Maggie Lindermann【Friends Go feat.Travis Barker】和訳 マギー・リンデマンとは? Here’s to Pretty Myself! 素敵な私に乾杯

Lyraが大好きなドラマーTravis Barkerの作品を紹介しようと、幾つか和訳していたの。

でも、色々あって後回し。そうしたら、さっき夏から放置していたのを発見!

ヤバ過ぎ、、、でもスッゴクPopでいい曲なの。

もろreggaeなサウンドで、覚えやすいメロディが良い。

歌ってる子も可愛い…でも歌詞がやばいだろ?

イギリスで大人気だったドラマに似ている。

狂っているのか?

不思議な歌詞が、明るいサウンドに乗って、ギリギリで精神保ってる。

そんな感じ〜♪

スポンサーリンク[ad#go1]

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身の歌手、Maggie Lindermann マギー・リンデマン(1998年7月21日-)。

Keekのアプリやインスタで歌をあげていた時に、現マネージャーが誘い、LAに移住してから本格的に活動を始めたMaggie。

2015年から活動を始めて2016年【Pretty Girl】でデビュー。

Lyraには、Maggieがちょっと悪ぶったカワイコちゃんに見える。

今日Lyraが和訳する曲は、2019年リリースしたシングル【Friends Go】。

彼女のソロと、Blink-182 (→I Miss You 和訳 Night Before Christmas 解説)のTravis Barkerをフューチャーしたヴァージョンと、2つお届けしちゃいます。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

*TravisのBandについては、こちらなど→【Always / blink-182】 和訳 Love Moment

*Travisについて→ 【11 Minutes feat. Travis Barker / Yungblud – Halsey】 和訳 ホールジー、ヤングブラッド、トラヴィス・バーカーと共演!

 

 

(click to amazon↓ ↓ ) “Friends Go feat. TRAVIS BARKER” [Streaming] (feat.トラヴィス ・バーカー) クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓ ↓ ) Single “Friends Go” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Maggie Lindemann (born July 21, 1998) is an American singer. Her 2016 debut single “Pretty Girl” peaked at number 4 in Sweden and Belgium, number 8 in Norway and the UK and number 16 in the Netherlands.

“Friends Go” is the fifth song released off Maggie Lindemann’s debut EP and it was first teased on her social media and later acoustically at 96.5 TDY radio show in Philadelphia.

In the song, the 20-year-old singer exposes a vulnerable and emotional side of her when questioning her whole friendships throughout the years and the state of being alone thinking about past interactions with people she called friends back then. She also expresses some type of relationship with her own mind, as it is shown in ‘They say that I was the only one talking’ and ‘You’re only in my head’ that could be a hint to a friendship with herself or an imaginary friend that apparently was taken away from her.

 

 

[ad#go4]

= Friends Go =

[Intro]
(I’m all by myself, I’m all by myself)
Where did all my friends go?

[Verse 1]
I miss those late nights
Just you and I up in my bedroom ‘til sunrise
Could spend the whole night talking to you
Even if I was the only one talking
They busted the door, they don’t see you at all
That don’t mean you ain’t there
‘Cause I know that you are, swear it’s true
They said that I was the only one talking

[Pre-Chorus]
White jacket, white pills
Told me I would feel better
But now, you ain’t here
Will I ever feel better?
‘Cause if you’re only in my head
I don’t wanna get out of it

[Chorus]
I’m all by myself (All by myself)
Where did all my friends go?
I miss you like hell (Miss you like hell)
I know you’ll be back, though
They said that I’m crazy
They took you away
Now I’m all by myself
Where did all my friends go?

[Post-Chorus]
Ooh, ooh, ooh
Where did all my friends go?

[Verse 2]
Nobody gets me the way that you get me
They just keep on saying you’re imaginary
Not true (That’s not true)
I can’t imagine my life without you

[Pre-Chorus]
White jacket, white pills
Told me I would feel better
But now, you ain’t here
Will I ever feel better?
‘Cause if you’re only in my head
I don’t wanna get out of it

[Chorus]
I’m all by myself (I’m all by myself)
Where did all my friends go?
I miss you like hell (I miss you like hell)
I know you’ll be back, though (Come back, though)
They said that I’m crazy
They took you away
Now I’m all by myself
Where did all my friends go?

[Post-Chorus]
Ooh, ooh (Oh, where did they go?)
Ooh (I’m all by myself, I’m all by myself)
Ooh, ooh (I’m all by myself, I’m all by myself)
Ooh (Ooh, I’m all by myself)
[Outro]
Where did all my friends go?

