【ウォーキング・デッドシーズン11】第14話ネタバレ「ニーガンの涙」あらすじ感想 TWD11-14

エイプリル「止めて!廃人がやって来るわ!」と叫び、ロジータは電子板を外して音を止めようとするがなかなか、うまく行かず、ウォーカーぎ集まって来た。

ロジータは、ドアを塞ぎチェストでドアが開かないようにした。すると外でウォーカー達の唸り声が激しくなった。そしてそれ以外の物音もする。何かがやって来たようだ。

ダリル達が固唾を飲んで扉を見つめていると、音が止んだ。そしてノックの様な音。ドアを開けると、赤いアーモーを着たマーサとキャロルがいた。

ダリル「何故、お前らここにいる?」

キャロル「だって約束の時間が過ぎてもランチに来ないから変だと思ったのよ…」

マーサ「聞いたぞ。金を盗みに来たんだって?」

ダリル「違うよ。セバスチャンに脅されて仕方なくだ」

マーサは見た顔ではないエイプリルに名前を聞くと、エイプリルは、自分が兵士に脅されて上手くやれば分前をくれると言われたからだ、と話した。

マーサ「お前1人だけか?」

エイプリル「12人いたのよ。でも今は私だけよ」

マーサはキャロルと自分の弾数が足りないのを確認し、困ったというと、ダリルが「血液をつけていこう」と臓物を入れたパックを見せた。

皆んなで体に血を塗りたくり、ゆっくりとシェルターか、出て行く5人。エイプリルはロジータのアーモーを着せてもらっていた。

ウォーカー達が溢れている部屋をゆっくり抜けて行く。そこへウォーカーがエイプリルにぶつかり、そのポロポロの服の端が、エイプリルが着ているアーモーに引っかかり取れなくなる。エイプリルは、一生懸命ウォーカーの引っかかったシャツを取ろうとするが、中々取れないため、持っていたナイフでウォーカーの頭を刺した。

そのせいで音を立てて人間らしい行動を取った為、ウォーカー達がエイプリルに気付き、数体が一斉に襲いかかった。「やめてー!」と叫ぶエイプリルを助けようとしたが、ウォーカー達が襲いかかって来た為、ダリル達までもがナイフでウォーカー達をやっつけなければならなくなった。やっとの思いで部屋中にいたウォーカーを倒した面々。だが見るとエイプリルは血だらけになり死んでいた。

ロジータはやるせない顔をして、エイプリルの頭をナイフで刺して殺してあげた。そして金を入れたバッグを持ってダリル達は、一軒家から立ち去った。

 

スポンサーリンク

マギーとアニーは建物内を移動していると、後方から人が叫び声を上げて出て来た。振り返ると、ライフルで撃たれてしまい、トビーと兵士達が現れた。マギーは、すっと開いてる部屋に入り隠れる。

トビー「有益な情報を持っていない住民は、頭を撃て。もし武器が見つからなければ、焼き払え」と兵士に命令して先を進んで行った。

それを隠れて聞いていたマギーは、無線でアーロン達に連絡「私、いいプランを思いついたわ」。

 

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead- costume Shoes- Michone” [Shoes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

トビーは兵士を連れて、住民がいないか隠し扉がある部屋にやって来た。

酒瓶を片手にトビーは、頭を抱えて「分からんな」と八方塞がりのようだ。

だが頭を抱えてお陰で、足元に異変を見つける。部屋の床は埃と砂だらけで足跡がたくさんある、、、が、一つだけ足跡がくっきりしていて、いかにも新しい。そして足跡は、クローゼットの方を向いている。

ピン!と来たトビーは、口笛を吹いて兵士達を呼ぶ。兵士達がやって来て、トビーは音を立てないように、抜き足差しクローゼットに近づいていく。

中にいるニーガン達は、異変に気付いたのか、全員が息を殺して身構えている。

トビーは手を伸ばし、かかっている洋服を退けようとした…

「アーロン!こっちだ!」と言うゲイビーの声が上から聞こえて来た。

トビー「神父だ!屋上に行け!」と兵士たちに命令し、自分も走って行く。

屋上ではアーロンとゲイビーが、ライフルを持って走り出てきた。

「銃を捨てろ!」トビーが出てきて、アーロンとゲイビーに叫び、銃を向けた。

トビー「もうこんな茶番劇はうんざりだ。お前ら何故、罪人の肩を持つんだ?」とアーロン達に怒鳴ると、イライジャがトビーの後ろに付いてきた部下達をやっつけた。

トビーは音がした方を振り返ると、リディア、アニーが出てきた。

トビーは驚き、無線で「お前ら全員、屋上に上がって来い!」と命令するが、「行けません!戦闘中ですよ!」と兵士は言い、誰も応戦に来てくれないことが分かると、いきなり「OK分かったよ、お互い話し合おうぜ。まず深呼吸しよう…」と笑いだし、媚を売り出した。

