和訳 Lady Gaga & Bradly Cooper / Shallow (A Star Is Born) 『スター誕生!』愛の歌 あらすじ感想

人は孤独だと何かに縋らないとダメな生き物なの?

真っ直ぐな気持ちでやって行けば、世の中は上手く行く。

上手く行かずとも苦しまずにこの人生やりおおせるものだ。

それが分かっていて辞められるか?辞められないか?が生死の分かれ道。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の俳優で随分前にこのブログで紹介したお馬鹿映画【Hang Over3 最後の反省会】に主演していたBradley Cooper ブラッドリー・クーパー(Bradley Charles Cooper 1975.1.5- )が監督・主演のアメリカ映画 “A Star Is Born” (邦題 アリー/スター誕生』) の挿入歌だ。

今年の秋、2018年10月にアメリカで公開になったばかりの、ミュージカル恋愛映画で日本は12月21日公開予定。

スポンサーリンク

誰が言ったか知らないが「1937年の同名映画の3度目のリメイクである」となっているが、トータルすると4作目であり又、初めの2作はシチュエーションが映画業界の話で、音楽業界のラブストーリーになったのは、3作目のBarbra Streisand バーバラ・ストライザンドと Kiris Kristofferson クリス・クリストファーソンが共演した作品からだ。

だからLyraは、今回の『アリー/スター誕生』は、3作目の『スター誕生!』のリメイクだと言いたい。

邦題に『アリー』いれなきゃいいのに、、、『アニー』みたいじゃない?

Tomorrow , tomorrow ♪ (๑˃̵ᴗ˂̵)

と話を戻して、、、

(click to amazon ↓↓ ) “A Star is Born” [1976] blu-ray. クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

この2018年度版は、Bradley Cooperの他に、Lady Gaga レディー・ガガ、 Sam Elliott サム・エリオット、Andrew Dice Clay アンドリュー・ダイス・クレイ、Dave Chappelle デイヴ・シャペルなど実力派が出演している映画になっている。

因みに、Main Vocalをしているのは、アメリカ合衆国ニューヨーク出身のシンガー、ソングライター、女優、プロデューサーの Lady Gaga レディー・ガガ (本名: Stefani Joanne Angelina Germanotta、1986年3月28日 – )。オーストラリア・シドニー名誉市民。

言わずと知れたPOP界のディーバ。

そんな彼女と恋に落ち、今日Lyraが選んだ曲でデュエットしているのが、この映画の監督であり俳優である Bradley Cooperだ。

2人が歌うLyraが和訳するのに選んだその曲は 【Shallow】。

2008年デビューからpop界で歌う彼女は、最近色々ジャンルをまたいで歌うようになって来たが、今回はどんな感じかな?

詳しい解説は、Lyraの和訳の後にお話ししましょう!

*”A Star Is Born”『アリー/スター誕生』の【あらすじ】も書いてあるから読んでね!

 

(click to amazon↓ ↓ ) Soundtrack CD “A Star Is Born” 『アリー/ スター誕生』クリックしてアマゾンへ ↓↓

A Star Is Born is a 2018 American music-themed romantic drama film produced and directed by Bradley Cooper (in his directorial debut) and written by Eric Roth, Cooper and Will Fetters. A remake of the 1937 film of the same name, it stars Cooper, Lady Gaga, Andrew Dice Clay, Dave Chappelle, and Sam Elliott, and follows a hard-drinking musician (Cooper) who discovers and falls in love with a young singer (Gaga). It marks the fourth remake of the original 1937 film, after the 1954 musical, the 1976 rock musical and the 2013 Bollywood romance film.

A Star Is Born
A Star is Born.png

“Shallow” is a song by Lady Gaga and Bradley Cooper, from the 2018 movie A Star Is Born. It features on the film’s soundtrack. The track is about jumping headfirst into love and not looking back.

スポンサーリンク

= Shallow =

[Verse 1: Bradley Cooper]
Tell me somethin’ girl
Are you happy in this modern world?
Or do you need more
Is there somethin’ else you’re searchin’ for?

[Refrain: Bradley Cooper]
I’m fallin’
In all the good times
I find myself longing for change
And in the bad times I fear myself

[Verse 2: Lady Gaga]
Tell me something boy
Aren’t you tired tryin’ to fill that void?
Or do you need more
Ain’t it hard keepin’ it so hardcore?

