Always Remeber This Way / Lady Gaga 和訳 Congratulation Golden Globe Awards!『アリー/スター誕生』受賞おめでとう

Congratulation, Lady Gaga & Brdaley Cooper!💕

I recognized you win on Golden Globe Awards and some prize like famous awards ‘Coz I thought You all have got talented voices & beautiful songs!

after this GoldenGlobeAwards…

Next you will win a Academy Awards!

congratulation, Gaga & Bradley Cooper! 💕

 

声が素晴らしい2人に、心に残る名曲だから受賞すると確信してたよ。

次はアカデミー賞だ! 

お祝いを兼ねてLyraのブログで3回目、『Star Is Born アリースター誕生』からの曲を和訳しちゃうぞ。

それも刹那い苦しい歌を!

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国製作、Bradley Cooper ブラッドリー・クーパー監督・主演によるミュージカル、恋愛、ドラマ映画『アリー/ スター誕生』(A Star Is Born)(2018年)。

1937年の同名映画の4度目のリメイクであり、クーパーの他にレディー・ガガ、サム・エリオット、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイヴ・シャペルらが出演する。

今回2019年1月7日にGolden Globe Awards ゴールデングローブ賞に去年去年10月にこのブログで和訳&解説した【Shallow】がサウンドトラック賞を受賞しました! 

Lyraの予言通り!

Academy Awards に影響力があると言われているGolden Globesだから、前に話したようなBradleyの計画が実現するかもしれないよ。

Lyraは、もう待ちきれないわ。

スポンサーリンク

 

この『アリー/スター誕生!』は、アメリカでは、ワーナー・ブラザース配給で2018年10月5日に公開され、映画のサウンドトラックはインタースコープ・レコードより同日に発売されて、全米・全英ともに1位を獲得している。

商業的にも大成功し、オーストラリア、カナダ、クロアチア、チェコ、エストニア、ギリシャ、アイルランド、ニュージーランド、ノルウェー、スコットランド、スロバキア、スウェーデン、スイス、英国、米国で1位を獲得した。

今日Lyraが和訳するのに選んだ曲は、サウンドトラックから11月24日に2ndシングルとしてリリースされた【Always Remeber Us This Way】。

幸せ?

これって普通のこと?

女心の揺れ動く気持ちを描いた刹那いラブソングだ。

でもね、こんなこと、、、

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又、お話しましょう!

*映画『A Star Is Born』のあらすじや、受賞した【Shallow】の和訳はこちら! 

 

(click to amazon ↓ ↓ ) Soundtrack “A Star Is Born” [Analog][12inch 2LP] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓


(click to amazon ↓ ↓ ) Sountracks “A Star Is Born” [CD] (2018) クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

*【Look What I Found】の和訳と解説や、サウンドトラックについての音楽の解説はこちらに詳しく書いています!

 

“Always Remember Us This Way” is a song from the 2018 film A Star Is Born and its soundtrack of the same name, performed by the film’s star Lady Gaga. It was released on November 24, 2018, as the second single from the soundtrack in the United Kingdom by Interscope Records. The song was written by Lady Gaga, Natalie Hemby, Hillary Lindsey, and Lori McKenna, and produced by Dave Cobb and Lady Gaga.

 

スポンサーリンク

= Always Remdber This Way =

[Verse 1]
That Arizona sky
Burnin’ in your eyes
You look at me and babe, I wanna catch on fire
It’s buried in my soul
Like California gold
You found the light in me that I couldn’t find

[Chorus]
So when I’m all choked up and I can’t find the words
Every time we say goodbye, baby, it hurts
When the sun goes down
And the band won’t play
I’ll always remember us this way

[Verse 2]
Lovers in the night
Poets tryna write
We don’t know how to rhyme, but damn, we try
But all I really know
You’re where I wanna go
The part of me that’s you will never die

[Chorus]
So when I’m all choked up and I can’t find the words
Every time we say goodbye, baby, it hurts
When the sun goes down
And the band won’t play
I’ll always remember us this way

