【Crash and Burn/ Maggie Lindemann】和訳 女心を赤裸々に Sing Female Psyche

余り需要はないかもしれない。けど好きだから取り上げる。素敵な物。

もう好きな音楽、映画や、好きなことが沢山ありすぎる。

おまけにやりたい事も沢山あって優先順位をどうつけたら良いのやら…。それなのに時間はなくて、書けなかったり、書いてもあげられない時があって、もどかしい。

簡単に放って置けたら良いのな…色々なこと。

だって世の中は、素敵過ぎる。

こうなったら好きを振り撒くしかないね。

今日は好きなアーティストの1人Maggieをあげちゃう。

素敵なアーティストの1人。

ちょっぴりやんちゃ過ぎだからか、日本ではブレイクしてないけれど、良いものは良い。

張りのある声が魅力。

随分前に取り上げたTravis Barkerとのコラボも良かったし、MGKの映画のちょっと嫌なハイスクール女子の役も良かった。

【Downfalls High】マシン・ガン・ケリーの映画ネタバレ・エモい感想 ツッコミポイント(映像有り) あらすじMachine Gun Kelly’s Grease

Maggie Lindemann【Friends Go feat.Travis Barker】和訳 マギー・リンデマンとは? Here’s to Pretty Myself! 素敵な私に乾杯

 

彼女にはロックな強さがある。

悲しい歌詞でも、後ろ向きじゃない強さを感じる。

パワフルな素敵な女の子。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のシンガー、ソングライター、女優のMaggie Lindemann マギー・リンデマン (本名 Margaret Elizabeth Lindemann 1988年7月21日- )。

スポンサーリンク

2016年のブレイクアウトシングル【PrettyGirl】で最もよく知られており、スウェーデンで4位、アイルランドで6位、イギリスとオランダで8位を獲得。SNSから生まれたスターになった。

*Maggie Lindemann【Friends Go feat.Travis Barker】和訳 マギー・リンデマンとは? Here’s to Pretty Myself! 素敵な私に乾杯

 

今日Lyraが和訳する曲は、今年2021年1月22日にリリースされた曲【Crush & Burn】。
詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 1st EP “Paranoia”[CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

Crush and Burn is a song of the mini album “Paranoia” by american singer songwriters Maggie Linderman. The album is Maggie’s 1st album.

=Crash and Burn=

Verse 1]
I know that people change
But I thought that we would stay the same
In a web of your lies
Didn’t give me a good reason why

[Pre-Chorus]
A stupid fight
Set us alight

[Chorus]
Why can’t we talk about it?
You’re always walkin’ out
You make it worse
You never learn
I don’t know how to fake it
When we’re disintegrating
No return
We’ll crash and burn

[Verse 2]
You picked him over me
And you left with no apology
Felt a knife in your back
Yeah, you thought I was the killer
You’re lookin’ in the mirror

[Chorus]
Why can’t we talk about it?
You’re always walkin’ out
You make it worse
You nevеr learn
I don’t know how to fake it
When wе’re disintegrating
No return
We’ll crash and burn
[Bridge]
Woah-oh-oh
Woah-oh-oh
Toxic games you play
Too high price to pay
Woah-oh-oh
Woah-oh-oh
Nothing’s permanent so
Guess I gotta learn to let go
[Chorus]
Why can’t we talk about it?
You’re always walkin’ out
You make it worse
You never learn
I don’t know how to fake it
When we’re disintegrating
No return
We’ll crash and burn

 

 

分かってる

人って変わるものだって

でも私達は変わらないって思ってたのよ

貴方の嘘っぱちで張り廻らされた

巣の中にいたってね

良い理由も

私にはくれなかった

 

間抜けな喧嘩が

私達をまともにしたの

 

何故私達って

それについて話し合えないの?

