追悼 Fleetwood Mac【Little Lies】和訳クリスティン逝去 Christine McVie R.I.P.

Christine McVie が亡くなった。

秋に入ってから忙しくてSNSを全然見れなくてStevieの言葉が流れてきたのを目にしたのは、本当に偶然で運命を感じてしまった。

大好きで幼少期から聴いてきたFleetwood Mac。

その中でChristine McVieは、母性と女の出し方が面白いヴォーカリストだと感じていた。

ほんわかした優しい歌声に一聴したらPopな明るいメロディでも実はブルーズピアノ。

そしてそのブルーズなピアノに乗る言葉は、悲しい女の心情を歌っているので、「Christine McVieって大人の女だな」と幼いながらに思っていた。

Stevieの妖艶で荒々しい声とは対照的。

だが激しい感情のマグマは同じだった気がする。

今日はChristieを偲び、この大ヒット曲を選びました。Christine McVieとStevie Nicksと Lindsey Buckingham の掛け合いがね〜もう最高なんだわ!!

エキサイトして来る〜ほど、この3人のヴォーカルの絡み具合が、ハーモニーでありながらバトルで堪らんぜよ。

歌詞自体は健気な女の歌。それを刹那くChristine が歌い出すと恨み節にもとれる歌詞が、マイルドになりPopsになる…、だが、それをぶっこわあ〜す Stevie!、そして宥めるLindsey…はははは、美しい饗宴バトルの出来上がり。

不協和音(不和な人間関係も)こそ糧にしてしまうパワフルなアーティスト集団。

Christine McVieの生き方こそ、パワフルであり何もかも柔和する〜。

Christine McVieを讃えて和訳したから一緒に彼女の魅力を堪能しましょう。

Thanks for beautiful voices, piano and songs! Christine McVie, Forever!

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ人とイギリス人で構成されたバンド、Fleetwood Mac フリート・ウッド・マック。

スポンサーリンク

50年以上のキャリアをもち、初期はブリティッシュ・ブルースロックだったが、1970年代半ば以降はソフトロックに移行し大成功を収め、世界的な知名度を誇るビッグバンドになった。

*初期についてはこちら→Judas Priest & Fleetwood Mac 【The Green Manalishi】 about Difference. 和訳 Lyrics

和訳【Gold Dust Woman/ Fleetwood Mac】解説 Rock’n’Roll Life ロックな人生

 

そしてイングランド出身で、このバンドのヴォーカリストであり、シンガーソングライター、キーボディストが、Christine McVie クリスティン・マクヴィー旧名クリスティン・パーフェクト、1943年7月12日 – 2022年11月30日)。

今日Lyraが和訳する曲は、Fleetwood Macの14枚目のスタジオ・アルバム『tango in the night』(1987年リリース)に収録されている曲、【Little Lies】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後にまたお話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 14th Studio Album “Tango in The Night” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

“Little Lies” is a song by British-American rock band Fleetwood Mac from their fourteenth studio album, Tango in the Night (1987). It was written by band member Christine McVie and her then-husband, Eddy Quintela, with lead vocals performed primarily by McVie, although the chorus features backing vocals by Lindsey Buckingham and Stevie Nicks. The song was released in August 1987 by Warner Bros. Records, as the third single from Tango in the Night.

=Little Lies=

[Intro]

[Verse 1]

If I could turn the page

In time, then I’d rearrange

Just a day or two

Close my, close my, close my eyes

But I couldn’t find a way

So I’ll settle for one day

To believe in you

Tell me, tell me, tell me lies

Chorus: Christine McVie, Stevie Nicks, Lindsay Buckingham]

Tell me lies

Tell me sweet little lies

(Tell me lies, tell me, tell me lies)

Oh, no, no, you can’t disguise

(You can’t disguise, no, you can’t disguise)

Tell me lies

Tell me sweet little lies

[Verse 2: Christine McVie]

Although I’m not making plans

I hope that you understand

There’s a reason why

Close your, close your, close your eyes

No more broken hearts

We’re better off apart

Let’s give it a try

Tell me, tell me, tell me lies

[Chorus: Christine McVie, Stevie Nicks, Lindsay Buckingham]

