feat. Tom Petty & the Heartbreakers 【Stop Draggin’ My Heart Around】和訳 Golden Couple 黄金比

小さい頃から聞いて来た彼女の歌声は面白くてハマる。

だがここ数年StevieだけでなくFleetwood Macにもハマっていて我ながらびっくりしている。

ピッピーぽいブリティッシュ・ロックからAORみたいなPop ソングまでこなしてしまう彼らだから、聞けば聞く程、魅力が出てくるのは当たり前なのかもしれない。

でも最近のドンハマリは我ながらアホだ。

大人になって冷静に彼らを知ると、ドロドロ恋愛劇があるにも関わらず音楽活動を続けたり、愛憎まみれた歌詞をそのまま生きていたのだから、下手なドラマを見るより揺さぶられてしまう、心の奥の傷を。

Stevieが妖艶に見えたのは、ファッションもあるが、リアルに濃い多き女だったからかも。切なくなるわ。

だから、まさかその切ない曲を髭面坊主のオッサンがLip-syncして、2020年にリバイバルさせるなんて、誰が予想しただろうか?

世も末?
それとも明るい未来が来るのか?
“【Dreams/ Fleetwood Mac】和訳TikTok 口パク曲は刹那い泥沼恋愛 解説 TikTok’s Lip-sync” の続きを読む

和訳【Gold Dust Woman/ Fleetwood Mac】解説 Rock’n’Roll Life ロックな人生

メチャPopを聴きたくなる日もあるし、Hard Coreが聴きたくもなるし、かと言えばPsychedelic も聴きたくなる Lyraです。

が!最近、Grunge 熱が止まらないまま数ヶ月が経過。

毎晩、寝る前の Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリックスがGrunge Bandに乗っ取られ気味なん。

で!「今夜はGrunge 関連をば…」なんて思ってたら、それを紹介する前に元祖をやらなきゃいけない、と天からのお告げがあった、、、ような、ないような(笑)。

“和訳【Gold Dust Woman/ Fleetwood Mac】解説 Rock’n’Roll Life ロックな人生” の続きを読む

【Fleetwood Mac / Gypsy】和訳 解説 スティーヴィー・ニックスについてBack to Your Roots & Move Forward!

生まれた時からロック好き。

Lyraの初恋の人は、CheapTrick チープトリックのRobin。

幼稚園からずっと憧れている人はJim Morrisonジム・モリソン、、、と来たら「素敵だな」と憧れる女性もいるわけで、、、。

 Vocalist としてならば、迷わず Janis Jooplin ジャニス・ジョップリンなの。

でも、ファッションとかルックス込みで歌手としても引っくるめて「格好良いなあ」と意識したのは、Madonna でも  Lady Gaga レディ・ガガでもなく、

Edie Sedgwick イーディ・セジウィック(鼻歌しか歌ってないか!)でもなく、彼女が初めてだったと思う。

ジプシーみたいに情熱的で悲しげなアーティスト。彼女に憧れて来たの。

“【Fleetwood Mac / Gypsy】和訳 解説 スティーヴィー・ニックスについてBack to Your Roots & Move Forward!” の続きを読む