【ウォーキング・デッドシーズン11】第14話ネタバレ「ニーガンの涙」あらすじ感想 TWD11-14

 

先週のニーガン復活で小躍りしたLyraでしたが、今日の第14話は色んな意味で、悲しくて辛い話でした。でもこの場合、こうなるしかないよなと言う、解決したくても過去は変えられないもどかしさを感じた回。

両者の立場や気持ちが分かるだけに、昨今ドラマや映画で有りがちな「人間は、いつでもやり直せる」と言うのは、ただのおとぎ話なのかも…と思うほど。

さあ、どんな話だったか、詳しくお話しましょう。apocalypseの世界へようこそ!

今日Lyraが和訳・あらすじ・感想・解説するのは、アメリカ合衆国AMC製作の人気TVシリーズ、【The Walking Dead Season11 ウォーキング・デッド、シーズン11】第14話です。

前回、いきなり元CIAの凄腕の殺し屋トビー・カーソンが登場したと思った途端、チンタラしていた物語が、一気に進展しました。

 

スポンサーリンク

ウォーキングデッド、シーズン11は、登場人物が増えまくった割に、話が進まなくてイライラしていたファンも多いと思いますが、ご安心くだされ〜。やっと皆んなの憧れの街コモンウェルスが、実は悪の巣窟だったとバレ始めただから目が離せなくなりましたよ。

【ウォーキング・デッド シーズン11第13話】ネタバレ祝あの人が復活! あらすじ感想

 

今日は先週のニーガン登場の続きから始まります。では物語の「詳しいあらすじ」から行きましょう。

*Lyraのブログは、ネタバレ有り無しで読めるように書いてあります。詳しい内容を知りたくない方は、あらすじ前編だけお読みになり、後編はスルーして、【Lyraの感想】と【Lyraの解説&ツッコミポイント】をお読みください。

 

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead Season1〜9 Box” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

1.第14話『ザ・ロットン・コア』”Rotten Coar”

あらすじ:前編 (*ネタバレ無し)

 

地面に血だらけの死体がたくさん転がっている。

それをコンクリートの建物の屋上から見下ろす男。トビーだった。突き落とした住民達が地面に転がっているトビー・カールソンは、既に兵士たちと同じ白いアーモーに着替えており、無線で現状を連絡する。相手は執務室にいるランスだった。

トビー「制圧した」

ランス「良くやった。積荷は?」

トビー「住民が非協力的でさ。探してみるよ」と話していると部下が、東側の隊員2名が何者かにやられて死んでいると報告して来た。現場に走って行くトビー。

その2名を倒したマギーとアーロン、リディア、イライジャは、同じ建物内でゲイビー救出のためにライフル片手に探していた。外でも屋内でも、人々の叫び声と乱射される銃の音が鳴り響く。

 

その頃ダリルはキャロルと道で偶然あって挨拶を交わしていると、警察(兵士でもある)仲間が通り過ぎる傍ら、「おい、今から出動できるか?」と聞かれて行くことに。

ダリル「じゃあ、あとでな。ランチ一緒に食べないか?」とキャロルがOKし、「食堂で食べない?」と提案。

ダリル「OK.デートだぜ」と言うと仲間について行った。

中に入ると皆んな既に白いアーモーに着替えていて、ロジータは着替えずに座っていた。

ダリルがドーナツを食いながら入って来たのを見て「あんたってステレオタイプな奴ね」と笑う。

「だって美味いじゃん?食うか?」と言って半分ロジータにやると、ロジータもムシャムシャ食べだした。

そこへ上司がやって来て見回りの地域分担をし、ロジータとダリルはペアを組むことに。

2人は着替えて出動しようとすると、出入り口に知事パメラの息子セバスチャンがいて、自慢話を数人の男女にしていた。自分がいかに勇敢に廃人(ウォーカー)達を倒したか、話していて「俺の勇姿はダリルが、見ていたよな?」と言い、ダリルに自分が格好良いところを話してくれとせがむ。

そのせいでアーモーを着た兵士や女がダリルに注目。ダリルは、わざとらしく「え?あー、見てたよ、ああ、凄い、凄い」と棒読みみたいな言い方をして、拍車をパチパチしてすぐに出て行ったので、聞いていた兵士たちは嘘だったと理解して苦笑いした。セバスチャンは悔しそうな顔をした。

 

マギーとアーロン達は、ゲイビーを探しているが、全く住民達に会わないために居場所が分からない。

すると入った部屋でマギーは、後ろから銃を突きつけられた。ニーガンと一緒にいた女性、アニーがマギーの背中につきつけている。

アニー「武器を捨てなさい」

「先にあなたが捨てて」とリディアが現れ、イライジャが、アニーに釜を突きつけた。

アニーはまだマギーの背中から銃を動かさず、マギーが「助けに来た」というので、「貴方は誰?」と聞いた。

すると「マギーだよ」とニーガンが言いながら現れたので、4人はびっくりする。

アーロン「マジかよ?」

ニーガン「諸君、皆んな一斉にチャックを閉めろ」といつものおかしな台詞を言うが、皆んな言うことを聞いて銃や武器を下ろした。

リディアは目を見開いて驚きを隠せない。

リディア「なぜこんな所にいるの?」

ニーガンはニッコリ微笑み「俺たちは、ここに住んでいる」と言うとアニーの側に立った。ゲイビーを探していると話すとニーガンは、「彼なら大丈夫だ」と言ってみんなを案内する。