Tell me lies

Tell me sweet little lies

(Tell me lies, tell me, tell me lies)

Oh, no, no, you can’t disguise

(You can’t disguise, no, you can’t disguise)

Tell me lies

Tell me sweet little lies

Bridge}

[Verse 1: Christine McVie]

If I could turn the page

In time then I’d rearrange

Just a day or two

(Close my, close my, close my eyes)

But I couldn’t find a way

So I’ll settle for one day

To believe in you

(Tell me, tell me, tell me lies)

[Chorus: Christine McVie, Stevie Nicks, Lindsay Buckingham]

Tell me lies

Tell me sweet little lies

(Tell me lies, tell me, tell me lies)

Oh, no, no, you can’t disguise

(You can’t disguise, oh, you can’t disguise)

Tell me lies

Tell me sweet little lies

(Tell me lies, tell me, tell me lies)

Oh, no, no, you can’t disguise

(You can’t disguise, no, you can’t disguise)

Tell me lies

Tell me sweet little lies

(Tell me, tell me lies)

 

 

もし私が新しい人生をやり直せるのなら

直ぐにでもやり直すわ

1日か2日でね

私の、私の、私の目を閉じる

でもどうした良いのか分からなかった

だから私はいつの日か

あなたを信じると

決めるんだろうね

私に

私に

私に嘘をついてると

 

私に嘘をついて

私に気の利いたちょっとした嘘を

ついてちょうだい

(アタシに嘘をついて

アタシに言って

アタシに嘘をついて)

ああ

嫌よ

貴方ったら嘘もつけないんだから

(アンタったら嘘もつけない

嫌だわ

アンタったら嘘もつけないんだから)

嘘をついてよ

気の利いたちょっとした嘘をついてちょうだい

私には計画なんてないけれど

貴方には理解して欲しいな

理由があるって

貴方の

貴方の

貴方の瞳を閉じて

 

傷つけらるのは真平よ

私達は別れる方が良いんだわ

そうしてみない?

私に

私に

私に嘘を言ってよ

スポンサーリンク

 

私に嘘をついて

私に気の利いたちょっとした嘘をついて良い

(アタシに嘘をついてよ

アタシに

アタシに嘘をついてよ)

嫌よ

貴方ったら嘘もつけないなんて

ああ

(アンタったら嘘もつけない

嫌だわ

アンタったら嘘もつけないなんて)

私に嘘をついて

私に気の利いたちょっとした嘘をついてよ

もし私が新しい人生をやり直せるのなら

直ぐにでもやり直すわ

1日か2日でね

(私の、私の、私の瞳を閉じる)

でもどうした良いのか分からなかった

だから私はいつの日か

あなたを信じると

決めるんだろうね

(私に

私に

私に嘘をついてると)

 

私に嘘をついて

私に気の利いたちょっとした嘘をついてよ

(アタシに嘘をついてよ

アタシに

アタシに嘘をついてよ)

ああ

嫌よ

貴方ったら嘘もつけないなんて

(アンタったら嘘もつけないなんて

嫌だわ

アンタったや嘘もつけないなんて)

私に嘘をついて

私に気の利いたちょっとした嘘をついてよ

(アタシに嘘をついてよ

アタシに

アタシに嘘をついてよ)

ああ

嫌よ

貴方ったら嘘もつけないなんて

(アンタったら嘘もつけないなんて

嫌だわ

アンタったや嘘もつけないなんて)

私に嘘をついて

私に気の利いたちょっとした嘘をついてよ

(アタシに嘘をついてよ

アタシに

アタシに嘘をついてよ)

 

Songwriters: Christine McVie, Eddy Quintela

Translator: Lyra Sky 和訳

 

