【Plastic Ono Band/ Give Peace A Chance】和訳 Bagismと平和について 解説 Meaning o’ Bagism

愛しのヨーコ•オノ•レノン様、お誕生日おめでとうございます。

小さい頃から憧れて参りました。いつも輝いてる貴方の軌跡を辿る度に、私は畏怖の念に駆られ、そして自分も奮起すべく生きることを諦めずに、今日までどうにか生きて来られました。

これからも力強い生命力を放ちながら、長生きして下さい。そして私達、女という生命の希望として輝き続けてください。いつの日かお会いすることを夢見て… Lyra Sky

 

Happy birthday, my beloved Yoko Ono Lennon. I’ve been longing for you since I was little child. Every time I followed your path, which was always shining, I was awe-inspired, and I managed to survive to this day without giving up living to inspire myself. Please continue to live long while giving off a strong vitality. And please continue to shine as the hope of life as a woman. Dreaming of seeing you someday … Lyra Sky Today, we will translate the famous song of Plastic Ono Band into Japanese and celebrate your birthday!

 

今日はPlastic Ono Bandの有名な曲を和訳して、お誕生日のお祝いを!

“【Plastic Ono Band/ Give Peace A Chance】和訳 Bagismと平和について 解説 Meaning o’ Bagism” の続きを読む

【Leonard Cohen/ Coming Healing】和訳 癒しの曲に身を任せ 解説

最近Pop Punkづいていたの、ここらで軌道修正。

今夜はしっとりした曲を和訳しちゃいましょう。

前に Jeff Buckley の【Grace】をこのブログで取り上げましたが、あの美しい曲を作詞作曲したのが、今日紹介するLeonard Cohfenなのです。

渋い声でダンディに、時には楽しそうにダンスしながら歌うLeo nardの姿が思い出されてウルッて来てしまう。

決して美声ではないし、音域が広いとかそんな特別なことはない。

でも聞いてる人の心に残る歌を、しっかりと聞かせてくれるヴォーカリストなのです。

それは賛美歌のような歌詞があるからだろう。

美しいメロディに乗るダミ声は、きっと貴方を癒してくれる。

良い夢、見れそう?

“【Leonard Cohen/ Coming Healing】和訳 癒しの曲に身を任せ 解説” の続きを読む

【John Lennon/ Just Like Starting Over】和訳 生きる歓びは貴方だけ Only You’re The JOY of Living 解説

Johnの命日は、毎年NYが悲しみに包まれる。

日本でもJohnの命日だとTVNewsで流れるくらい。

こんなことは滅多にないだけに、いかにJohnが世界的に愛されているかがわかる。

どれだけの人が、この日を悲しむのだろうか?

The Beatlesをリアルタイムで楽しんで来た大人から、親が家で流すJohnの曲を聴いて育ったTeenagerからKidsまで、多くの人々がJohnを偲ぶ。

The BeatlesのBの字も、Johnのことも知らない人ですら、彼の曲はどこかで耳にしてる。絶対に。

確実に言い切れるそんなアーティスト、そうそういない。

SNSでは変な書き方してる人がいて気持ちが悪い。そんなことを一々書く必要はない。音楽を否定するな。

平和を愛して、自由のために行動を起こした素晴らしい人を讃えるべきだ。

ただ心でJohnが作った曲を感じ、頭の中で想い描くのだ。

私たちの明るい未来を。

そしてJohnが天国で安心していられるように、私達のこの手で、今より愛で溢れる世界を築くのだ。

John Lennon R.I.P.

今日は、Johnが再び始めようと、希望と愛で作り上げた曲達の中から愛の歌を和訳して、一緒にJohnを想おう。

“【John Lennon/ Just Like Starting Over】和訳 生きる歓びは貴方だけ Only You’re The JOY of Living 解説” の続きを読む

【Roll Over Beethoven/ Chuck Berry】和訳解説ブルーズに憧れたロックン・ローラー Rock’n’roller Who Wanted To Play Blues

Happy Birthday Chuck Berry㊗️と言うことで、毎年Chuck の誕生日に、お祝いを兼ねて和訳&解説して来ました。

「今年は何にしようかな?」と迷って、今回は色々なアーティストがカヴァーしている、この曲を和訳しちゃいましょう。

上の写真の Keith Richards みたいにフォロワーが多く、慕われてきたのもChuckの人柄の良さだろう。

Chuckが作ったR&Rの名曲の中から、皆がこれを選ぶのも「わかる〜」と思える歌。

“【Roll Over Beethoven/ Chuck Berry】和訳解説ブルーズに憧れたロックン・ローラー Rock’n’roller Who Wanted To Play Blues” の続きを読む

【Blake Shelton /Nobody But You(Duet with Gwen Stefani)】和訳 2人の馴れ初め& 幸せ相乗効果 Happiness’ Synergistic Effect

「ベタ過ぎる2人がくっついたあ〜!」と言うのが、初めて2人が付き合いだしたと知った時のLyraのリアクション。

Gorgeous ゴージャスな2人よね〜💕

人気カントリー歌手兼司会者と女優もこなせるロックバンド のVocalist、のカップルなのに違和感ないのは、2人のキャラが似てるからだろう。

どちらも圧が強い(笑)、

どちらも派手、

そしてどちらも、カテゴリーに捉われない存在だからでしょう。

どんな仕事も出来て、ジャンルに囚われずに歌えちゃうってこと。

2人とも歌が上手い。

なんとなくヘビメタぽいファッションまで2人は似てるわん。

「Aerosmithの某ヒット曲のようなパワーバラード」と評判が良い、ラブラブな2人の曲を和訳しちゃお!

“【Blake Shelton /Nobody But You(Duet with Gwen Stefani)】和訳 2人の馴れ初め& 幸せ相乗効果 Happiness’ Synergistic Effect” の続きを読む