Five To One / The Doors 和訳 解説 Get Together Deeply 知れば知るほど

Here’s the Doors’ Time agin!

The Doors 好きLyraの The Doors timeをまた始めようっと。

前のThe Doorsの記事『【Soul Kitchen】和訳 Mine Like Oracle o’ Patti Smith 感じるもの』を書いてから3ヶ月も経っていたからかしら?

何の前触れもなく、頭の中にJim Morrisonの声が聞こえ出したからよ。

「やってくれよ。」って言われてるみたいだから、今日は予定変更してThe Doors’ Timesよん。

でも、何でこの曲が鳴り出したんだろ?

不思議〜♪

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロスアンジェルスで結成されたロックバンド The Doors ザ・ドアーズ。

Lyraのこのブログの常連バンドであり、カリスマ的ボーカリスト Jim Morrison ジム・モリソンが在籍した事で知られ、ロック音楽黎明期のアメリカを代表するバンドである。

主にJimが生きていた1965年から1972年がThe Doorsの最盛期であり、素晴らしい楽曲とパフォーマンスを発揮していた。

スポンサーリンク[ad#go1]

 

1993年度『ロックの殿堂』入り。

ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第41位。

*The Doors History は、こちら→ドアーズ 『ハートに火をつけて』50Th Anniversary Deluxe Limited Edition 初回限定盤 を紹介!

 

今日Lyraが和訳する曲は、The Doorsの3枚目のスタジオアルバムである1968年7月12日リリースの『Waiting For The Sun』から 【Five To One】。

Jim の作詞ですよん。

The Doorsは、Jim Morrisonの存在感が凄すぎる事や、良い意味でも悪い意味でも話題性があった為に、楽曲全てJimの作詞だと思われがち。

でも、ギターのRobby Krieger ロビー・クリーガーの作詞が意外と多いのである。

Lyraのこのブログに遊びに来てくれている方ならばLyraが時々「ロビーの歌詞なんだよね〜」と物足りない感じで言っているのを思い出してしまうでしょうね。

だから、今日は、Jimの作詞の曲だから書いていて楽しいっ!

一緒にJimの歌詞を楽しみましょう。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 3rd Studio Album “Waiting For The Sun”[50th Anniversary Box Set] ( 2CD + 1DVD)、 50周年記念盤、 クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

“Five to One” is a song by American rock band the Doors, from their 1968 album Waiting for the Sun.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Five To One =

[Intro]
Yeah, c’mon
I love my girl
She lookin’ good
C’mon
One more

[Verse 1]
Five to one, baby
One in five
No one here gets out alive, now
You get yours, baby
I’ll get mine
Gonna make it, baby
If we try

The old get old
And the young get stronger
May take a week
And it may take longer
They got the guns
But we got the numbers
Gonna win, yeah
We’re takin’ over
Come on!

Your ballroom days are over, baby
Night is drawing near
Shadows of the evening
Crawl across the years

Ya walk across the floor with a flower in your hand
Trying to tell me no one understands
Trade in your hours for a handful dimes
Gonna’ make it, baby, in our prime

[Chorus]
Come together one more time
Get together one more time
Get together one more time
Get together, aha
Get together one more time!
Get together one more time!
Get together one more time!
Get together one more time!
Get together one more time!
Get together, got to, get together

Ooaaaaaah!

[Bridge]
Hey, c’mon, honey
You won’t have along wait for me, baby
I’ll be there in just a little while
You see, I gotta go out in this car with these people and…

Get together one more time
Get together one more time
Get together, got to
Get together, got to
Get together, got to
Take you up in my room and…
Hah-hah-hah-hah-hah
Love my girl
She lookin’ good, lookin’ real good
Love ya, c’mon

 

さあ、やるか

俺は彼女を愛してるんだ

あの子はすっごく綺麗なんだぜ

やるかい?

もう一回

5対1だぜ、ベイビー

5分の1だぜ

誰も生還した奴はいないぜ、今はな

お前の取り分は持って行きな、ベイビー

どうせ、俺のモンになるんだから

お前と寝たいんだよ、ベイビー

俺たちやっていく気があるならさ

 

年寄りってモンは老けちまう

そして、若者はより強くなるものさ

一週間でな

いや、もう少し時間がかかるかもしれないけど

アイツら銃を持ってたんだ

で、俺たちはマリワナを持ってるんだよ

勝ったようなもんだぜ、なあ?

朝まで相談し合うかい?

