【ウォーキングデッド シーズン9第15話】あらすじ感想ネタバレ 「熱いKISSとサヨナラと」 TWD9-15

今回の15話は予想通りの展開で、正に嫌な予感的中!それより、一番ビックリしたのはCMが一切なくスムーズに観れた事!って言ったら皆んな笑う?

TWDは、絆が強い家族や仲間を描く反面、人間の汚さ、欲、意地の悪さも露呈するドラマ。

「今夜はその両方をお見せしよう」ってことなの。

第15話は、王国で行われる各国首脳会議(笑)を名目にしたお祭り騒ぎをメインに、今、話した人間の汚さ、欲、意地の悪さがチラチラ燃えている回です。

スポンサーリンク

リディアとヘンリーの可愛いカップル、

イーニッドとオェッ・アルデン、

キャロルと江崎のカップル達のラブラブ具合が見れます、、、見たくないけど。

プラス、キャロル夫婦とヘンリー、

アルファとリディアの2つの親子関係の対比にも注目して見ると楽しめますよ!

早速、Lyraの詳しいあらすじに行きましょう。

その後の【Lyraの感想】と☆ツッコミPoint☆もオモロイから楽しんでね!

*前回の第14話はこちらから!→【ウォーキングデッド シーズン9第14話】ネタバレ感想あらすじ 「愛の勲章ってヤツ!」 TWD9-14

*Lyraのブログは、ネタバレ全開です。詳しいあらすじを知りたくない方は、あらすじ後の【Lyraの感想】&☆ツッコミPoint☆をお読みください。

 

スポンサーリンク

= 第15話「裏切りの代償」 Episode15 “The Calm Before” =

戦う男。

戦う女。

2人とも、ウォーカーを倒して行く。

倒した後に、2人は「記念日おめでとう」と言うと、女は男にプレゼントと言ってヒルトップを見せた。

5年の月日が経ち、2人はヒルトップの住民になっていて、女は男にプレゼントをあげていた。それは女が掘ったHの文字が刻まれたコインだった。

男「何で?わかったヒルデのHかい?」

女「違うわ、ヒルトップのHよ」

素晴らしい出来の良さに男は、女に「もっと沢山作るべきだ、皆が喜ぶよ」とアドバイス。

又、記念日がやって来た。2人は馬車に乗り王国へ行けると女は大喜びだ。

男は、女を見つめ彼女にキスをすると馬車を走らせる、、、ギュッと彼女の手を握る。

女の膝の上には、コインが入ったHと刻まれた箱が大事そうに乗っていた。

戦う音。

すると、先ほどの女は無残に殺されていた。散乱する荷物。

どこからともなく、子守唄。そう、リディアに歌ってあげていたあのアルファの歌だ。

アルファは、女の髪の皮膚をはいでいく。

雑草には、女が一生懸命作ったHの文字の木彫りのコインが箱からたくさん溢れ落ちていた。

 

エゼキエルが開会の演説をしていた。

隣にはシヴァの大きな人形がある。

エゼキエルは、リックやジーザスのお陰で私たちの幸せが今あるのだと話し、皆が拍手した。

祭りが始まり、賑やかな雰囲気の中、エゼキエルはキャロルに 「私も行く」と同行をしたがる。

が、キャロルは「王は、王国にいないと」と答えた。

そこへミショーン、ダリル、ジュディス、リディア、ヘンリーが馬車で到着。

キャロルは、ヘンリーにキスをし「もう2度と黙っていなくならないで」と抱きしめた。

ヘンリー「母さんごめんね。もうしないから」と約束しキャロルを抱きしめた。

キャロルはそばで見ていたダリルに気づき、抱きしめ「ありがとう」と礼を言った。

エゼキエルは「ミショーンが来た!」と驚き嬉しそう。

ミショーンの横にチョコンといるジュディスを見つけたキャロルは、ニコニコしながら「ジュディスね?私のこと覚えてるかな?」と話しかけると、ジュディスは

「お絵かきしていた絵がうちにあるから分かるわ。王とキャロルよね。」と笑った。

神妙な顔をして足早にタラがこちらに向かって来て「予定ではヘンリーだけじゃなかったの?」とリディアに不信感を抱いた様子を見せた。

それを聞いてミショーンは「あっちにいかない?それについてや、色々話し合わないといけないことがあるのよ」と、タラ達を連れて行った。

(click to amazon ↓↓ ) “The Walking Dead Skull Montage T-Shirt: Black” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

ミショーンは、部屋に集まった王国、ヒルトップ、アレクサンドリア、オーシャンサイドの上層部のメンバー達に、自分やダリルやリディアやコニー何故がここに居るのか説明し始める。