[Bridge]
Oh yeah
I don’t wanna be just a memory, baby, yeah
Hoo, hoo, hoo, hoo, hoo, hoo
Hoo, hoo, hoo, hoo, hoo, hoo
Hoo, hoo, hoo, hoo, hoo hoo hooooooooo
[Chorus]
So when I’m all choked up and I can’t find the words
Every time we say goodbye, baby, it hurts
When the sun goes down and the band won’t play
I’ll always remember us this way
Way yeah[Outro]
When you look at me and the whole world fades
I’ll always remember us this way[Outro]
Oooh, oooh, hmmmm
Oooh, oooh, hmmmm

あのアリゾナの空が、

貴方の瞳の中で燃えている

貴方が私を見つめる時、私はその燃え盛る炎を手中に収めたくなるの

その炎は、私の魂の中に埋葬するわ

まるで遥か昔のカリフォルニアの黄金みたいにね

貴方ったら、私の中に潜む希望の光を見つけたのよね、私には見つけ出せなかったのにさ

 

だから、私が緊張して物が言えなくなって、何て言ったら良いかわからない時、

毎回私たちはサヨナラを言う、ベイビー、本当はそれって傷つくのよ

太陽が沈む時、

バンドは演奏をしなくなるだろう

そうしたら、私は、いつもこんな風に私たちの事を思い出すのだろうね

 

夜の恋人達

無理矢理、描こうとする詩

どんな風に韻を踏んだら良いか私たちには分からない

でも、クソみたいだけど、やるしかないのよ

でも、私には全部分かっているの
貴方が、私の帰る場所なのよ
貴方は決して滅びることのない私の体の一部なのだから

だから、私が緊張して物が言えなくなって、何て言ったら良いかわからない時、

毎回私たちはサヨナラを言う、ベイビー、本当はそれって傷つくのよ

太陽が沈む時、

バンドは演奏をしなくなるだろう

そうしたら、私は、いつもこんな風に私たちの事を思い出すのだろうね

ああ、そうよ、
これを想い出になんかしたくないのよ、ベイビー、わかる?
フー、フー、フー、フー、フー、フー、
フー、フー、フー、フー、フー、フー、
フー、フー、フー、フー、フー、フー、
フーーーー

私が緊張して物が言えなくなって、何て言ったら良いかわからない時、

毎回私たちはサヨナラを言う、ベイビー、本当はそれって傷つくのよ

太陽が沈む時、

バンドは演奏をしなくなるだろう

そうしたら。私は、いつもこんな風に私たちの事を思い出すのだろうね

こんな風にね、そうなの?

 

貴方が私を見つめる時、この世界の全てが消えていく

私は、いつもこんな風に私たちの事を思い出すのだろうね

 

オー、オー、フームー

オー、オー、フーム

Songwriter: Hillary Lindsey / Lori McKenna / Natalie Hemby / Stefani Germanotta

Translator: Lyra Sky和訳

切ない歌詞だが皆さんにも経験あるだろうか?

幸せ過ぎて、嬉しくて、

愛され過ぎて怖くなってしまう感情を…。

幸せ過ぎると確かに怖くなる。

でも、それって恋愛している相手によって違うものだと今までの経験から思う。

心配させないくらいの大きな愛で包んでくれるような懐の大きな男性や、

逆に何も考えずに一緒に居られる気が合う相手だと幸せ過ぎても怖くないの。

勿論、この先の未来の人生はどうなるか分からないけれどね。

ただ、繊細過ぎて情緒不安定な相手や自信がない異性だと、一緒にいて幸せなのに不安で仕方なくなる。

勿論、逆に自分の方がぐらついた状況にある場合もそう。

ようは自分が自信がない時に訪れるネガティブな感情だ。

幸せな時に考えては絶対にダメだ。

頭の中で思い描けることは、実現してしまう。

だから、Allyは想像しちゃいけなかったのだ。

ただ幸せを噛み締めていれば良かったんだよ。

【Always Remeber Us This Way】ならばね。

考えちゃダメなのよ。

幸せを感じろよ、ね?