やって来た部屋には誰もいない…が、クローゼットの洋服を退けると、壁に隠し穴があり、そこから中に入ると隠し部屋が幾つがあった。ニーガンが説明するには、この建物には幾つか隠し部屋があると言う。

部屋か、別の部屋に入るとそこにはゲイビーがいた。驚くゲイビーに皆んながハグをした。

マギー「でも武器は?貴方達が盗んだの?」

アニー「やってないわ。もう、この質問にはうんざりよ、」と言い、盗んでいないとニーガンも言う。嘘ではないようだ。

マギー「分かったわ。とにかくこれからどうするべき?」と聞くと、アニーは偵察をしに行き、逃げるチャンスを見つけて、グループに分かれながら皆んなで脱出すると言う。

アニー「ニーガン、貴方はここにいて皆んなを守って。私はマギーと行くわ」と言うと2人で偵察に行く。

 

スポンサーリンク

 

ダリルとロジータは、見回りに行こうとあるいていると、兵士が2人やって来て「緊急の事態が起きたから、持ち場を変更してそちらに行けと命令された」と2人を案内すると言う。

ダリルとロジータは、兵士達に案内され草むらを随分と歩かされたので、不思議なりロジータが「どこまで行く気?」と尋ねると、兵士達は丘の草むらから見える一軒家を指差し「あそこだ」と言う。

見ると建物前には、ウォーカー達がたくさんいて呻き声を上げながら歩いている。

ダリル「他の隊員は?」

兵士「他の奴はいない。倒さなくて良い、ただあそこを通り抜けろ」と言う。

ダリルがこれは、オカシイと言うと、セバスチャンが笑いながら現れた。

「昔、あそこに銀行の頭取の息子のクーパーって奴が住んでいたんだ。幼馴染でさ、奴には用心深いオヤジがいてシェルターに、食糧やドラッグや大金やらを色々溜め込んでいたんだよ。だからお前らは、それを取って来てくれ」と命令し出した。

ロジータが信じないでいると「マジな話だ。俺の性悪な母親が限度額下げやがったから、生活を支える方法を考えたんだよ。銃は使えねぇ。弾数を数えられたらアウトだからな。銃が使えねーなら廃人が群がって来て殺される。でもお前らなら出来るって信じてるぜ。これがシェルターのカードキーだ。太陽光発電で…」

ダリル「行かねえよ」とダリルは立ち去ろうと歩いて行くとセバスチャンは、ウォーカーを連れていた兵士に命令してウォーカーを倒させ、ダリルに「この廃人の血を体中に塗りたくって、通り抜けて現金を取って来い」と言う。

ダリル「断ったら?」 セバスチャンは「子供は元気か?」と言ってRJ(リックの息子)とココ(ロジータの子)の話をしだしたので、ダリルは怒って、セバスチャンの胸ぐらを掴む。

ダリル「お前、子供達を傷つけたら、殺すそ」と言った。

 

 

セバスチャンは、傷つけるつもりではなく、ただ皆んなの暮らしを良くしてやるって意味だ、とビビりながら答えた。

セバスチャンの取り巻きの兵士は、ダリルにライフルを向けたので、ロジータはその兵士にライフルを向け

「やれば、それで終わりにするの?」と聞く。

セバスチャンはそうだと答えたので、仕方なく2人は、引き受けることに。

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead Action Figure- Daryjl Dixon” [Figure] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

ダリルとロジータは、アーモーの上や身体中、顔に血と臓物を塗りたくり、呻いているウォーカーの群れの中をゆっくりと歩いて行く。

やっと家に到着し中に入ると、ロジータは新し目の血痕を床に見つけた。ダリルは、シェルターのドアを見つけたのでカードキーで開けようとするが、電気が落ちたままで開かない。

するとウォーカーが2体やってきたので、2人でやっつける。ロジータが「こいつら、まぁ新しいよ。転化して2〜3日ってとこじゃない?」と不思議に思ってダリルに言うと、開かない扉の向こうから人の声がした。

中に閉じ込められた女性らしく、「早く助けて!開けて!ここにはお金はあるけど、私しかいないわ!」と叫んでいる。

ダリルが扉越しに、「前にも他の人間が来たか?」尋ねると、ある日知らない男がやって来て、借金をチャラにしてやるから、金を取って来いと、言ったらしい。それで12人でやって来たら皆んなやられてしまい、3人だけが家屋に入れたと言う。

「中に入ると、他の2人が揉め出して…私はここに入ったんだけど、そうしたら電源が切れちゃって閉じ込められたのよ!開かないの!私を置いて行かないで!」と必死に叫ぶ。

ダリルは助けるために発電機を見に行く。ロジータが名前を聞く

「エイプリルよ」

ロジータ「私はロジータ」

 