(私は独りぼっちよ

独りぼっちでいるよ)

私の友達は皆んなどこにいったの?

あの深夜が恋しいわ

貴方と私で寝室で

朝日が昇るまで

夜中ずっと起きていたよね

一晩中貴方とだったら

話していられるよ

例え話しているのが私だけだったとしても

アイツらがドアを蹴破って

貴方を全く見もしなかった

それは貴方がいないって意味じゃないのよ

何故なら私は貴方がいるって

私は知っているから

それは真実だって誓うよ

アイツらは言ったわ

お前は一人でしゃべってたって

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

白いジャケット

白い錠剤

これで気分が良くなるよって私に言ったのよ

でも今

貴方はここにいない

これで少しは私の気分が良くなるの?

もし私の頭ん中が

貴方だけだったら

私は頭から取り除きたくないの

 

私は独りぼっちよ

(独りぼっちでいるよ)

私の友達は皆んなどこにいったの?

地獄みたいな貴方が恋しいわ

(地獄みたいな貴方が恋しい)

貴方が戻って来るのは分かっているの

アイツらが私はおかしいって言ってもね

アイツらが貴方を追っ払っちゃった

だから私は独りぼっちなのよ

私の友達、皆んなどこに行ったの?

 

あ〜あ、あ〜あ、あ〜あ

私の友達、皆んなどこに行ったの?

 

貴方が私をモノにしたようには

誰も私を手に入れられないよ

アイツら私に

貴方は想像上の人物なだけって

言い続けてるのよ

本当じゃないわ

(そんなの本当じゃないよ)

貴方なしの人生なんて考えられないわ

 

白いジャケット

白い錠剤

これで気分が良くなるよって私に言ったのよ

でも今

貴方はここにいない

これで少しは私の気分が良くなるの?

もし私の頭ん中が

貴方だけだったら

私は頭から取り除きたくないの

 

私は独りぼっちよ

(独りぼっちでいるよ)

私の友達、皆んなどこに行ったの?

地獄みたいな貴方が恋しい

(地獄みたいな貴方が恋しい)

貴方が戻って来るのは分かっているの

アイツらが私はおかしいって言ってもね

アイツらが貴方を追っ払っちゃった

だから私は独りぼっちなのよ

私の友達、皆んなどこに行ったの?

 

オーオー、オーオー

(オー、アイツらどこ行ったの?)

オー(私は独りぼっちよ、独りぼっちよ)

オー、オー

(私は独りぼっちよ、独りぼっちよ)

オー(オー、私は独りぼっちよ)

 

私の友達、皆んなどこ行ったの?

 

Songwriters: Ivy Adara, Sean Myer, Michael Matosic

Translator: Lyra Sky 和訳

ちょっと毒がある感じが、同性にも好かれそうだね。

次が、Lyraが見せたかった(聴かせた)Travis Barkerとコラボした方のヴァージョンよ〜。

音もアレンジを少ししてあり、違うので楽しんで〜♪

Lyraが「Maggieは、ワルぶってる感じがある」って言ったのわかるでしょう?

この気の強い感じと、太々しいのにカワイイところが、女子に人気出そうなんだよね。

このショートにしてから、Maggieのイメージがバキッ!とした感じになって、オシャレになった気がする。

もしかしたら男子ウケが良いのは、長い髪の昔の方かもしれない。

でもあのままだと、他に沢山いるPopアーティストや、Indie Popのシンガー達と区別がつかない。

このショートボブの方が、個性が強くなって、普通のカワイコちゃんではない、何かを持ってそうな雰囲気でLyraは好きだな。

 

インディーでの最初のシングルは2015年9月リリースの【Knocking On Your Heart】だ。

音楽活動しはじめたばかりだったが、iTunesで24時間でTop20入りしたのだから凄い。

2016年1月にはYou Tubeで9千万人の視聴者を得たという。

2016年9月29日にデビューシングルの【Pretty Girl】をリリースしてthe Next Big Sound Chartで4位、Spotify26位、UKシングルチャート8位と絶好調。

2017年に【Obssed】

2018年【Human】, 【Would I】リリースし、チャートインも果たして、Sabrina Carpenterのサポートアクトとしてツアーで全国を回った。

そして2019年4月24日にこの【Friends Go】をリリース。

Travis Barkerをフューチャーした、このヴァージョンもリリースしたのだ。

 