アーロンは、敵が落としたピストルを拾い、トビーに銃口を向ける。

そしてマギーが銃を持って出て来ると、トビーの顔は、真っ青になった。

ビビり始めたトビーをアーロンが撃つと、トビーは「アー!」と声を上げながら屋上から落ちた。

ドスン、と言う音がした。その音に、先程トビーが突き落としたせいで死んでしまった住人達が、ウォーカーに転化してひっくり返っていた為、目覚めてしまう。そしてトビーを襲う。身動きが取れないトビーは叫び声を上げながら、ウォーカーになってしまった住民達に食われてしまった。

 

盗んだ金を持ったダリル、マーサ、ロジータ、キャロルは、丘の上で待っていた兵士2人に会いに行く。

マーサ「お前ら手伝えよ」

だが2人は断る「アンタの指示には従わねーよ。金か?中を見せろ」と言って兵士の1人がカバンを開けた。

ロジータ「アンタら何人の人をあそこへ送ったの?」

兵士「30〜40人かな?わかんねーや。これでやっと…」と言いかけるや否や、マーサがその兵士の頭をピストルで撃ち抜き、ブッ倒れる兵士たち。

余りにもいきなりの事に、ダリル達はびっくりしたまま身動き取れず、黙ったままマーサを見つめたまま…マーサも黙っていて、しばらくシーンとした間が…

マーサ「セバスチャンの所へ、それ(金の入ったバッグ)を持っていけ。」てダリルに言う。

ロジータ「ダメよ」

マーサ「ダメだ。歯向かっても誰もアイツには勝てないんだ。」と言い、検問所を通り抜けるまで自分が持って行けば安全だから、と言い歩いて行った。

 

スポンサーリンク

 

ロジータは、警察の休憩室に座り、ムカついた顔で考えている。ダリルもだ。そこへセバスチャンがニコニコしながら入って来た。

「それで?」と言うと金が入ったバッグを見つけて小躍りした。ダリルは、それを見て睨んだ。

セバスチャン「良いぞ!2人ともお手柄だ!あれ、アイツらは?」と手下の2人がいないのに気づく。

マーサ「やられた…」と言うと、一瞬考えるセバスチャン。だが又陽気な顔をしてバッグから札束をダリルとロジータにあげると、デスクにポンと投げた。

セバスチャン「配当金だ。おめでとう!また友達に戻れて嬉しいよ」と金が入ったバッグを持って出て行った。

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead Action Figure- Rick Grimes” [Figure] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

「オープンレンジ!応答しろ!」ランスは何度もトビーの無線を呼ぶ。だが応答がないためイライラしている。

そこへキャロルがやって来た。ランスが「遅かったね」と言うと

キャロル「友達をピンチから救っていたのよ。」

ランス「何故ピンチに?」

キャロルは知事の息子のせいだと説明「厳しい状況下の人々を群れの中に送ったせいで、大勢の人が死んだわ。」と苛立ちを隠せ図話してしまう。

ランスは「ついに金を手に入れたのか?」と言った。ランスはセバスチャンがやっていたのを知っていたのだ。

キャロルは、不思議に思い住人達は何故行くのか聞いた。

ランス「アイツらは自ら苦境に立ったんだよ。選択を誤ったか、ルールに従わなかったか…だから、命綱を与えてやったのさ。ここでは皆んな役割があり、責務を果たさないと他の人が困るんだよ」と言う。

キャロルは、こいつに話しても無駄だ、と言う表情をして「そうね」と言うと、早く話を切り替え帰ろうとしたが、ランスに呼び止められる。

ランス「キャロル、君が大局を話せる人で嬉しいよ。中々めずらしいことだよね」と言う。

キャロルは「そうね」と言い、穏やかに微笑み出て行く、笑みは消え、ムッとした顔をしながら…。

 

