和訳【You Should Be Sad/ Halsey】解説元カレ問題 Ex’s Trouble&Girl’s Mind

今日はブラジャーの日。

下着集めるのに一時期ハマった。

可愛いレース系やスポーティーな物やエロい物など買い漁ったなあ〜。

ガータベルトにミニスカートなんて、良くあんな格好していたな、と我ながら反省してる。

「一生Tバックしか履かないわ」なんて言っていた時期もありましたなぁ〜 (遠い目 ^_^ )

今は、外に響かないブラを選ぶように(つまりTシャツ透けない奴)しているの。

余り前みたいに、派手に着飾ったりしなくなり、シンプルな服が多くなったから、下着が目立つのよ。

な〜んてこの人は気にしないだろう。

見せてナンボ。でも潔いから全くエロくないのよね。

おまけに、先人のPop icone のお姉様方に敬意を表しながら、パロディ。

可愛いなあと思うの。

でも歌詞が切ないなぁ、、、だってこんなに怒ってるのって、元カレが忘れられないからじゃない?

めっちゃ格好良いEvanと言う彼氏が出来たのだから、忘れちゃいなよ、って言いたいな。

今日は、複雑な乙女心を和訳するよ〜 ♪

それもSexy Videoと一緒にねっ。

“和訳【You Should Be Sad/ Halsey】解説元カレ問題 Ex’s Trouble&Girl’s Mind” の続きを読む

【Sunny Day Real Estate/ Seven】和訳 解説 EmoとGrunge

Grunge好きとしては、Grunge Fashionも大好物なわけで。

普通の人々ならば「ダラしねー」言うかもしれないネルシャツにTに、ジーンズが、Lyraには1番Loveなの。

冬ならChris Cornell達が、さぶ〜いSeattleの冬を越すためのボアコートやフッツーのコートで良い。(革ジャンも好きだけど)。

つまり、何でもないラフな人達が好き。カットオフジーンズや、ポロジーンズ、半パンツとかね。

それがGrunge Fashionなのよ。

なのに全く違ったゴスファッションをGrunge Fashionだ、とか言っている人がたまにいるから、「それ違いますよ」と教えてあげたくなるの。

でも知らない人に教えても、逆に悪い方にとられてしまうかもしれないでしょう?世知辛い世の中よねぇ。

今日Pick Upした人々は、Emoの金字塔とまで言われたバンド。

だが、彼らのサウンドは、EmoよりマンマGrungeなのよ。特に初期は!

Grungeに多大なる影響を受けたのが、Emo Bandである、と言うのを体現したバンドを今日は和訳するねー。

“【Sunny Day Real Estate/ Seven】和訳 解説 EmoとGrunge” の続きを読む

和訳【Microwave / Vomit】解説 Come With Great Vigor グイグイと!

「Emoの使い方が違うだろ?!」

と、言いたくなるくらい世の中では「Emoる」や「Emoな〇〇」などと言いたがり屋が多過ぎる。もはやEmo carnival、エモ・カーニバルよ。

中にはEmoな格好を「Grunge的なファッション」とドヤ顔で紹介している人がいたり、又、逆も然り。あんた、それPunkやろ、ってのもある日本。

好きなようにやれば良いし、とやかく言いたくないし「勝手にやりなはれ」と思う。

でもね…心の中ではモヤモヤよ。

もはやLyraはモヤモヤ・フェスティバル中。

“和訳【Microwave / Vomit】解説 Come With Great Vigor グイグイと!” の続きを読む

11 Minutes feat. Travis Barker / Yungblud – Halsey 和訳 ホールジー、ヤングブラッド、トラヴィス・バーカーと共演!

 

お付き合いしてるお2人さん。

ラブラブな歌を歌って「Happy〜♪ ヤッホー!」を見せつけてくれると思いきや、そこはEmo〜 !

真逆路線に行くのよね、やっぱり。

「Juliet Simms feat. Andy Biersack【Not Broken Yet】」や、もっと悲しい状況になる歌をAndy 達も歌っていたり、Emo Band は、Emoだけに (笑) 全て彼処に意識が行くのが特徴だ。

今日は、流行りの2人がそんなEmo Balladを歌っている曲を和訳しますね。

だあ〜って好きなドラマーが出ているんだもん!

“11 Minutes feat. Travis Barker / Yungblud – Halsey 和訳 ホールジー、ヤングブラッド、トラヴィス・バーカーと共演!” の続きを読む

Taking Back Sunday / You’re So Last Summer 和訳 解説 Tell Me Your Truth 汚くて良い

昨日、Halseyの【Without Me】を和訳していてHalseyの解説していたら、この方たちの話もチラッと触れたので、

今日は、この元気一杯で、やや小汚いオッサン少年たちのお話にしよう。

HalseyがvocalのAdamのマイクさばきに惚れて「自分もやろう」と思ったのよ。

人それぞれ趣味がありまんな(笑)。

でも、刹那ないメロディは天下一品よ。

“Taking Back Sunday / You’re So Last Summer 和訳 解説 Tell Me Your Truth 汚くて良い” の続きを読む