( click to amazon↓ ↓) Single “Friends Go” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Maggieのインスパイアされたアーティストは、Lana Del Reyや、BanksやSpooky Blackなど、クセが強くて魅力的なインディーな雰囲気を持つアーティストだ。

「彼らはアンチPopアーティストではないわ。独自のサウンドを持っていて、売れ線を考えてない、歪んだ感じのアーティストなのよ」

と語るこの感じが、そのままMaggieの今のスタンスだとLyraは思うの。

売れ線な感じをまだ狙っていない所が、ある意味レアで、いけない子みたいなイメージを生み出していると思うから好きなの。

*Lana Del Reyは、こちら!→ 和訳【Doin’ Time/ Lana Del Rey】激しくなるの Get Harder

 

ただ最近Maggieの好みが変わったみたいで、インタビューで、「Panic At Disco! やNo Dobutが好き。Pop ミュージックも大好きだから、ああ言う感じをやりたいの」とも言い出しているから、もしかしたら、このロック姉ちゃんぽさは消滅しちゃうかもしれないな。

*Panic! At The Disco 【High Hopes】和訳 Gain the Summit! 天辺取ってやる! 解説

 

売れ線でも、やばい感じを出すことに成功したLana 路線ならば、美味い具合にロック姉ちゃんぽさを出せるが、、、Britney路線に行きそうで、、、怖い。(Britneyが嫌いじゃなくてPop Popしそう、でアイドルって意味)。

この【Friend Go】もパッと聞いた分には、Pop なアイドルなんだけど、レゲエだし一味違う。

Travisをフィーチャーした方は、ワザと音を篭らせて、ダブな雰囲気も出してるじゃない?

この感じが、The Clash狙いな感じがするわけよ、、、良く言い過ぎかしら?はは。

 

(click to amazon↓ ↓) “Friends Go feat. TRAVIS BARKER” [Streaming] feat.トラヴィス ・バーカー、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

でもThe Clashが大好きで、Sublime好きなLyraとしては、この感じが気に入った。

*【London Calling / The Clash】 和訳 Ringing Warning Forever! 鳴り響く警告は何の為?

*和訳【Sublime / What I Got】Sublimeとは? Love is What I Got!

 

Popでreggaeのヤバさも入れた曲だが、歌詞は、もっとヤバイ。

初めて聞いた時(去年の春か!はや!)普通に聞いていたら、「これ、精神病院に入れられた子の話じゃん!」とビビッた。

でも本人(Maggie)は、「これは私、私!ソングよ。人間関係を歌った歌よ」って普通の感じに話していたの。

何だか、Maggieったら隠してるのかな?ってチラッと思いましたわ、わたくし。

 

「幾つかの違った意味があるんだけど、主に、貴方を良く扱ってくれない一方通行の人間関係は良くない、って言いたいのよ。そう言う関係は、貴方を消耗させるし、そう言う人間たちは貴方を置いて行き、独りぼっちになるわ。」と話しているのが、Maggieの本音に1番近い意見だろう。

ギターを弾きながら歌うのが楽しい曲らしくて、ライブでは良く歌うらしい。

この悪さ加減がね〜、他人に思えないのよ。

本当は女らしくてカワイイ子だと思う。

でもRock好きだし〜、Rockな男も好きだし〜、てなると「ワルな子」に見えちゃうのよね、、、Lyraみたいに、、、なんてなっ!

ただワイと違うのは、Maggieはバイセクシャルなん。

2016年にカミングアウトしたのよね。でも、、、

去年の2019年からMaggieったら、アイドル・グループのPretty MuchのBrandon Arreagaと付き合い出したから、「あっれー、何だか違う〜」とLyraは、頭ん中が⁉️⁉️となっとります。

まあねー、アイデンティティを探してるのかもしれないね。

サウンドにしても、アーティストとしてのスタンスも、セックスや性のアイデンティティも。

まあ、みんな自分のことが1番わかっているようで、1番未知数なんかもしれないわ。

人間っていつ変わるかわからないし。

わかり切ってるようで、出会った人の影響で、良くも悪くもなる。

ひょっとしたら自分のアイデンティティが変わるかもしれないし。

知らない自分が生まれるかもよ?

だったら良い人間関係が良いね。

どっかに行っちゃうような人は、捨てちゃって、自分を気にかけてくれたり、一緒に話せる方を取りましょう。

そうしたら「嬉しい」が沢山生まれて、素敵になれるよ。

自分らしいアイデンティティのゲットで、幸せよ。

素敵な自分に乾杯!