来なよ

 

ダンスホールで踊る日は終わりにしなよ、ベイビー

夜がゆっくりとやって来るぜ

夜の影

年月をかけて彷徨い泳ぐのさ

 

お前は手に花束を握り、フロアを横切って来る

誰も理解しない俺に話しかけようとしてるんだな

両手いっぱいの10セント硬貨の為にお前の時間をかけるのか

お前と寝たいんだよ、ベイビー

最高潮の俺たちだからな

 

一つになろうぜ、もう一度

結ばれるんだ、もう一度

結ばれるんだ、もう一度

結ばれるんだよ、ああ

結ばれるんだ、もう一度!

結ばれるんだ、もう一度!

結ばれるんだ、もう一度!

結ばれるんだ、もう一度!

結ばれるんだ、もう一度!

結ばれるんだ、しなきゃダメなんだ、結ばれるんだよ

ああ!

 

ねぇ、おいでよ、ハニー

俺のことずっと待ち続けてくれてたんじゃなかったのかい?ベイビー

もう少しでそっちに着くよ

わかるかい?この車から、コイツらと一緒に降りるけどさ、そしたら、、、

結ばれるんだ、もう一度

結ばれるんだ、もう一度

結ばれるんだよ、しなきゃダメなんだ

結ばれるんだよ、しなきゃダメなんだ

結ばれるんだよ、しなきゃダメなんだ

俺の部屋でお前を抱き上げて、そしたら

は、は、は、は、は

俺の女を愛してるよ

あの子はすっごく綺麗なんだぜ

マジで美しい女さ

愛してるよ、来なよ

Translator: Lyra Sky 和訳

Jim Morrisonはカリスマと言われている、ロック界のね。

でも、Lyraにとっては普通の男。

文学が好きで映画が好きなニーチェ被れの優しい男って感じ。

この【Five To One】のライブとオフショットをツギハギにしたミュージックビデオは、その普通のJim に近い素顔が垣間見れると思う。

ライブで飛び跳ね、マイクスタンドに縋り付くJimも居るが、ツアー中のオフのJimが見れて好きなの。

特に、偶然出会った少女にイタズラされて笑ってるJimやカメラにわざと笑いかける仕草は、素顔のJimに近い感じがして見ていて嬉しくなる。

Jimって普段はあんな感じに、ふふって笑うような人なんだ、きっと。

穏やかでふわっとした人。

静かに笑う人。

だが、音楽を奏で始めたら彼の中の何かが変わる。

彼の中の小さい頃からの満たされない愛情や、孤独感、欲望が放たれるのだ。

ただ、それだけだと思う。

誰にでもある違う自分。

激しい自分が解き放たれる。

それだけなんだと思う。

何も特別ではない。

生身の人間だったのだ。

スポンサーリンク[ad#go1]

ロスアンジェルスでバンド結成し、ライブハウスを回り始めた頃、Whisky A Go Goで名前が売れ始め、それに目をつけたプロデューサーが Jimが亡くなるまで一緒に仕事をしたPaul A. Rothchild ポール・A・ロスチャイルド だ。

1966年にエレクトラレコードと契約し、ここからPaulと エンジニアの Bruce Botoc ブルース・ボトックとの長いパートナーシップの始まりであった。

The Doorsは、破天荒なイメージがJimの数々のお騒がせ事件のせいでついてしまっているが(笑)、実際は、キチンと楽曲を作りコンスタントにリリースし、それを、仲良しのメンバーと制作スタッフで作る人たちだったのだと感じる。

The Doors Familyと言った感じかな?

ベースが抜けてから、誰かを補充するのではなくキーボードの Ray Manzarek レイ・マンザレクがローズピアノベースを左手で弾くことにより、ベースレスを補ったのだからね。

ドアーズの後期には、レコーディングやステージでサポートベーシストを起用したが、終わってしまった(Jim がいなくなった)のも、この4人だけじゃなきゃダメ、という因縁みたいなものを感じてしまう。

結束が硬いバンドが生み出した、努力と想像の産物のサウンドに間違いなんてないに決まっている、、、Lyraはそう思う。

唯一無二の存在が手に入った時、人はその力以上のものを発揮出来るとLyraはしんじているの。

愛する何かを生み出すのにもそう。

愛する人を手に入れた時もそう。

人は信じられものを手に入れた時に力を発揮出来るのだよ。

Jim はThe Doors を始めた時そうだったんだと思う。

だから、デビュー・アルバム『The ドアーズ  『The Doors ドアーズ (ハートに火をつけて)』という、唯一無二の極上のロックアルバムを作れたのだ(1967年1月にリリース)。

このアルバムは数日間で収録され、ほとんどの曲は第一テイクで仕上げたと言うのだから凄いでしょ!