[Refrain: Lady Gaga]
I’m falling
In all the good times
I find myself longing for change
And in the bad times I fear myself

[Chorus: Lady Gaga]
I’m off the deep end
Watch as I dive in
I’ll never meet the ground
Crash through the surface
Where they can’t hurt us
We’re far from the shallow now

[Post-Chorus: Lady Gaga & Bradley Cooper]
In the sha-ha-sha-ha-ha-low
In the sha-sha-la-la-low
In the sha-ha-sha-ha-ha-low
We’re far from the shallow now

[Bridge: Lady Gaga]
Ooooo aahaaa ooou (s)
Ooo ouo oooo haaaa (s)

[Chorus: Lady Gaga]
I’m off the deep end
Watch as I dive in
I’ll never meet the ground
Crash through the surface
Where they can’t hurt us
We’re far from the shallow now

[Post-Chorus: Lady Gaga & Bradley Cooper]
In the sha-ha-sha-ha-low
In the sha-sha-la-la-low
In the sha-ha-sha-ha-ha-low
We’re far from the shallow now

なんか喋ってくれよ、お前がさ、お嬢さん

この近代的な世界に生きていてお前は幸せかい?

それか、まだ必要なのか?

お前が探し求めるものはあるのかい?

 

俺は恋してる、良い人生を過ごす中で

俺は変わりたいと焦がれていたし、悪い時は、己に恐怖を感じるって気づいたんだ

 

何か喋ってよ、貴方からよ、お兄さん

あの虚しさを埋めるのに疲れたんじゃないのかしら?

それとも、まだ必要なの?

中毒性があり過ぎて、精神を保っているのは大変なんじゃない?

 

アタシは恋をしてるわ、良い人生を送ってる中で

アタシは変わりたいと焦がれていたし、悪い時は、己に恐怖を感じるって気づいたの

 

アタシは夢中になっている

アタシが飛びつくのを見ていて

決して原因を探し出せない

表ヅラをぶち壊しなよ

誰も私たちを傷つけられない場所へ

今のアタシたちは、決して浅はかではないわ

浅はかさで、

浅はかさで、

浅はかさで

今のアタシたちは、決して浅はかさではないわ

ウー、アー、ウー

ウー、アー、ウー

アタシは夢中になっている

アタシが飛びつくのを見ていて

決して原因を探し出せない

表ヅラをぶち壊しなよ

彼らが私たちを傷つけられない場所へ

今のアタシたちは、決して浅はかではないわ

浅はかさで、

浅はかさで、

浅はかさで、

今のアタシたちは、決して浅はかさではないわ

Songwriter: Andrew Wyatt, Anthony Rossmando, Mark Ronson & Lady Gaga

Translator: Lyra Sky 和訳

意外と可愛いGaga様。

ってファンの人ゴメンね。

LyraもGagaの曲好きなの色々あるよ。

Normanの出ていた『Judas』好きだもん。『Bad Romance』は踊れるわ。

でもルックスが、近未来チックな衣装やお肉のドレスだったでしょう?

プラス、モノトーンメイクで肌は白く白くだった印象が強くて。

Gagaがジャズやった時に化粧が薄くなったから、「こっちのほうが良いのに」と思ってたいたので、この【Shallow】の素顔に近いのを見た時に

「絶対に、これからはナチュラルテイストで行け!Gaga!」と思った。

素顔がキュート。

おまけにBradleyも凄く男らしくてよい。

Lyraが好きなむさ苦しくてワイルド感じ!

前に紹介した【Hang Over3 最後の反省会】のHang Over シリーズのBradleyは、如何にもアメリカ人が好きそうなマッチョ系。

日に焼けた筋肉にニカって笑うと白い歯キラーンでセクシー系、ちょいワル。

あのBradleyはイマイチ好きじゃなかった。

でも、このギター片手に歌う彼が凄く自然でリアルに感じた。

声も良いから驚いた、、、歌える俳優さん海外だと凄く多い。

きっちり素養がある人間じゃないとハリウッドや世界では通用しないのかもしれない。

2人とも自然で、歌もシンプルだけどハリウッドらしくサビから盛り上がって行くタイプ。

昔のバーバラのとは丸っ切り違う派手さもある、、、

あちらが歌いあげてしまうタイプで泥臭い、人間臭い愛の歌をショービジネス風に歌うとしたら、

こちらは、綺麗に大人ぽくカントリーロックを奏でている感じ。お洒落なんだ。

(click to amazon ↓↓) Blu-ray. “A Star Is Born” [1976] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