大御所感が100%のChristine McVie。 彼女の歌声は、抱擁に似た優しさがある。

派手ではないが、耳に残る声は様々な作曲で自らの存在価値を高めてきた。その為、Christineのメインヴォーカルの名曲は多いから、どれにするか迷う筈だったのだが…、彼女が亡くなったことをStevieの投稿をみて知った瞬間、この曲の出だしである”If I could turn the page”が、イントロすっ飛ばしてLyraの脳内を直撃!そのまま一気にサビのStevieの”Tell Me Lie”まで畳みかけてきたから、もうお手上げ状態でこの【Little Lie】に決めたの。

単純、シンプルなメロディの繰り返しなのに複雑な人間関係を如実に表現してしまう手腕にあっぱれよ。

ポップス(Pop Music)は、何も考えずに聴けるから、垂れ流し状態で聴くことが多い。

ジャンルに囚われずに好きな物は大好きだし、人からのおすすめなら何でも聞く懐の広さは兼ね備えていると自負している。

でもチャート物やポップス、ふにゃふにゃした今流行りのバンドは、悪いけど意味がない言葉の羅列や繰り返しが多いから、BGMにピッタリ。本当にお気楽。それを「おしゃれ」「今のサウンド」と思って聴いてる人がいるから…まあ、この先はやめておきましょう。

だが何十年も前にビッグヒットをかまし続けたFleetwood Macの曲や歌詞はすごすぎる。

何故あんなドロドロな環境で、血生臭いとも言っていい人間関係がも連れた中で、こんなにも凄い名作を作り出せたのか不思議でならない。

前にも書いたがアルバム『Lumour』の時代は、このアルバム「Tango In The Night』より酷かった。それなのにあんなに凄い完成度が高過ぎる作品をつくるんだよ?一体、何なの?Fleetwood Macはバケモンか?

 

スポンサーリンク

【Little Lies】について

この【Little Lies】は、Fleetwood Macの最後のトップ 10 ヒットである。1987年ワーナーブラザーズからのリリースで、3番目のシングルである。

Christine McVie 当時の)夫であるEddy Quintela エディ クインテラによって書かれた作品だ。

Christine McVie の優しい声と、それとは対象的な派手なコーラスにはLindsey Buckingham とStevie Nicks がバッキング・ボーカルがフィーチャーされているのが面白い。

このアルバム『Tango In The Night』は、バンドが4年間活動を休止した後のリリースになる。

ほとんどの曲は実際にはLindsey Buckingham のソロ・アルバム用に書かれたもので、最終的にはバンドの最も有名なラインナップ (バッキンガム、スティーヴィー・ニックス、ジョンとクリスティン・マクヴィー、ミック・フリートウッド) の最後の曲として作られたのだった。

ローリング・ストーン誌はこの曲をFleetwood Mac の最高の曲の第 12 位に挙げ、次のように述べている。

「Christine McVie は、1986年に結婚したポルトガル人のソングライター兼キーボーディストのEddy Quintela と一緒にこの曲を書きました。バンドの最後のトップ10ヒット「Little Lies」は、McVieが彼女の最高の曲に注ぎ込まれた落ち着きのない憧れを今でも楽々と利用できることを示していました。

『私の書く能力はすべてブルースに由来しています』と彼女は言いました。 【Don’t Stop】【Say You Love Me】など、どれもブギーベースの左手のものを持っています。ビル・クリントンの就任式で演奏したとき、Fleetwood Macは【Don’t Stop】ではなく、この曲を掘り起こすべきだった』と彼女は後に考えていました。」と書いている。

Christine McVieとは

Christine McVieは、50年以上のキャリアを持ち、英ブルースロックの二大バンドChicken Jack、Fleetwood Macで活動したメンバーとして知られる。ソロ作品もリリースするなど、音楽クリエイターとしての一面も持つ才能ある女性だ。

2022年11月30日に体調不良で短期間入院したのちに79歳で他界した。2022年11月30日時点では死因は公開されていない

 

歌詞について

I rearrangedは ( If I could turn the page/ In time, then I’d rearrange) は、関係をやり直したいことを書いているようで、実は人生やり直したい、と言う意味だ。