Jimと Rayは第一弾シングル『Break On Through ブレイク・オン・スルー】用のプロモーション・フィルムを監督し、それはミュージック・プロモーションの重要な布石となった。

 

アルバムはセンセーションを引き起こし、第2弾シングル【Light My Fire / The Doors】 ( → 和訳 Burn with Love! for Jim’s Deathday 身を焦がす愛 ジム・モリソンに捧ぐ 参照)は大ヒットした。

Billboard 誌では、1967年7月29日に週間ランキング第1位を獲得。1967年の年間ランキングでは第2位となった。

バンドは、Jefferson Airplane ジェファーソン・エアプレインや Greatful Dead グレイトフル・デッドと並び、1967年におけるアメリカのトップ・バンドの一つとなったのだ。

‘(click to amazon ↓ ↓ ) 3rd Studio Album “Waiting For The Sun” [50th Anniversary Edition] (2CD) クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

今日Lyraが紹介している『Waiting For The Sun』の頃は、The Doorsの最盛期であり、このアルバムはセールス的にも一番売れたと言われている。

The Doorsの認知度が高まり、人気も高まり、セールス的にも最高、、、絶好調のThe Doorsは、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

だが、この後から次第にJimはライブで歌うことに飽き始めてしまう。

刺激を感じなくなったのか?

ただ単に飽きただけか?

または、生み出す衝動が薄れたのかもしれない。

Family の結束が利害関係で崩れ始めたのもあるだろう。

LyraはJimって、ああ見えて信じる奴にしか自分を見せなかったと色んなエピソードを見て感じてるの。

 商業目的で勝手に自分がいないところで無断に曲を使うことを決定されたりしたくなかっただろうしね。

ドラッグ問題もあったり、色んな事が重なって、次第にダイレクトに才能を発揮できなくなったまま『LA Woman』へと続いて行ったのかな?と思ってしまう。

だから、このアルバムはJimの熱が燃えていて、色んな悩みのフィルターで覆われてしまう前の、最後のアルバムだったのかな?何て思ってしまう。

別にこの後の2枚が悪いとか、やる気ない、と言ってるのではない。

初期衝動のような青さが残っているラストと言いたいの。

荒削りの面もあるが、奥底から湧き上がる欲望をダイレクトに出せたアルバムと言う感じ。

それが『Waiting For The Sun』までのThe Doorsの魅力だと言いたいのよ。

 

(click to amazon ↓ ↓ )3rd Studio Album “Waiting For The Sun” 【50th Anniversary Special Edition] (2CD+LP) クリックしてアマゾン へ ↓ ↓

 

ある意味クレイジー中のクレイジーかもしれない、【Five To One】のこの歌詞は。

だって言ってることは、もう、ただ一つなんだもん。

「お前とやりたい」

それ、だけよ。

それをまあ、何回も何回も言うわ、サビでは繰り返し叫んでるわで、良くまあ1968年でプレイできたわね、と脱帽。

だって、あのサイケデリックな世界が花開いていた時代、結局は、保守派が多かったアメリカだった言うのに、良くOK出たなあ、ってLyraは不思議に思う。

今みたいに parental guidance (保護者確認必要) なんてなかったから、誰も気にしなかったのかもしれない。

放任主義?

いやいや、周りがそう願ったからかもしれないと思うの。

でっち上げ。

そこまでは思わない。

でも、少なからず世間は期待したんだと思うの、Sexy なJim Morrisonを。

色気あったから余計になんだろうけれど、無理矢理にでもJimをエッチな奴にしたかった。

で、Jimもノリが良いからか、はたまた気が弱くて期待に応えたいからか?

無理矢理、イメージに寄せて行ったんだと思うの、自分を。

必要にされたくて。

愛されたくて。

そうでなければ、わざわざ身体ラインを浮き立たせる革パンツでのステージ・パフォーマンスをする?

当時のポップ界のセックスシンボルの一人と言われて、「ロックスター」になろうとしたんだと思う。

だから、ステージでセクシャルに立ち振る舞い、エロ事件起こしたり、インタービューではメディアの飛びつきそうなキャッチーで過激なことをワザと言って、マスメディアが自分たちグループのイメージ構築をしてくれるように仕向けたんだと感じる。

その思惑通り、人気が爆発しアメリカから世界へと広がって行く。

が、無理に絞り出した自らのイメージによるスターの地位は、本来の自分ではない。

だから、Jimはフラストレーションを感じるようになり自虐的になったんだと思うの。

スポンサーリンク[ad#go1]

3作目『Waiting For The Sun』は、彼らの最初のNo.1アルバムであり、シングル【Hello I Love You】2枚目のアメリカでのNo.1シングルに輝き 、【TTouch Me】 (→ 和訳 Bruise’s Creative Urge! 青タンの意味 参照)もTop 3に輝く大ヒット。

その時期には、フラストレーションがふつふつ出ていたかも、、、と考えるとこの【Five To One】も刹那いラブソングに聴こえてくるわ。

【Five To One】は、自分がマジで好きな彼女のことを歌っているのだと思う。

彼女のPamela パムのことか?

