Blink-182 / I Miss You 和訳 Night Before Christmas 解説

最近の流行りって小ちゃい感じ。

パタパタ回転する紙芝居が倒れていくよう。

「これが流行り、ハイ次はこれ」

そんな動きは無視したら?

もっと大きなうねりにハマるべき。

自ら見つけるの。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州パウエイ出身のポップパンクバンド、 Blink 182 ブリンク 182 ( ブリンク ワンエイティートゥー) 。

1992〜1995年までは、「Blink」というバンド名だったが、アイルランドの同名バンドから訴訟を起こされ、やむなく「Blink 182」と変更したという大人の事情の経験ありますわ、バンド。

スポンサーリンク

その割に「182」の意味は?のといには、ベースのMark Hoppus マーク・ホッパスは「たまたま泊まっていたホテルの部屋番号から」というし、ギターのTom DeLong トム・デロングは「マークが逮捕され、法廷に呼び出されたときの整理番号」とか言ってるから、意味あるんだよ、大体こういう場合。

はぐらかしは真面目な意味がある。だけどインタビュアーとか他人には話しても「分からんだろう」と思うから適当なんだろう。

Lyra は彼らは真面目なバンドだと思う、世間がはぐらかし屋と思っても。

ポップ・パンクの代表的なバンドになったのも、裸で街の中を駆け回ったり、Back street BoysやChristina Aguilera クリスティーナ・アギレラ のメチャクチャ売れた曲のPVを、思いっきり馬鹿にしたPVのせい。

あの茶化した感じが、アメリカの若者を中心に支持され、おまけにMTVでヘビロテされたから大人気パンクバンドになったの。

でも、違うな〜、と思うのは曲が真面目だから。

今日はLyraがBlink182が「真面目にやってます!」と敬礼してると思う曲を和訳するね。

それは彼らの5枚めのスタジオアルバム『Blink-182』(2003年)に収録されている2nd Single【 I Miss You】。

詳しい解説はLyraの和訳の後にお話ししましょう。

(click to amazon ↓↓ ) 5th Studio Album “Blink-182” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Blink-182 (often stylized as blink-182; pronounced “blink one eighty two”) is an American rock band formed in Poway, California, in 1992. Since 2015, the lineup of the band has consisted of bassist and vocalist Mark Hoppus, drummer Travis Barker, and guitarist and vocalist Matt Skiba. Founded by guitarist and vocalist Tom DeLonge, Hoppus and drummer Scott Raynor, the band emerged from the Southern California punk scene of the early 1990s and first gained notoriety for high-energy live shows and irreverent lyrical toilet humor.

スポンサーリンク

= I Miss You=

[Intro: Mark Hoppus]
I miss you, I miss you

[Verse 1: Mark Hoppus]
Hello there
The angel from my nightmare
The shadow in the background of the morgue
The unsuspecting victim of darkness in the valley
We can live like Jack and Sally if we want
Where you can always find me
And we’ll have Halloween on Christmas
And in the night we’ll wish this never ends
We’ll wish this never ends

[Interlude: Mark Hoppus]
I miss you, I miss you
I miss you, I miss you

[Verse 2: Tom DeLonge]
Where are you and I’m so sorry
I cannot sleep I cannot dream tonight
I need somebody and always
This sick strange darkness
Comes creeping on so haunting every time
And as I stare I counted
The webs from all the spiders
Catching things and eating their insides
Like indecision to call you
And hear your voice of treason
Will you come home and stop this pain tonight
Stop this pain tonight

Chorus: Tom DeLonge and Mark Hoppus]
Don’t waste your time on me you’re already
The voice inside my head (I miss you, I miss you)
Don’t waste your time on me you’re already
The voice inside my head (I miss you, I miss you)

[Instrumental Break]

[Chorus: Tom DeLonge and Mark Hoppus]
Don’t waste your time on me you’re already
The voice inside my head (I miss you, I miss you)
Don’t waste your time on me you’re already
The voice inside my head (I miss you, I miss you)
Don’t waste your time on me you’re already
The voice inside my head (I miss you, I miss you)
Don’t waste your time on me you’re already
The voice inside my head (I miss you, I miss you)

[Outro: Mark Hoppus]
I miss you, I miss you
I miss you, I miss you
I miss you, I miss you
I miss you, I miss you

 

君に会いたい、君に会いたいよ

やあ、俺の悪夢から天使が舞い降りたんだ

死体公示所の背後の影

谷の闇にいる疑わない犠牲者

俺たちが望めば、君が俺をいつも見つける場所で、ジャックとサリーみたいに生きていけるよ

それに、クリスマスの日にハロウィンをやろう

夜になると、俺たちは絶対にこれを終わらせないでって願うだろうな

お願い絶対にこれを終わらせないでって願うだろうな

 

君に会いたい、君に会いたいよ

君が恋しい、君が恋しいよ

 

どこにいるんだい?ごめんな

寝れなかったんだ、それに、今夜は夢を見れなかったんだ

俺は誰かを必要としているんだ、いつもだよ

このムカつくような異常な暗闇が、忍び寄るから毎晩忘れられないんだ

凝視して数を数えたよ

沢山の蜘蛛たちが蜘蛛の巣に集まって来た

奴らったら物を捕まえ、巣にある物を食べてる

君を呼ぶのにためらってみたいだな

反逆罪の君の声を聞いてるみたいでもあるよ

ウチにおいでよ、そして、今夜、俺のこの痛みを止めてくれ

今夜、俺のこの痛みを止めてくれ

 

俺との時間を無駄にしないでくれよ、もう君だってその気だろ?