Litte Lies】についてChristine McVieは、

もしチャンスがあれば、次は違ったことをやってみるわね。でも今までそれができなかったの。だから今は私に嘘をついてもらって過ごすの。私もあなたが嘘をついてるってわかった上で、それを信じるから…」と言っている。

別れるのが分かっている男女。2人にはもうすでに終わりが見えてるのだ。

それなのに誤魔化して互いに嘘をつきあう2人。別れが怖いと言うより1人になるのが怖いから、現実を先延ばしにしているのだろう。

Lyraには経験がないことだし、もしこんな状況ならば、気持ち悪い関係をやめたいから、さっさと別れて新しい人と幸せになるわ。でもこの女性は、演技が下手な男の嘘を見破りながらも騙されたふりをするのである。あと何日持つのだろうか?

これは一説には前夫のJohn McVie のことを歌っていると言われているし、また他の説では、この曲を一緒に書いた当時の夫であるEddy Quintelaだとも言われている。随分と複雑な人間関係や修羅場をChristine も渡り歩いてきたんだな、と思わざるおえない健気な女の歌である。

短い 2 段階のイントロ: シンセサイザーの Christine McVie がほとんどクラシックで、Mick Fleetwood のドラムが曲のより速いペースでこの曲を取り上げているのが、ジメジメしてる歌詞を一変、ドラマティックにさせているから救われているのかも?

歌詞の「やり直すわ」 (rearranged)は、Christine McVie がこの曲で扱っているジレンマの大きさから考えると、まだまだ控えめな表現だ。もっと「強気で言っちゃってOK」なのに、耐え忍んでいる表現が健気だ。

彼女が元夫でありバンドメンバーの仲間であるJohn McVie に語っているのか、元ボーイフレンドのDennis Wilson デニス・ウィルソン(Beach Boys ビーチ・ボーイズの)に話しかけているのかについてもいまだ議論されている。結局は、はっきりとは分かっていないのだ。

 

 

3人で畳みかける「Close my eyes 〜目を閉じる」は、Christine が、2人の関係の欠点に正面から向き合うことを望んでいないのがわかる。この目を瞑るは、過去を回想してるとか思い出に浸る話ではない。ただ単に、目をつぶっているだけなのだ。見て見ないふりをしているわけ。

彼女は、恋人が常に彼女に言っている嘘を受け入れることを選択している。明らかな問題に気づかないように行動しているのだ。つまり「別れ」の一言を言えずに先延ばしにしているのだ。

I couldn’t find wayは、当然、過去は変えられないことを言っている。過去のダメージを取り戻そうと近未来へと向かうため、ポジティブになっできているな、と感じる歌詞だ。

So I’ll settle for one dayは、葛藤しているペアの半分、共有された未来を信じ、喜んで試してみようということだ。「善良な」(またはナイーブな)女性によるものだ。ここに関しては、彼女の最初の夫であるJohn Mcvie に向けられたものであり、彼は意味を誤解したかもしれない。ここで、作家は何かいいものを書くつもりだったが、彼(マクヴィー)は罪悪感を感じ、それを非難していると考えたらしい。

Christine の優しい女の歌い方に、Stevie、そしてLindseyが絡んでいく「tell me lies」は、簡単な説明 (前の歌詞からの困惑への答え) からの結果、言いたいことを言っている。つまり彼女が、パートナーをあきらめているのだ。諦めて最後に彼氏に皮肉を言っているということになる。

no more broken heartsは、もうこれ以上、傷つきたくないと言う本音だ。70 年代、バンドが最高傑作のアルバム 『Rumours 』をレコーディングしていた時期に、バンドのすべてのメンバーが結婚の解消を経験していた泥沼な時代を言っているのだろう。

結果、何故か負の因子がいい具合にこのブログでも和訳解説を2バンドで書いた【Dreams】 のような素晴らしい曲のレコーディングにつながったのだから、本当に不思議なバンドである。

*【Dreams】Fleetwood Mac】和訳TikTok 口パク曲は刹那い泥沼恋愛 解説 TikTok’s Lip-sync

【The Corrs/ Dreams】和訳 Fleetwood Macとの違い 解説 Celtic Dreams

 