スポンサーリンク

『A Star Is Born アリー/ スター誕生』のサウンドトラックは、Lady GagaとBradley Cooperの2人が歌うサウンドトラック構成だ。

途中途中の曲と曲の間に、2人の会話が挿入されている箇所もあり、映画とほぽ同じ時系列で曲順も合わせられている。

聴きながらにして映画を楽しめるわけ。

*詳しいSoundtrack サウンドトラックの解説は【Look What I Found】を和訳した時のこちらの記事で書いています!

 

GagaとBradleyの歌声は、本当に素敵で、特にLyraはBradley Cooperの歌声にknock downしてしまった!

何故ならば、前から書いているがBradleyがLyraが好きなGrunge Bandのロックスター達に似ているのだから!(Chris Cornellばりの声は出ていなくても)仕草が似てるわ、

前に説明したNirvana の Kurt CobainはBradleyが好きだったのか、Kurtを目指した演技をしていたのだから、似ても仕方がないだろうね?

本当は〜、完璧に似てるRockerがいるんだが、それは前に書いたし、いずれBradleyだけが歌っている曲を和訳&解説するかもしれないから、その時に話します。

って、結構あちこちでLyraはこのネタを話してしまっているから、このブログのフォロワーさんの中で記憶力が良い人には、Lyraが誰のはなしをしているのか、バレバレでしょう。

( ◠‿◠ )

本当は、今日Bradleyの曲を和訳したかったの。前にも「次回は、Bradleyのソロの曲を和訳& 紹介しますね」と話していたし、、、。

しかし、Golden Globe Awardsで【Shallow】がサウンドトラック賞を受賞したから、「どちらかと言えば皆さんはLady Gagaを聴きたいだろうな?」と思ったの。

だから、今回は泣く泣く(笑)、Lady Gagaのこの曲にしたの。

でも、時系列的に言っても、

【Shallow】

【Look What I Found】

と来たら、2nd Singleと言うこともあるこの

【Always Remeber Us This Way】が適しているから、全てOKなのよ、これが。

自然の流れに任せれば良い。

感情の赴くままに。

文章も恋愛も。

 

 

(click to amazon ↓ ↓ ) Soundtrack “A Star Is Born” [CD] (2018) クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

【A Star Is Born アリー/ スター誕生 サウンドトラック』は、2018年10月8日にインタースコープ・レコードより発売され、Lady Gaga と Bradley Cooper は、バンドのメンバーとしても出演しているLukas Nelson ルーカス・ネルソンを含むカントリー・ミュージシャンと協力してサウンドトラック・アルバムを作り上げた。

ポップな曲はGaga の常連コラボレーターであるDJ White Shadow ホワイト・シャドウが貢献。

この他にはジェイソン・イズベル、マーク・ロンソン、ダイアン・ウォーレン、マイク・スノウ、アンドリュー・ワイヤットが参加した。

商業的にも大成功し、オーストラリア、カナダ、クロアチア、チェコ、エストニア、ギリシャ、アイルランド、ニュージーランド、ノルウェー、スコットランド、スロバキア、スウェーデン、スイス、英国、米国で1位を獲得している。

詳しいサウンドトラックの解説は、前に 【Look What I Found】の和訳を書いた時に詳しく解説しているのでそちらを参照していただきたい。

素晴らしい歌声で、いつもの世間的に知られている色物路線に走りがちなPop QueenのLady Gagaよりも、本来彼女が歌いたい楽曲に近いロックぽい歌だから、とっても惹かれる。

だが、「今まで過去の作品と合わせて4本ある映画『A Star Is Born』で、誰が1番、物凄い迫力で迫って来るような歌い方をしたか?」と聞かれたら、、、迷わずこの映画の一つ前の作品、3作目の”A Star Is Born!”のBarbara Streisand だと、Lyraは答えてしまうかもしれない。

このバーバラ・ストライサンドという人は恐ろしい。 恐ろしいくらい歌に入り込んでしまう女性だ。

声量もあるし声域も広い。

持って生まれた身体能力と技術とセンスの良さ、、、そして、入り込む力を持っているのだから、ただの『A Star Is Born』ではなくなってしまう。

マジで泥沼の恋愛模様。

貴方はこれを見る勇気ある?