死体を外に運び出し、建物内を片付けるニーガンや住民たち。

そんなニーガンを、ハーシェルがジッと見つめて座っていた。

気づいたニーガンが、ハーシェルの所に近寄り「まだ決着がついていないよな?」と優しく話しかけた。

黙っているハーシェル。

ニーガン「じゃあ、こうしよう。君はママと家に帰り、みんなと再建を手伝いな。数年たって成長したら、俺を探せ。その時、決着をつけようや」

ハーシェルは微動だにせず、答えもせず、ただニーガンを見つめている。

ニーガンは、そっと去って行く。2人を見ていたマギーが、ニーガンが何と話しかけたか、ハーシェルに聞く。だが大好きなママの問いにも答えず、ハーシェルは黙ったままだった。

 

スポンサーリンク

 

マギーは、アーロン達に「コモンウェルスには、もう戻れないね」言うと、驚いた事に、アーロンは戻ってランスに報告すると言う。

ゲイビー「彼らをどうしよう。ランス達に狙われている」

マギー「何とかするわ」

ゲイビー「でも武器を奪ったのは、誰なんだ?」

 

2週間前…

馬がいる。そばには兵士達が死んで転がっていた。

その中に1人だけ、アーモーを着た兵士が這いつくばって逃げようとし、それを誰かが捕まえた。

兵士「やめて!やめろ〜!」と叫ぶが、喉を掻っ切られてしまう。

兵士達を襲い、殺した奴はたった1人。

それはレアだった。

3.Lyraの感想

 

いやいや、またもやレアが出てくるなんて、、、しかもこのタイミングで!聞いてないよ〜♪ なんて思わず声に出しちゃいました。レアは、また出てくるとは予想していたので、「もう少し話が進んでからダリルに言い寄って来てスッタモンダするな」と考えていたら、武器を1人で奪ったなんてね〜。

1人だけ助かって逃げたから復活するに決まっていたんだろうけど、これだけ強いなら、何でダリル達にアッサリやられた?可笑しいわ〜この強さ。

ダリルとロジータが警察&兵士になるために一生懸命、訓練していたのを、皆さんも見てたでしょう?あれよ、あんなやって中々、兵士(警察)になれんのに。ダリルは何回もテストに落ちてるっぽい(マーサが言っていたから)のに。つまり強いダリル達も頑張って兵士になれたわけだから、そんな強い兵士を、しかも1人でやっつけるなんて、ありえへん。

まあこれはドラマですから、何でもありですし、ご都合主義はTWDでは当たり前。だから慣れっこなんですが、ちょっとツッコミたくなるよね〜。来週どうなるんでしょうね?弱いのにひとりでコモンウェルスをやっつけちゃう?

あと今回は、ニーガンとハーシェルの関係ですね。やはりマギーは、近寄るなと言ってました。そう言うしかないですよね。父親を殺した犯人なのだから。それも普通の殺し方ではない。拷問した上で、苦しめまくった見せしめのやり方だっだから。

今、冷静に思い返すと、ニーガンって変わりすぎ。人間こんな簡単に変われる?変わる理由がある人ですら、中々難しいのに、、、常人を超えた悪人が善人に?絶対無理ですね。反省し、悔い改めれば人は変われるとか、先週ゲイビー(ゲイブリエル牧師)が説教をしていた時に信者達に向かって「誰もが罪人だ。それを忘れてはいけない」と言うのは、欺瞞だとおもいます。「人は平等だし、同じだから相手を疑わずに仲良くしろ」と相手を信じられずにいるコモンウェルスの住民達に教えを解いていたわけですが、これは無理な話。理想ではありますが、コモンウェルスの差別や格差からして違う。それを見越してゲイビーアドバイスしていたわけですが、理想であり現実ではないですね。

「隣人を愛せよ」とは個人的に思っているし、「誰に対しても同じように接していて素晴らしい」と言われますが、ハートを知る人以外は信じられいですね。特に怖い人間の汚さを、知った今は。

ドラマだから別に問題視はしませんが、理想を掲げているだけかな?つまりマギーの言ったことは正しいし、ハーシェルがニーガンを撃とうとしたのは間違っていないと言いたいだけです。パパに会えずに生きてきた、それも過酷過ぎるapocalypse の世界で小さい子が、ママと2人で戦いながら、あの環境を生きてきた、と言うことだけでも奇跡だし、その辛さを考えたらあんな瞳でニーガンを見るのは当たり前だと感じます。

彼がこれからどう成長するのか?ニーガンの言う約束がどうなるか?ハーシェルは復讐を実行するのか?或いは、仏の心が芽生えて見逃してやるのか?或いは、そんな復讐するしないなんて言ってられない恐ろしい世界に突入してしまうか?