この時期はまだPatricia には出会っていないからね。

愛する人を歌っているのだろう。

狙いはどうであれ、、、

真実の気持ちだ。

「ツアーから帰って来て、待っててくれよ、今すぐ着くから」と彼女に頼んでいるのがJimの本音だと思う。

もちろん、彼女を抱きたいのだろうけど、繰り返しGe’ Together は、話題性を得たいから。

その狙いはうまく言ったわ、Jim。

貴方は天国に行ってしまっても尚、未だに最高のセックスシンボルとして、この世で輝いているわ。

こんなアーティストなかなかいないわよね。

あの時代の代表的なアーティストであり、セクシーで有名で、詩人で、最高のアーティスト。

ジャンキーは嫌い。

でも、Jimの才能と苦悩と喜びと栄光は認めたい。

そして、彼の歌詞も。

【Five To One】は、Lyraの和訳を読めばわかっていただけると思うが、パッとみはエロエロな誘う歌詞。

で、Lyraはダブルミーニングでマリワナソングでもあると思う。

スラングが入っているから。

そして、歌詞の中に聖書の19節のイメージも入っているから、ただのエロエロソングではないのよ。

Lyraが Jimの歌詞が好きなのは、簡単な言葉でダブルミーニングや、真理をついたことを言うところ。

後、言葉遊びも感じるから好き。

Lyraも遊び心が必要だと思うから、毎回楽しんで書いているし、詩を書く時も、絵を描く時も楽しんで作りたいと願い、それをモットーにしている。

だから、Jim Morrisonが好きな理由なの。

もちろん彼の声も大好き。

全てがトータルして好きだから、Jim に魅力を感じてる。

繰り返し聴くのは、自分の生き方にJimが似ているからかもしれない。

毎日は聞かなくても、血に流れてるようにThe Doorsは Lyraの中にいる。

そして、The Doorsが好きな皆んなにもLyraの思い、そして、The Doorsの良さが届くと良いな。

でも、5対1の確率で恋愛をかけるなんて変なの、とは思うけどね。

Jimったら、して欲しがり屋さんだ。

馬鹿だなあ、て思う。

愛ってして欲しいだけじゃダメだと思うから。

Lyraは50 : 50 じゃなきゃ嫌。

だって、愛ってそうだもん。

与えないと。

愛を与えて、与えて貰う。

それが一番、素敵な愛の形だと思う。

欲を言えば、Lyraが与えたら、それに少し上乗せして愛してくれたら嬉しいなあ。

そうしたら、その倍をLyraは貴方に与えてあげるよ。

それが続いたら、ずっと楽しいし気持ちいいよね。

Five to One よりもっと沢山、互いに得られると思う。

幸せという名の快楽を。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

The lyrics were written by Doors frontman Jim Morrison. Part of the song (“Your ballroom days are over, baby/Night is drawing near/Shadows of the evening/crawl across the years”), was seemingly lifted from the 19th-century hymnal and bedtime rhyme “Now the Day Is Over” (“Now the day is over/Night is drawing nigh/Shadows of the evening/Steal across the sky”) by Morrison. Similarly, Morrison quoted the “Christian child’s prayer” in a live version of Soul Kitchen sung in 1969 and also altered the children’s rhyme “Jack be nimble, Jack be quick, Jack jump over The candlestick” to suit part of his poem An American Prayer (“Words dissemble/Words be quick/Words resemble walking sticks”).

 

The song’s most famous performance was at the 1969 Miami concert at the Dinner Key Auditorium. Towards the end of the performance, a drunken Morrison declared the audience “idiots” and “slaves”. The concert would end with Morrison being accused of “attempting to incite a riot” among the concert goers, resulting in his arrest, and later conviction, for indecent exposure. This performance can be heard on Disc 1 of The Doors: Box Set and is depicted in Oliver Stone’s film The Doors.

During the reunion of the original lineup of the Doors sans Jim Morrison on VH1 Storytellers, Scott Weilandof Stone Temple Pilots took up vocals. Before the performance Robby Krieger said Weiland was one of the few frontmen who could “fill Jim’s leather pants”. Scott said that “Five to One” was what inspired him to begin a career in rock music.

 

The guitar solo on Pearl Jam’s “Alive” was based on Ace Frehley’s guitar solo on the Kiss song “She”, which was in turn based on Robby Krieger’s solo in “Five to One”. Rapper Jay Z sampled “Five to One” as the beat for his diss song of Nas and Mobb Deepcalled “Takeover”.

  • The song is played prominently in the trailer for the film Kingsman: The Secret Service.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。