貴方はいっつも

出て行っちゃうし

余計に物事を悪くする

貴方って絶対に

学ばないのよ

私達がぶっ壊れちゃいそうになったら

もう私はお手上げ

後戻りは出来ないよ

私達は粉々に壊れて

燃え尽きちゃうだろうな

 

スポンサーリンク

貴方は私に

彼を選りすぐった

謝罪もなく貴方は行ってしまった

貴方の背中に

ナイフを感じさえしたわ

そうね

きっと貴方は

私を殺人鬼だと思ってたんでしょ

それって貴方が鏡の中の

自分を見てるのと同じよ

 

何故私達って

それについて話し合えないの?

貴方はいっつも

出て行っちゃうし

余計に物事を悪くする

貴方って絶対に

学ばないのよ

私達がぶっ壊れちゃいそうになったら

もう私はお手上げ

後戻りは出来ないよ

私達は粉々に壊れて

燃え尽きちゃうだろうな

 

はあ〜あ

オー、オー

はあ〜あ

オー、オー

貴方がやってるのは

中毒性があるゲーム

高い代償がつくよ

はあ〜あ

オー、オー

はあ〜あ

オー、オー

永遠に続く物なんてありゃしない

だから私は放ったらかしに

しなきゃいけないんだよね

 

何故私達って

それについて話し合えないの?

貴方はいっつも

出て行っちゃうし

余計に物事を悪くする

貴方って絶対に

学ばないのよ

私達がぶっ壊れちゃいそうになったら

もう私はお手上げ

後戻りは出来ないよ

私達は粉々に壊れて

燃え尽きちゃうだろうな

 

Songwriters: Gordi, Alex Lahey, Maggie Lindemann, Joshua Murty

Translator: Lyra Sky 和訳

最高な歌姫なのに

Maggieは可愛いし、サウンドは妙に懐かしくて切なくなる。

この音って日本のアニメにありそうな音だと思う、それこそNANAとかね。

Maggieの昔のサウンドは、アメリカのアイドルのPopsだったんだが、ここ1、2年前は、サウンドがPop Punkっぽくなってきた。多分Travis Barkerのプロデュースがきっかけだろう。

あそこら辺あたりから、Pop Punkや日本よりのアニメのテーマぽいんだよね。

だから日本人が聞いたら好きになりそうなの。

それなのにブレイクしないのは、多分Tattooが入りまくっているとか、鼻ピアスしてるなど、可愛らしいアイドルのようなブリブリイメージと真逆なファッションが日本では受け入れられないからだと思う。

あちらだと、普通のアイドル好きからはイマイチ、だとしても、この手のワイルドな子達が多くて、「Maggieは、私達の代表だわ」とか「可愛い俺たちの仲間の女子」と見て憧れたり、親近感を覚えるの。日本とは違う、共感を生んだりするわけだ。

別に日本のリアクションがいけないとは思わない。日本の習慣やバックグラウンドからして、Tattooへの偏見は根強い物だし、嫌ならばそれで良い。

それにMaggieは、日本で売れなくても本国で大人気。気にしなくても良い。Maggieはフォロワー(486万人)も多いから痛くも痒くもないだろう。このまま我が道を行って欲しい。

ただそういうお国柄の違いから、良きものを生み出しても反響は違うということがあるのだ、と言うこと。それによって国が違うと情報が入って来なかったり、音が聞けなかったりすることもある。それを記しておきたかっただけだ。

勿体ないとは思うよ。

素敵な女子の良さがわからないっていうのは。

スポンサーリンク

Maggie Lidemannについて

 

マーガレットエリザベスリンデマンは、1998年7月21日、テキサス州ダラスでドイツ系とスコットランド系の家族に生まれた。14歳の時に、彼女は、自分の歌の録音をソーシャルメディアアプリKeekに投稿し始め、アプリと他のソーシャルメディアアカウントの両方でフォロワーを獲得。それを、マネージャーのジェラルド・テニスンが発見し、彼の勧めでロサンゼルスに移住したことで、活動の幅を広げてきたのだ。