だから、小さい時に見たBarbara Streisand バーバラ・ストライザンドの人間臭さが衝撃だったせいか、今回のお洒落な雰囲気には、ちょっぴり違和感は感じたかな。

どちらが好きかは、好みの問題だからね。

ただ、楽曲に関しては、今回のロックテイストに変えたのは良かった。

Lyraには、こちらのテイストの方がサウンドは好きね。

スポンサーリンク

しかし、Gagaは、シチリア島をルーツとするイタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭出身のお嬢様だったわけで、また、Bradleyもフィラデルフィアのアイルランド系とイタリア系のアメリカ人の両親だから、2人ともイタリア系アメリカ人の匂いがプンプンしてくる。

濃い家系、街の喧騒、裏街の人々、そしてショービジネスの世界が凄くあう。

この映画はタイトルの通り『A Star Is Born』= 『スター誕生』の話だ。

そのタイトルまんま。

スターダムにのし上がって行く過程が、良くあるアメリカン・ドリーム話なんだけど、実際に下積み生活が長かったGagaのデビュー前と重なるから面白い。

Gagaは、小さい時から音楽が好きな女の子で、4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになったと言い、父親も音楽が好きだったから、Gagaに初めて聴かせたレコードはStevie Wonder スティーヴィー・ワンダー、Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン などなど。アメリカンロックとアメリカンポップスの王道だ。

裕福な家庭に育ったGagaは、幼少期から大学に入るまで名門校に通いながら音楽創作を続け、大学生になるとバイトをしながらライブハウスで演奏を始める。だが、親の猛反対があり、家出し極貧の中でバイトに開けくれながらスターを目指した。

まるで、この『アリー/スター誕生』の主人公と同じシチュエーション。

チラッと、この映画ね「あらすじ」を書いておこうか?

この後に書いておくから読んでみてね、、、AllyとGagaが似た道を歩んでいるのが分かるよ。

そして、この映画は大人のラブストーリーだ。

それも、すっごく格好悪いラブストーリー。
恋愛て格好悪いものかもしれない。
Gagaの女の方は、スターになりたいシンガーという立場以外は、丸っ切り普通の女性。

問題は有名なカントリー歌手のBradleyの演じるJacksonだ。

酷いアルコール中毒に苛まれているから、何をやっても揉め事ばかり起きる。

これさえなければJacksonは、いい奴なんだ。才能もあるし彼女にも優しい。

それが分かるからAlly はJacksonと結ばれる。

だが、ショービジネス界の荒波に揉まれるJacksonは、裏切りや妬みや中傷などからアルコール依存が酷くなる。

そんな酷い世界を見る前の、2人が熱くなって行く直前の歌が、今日和訳した【Shallow】なの。

これからAllyが夢への階段を上って行く第一歩。

JacksonがAllyに夢をプレゼントしている瞬間だ。

2人の愛が始まる。

その2人の恋が始まる瞬間を、2人のハートが水のように流れて行く想いを表した歌詞で見せているとLyraは思う。

【Shallow】じたいが「浅瀬」と言う意味もあるし、歌詞のあちこちに川や海みたいな水を感じる言葉があるから、そのまま訳しても良いけど、「水泳じゃないんだから、色気ないなあ」と感じるので、

Lyraは恋に溺れる男女の気持ちに訳したよ。

「もう大人だからノリで付き合うんじゃないのよ、恋に落ちたからだよ。

それで良いって思うからよ、浅はかな考えじゃないわ」って感じ。

その方が、ナチュラルなお二人さんに合う。

お二人さん、て良い響きだね。

多分、このお二人さんはお似合いなんだ。

似たもの同士であり、音楽も愛している。

ただ、アルコールっていう中毒性があるものと、男が手を切れなかった。それが悲劇の始まりだった。

その悲劇が、複雑になりがちな人間関係にヒビを入れていったのだ。

深く、深く。

それでなくても、欲望や嫉妬や裏切りが蔓延るシャービジネスの世界だもの。

自分がしっかりしていなくては足をすくわれてしまう。

2人がしっかりしていなければ、愛も壊れてしまう。

ただ逆に考えれば、自分がしっかりしていて、アルコールやドラッグとか悪いモノに依存していなければ、何処までも上を目指せる世界だな、と言うことよね。

恋愛もそう、悪いものやイメージに囚われなければ、何処までも幸せになれるってこと。

まるで、どう目の前にあるものを調理するかによって、この次の味が美味いか不味いかが決まる料理みたいね。

人生は料理なのか? 愛も?