俺の頭の中でこだまする声 (君に会いたい、君に会いたい)

俺との時間を無駄にしないでくれよ、もう君だってその気だろ?

俺の頭の中でこだまする声 (君に会いたい、君に会いたい)

 

俺との時間を無駄にしないでくれよ、もう君だってその気だろ?

俺の頭の中でこだまする声 (君に会いたい、君に会いたい)

俺との時間を無駄にしないでくれよ、もう君だってその気だろ?

俺の頭の中でこだまする声 (君に会いたい、君に会いたい)

俺との時間を無駄にしないでくれよ、もう君だってその気だろ?

俺の頭の中でこだまする声 (君に会いたい、君に会いたい)

俺との時間を無駄にしないでくれよ、もう君だってその気だろ?

俺の頭の中でこだまする声 (君に会いたい、君に会いたい)

君に会いたい、君に会いたいよ

君が恋しい、君が恋しいよ

君に会いたい、君に会いたいよ

君が恋しい

Translator: Lyra Sky 和訳

ほらー、ちゃんと真面目でしょ?

分かる人には分かる。

そう言うこと。

裸族だろうが(笑)、アイドルのモノマネして似てなくてキモかろうが、彼らはロックに関しては大真面目だと言うこと、

「真摯に受け止めた方が良いのでは諸君?」とLyraは世間に言いたい。

丁度、あのビデオが流れまくっていた時期にアルバム「エニマ・オブ・アメリカ」が全世界で700万枚の売り上げを突破し、世界各国で数々の賞を総なめにするなど、爆発的なヒットを記録。

おまけに良い事は重なる(Lyraにとってだが)ようで、Rancid やGreenday グリーンデイも台頭して来るし、この作品のプロデューサーも2つのバンドを担当するJerry Finn ジェリー・フィンだからPop Punkという「大きなサウンドのブームが来たり」って感じね。

スポンサーリンク

このブームが大きくなったのは、良いバンドがタイミング良く出てきたと言うのもあるけれど、Skaterなんかの若者文化と合体したこともあるんじゃないかしら。

彼らのあの服Skater = スケボーやってる子達の服を綺麗にしたバージョンだし、よく見るとSurf Brand =サーフィンブランドの服もたまに着てるから、横ノリ系ファッションが特徴でしょう?

あれ、受けるのよ、特に西では。

事実 Mark と Tomは ATTICUS、MACBETH、Travisは Famous stars and strapsというブランドを立ち上げたくらいだからファッション好き、または、ビジネス考えて狙ったんだと思う。(現在Markは 両ブランドのオーナー権を売却、Tom もATTICUSのオーナー権を破棄)。

これバンドを知り動きを見てたら、LyraちょっとBeastie Boysのラップ文化と似た売り方したね、って思ったよ。

雰囲気は似てる、どちらもラッドだけどオシャレでPop。

嫌味がないのよね。

(click to amazon ↓↓) 5th Studio Album “Blink-182” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

(click to amazon ↓↓ ) Funko-pop Figure “Travis Barker” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

(click to amazon↓↓) Funko-Pop Figure “Mark Hoppus” 

 

 

歌詞の雰囲気もPunk Rockにありがちな反社会性や、反体制ない。もっと身近な世界、気持ちを歌う。

寧ろ「反抗したり怒ったのが聴きたきゃ、Rage Against The Machine レイジアゲインストザマシーンを聴いとけ!」って感じね。実はLyraはRage Against The Machineの方が好きだったりするんだけど、、、それはまた今度ね。

2005年、無期限の活動休止を宣言するまでにアルバムを5枚リリース、売上総合計は全世界で2000万枚以上を記録。

音楽からファッションまで網羅したストリートカルチャー を狙った戦略が功を制した結果だね。

その後、2009年活動再開。2011年再結成後、初のアルバム8年ぶりの『neighborhoods』リリースし今も活動中。(Guitarが変わる。最後にメンバー書いています。)

今日Lyraが和訳した【I Miss You】は彼らが売れていた時期で、解散する一年前の曲になる。

お馬鹿な曲ではなく、アコースティックなバラードで、大好きなあの子に捧げるラブソングだ。

ただラブソングなのに、歌詞のあちこちに闇や影やら死体公示所やら蜘蛛なんかが出てきて変でしょ?