*Maggie Lindermann【Friends Go feat.Travis Barker】和訳 マギー・リンデマンとは? Here’s to Pretty Myself! 素敵な私に乾杯

 

名前:マギー・リンデマン(Maggie Lindemann)

生年月日: 1998721 (19)

生まれ: テキサス州 ダラス

身長: 5.348 ft 163

両親: バートン・デュエイン・リンデマン、 スーザン・デニース・デンソン

レーベル: 300 Entertainment ワーナー・ミュージック・グループ、 Atlantic Records Group

自ら発信し、スター性も抜群。

米ビルボード「ネクスト・ビッグ・サウンド」で3位、イギリスではプラチナ・ディスク、スポティファイでは650万回以上のストリーミング記録を持っている影響力があるアーティストなのだ。

 

 

Lindemannのデビューシングル【KnockingOnYour Heart】は、2015年9月にリリースされ、リリースから24時間以内にiTunes AlternativeChartでトップ20の座を獲得。

2ndシングル【CoupleOfKids】は2015年10月30日にリリース。

2016年1月29日3rd シングル【Things】リリース。1日以内にiTunesオルタナティヴチャートでトップ25ヒットを記録し、Spotify Viral50の世界チャートのトップ50とカナダのバイラルチャートのトップ5になる。【Things】の公式ミュージックビデオは、2016年2月5日に彼女のYouTubeチャンネルでリリース。

2016年9月29日シングル【Pretty Girl】をリリース。300Entertainmentと契約して以来の彼女の最初のシングル。この曲は、Next Big Soundチャートの4位、Spotify Viral50チャートの26位に。UKでも8位に。

 

2017年10月13日に『TheVamps』をリリースし、シングル【Personal】を放つ。

2017年11月17日にシングル【Obsessed】をリリース。

2018年10月26日シングル【Human】リリース。

2018年11月16日にシングル【Would】をリリース。

2019年3月シングルツアーの北米区間でサブリナカーペンターのサポートをする。

2019年4月24日このブログでも取り上げたシングル【FriendsGo】リリース。その後、Travis Barkerをフィーチャーして再リリースされた。

Maggie Lindemann【Friends Go feat.Travis Barker】和訳 マギー・リンデマンとは? Here’s to Pretty Myself! 素敵な私に乾杯

 

2020年彼女は【KnifeUnderMy Pillow】、【Gaslight!】、【Scissorhands】、【Loner】の4つのシングルをリリースした。

デビューEP『Paranoia』

 

2021年1月22日にデビューEP『PARANOIA』をリリース。曲すべてと4つの新曲が含まれている。

EPと自分自身に「ポップな背景」を認めているMaggie を高くオルタナティヴ・プレス達が賞賛を贈った。

「色々なジャンルをブレンドし、ロックとメタルのサウンドを実験する」、そして「エモを生かし続ける」と彼女の功績を認めていた。

『PARANOIA』は、Spotifyでリリースされた週の米国のトップアルバムデビューで5位でデビュー。この曲【CrashandBurn】は、3月20日から27日までのRadio.com Alternative Pick Of The Weekで、Mediabaseラジオチャートで最初のデビューを果たし、33位に達している。

歌詞について

この激しめのPunkとメタルが融合し、Popにしたサウンドに乗る歌詞は、いつも喧嘩ばかりしてしまう彼氏との関係を描いたもの。

上手くいかない彼氏に対して三行半を出したいのに、迷っている女子の気持ちなのだが、痛々しいような歌い方をするから、まだ主人公は彼氏との関係を「やめよう」と思いつつもまだ好きなんだろうな、と感じてしまう。

激しくて怒っているのとは、明らかにMaggieの歌い方が違うから、Lyraは聞いていると刹那い気持ちになってしまう。相当嫌な奴みたいな男だから別れちまいなさい、と思うわ。

