The Doors【Love Street】和訳 ラブストリートの事実と本当の意味 Jim Morrison Told the Truth

Happy Birthday Robby Krieger!

今日はRobby KriegerのBirthdayなので、The Doorsの曲を和訳して誕生日をお祝いしまちゃいましょ?

Robbyといえば、フラメンコギターの影響から5本指での奏法が有名であるし、ステージにも立つわけで、ギタリストとしてのイメージが強いが、実は、ギタリストとしてよりもソングライターとして評価されているアーティストだと言える。

The Doors がリリースした13枚のシングルのうち、Aサイド8曲がクリーガーの作曲によるものなのだから。

元々t’he Doorsの音楽は、リーダー格のRay Mazulek とThe Doorqu顔であるJim Morrisonの存在感が強いため、彼の才能は軽んじられているが、2人が大衆ウケしないダークな(暗い)曲を作るのを、Robbyがポップな曲を書いたことで、大ヒットし大人気バンドになれたのだ。

メロディが素敵なな作品が多く、Jim の魅力がUPする曲を書けるのだから、プロだと思う。

今日はリアルな生活事情がチラ見するJimの歌詞と、サイケデリックないつものThe Doorsとは違って、異国情緒たっぷりな?この意味深な歌詞を解説します。

“The Doors【Love Street】和訳 ラブストリートの事実と本当の意味 Jim Morrison Told the Truth” の続きを読む

【Cinnamon Girl/ Neil Young and Crazy Horse】和訳本当の意味 趣味趣向 Taste and Disposition

Happy Birthday Neil Young! May this year be the best of your life.

人種問題って一筋縄でいかないから難しい。

ある事に留意したら、逆に他の国を責めるてると受け取られたりするし、主観的な考えは、性格や育って来た環境で変わるし、性別、年代別でも違うから、100%正解な答えなんて一生ないのかも。

だからLyraはたまに諦めて(諦めちゃいけないんだよ、本当は)、好き嫌いで判断する。

今日バースデイのNeil Youngが書いたこの歌詞は、素直に受け止めると恋焦がれてる女性へのラブソングだ。

深読みしちゃうと、そっち系が好きな人の歌だし、、、

当時のNeilの趣味だったのか?

たまたま思いついただけで深い意味はないのか?

ムズイよね。

Lyraは何でも来いなのよ(笑)。肌の色も国も言語もこだわり無いの。

だから「アレじゃなきゃダメ」と言うのがない。拘る人の気持ちがわからないんだよね〜。

強いて挙げるとすれば「Lyraに対して優しいかどうか?」ってことだけよ。

そう、愛して欲しいだけ。

“【Cinnamon Girl/ Neil Young and Crazy Horse】和訳本当の意味 趣味趣向 Taste and Disposition” の続きを読む

【The Doors/ Summer’s Almost Gone】和訳解説 夏の終わりに彼は来る? Joy’s Season’s Coming to an End and He’s Back

まだまだ暑〜い東京ですが、皆さんお元気ですか〜?

なあ〜んて「毎日ブログ書いてるのにLyraったら何を改まってんの?」って言われそ (笑)。

いやね〜、

クッソ暑いのにふとした瞬間、秋を感じるの〜

夕方とか、顔を撫でるように吹いた風が、先週の風とは明らかに違う。

何だか物悲しくなるのは何故だろう?

夏好きだから?

そんな事を感じて建物の間から見える、綺麗な夕焼けを見てたら、この曲がフッと頭ん中で流れてきた。

ごめん、Jim…最近 The Doors書いてなかったね。

何だか大切な人を蔑ろにしていたような申し訳なさ感じたから、皆んなにも「Hello?」って言いたくなったの。

それだけよ…

“【The Doors/ Summer’s Almost Gone】和訳解説 夏の終わりに彼は来る? Joy’s Season’s Coming to an End and He’s Back” の続きを読む

Five To One / The Doors 和訳 解説 Get Together Deeply 知れば知るほど

Here’s the Doors’ Time agin!

The Doors 好きLyraの The Doors timeをまた始めようっと。

前のThe Doorsの記事『【Soul Kitchen】和訳 Mine Like Oracle o’ Patti Smith 感じるもの』を書いてから3ヶ月も経っていたからかしら?

何の前触れもなく、頭の中にJim Morrisonの声が聞こえ出したからよ。

「やってくれよ。」って言われてるみたいだから、今日は予定変更してThe Doors’ Timesよん。

でも、何でこの曲が鳴り出したんだろ?

不思議〜♪

“Five To One / The Doors 和訳 解説 Get Together Deeply 知れば知るほど” の続きを読む