【Filter/ Take A Picture】和訳 笑える人生に乾杯 Laugh It Off!

ウキウキする季節になって来たみたい〜。

梅雨時だから雨が降る日は大嫌いなんだけど、最近の晴れの日になれば、パキッと色鮮やかな青い空になるのが嬉しくてたまらないのです。

今日はそんな日に聴くと気持ちが良い音を和訳しちゃお。

この曲を聴きながらドライブすれば、どこまでも飛んでいけそう、、、。

って言いながらも、「このバンドは、インダストリアルだよね〜」と頭に過ぎる。

大ヒットしたのも納得の気持ち良き音。

それを奏でる、ゴリゴリなバンド。

摩訶不思議。

どことなく、摩訶不思議といつもLyraが言っているあのバンドに似ているわ〜(笑)。

一緒に人生を楽しみましょっ。

“【Filter/ Take A Picture】和訳 笑える人生に乾杯 Laugh It Off!” の続きを読む

【Rob Zombie/ Dragula】和訳 Dragulaの意味を解説 Dance for Dracula!

I wish you an outstanding and fabulous birthday Rob Zombie! Maybe you prefer the words hell to happy and fabulous.(๑˃̵ᴗ˂̵)

意外と可愛いRob Zombie〜☆

今日はRobのお誕生日だから、かわゆいニット・キャップを選んでみたわ。ウフッ。

そしてお祝いがてら、Rob Zombieのカッコいい曲を和訳して盛り上げちゃお!

“【Rob Zombie/ Dragula】和訳 Dragulaの意味を解説 Dance for Dracula!” の続きを読む

Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.107

#HappyBirthdayKeanuReeves
Happy Birthday 🎊 I celebrated with my Keanu John Wick Reeves for (real) Keanu Reeves’ birthday at my home 🎂 Please release “Bill & Ted Face The Music as roadshow in Japan,too〜 because it’s been released in USA last week, It’s SF #comedy contains a lot of fun musibs! 31 years after that, SF comedy where two stupid people do slapstick comedy related to music🚀
Awesome 🤘🏻It’s made for us,isn’t it? 😻
👠lyra4m.com/

#キアヌ・リーブス#BillAndTed3
#ビルとテッドの大冒険
#BillandTedFaceTheMusic  #BillAndTed  #KeanuReeves #happybirthday #これを見た人はベストツーショットを貼ろう

“Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.107” の続きを読む

Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.101

I watched tv and Lisa the TVprogram’s guest told “It’s so good a man get a tattoo name of a girl he loves ” to the guy’s going to win a woman’s heart in approach race.
I think so,too.truly , I think it’s romantic.
👠lyra4m.com/
#awesome #goodguys #stunning #tattoo #skateboard #skateboardingisfun #talent #geniuses #doglover #skater #beautiful #fashion

June.30.2020.

“Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.101” の続きを読む

和訳【Stabbing Westward/ Shame 】解説 スタッビング・ウェストワードとは Up To You

時代がわかるサウンドと言う物がある。

音楽を重要視していない人にとっては、どうでも良い話であり、その人達の人生において何の指針にもならないであろうものだ。

でも音楽好きならば、特に生活を共にして生きているような人間ならば、一聴しただけで「いつ頃の曲か?」とわかりor感じ取れる。

そして、それと共に色々な思い出や、懐かしさが蘇り、後追いした者には、見たことがない過去を語り部によって教えてもらってる感覚になるのだ。

それだけ、音というのは脳にダイレクトにくるもの。

ハートに来るものなのだ。

今日は、聴いていると映画を見ているように、1990年代の雰囲気がビシバシ感じられるサウンドをお届けしちゃう!

“和訳【Stabbing Westward/ Shame 】解説 スタッビング・ウェストワードとは Up To You” の続きを読む