【Pretty Girl】がヒットした時に、

「女の子には、かわいらしいだけでなく、もっとたくさんのことがあることを人々に示すために作ったの。提供できるものはたくさんありますよ。人々は、外見を超えて、より深い何かに到達する必要があるわ」と語るMaggie。

可愛らしいだけでない女心を描く、と言うのが素敵だと思う。そしてこの素直な歌詞が彼女の持ち味なのだ。

キュートなルックスと大きな発信力があるし、透き通って伸びるメゾソプラノの声が心地よい。

何となくLyraは、女優の仕事が増えそうな気がしてるんだけど…色々な幅広い活躍をしてビッグになって欲しいけれど、これからも素敵な声を聞かせて行って欲しい。いい声してるんだもん。

それにパワフルなロック・ガールは、中々いない。貴重なんだから。

Stay Rock’n’Roll Girl〜☆

(click to amazon↓↓)1st Studio Album “Paranoia” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

Margaret “Maggie” Elizabeth Lindemann (born July 21, 1998) is an American singer-songwriter. She is best known for her 2016 breakout single “Pretty Girl”, which peaked at number 4 in Sweden, number 6 in Ireland, and number 8 the United Kingdom and the Netherlands.

Lindemann’s debut single “Knocking On Your Heart” was released in September 2015. The song earned her a Top 20 spot on the i Tunes Alternative Chart within 24 hours of its release. Her second single “Couple Of Kids” was released on October 30, 2015. On January 29, 2016, her third single “Things” was released, earning her another successful top 25 hit on the iTunes Alternative Chart within a day of its release. Spotify The song also broke the Top 50 on the Spotify viral 50 worldwide chart and the top 5 of the Canada viral chart. The official music video of her single “Things” was released on her YouTube channel on February 5, 2016.

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入盤 MAGGIE LINDEMANN / PARANOIA [CD]
価格:1638円(税込、送料別) (2021/8/9時点)

楽天で購入

 

 

 

On September 29, 2016, Lindemann released the single “Pretty Girl”, her first single since signing to 300 Entertainment. The song peaked at number 4 on the Next Big Sound chart, and at number 26 on the Spotify Viral 50 chart. Lindemann wrote the song to “show people that there’s more to girls than just being pretty. We have so much to offer. People should get past the physical appearance to something deeper.” The music video for “Pretty Girl” premiered through People on March 9, 2017. “Pretty Girl” is Lindemann’s first song to ever chart on the US Pop Radio Charts as it peaked at 50. It also peaked at #8 on the UK Singles Chart. Lindemann featured in The Vamps’ single “Personal”, released October 13, 2017. Lindemann released the single “Obsessed” on November 17, 2017. On October 26, 2018, she released the single “Human”. She released the single “Would I” on November 16, 2018. In March 2019, Lindemann was the supporting act for Sabrina Carpenter on the North American leg of the Singular Tour.

Lindemann released the single “Friends Go” on April 24, 2019. The song was later rereleased, featuring Travis Barker. Through 2020, she released four singles; “Knife Under My Pillow”, “Gaslight!”, “Scissorhands” and “Loner”. All four of the songs, as well as four new songs, were included on Lindemann’s debut EP, PARANOIA,released on January 22, 2021. The EP and Lindemann herself received praise from Alternative Press, who acknowledged her “pop background’ and appreciated Lindemann “blending genres and experimenting with rock and metal sounds”, and credited her with “keeping emo alive”.

PARANOIA debuted at number 5 at top US album debuts of the week of its release on Spotify. Her song, “Crash and Burn”, was Radio.com Alternative Pick Of The Week from March 20-27, which landed Maggie Lindemann’s first debute on Mediabase radio chart peaking at number 33

PARANOIA

  1. Knife Under My Pillow
  2. GASLIGHT!
  3. Scissorhands
  4. Crash and Burn
  5. Loner
  6. Love Songs
  7. Different
  8. It’s Not Your Fault

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。