ならば、美味く料理してあげるよ。どんな風にも。

貴方好みに。

変な外野や悪いイメージには足をすくわれないようにする。

貴方の好きな味にしてあげる。

きっと上手く行くよ。

(click to amazon ↓ ↓ ) Soundtrack CD “A Star Is Born” 『アリー/スター誕生』クリックしてアマゾンへ↓↓

= あらすじ Story =

ジャクソン・メイン(Bradley )は超有名カントリー歌手。だが、ドラッグと酒に溺れる生活を送っていた。

唯一信頼できるのは、公私共に支えていた兄のボビーだけだった。

ある日、カリフォルニア州のコンサート帰り、ジャクソンはドラッグ・バーに立ち寄る。

飲んでいるとライブパフォーマンスが始まり、ジャクソンはその歌に大きく心を揺ぶられることに、、、

歌っていたのはバーのウェイトレス、アリー(Lady Gaga)。

彼女の才能にやられてしまったジャクソンは、アリーを次の自分のコンサートで起用したいと申し出る。

アリーは断ろうとしたが、ジャクソンの熱意に根負けして出演することに。コンサート当日、ジャクソンとアリーのデュエットは観客から喝采を浴びた。

ジャクソンはいける、と感じて、アリーをツアーに同伴させる。

ツアーの中、2人は恋に落ちる。

2人は一線を越えようとしたが、ジャクソンが行為の前に泥酔。その後、2人はジャクソンが生まれ育った牧場を訪れたが、その土地はボビーの手によって売却されていた。背信行為に怒り狂ったジャクソンは直ちにボビーを解雇。

やがて、2人は結婚して幸せな生活を送る、、、が、アリーはメジャーデビューのチャンスを掴み、カントリー歌手からポップ歌手へと転身。瞬く間にスターへの階段を駆け上がる。

ジャクソンは、このアリーの転身を快く思っておらず、ストレスからますます酒浸りになって行く。アリーのマネジャー、レズはジャクソンの存在がアリーのキャリアの邪魔になっていると考え、その事実をジャクソンに突き付けたが、それが悲劇的な結末をもたらすことになった。

スポンサーリンク

Cast

  • Bradley Cooper as Jackson Maine, an established singer-songwriter and alcoholic. He is Ally’s mentor and love interest.
  • Lady Gaga as Ally Campana-Maine, a nightclub singer-songwriter who is discovered by Jackson.
  • Sam Elliott as Bobby Maine, Jackson’s older brother and manager.
  • Dave Chappelle as George “Noodles” Stone, Jackson’s close friend, himself a retired musician.
  • Andrew Dice Clay as Lorenzo Campana, Ally’s father.
  • Anthony Ramos as Ramon, Ally’s friend.
  • Michael Harney as Wolfie, a limo driver and friend of Lorenzo.
  • Rafi Gavron as Rez Gavron, a music producer and Ally’s manager.

Additionally, Rebecca Field appears as Gail, Shangela Laquifa Wadley as the drag bar emcee, Willam Belli as drag queen Emerald, Greg Grunberg as Jackson’s driver Phil, and Ron Rifkin as Carl. Lukas Nelson & Promise of the Real appear as Jackson’s band, Eddie Griffin appears as a local preacher and  Luenell appears as a cashier. Marlon Williams, Brandi Carlile, Halsey, Alec Baldwin, and Don Roy King cameo as themselves.

= Lady Gaga =

Stefani Joanne Angelina Germanotta (born March 28, 1986), known professionally as Lady Gaga, is an American singer, songwriter, and actress. She is known for her unconventionality and provocative work, as well as visual experimentation. Gaga began performing as a teenager, singing at open mic nights and acting in school plays. She studied at Collaborative Arts Project 21, through New York University’s Tisch School of the Arts, before dropping out to pursue a music career. After Def Jam Recordings canceled her contract, Gaga worked as a songwriter for Sony/ATV Music Publishing, where Akon helped her sign a joint deal with Interscope Records and his own label KonLive Distribution in 2007. She rose to prominence the following year with her debut album, the electropop record The Fame, and its chart-topping singles “Just Dance” and “Poker Face”. A follow-up EP, The Fame Monster(2009), featuring the singles “Bad Romance”, “Telephone”, and “Alejandro”, also proved successful.

Discography

  • The Fame (2008, reissued in 2009 as The Fame Monster)
  • Born This Way (2011)
  • Artpop (2013)
  • Cheek to Cheek (with Tony Bennett) (2014)
  • Joanne (2016)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