『Rumours』と言うアルバムをつくり、このような素晴らしい曲のレコーディングにつながるのは、危機に強い性格の人間の集まりだったからだろう。

このようにChristine McVie の曲は、バンドの個人的な曲の長いリストの 1 つである。この曲は、バンド内のさまざまな壊れた関係の要約である可能性もあるのだ。

自らの悲しみや憤りを歌詞に投影し、それをドラマティックなメロディにのせる。それをバンドでまとめ上げ、Lindsey のプロデューサーの能力が曲を最高な物に仕上げる。

個々の個性がぶつかり合い、人間関係は崩壊したものの、バンドとしてはアルバム制作を長くやり続けられたのだから、互いの才能だけは認めていたのだ。それも完璧になる信頼を相手に置いていたのがわかる。

きっと役割分担が上手くできていたに違いない。ChristineとStevieの関係性も【Dreams】の時に書いたが、結構キツイものがあったと思われる。

作品にプライドを持っていたからこそ、よくないと思ったら、Christine McVieは、Noと言える強さを持っていたのだ。

ブルーズのピアノを弾くポップスのキーボディスト、Christine McVie。

音楽を愛し、強さと優しさを持った女性。 美しい歌声をありがとう。

天国で安らかにお眠りください

 

(click to amazon↓↓) 14th Studio Album “Tango in The Night” [Analog] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

The Fleetwood Mac’s last top 10 hit, written by Christine McVie and her (then) husband – Eddy Quintela.

From the album Tango in the Night, recorded in 1987 after the band’s four year hiatus from working together.

Most of the songs were actually written for a solo Lindsey Buckingham album, but eventually made as the band’s last in its most well known line-up (Buckingham, Stevie Nicks, John and Christine McVie, and Mick Fleetwood).

 

(click to amazon↓↓) “Tango in the Night” [DVD] アマゾンへ ↓↓

What has the media said about the song?

Rolling Stone named it the #12 greatest Fleetwood Mac song, saying:

Christine McVie wrote this song with Portuguese songwriter and keyboardist Eddy Quintela, whom she married in 1986. The band’s last Top 10 hit, ‘Little Lies’ showed that McVie was still able to effortlessly tap into the restless longing that’s infused her best songs. ‘My writing ability all stems from the blues,’ she said. ‘“Don’t Stop,” “Say You Love Me” – they all have that boogie-bass left-hand thing. Even the more recent things, like “Little Lies.”’ She later mused that Fleetwood Mac should have unearthed this song – and not ‘Don’t Stop’ – when they performed at Bill Clinton’s inauguration. 

A short two phased intro: Christine McVie on the synthesizer in an almost classic entry interrupted by Mick Fleetwood’s drums indicating the faster pace of the song.

then I rearranged

An understatement, considering the magnitude of the dilemma Christine McVie addresses in this song.

There is still a discussion whether she is addressing her ex husband and fellow band member John McVie (discussed at length here), or ex boyfriend, Dennis Wilson (of the Beach Boys).

 

Close my eyes

Christine isn’t willing to face the faults within the relationship head on, so she simply turns a blind eye toward it. She chooses to accept the lies her lover is constantly telling her and acts oblivious to the obvious problem.

 

tell me lies

The short explanation (and answer to the quandaries from the previous line) is that she is being sarcastic, having given up on her partner, saying later “We’re better off apart let’s give it a try”.

Nomore broken hearts

Back in the 70’s, during the period of the band’s recording their quintessential album Rumours, all members of the band were undergoing a disolution of their marriages, which led to recordings of such great songs as Dreams.

Christine McVie’s song is one of a long list of personal songs by the band, and this song may be a summary of the different broken relationships within the band.

Personnel

  • Christine McVie – lead and backing vocals, synthesizers
  • Lindsey Buckingham – guitars, synthesizers, Fairlight CMI, backing vocals
  • Stevie Nicks – backing vocals
  • John McVie – bass guitar
  • Mick Fleetwood – drums, percussion

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。