それを出来れば最後まで見届けたい。そう強く思います。

ウォーキング・デッドを11年?も見てきた私達だから。

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead- Negan Tshirt” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

4.Lyraの解説: ツッコミポイント

①フレンドリー過ぎなダリル

ダリルは、シーズン9でいきなり女子会を開いたかのような立場になったり(笑)、とっても乙女な感じになった時期がある。↓ ↓

(*シーズン9を参照→【ウォーキングデッド シーズン9第1話】 あらすじ感想 荒れる恋愛模様と秋の空! ネタバレ The WalkingDead 9-1)

 

だからフレンドリーに女子達と交流や、女子しかいない場に、1人だけ囲まれてずっと一緒というのは良くある日常の1コマなの。だが、あれってモテない女性には勘違いされちゃうかも〜なんてチラッと頭によぎる行動をしていましたよん。例えば…

キャロルと久しぶりに会ったので、ランチを一緒に食べようって話になった時に、「じゃあ、後でね」と別れ際に「デートだからな〜!」とキャロルに気軽に言っちゃったりしてね〜。まあキャロルは、前の回で書いたように、もうダリルがコニーに恋してるのを知っているから、デートでも仲良しとのデートだと承知してるんだけど、一応前は恋仲になりそうな雰囲気が何度もあった2人。ムフフな感情湧いたりしちゃうんじゃないの〜?

あとは、警察(兵隊)の準備で建物に入った時に、ロジータが座っていたら、ドーナッツを食べているのをツッコまれて「お前も半分食うか?」てあげちゃうところ。可愛いし、いい感じなんだが、ロジータは人妻だし、あとLyraと同じで男ばかりと一緒にいた女性だから男性とフランクに仲良くなる人だからOKだけど、コレ、ダリルを意識してる人や日本人の中には「あれ、私に気があるんじゃない?」なんてなる人がいそう〜。なんて思ったけど今は当たりまえかな?良くわからないけど…これやると大体、俺に気がある?ってなる人がいるからね。まあ、こういうシーンを見てLyraはお茶目なダリルだな、と思うし、恋愛感情は全くわかないけど可愛いな、と思う。そしてフレンドリーすぎて又モテモテ・ダリルになりそうな気がして、楽しくなったのです。

ダリルとロジータが、仲良くドーナッツをハグハグ仲良く食べてるシーンが可愛くてね、1番今回の話で大好きシーンだったな。

②セバスチャンはダメ男

分かりきった話だけど敢えてセバスチャンはダメ男だと言いたい。「何か過去にあって母親に愛されていないと思って、いつも母親の目ばかり気にしてるのかな?」と感じたが、ダリルの手柄を自分の手柄と言いふらして自慢したり、金で人を動かそうとしたり、悪どいし…で、もう情けない。オマケに限度額を下げられたからと、自分の母親を「クソ性悪女」と言ってるし胸糞悪いとは、こういう人のことを言うんだな?と思いました。

個人的に自分の親を馬鹿にする人や悪口を言う人は、好きじゃないので…愚痴をいうくらいならわかるけどFワードやらあんな言葉を並べていう奴は嫌い。親子間で何かあった、と百歩譲っても限度があると思う。

両親と凄く仲良かったLyraにはわからないこと、と言われたら仕方ないけど、リスペクトがない人は、見ていて嫌な気分になるということを言いたかっただけ、そして犯罪を犯す奴が嫌いなだけです。セバスチャンが自分で働かずに、金を集めるために強盗を働き、また自分でやらずに困っている人たちにやらせる、というのがもうキモイ。キャロルがキモい顔をしてセバスチャンの行為を容認してるランスを見ていましたが、本当、私もそうなってしまう。他人の迷惑になることをする人間は、迷惑だしこの世からいなくなって欲しい。でしょ?

 

③アーロン、お人好し

大丈夫か、アーロン?トビーを殺して、兵士達をやっつけてしまったあの状況で、コモンウェルスに戻って平気?

ランスに報告するって殺されに行くようなもの。どうしちゃったのかしら?

まさかこの前、アーロンが変わってしまったから嫌な予感がする、と書いたが、まさかランスとやっぱりグルなのか?