Lyraは小学生の時に見ちゃったから、もうトラウマよん! 😘

彼女は”A Star Is Born”1976年にアカデミー賞を受賞しているのよ。それも2度目の受賞だ。

(click to amazon ↓ ↓ ) Soundtrack “A Star Is Born!” [CD] (1976)クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

そう考えるとLady GagaとBradley Cooper が歌う曲の数々は、オシャレだ。

1976年の『A Star Is Born』のようなカントリー調の曲があっても泥臭くなく、汗臭くもなく、ラブソングは、涙で鼻水が出るなんてことがない、スタイリッシュな恋愛映画に合った、ロックぽいサウンドトラックだ。

だから、音楽を全く知らない素人さんの観客にも「素敵〜」と受け入れられたのだ。

あれ、Grungeのパクリだからね。

本気でロックが好きな人々には物足りないと思う。

私達(と言ってしまう)マジキチに近いくらい Rockを愛して聴いてきたファンには、モヤモヤが必ず残るサウンドトラックなのよ!

良い意味でも悪い意味でも聴いていてイライラしちゃう楽曲が多いの!

Allyがポップ歌手になった時のポップな曲も良い出来映えなの、、、でも、

Lyraはロック調やカントリー風のBradleyが歌う曲の方が魅力的だし、

Gagaが歌っている曲で良いのを選ぶならば、、、

1番初めに紹介したBradleyとデュエットしている【Shallow】(今回受賞した曲)が一番良いし、

2番目に和訳した【Look What I Found】もロックでありSwingしていて素敵だろう。

 

他はPops好きな一般大衆向けだ。

ただ、本気でBradleyが歌う曲は良い、、、Grungeのパクリだから 🤣 。

Lyraが好きな声が低くて甘い声よ!

もう誰だがバレてるよね。

* Bradleyのソロで歌っているのは、こちら→ Bradley Cooper / Black Eyes 和訳 解説 Congratulations on Academy Awards! 醒めない Grungeの夢

 

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 12inch LP Studio Album “A Star Is Born” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

 

なんやかんや言ってしまうのは本気で音楽が好きだからだ。

本気で好きな音楽と、大好きな映画が合わさったミュージカル映画を見てしまうと、どうしてもアレコレ見たくないのに、目に入ってしまうもの。

普通の映画ファンには理解しがたい行動だろう。

でも、けなしているのではないの。

今回の2018年版『A Star Is Born』だって素晴らしいラブストーリーだったから大好きだもの。

特に、あの髭面Bradleyがもうヒゲ好きなLyraのハートを鷲掴みしたんだから!

ああ言うダメ男は嫌いだけれど、母性本能が出まくる体質のLyraには、あのBradleyの笑顔ですがり付かれただけで「わかったわ〜、愛しちゃう!」となってしまうものね。

Allyが惚れたのもわかる、素直な男。

おっと、Lady Gagaの歌の解説していたのに、Bradley熱が再燃してしまったわ!

 

この【Always Remeber Us This Way】は、はじめの方でLyraが話したように、幸せ過ぎる恋愛の真っ最中に、主人公のAllyがふと幸せ過ぎて、不安に駆られてしまった心境を描いた曲だ。

Bradley 演じる Jacksonは有名なカントリー歌手だから、一目惚れしてしまったAllyに歌と作詞作曲の才能を見出してデビューさせてあげようとするの。

Allyは、歌手になる夢を抱いて生きてきたから、やっと手に入れたチャンスとJacksonとの愛も一気に手に入ったから凄く嬉しくて堪らない。

でも、何年も何年も下積み生活をしてきた苦労があるし、周りから才能がないとか容姿の事とかで歌手には向かないと言われて来たせいで、偶然手に入れた幸せを手放しでは喜べない性格になってしまっている。