これは、彼らがTim Burton ティム・バートン監督の映画『The Nightmare Before Christmas 』からアイディアを貰ったからだ。

歌詞の中で「JackとSally みたいに俺たちも永遠に一緒に生きていけるよ」と書いてある事からも分かる。

あの映画は黄泉の世界だからね。

どうしてもおどろおどろしくは、なっちゃうけど、アコースティックだから可愛いラブソングになってると思うな。

あとポップな怪しさは、The Cureの【The Love Cats】から頂いた雰囲気だろう。

彼らの影響を受けたバンドはバラエティに富むのが分かるね。

お馬鹿なことばかりじゃないでしょう?裸族なだけじゃないの(笑)。

ちゃんと考えて曲もイメージもプレイもしていると言う、、、実にビジネスマンを、感じさせる3人です。

それだけでなくて、ハートもあるわけ。

歌詞の設定は、おどろおどろしい感じだけど、夢から出てきた女の子への気持ちが素直に描かれているもの。

ハートがある歌詞だから、この曲もパンクの枠を越えヒットチャートにランクインし皆に受け入れられたのだ。

やっぱり恋をしたら頭にこだましちゃうよね、【I Miss You】みたいに「君に会いたい、君が恋しい」って。

捻ってないどストレートさが良い。

その言葉は伝えないとダメだ。

ハートにしまったままじゃ聞こえない。

苦悩したままでは先へは進めない。

だから、【 I Miss You 】と何回も何回も素直に叫んでるのだろう。

そんな強い想いを感じる。

素敵なラブソング。

ラブソング、胸に抱いて眠る。

夢の中でも会いたいね。

I miss you….

 

スポンサーリンク

I Miss You” is a song by Blink-182, released on February 2, 2004 as the second single from the group’s fifth studio album, Blink-182 (2003). Co-written by guitarist Tom DeLonge and bassist Mark Hoppus, they employed a method of writing separately and bringing their two verses together later. The song, produced entirely acoustic, features an acoustic electric bass, a cello, and a brushstroked drum loop. The song was inspired by The Cure song “The Love Cats” and contains references to The Nightmare Before Christmas (1993).

“Miss You” was recorded throughout 2003, and began production at the Rubin’s House, a rented home in the San Diego luxury community of Rancho Santa Fe. The song was written using the same method with which the band wrote “Feeling This”; namely, DeLonge and Hoppus would discuss themes and then set off to separate rooms of the home to write alone. The two would first have a discussion about the themes of the song “so that we were on the same page,” and then they would go away to write, putting both parts together at the end.

“Mark was always really, really good with words, so a lot of times I would ask him for help with things, to get help with how I say things better .

But we never really explained song meanings to each other,” said DeLonge. Hoppus referenced Tim Burton’s The Nightmare Before Christmas at the request of Barker, with the lines “We can live like Jack and Sally if we want… and have Halloween on Christmas”, toward his then-wife, Shanna Moakler.

The trio struggled recording “I Miss You” at first, originally employing a completely different chorus reminiscent of what they considered adult contemporary music. The track was directly inspired by The Cure song, “The Love Cats”. In expanding on the song’s lyrical meaning, DeLonge said: “The song’s more about the vulnerability and kind of heart-wrenching pain you feel when you’re in love and when you’re a guy and you’re trying to tell a girl, ‘Don’t waste your time coming and talking to me because, in my head at least, you probably already gave me up a long time ago.’

(click to amazon ↓↓ ) 5th Studio Album “Blink -182” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

In its early years, Blink-182 toured heavily behind the band’s debut, Cheshire Cat (1995). The group signed with major label MCA Records to co-distribute its second album, Dude Ranch (1997). Raynor was fired midway through a 1998 tour and replaced by Barker. The group’s next two releases, Enema of the State (1999) and Take Off Your Pants and Jacket(2001), were enormous successes on the strength of radio and MTV airplay. The eponymously titled Blink-182 followed in 2003 and marked a stylistic shift for the group. DeLonge quit in 2005, sending the band into what was termed an “indefinite hiatus”. They reunited in 2009, producing the trio’s sixth album, Neighborhoods (2011). In 2015, DeLonge again exited and was replaced by Alkaline Trio guitarist and vocalist Matt Skiba. The band’s seventh studio album, California, was released on July 1, 2016.

Blink-182 is considered a key group in the development of pop punk; the band’s combination of pop music melodies with fast-paced punk rock featured a more radio-friendly accessibility than prior bands. The trio has sold over thirteen million albums in the United States, and over 50 million albums worldwide.  In 2011, The New York Timesasserted, “no punk band of the 1990s has been more influential than Blink-182,” and even as the band receded after its 2005 split, “its sound and style could be heard in the muscular pop punk of Fall Out Boy or in the current wave of high-gloss Warped Tour punk bands, like All Time Low and The Maine.”

Discography

Studio albums
  • Cheshire Cat (1995)
  • Dude Ranch (1997)
  • Enema of the State (1999)
  • Take Off Your Pants and Jacket (2001)
  • Blink-182 (2003)
  • Neighborhoods (2011)
  • California (2016)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