マギー達が危なくなるわ〜まあ、そんな事ないと…思う…が…なんか嫌な予感する〜。

 

④ついていなさ過ぎのエイプリルとダリル

セバスチャンの金集めのために、RJやココの話を出されてダリルとロジータは、仕方なく強盗をさせられるのが、ついていないなあ、と思いましたね。何故なら、なぜかダリルはセバスチャンに目をつけられてるから。自立して自分1人だけで乱闘も何でもやれるダリルが羨ましいのでしょうね。

自由に生きていけるダリルが羨ましいなら、自分もそうすりゃいい。でもセバスチャンは、甘やかされて生きてきたから何も自分では出来ない。こんな奴に目をつけられたダリルはついていなさすぎる。ただいつもなら、「やってらんねーよ」と街から出て行くのがダリルなのですが、今回はしない。それはジュディスとRJのためだと思う。ミショーンの代わりに自分が面倒を見てるから、というのもあるし、放っておけない。だから出ていけるのにコモンウェルスにまだいるんだと思います。

あとついていないのは、今回出てきたエイプリル。閉じ込めれたのもついていないし、せっかくシェルターから出せてもらえたのに、安全のために着せてもらったアーモーが、ウォーカーの服に引っ掛かるなんてねー。可哀想すぎる。

⑤レア、たった1人で兵士達を殺せるなら…

感想でも書いたが、あんなに強くて、1人でコモンウェルスの武器を掠奪することができたのに。何故、ダリル達に簡単にやられたのかしら?やっぱりダリルが好きだから油断したの?

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead Vol.1“ [Book] クリックしてアマゾンへ ↓↓

*この漫画のあらすじ・解説などはこちら→【ウォーキングデッド】アメコミvolume1 “DAYS GONE BYE”の続き 後半。ストーリーと解説、完全ネタバレ。

⑥可哀想なニーガン

「俺がいない方が皆んなのためだろ?」とリディアに黙っていなくなった理由をきかれた時に、リディアとアーロンに話していた台詞が可哀想すぎる。

まあ、それだけ酷いことをしたから、許されなくて当然なのですが、Jeffreyが演じると憎めない俳優さんだから、可哀想に思えてきちゃいます。演技が上手いんでしょうし、持ち前のキュートさが、彼の人の良さを全面に押し出してしまうから不思議です。これ、他の俳優がやったら憎たらしいしかないよね?だって私達が応援して来たグレンを殴り殺した奴なんだから。

いやはや配役ってのは重要だし、良し悪しによってこんなにドラマの印象を変えてしまうなんてすごい事です。

ニーガンは、アニーと結婚していたという、何だか前のシーズンでやった奥さんとのストーリーは何だったん?な内容にビックリしました。

 

 

が、可哀想なニーガンの立場は変わらないけど、少しは明るく生きる気になれたのかな?だったは良いのかもね。

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead- Negan Party costume” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

⑦ニーガンとハーシェル

そのニーガンと、ニーガンに父親を殺されたハーシェルの会話も辛かったです。多分、このシーズン11の中で、今のところ1番辛い話かも。「ママが再建するのを手伝え」と言うところが、マギーのことを考えていて優しいなと思った。

そして「成長し大きくなったら俺を探せ」とは。力が同等になったら戦うと言う意味なんでしょう。でも、その頃にはニーガンの体力落ちてるんじゃないかしら?ああ、ニーガンは、死んでも仕方ないと考えているのかな。

人をたくさん、無実の人も殺めてきたニーガンだから自業自得。リックに生かしてもらったようなもの。だから、覚悟を決めてハーシェルに言ったのでしょう。

あとアニーとのお腹の子のためでもある気がします。ハーシェルが大人になる頃ならば、赤ちゃんも大きくなっているでしょうから、今、自分がいなくなったら奥さん1人で育児するのは大変だからね。ウォーカーもいるし、悪人もいる世界だから余計に苦労するのだから。

ニーガンの読みの深さ、人のことを思いやる優しさを感じた場面でした。

 

 

来週の第15話から悪を暴くシーンがたくさん出て来そう。ヴェールに包まれていたらコモンウェルスの悪を、ユージーンは、どう皆んなに知らせて行くのか?

コモンウェルスの悪人達をダリルやニーガンはどうするのか?を楽しみに見ていきましょう。

次回の第15話も頑張って解説するので、良かったらこのブログを宣伝してくださいね。→第15話も頑張って解説するので、良かったらこのブログを宣伝してくださいね。

 

皆さんの応援だけがLyraのパワーです。

お楽しみに〜♪

See You Tomorrow〜☆

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。