おまけに優しい愛してくれる最高なパートナーのJacksonは影を抱えた人。アル中でダメなやつ。

影がチラチラ見えちゃうんだろうね。

だから、幸せなのに悪いことを考えてしまうのだ。

これ、Allyが楽観的なタイプだったり、自分に自信があるタイプだったら、こんな2人は終わるかもしれないなんて暗い未来を想像しない。

おまけにJacksonがアル中じゃなかったら、悪い方には考えないだろう。

精神不安定な男性を見ていたら、見てる女性の方も明るい未来は見れないもの。

だから、幸せの真っ只中にいるのに、「この幸せはいつまで続くのかしら?もしかしたら、いつか壊れてしまうのかも、、、そうしたら、私は今の私達の幸せだったときを思い出すのかもしれないわ」と言う心配性な(笑)女性の不安な気持ちを、分かりやすく書いたのが【Always Remeber Us This Way】なのです。

 

ビデオでも写っているけれど、劇中で、Bradleyが演じるJacksonが、Gaga演じるAllyにライブ前に言うセリフも同じ「I Love you,Remeber Us This Way」なのよ。

愛してるよ、いつもの俺たちの事、思い出せば歌えるだろ、て励ましているの。

臆病なAllyの背中を押すJackson って、最高じゃない?

こんな男性なら女性を幸せに出来るんだよ、本当は!

だから、恋愛って色々と障害が出てくるけれど悪い方に考えちゃダメってことだ。

この『A Star Is Born』という映画を見てるとつくづく思った !

ネガティブな想像はしてはダメだ、不幸を呼ぶとね。

だから、幸せならば素直に喜ぶべきよー!

特に両思いならば、「向かうところ敵なし!」くらい楽しんじゃえば良いのだ。

何も考えないで身を委ねた方が幸せになる。

本当にそう心から思う。

『A Star Is Born』は、色々と教えてくれる映画でもあるなあ、と又見て思った。

だから、こんな4回もリメイクされて来たんだわ。

せっかくAllyの恋愛で学んだのだから、もうネガティブな考えに引っ張られないようにしようね。

もう2度と悪いイメージは想像しない。

明るい未来を手に入れることだけを考える。

この手にした幸せを膨らませていくことだけを考え楽しむのだ。

幸せのBig Waveが来たら迷うな!

飛び込んじゃえ!

 

スポンサーリンク

A Star Is Born is the soundtrack album to the 2018 musical film of the same name, performed by its stars Lady Gaga and Bradley Cooper. It was released on October 5, 2018, by Interscope Records. Gaga and Cooper collaborated on the soundtrack album with an assortment of country musicians, including Lukas Nelson, who also stars in the film as a member of Cooper’s band. For the more pop-oriented songs on the soundtrack, Gaga teamed up with recurring collaborator DJ White Shadow. The soundtrack also includes contributions from Jason Isbell, Mark Ronson, Diane Warren, and Andrew Wyatt of Miike Snow. Commercially, it has topped the charts in more than 15 countries, attaining gold and platinum certifications from many of them.

Ba ckground

Always Remember Us This Way” was written by Lady Gaga, Natalie Hemby, Hillary Lindsey, and Lori McKenna, and produced by Dave Cobb and Gaga. It also features background vocals from Hemby, Lindsey and McKenna. Bradley Cooperhad approached Cobb for crafting the sound of the album, after listening to the latter’s work. Cobb flew out to Los Angeles and met Gaga and Cooper for a writing session. He played the track “Maybe It’s Time” (written by singer-songwriter Jason Isbell), which impressed Gaga and Cooper and set the tone for the soundtrack. They asked Hemby, Lindsey and McKenna to come down to Los Angeles and start composing tracks.

“Always Remember Us This Way” was released on November 24, 2018, as the second single from the soundtrack in the United Kingdom by Interscope Records. It was added under the A-list on BBC Radio 2 airplay playlist. A music video for the song was released previously, showing the sequence from the film when Gaga sings the track after being introduced by Jackson onstage, who sweetly tells her, “I love you, I’ll always remember us this way”. A vertical-shaped version of the clip was released to Spotify. Brooke Bajgrowicz from Billboard explained that the “reflective video” showed Ally and Jackson “falling in love with each other”, while interspersed with scenes of the couple going on a motorbike ride, kissing in a parking lot and performing music together. The clip ends with the crowd chanting Ally’s name, and Jackson walks over to embrace her.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