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

In an interview to Billboard, the 20-year-old singer explained everything:

I love No Doubt, Panic! at the Disco, but I also love my pop music. So I wanted to give all of that kinda in one, my own take on it.

One of the most “me” songs I think I’ve done. The vibe of it is really genuine to me and the music I listen to currently and grew up listening to. The song has a few different meanings, but I’m waiting to talk about all the meanings when the video drops because it’ll all tie in. But the main concept is, you’re in a very one-sided relationship where you’re not being treated right. It’s you constantly giving and protecting this person/object from everyone who is saying it’s bad for you. And ultimately you’ve consumed yourself in it to the point where you’re all alone and have nobody left. [It’s] my favorite song to perform. I love to play the guitar and it’s just really catchy and fun to sing and fans seem to really enjoy it too, which makes it so much better.

— Maggie Lindemann ECHO Magazine.

This song’s vibe feels like the most me, I’m really excited about it. I didn’t play [guitar] in my earlier songs but [I] have been playing electric and acoustic in my sets, which has been such a fun change. It took some time for me to get to a point where I was ready to really be myself and create the sound that I wanted, versus what I thought people wanted from me.

— Maggie Lindemann, Billboard.

From the guitar to the melodies to the lyrics, it feels so genuine to who I am and my music taste. I feel like when you hear the song, you can see me and vice versa.

— Maggie Lindemann, Idolator.

 

A funky new vibe. a ska-saturated track that wouldn’t be out of place on a 1995-era No Doubt album. Lindemann laments the loss of her lover and her friends, but assures herself that they won’t be gone long.

— Billboard.

A retro sound. One of her best songs yet. Over vibrant flourishes and tropical stylings that would sound right at home on a vintage No Doubt track, Maggie struggles to adjust to reality without her (imaginary) friends.

— Idolator

We’re so here for this song. Blending her soft and gentle vocals over a strong instrumental filled with trumpets, drums, and a bass that we can’t help but let our heart beat in time to, it’s clear Maggie Lindemann knows how to cook up some pop perfection. With lyrics that explore mental health and its vices, this song is a game changer for the pop star.

— MTV UK.

Discography

Album

●Untitled debut EP(2020)

Singles

●Knocking on Your Heart (2015)

●Couple of Kids(2015)

●Things (2016)

●Pretty Girl(2016)

●Obsessed(2017)

●Human(2018)

●Would I (2018)

●Friends Go”
(solo or with Travis Barker)

=Maggie Lindermann=

Lindemann’s debut single “Knocking On Your Heart” was released in September 2015. The song earned her a Top 20 spot on the iTunes Alternative Chart within 24 hours of its release.

Her second single “Couple Of Kids” was released on October 30, 2015. On January 29, 2016, her third single “Things” was released, earning her another successful top 25 hit on the iTunes Alternative Chart within a day of its release. The song also broke the Top 50 on the Spotify Viral 50 worldwide chart and the top 5 of the Canada viral chart. The official music video of her single “Things” was released on her YouTube channel on February 5, 2016.

As of January 2018, her YouTube channel has over 93 million views combined. On September 29, 2016, she released the single “Pretty Girl”, her first single since signing to 300 Entertainment. The song peaked at #4 on the Next Big Sound chart, and at #26 on the Spotify Viral 50 chart. Lindemann wrote the song to “show people that there’s more to girls than just being pretty. We have so much to offer. People should get past the physical appearance to something deeper.” The music video for “Pretty Girl” premiered through People on March 9, 2017. “Pretty Girl” is Lindemann’s first song to ever chart on the US Pop Radio Charts as it peaked at 50. It also peaked at #8 on the UK Singles Chart. Lindemann featured in The Vamps’ single “Personal”, released October 13, 2017. Lindemann released the single “Obsessed” on November 17, 2017.

October 26, 2018 she released the single “Human .She released the single “Would I” on November 16, 2018. In March 2019, Lindemann was the supporting act for Sabrina Carpenter on the North American leg of the Singular Tour. She released the single “Friends Go” on April 24, 2019.

In 2019, while performing in Malaysia, Lindemann was escorted off the stage and arrested for performing without a professional visit pass, as required by all foreigners performing work in the country. She was released on bail after day, with the event organizers pleading guilty. She has described the incident as “five days of living hell”

 

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