ニーガン達は、マギー達が戻ってくるのを待っている。

ニーガン「大丈夫だ。必ず乗り越えられる」とみんなを元気づけている。

リディア「貴方は黙って出て行ったよね?」

ニーガン「気を遣ったんだぜ。俺がいない方が皆んなのためになるだろ?」

アーロン「じゃあ、グループを見つけて彼女と?」と聞く。

ニーガンは、左手の薬指の指輪をチラッと見せた。

アーロン「ここが似合ってるな。骸骨並べさせたのは、アンタだろ?」と言うと

ニーガン「ゲシュタポみたいだろ?」

ゲイビー「ここにも人がいるなんて…私達がいる場所が特別だと思ってたのに」

リディア「そう願っていたのに…違っていたわ。他の共同体を飲み込むだけの人達よ。マスクをしてないだけで、ウィスパラーズと変わらないわ」と真実がわかったようだ。

そこへ無線が入る

アニー「5Fよ。兵士達は散らばっているから、今なら逃げられるわ」と言ったので、逃げる準備を始める住民達。

ニーガンが気になって窓辺のカーテンを開け外を見る

ニーガン「やべぇ」と呟くと、無線が聞こえて来た。

兵士が無線でトビーに連絡している「トラックの荷台に、子供が入っていました!」

連れて来たのは、マギーの息子ハーシェルだった。

 

ハーシェルは、兵士に連れられて建物内に連れてこられた。兵士が無線でトビーの指示を待っている隙を狙ってニーガンが兵士を殺し、ハーシェルを助けた。

マギーは、アニーと廊下から、部屋に逃げ込み、やって来た兵士達をやり過ごそうとしていると、アニーが徐にポケットから何か取り出して、かじって食べた。

マギー「生姜を齧ったの?」

アニー「そう。妊娠12週目、彼の子よ」と話しているとニーガンから無線が入り、ハーシェルがいると報告。

驚くマギーは戻ると言うが、ニーガンは、戻らず任務に集中しろと言う。

ニーガン「大丈夫。彼は1番に、俺が身を挺して守るから」と言う。

不安なマギーにアニーは「彼を信じて」と言う。

マギー「あの子の父親を殺した男を信じろと?」

アニー「知ってる、話は聞いたわ。誰の手も汚れているわ。皆んな生き残るために何でもして来た。私だってそう。でも彼みたいに善人になろうとしてるのよ」

マギー「(酷いことをした事を)忘れさせやしないわ。」

アニー「忘れたりしないよ。彼なら貴方の子を命懸けで守るから」

 

ニーガンが部屋に来ると、ハーシェルはベッドに腰掛けたまま、彼をじっと見つめる。

ハーシェル「ママが、貴方には近づいちゃダメって」

ニーガン「マギーは賢い人だからね」

ハーシェル「ママは何故貴方を嫌いなの?」

ニーガンは答えにつまるが、昔のある事がきっかけだ、と話す。

ハーシェル「貴方は悪い人?」と尋ねた

ニーガン「ああ、昔はね」と答えると、ハーシェルは、いきなりピストルをニーガンに向けた。

 

 

2.あらすじ:後編 *ネタバレ有り

ここからネタバレ有り↓↓

 

ハーシェル「ママが、パパは悪人に殺されたって…貴方だね?」と銃を向けたまま言う。

ニーガンは悲しい顔をしながら「俺だよ。俺は君と君のママの大切な人を奪ったんだ。それはどうやっても動かしようがない事実だ。だから君が引き金を引いても責やしない。だが今、発砲したら敵に居場所がバレちまう。俺は撃たれて当然なやつさ。でも彼らは違うよ」と皆の方を見た。

ハーシェルは、ニーガンから目をずっと離さないでいたが、銃を向けたまま左を見ると、一部始終を見ていたリディアや他の人達が、こちらを見ているのに気づく。

そしてゆっくりと銃を下ろし、リディアがそっと銃を手から取り、ハーシェルを連れて行った。

ニーガンはつらくて泣いてしまう。

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead- Negan Tshirt” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

その頃、ダリルは発電機を見つけ出し、全てにスイッチを入れる。だが一個だけ切断されたように断絶している…ダリルは何かないか周りを探し、ペンチを拾うと断絶したところを挟みつなげた。中々うまく行かず途中で、バチバチと音を立てて電源が落ち、その音のせいでウォーカー達が、ワラワラと集まって来てダリルを襲う。

手こずるダリルだったが、襲って来るウォーカーを倒し10体程を1人でやっつけた。

そしてもう一度トライすると美味い具合に電源がつき、部屋の明かりもついた。ロジータは、急いでカードキーを入れ込みドアを開ける。中からエイプリルが走り出てきて、ありがとう!とロジータに抱きついた。

エイプリル「お金は、あそこよ!」と指を指し、ダリルが金庫を開ける。ダリルとロジータが、中の金を袋に詰めていると、いきなり電気が落ちた。

すると部屋の異常からか、サイレンが鳴り出した。

 

続きは次のページ→

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。