その話を聞いてゲイブリエルは、リディアは仲間だし受け入れると言った。

タラは、リディアを仲間にしたら信用できないし母親(アルファ)の報復を被ることになるし、1番狙われるのは自分達ヒルトップだ、と主張。

その意見を聞いたミショーンは、「私が初めて刑務所にいた皆んなを訪ねて行った時、リックは私を始め全く信じてくれなかったけれど仲間に入れてくれたわ。それに貴方だって総督の仲間だったのに、私たちのチームに来て私たちは貴方を信じていいのか分からないのに受け入れたんじゃなかった?」と話すと、オーシャンサイドの女もタラに「始め貴方は私を敵だと思って私は殺されかけたけど、仲間にしてくれたじゃない?」と昔話をし、タラは納得してしまった。

タラ「そうね。じゃあ、皆んなで仲間になった記念に何かする?祝杯をあげようか?」と言うと、

エゼキエル「それなら、もっと良いものがあるぞ!」と、昔ミショーンがリックの励ましの元に書いていた、自由と権利の憲章の大きな紙を持って来た。

タラ「うわ、まだちゃんと持っていたのね!」

ミショーン「何故、これがここにあるの!」と驚いて声を上げると、タラがミショーン達のコミュニティから出て行くときに持ち出してエゼキエルに渡したのだと言う。

ミショーン「ごめんなさいね、あの時は貴方が正しかったわ」とタラに言うとタラも

「ミショーン貴方も正しかったわ」と仲直りした。

エゼキエル「この日が来るのをいつも信じていたよ。私は目立つ所に書こうかな?」そう言うと、憲章の王国と書かれた場所に、エゼキエルと名を書き、その隣にキャロルが「Queen Carol」と書いた。

ミショーン「ここは、委員長である貴方が書けば?」と最近、喧嘩ばかりしていたゲイブリエル牧師に先を譲る。

ゲイブリエルの後に、オーシャンサイドの上層部と、ヒルトップのタラが署名し、皆が同盟に加わったのだ。

その様子を客席に座っていたヘンリー、リディア、ジュディスが嬉しそうに、大人たちを見つめていた。

スポンサーリンク

 

ヘンリーは、祭りの中をリディアを連れて案内していた。

リディア「こんなに沢山の人がいるなんて?」と驚きながらヘンリーに言う。

ヘンリー「皆んな自分を表現しているんだよ」と、医学の勉強を教えたり、手品をしたり、蹄鉄と相手の商品を交換しあったり、ゲームをしてあげて子供を喜ばせたりしている様々な住民や人々を見ていた。

ヘンリー「気に入った?」とリディアに尋ねると、わからないと言う。

2人が話していると、ダリルが荷造りをしているのを見つけ、気にしたリディアは、「私が行くべきよ。」と一緒に偵察に行く事を頼んだ。

だが、ヘンリーは、「僕のせいだ。僕のせいで起きたことだから、危険なことが起きたら大変だろ?だからさ」と止めるように説得する。

「危険なんて起きたら困るぞ」とエゼキエルとキャロルが2人の所へ来た。

キャロル「映画を後で一緒に見ましょうよ」とリディアを誘うが、

リディア「何か色々あったから疲れちゃって…」とモジモジ。

エゼキエル「もっと楽しみなさい」と言うとキャロルも

「浮いてる?そう思うかもしれないけど、慣れるから大丈夫よ」と笑った。

ヘンリーは、まだ案内したいからと言いリディアを連れて祭りの場へと歩いて行く。

その若い2人を見てエゼキエルは

「俺たちの息子が女の子とデートする日が来るなんてな」と感慨深い顔をしながらキャロルの肩を抱いた。

 

祭りの人混みの中、ルークをまん中にして両サイドにイーニッドとアルデン3人が歩いていた。

ルークは、この前アルデンと2人で偵察に行った時の約束を果たせ、と映画の前に自分がやるギター演奏の出し物にアルデンを一緒に出そうと説得している。

アルデンは、イーニッドと同じりんご飴を棒に刺したものを舐めながら嫌だと拒否していた。

イーニッド「自分の彼氏が嫌がりながら歌うのも良いわね」と話し、アレ?となっているアルデンに

「私たち恋人同士よね?アレッ、てっきり私は貴方は私の彼氏だと思っていたけど…」と言うと、アルデンも「そうだよ、俺は彼氏だ」と答え、ルークはその2人を見ながら

「おー、可愛らしいカップルが誕生したぞ」と冷やかし喜んだ。

コニーは妹のケリーに、手話で「見てよ、ルークったら張り切っちゃって!」と笑って話す。

だが、ケリーは暗い顔。

コニー「どうしたの?元気ないわ」と心配すると、

ケリー「姉さんが消えたわ、急に。サヨナラも言わずに。もし何かあったら最後だったかもしれないのに?勝手にいなくなるなんてひどい」とダリルと出て行ったことをケリーは非難した。

コニー「本当にごめんね。軽率だったよ。アイツら赤ん坊を置き去りにしたり、悪い奴らがする事を見てたら、色んな感情が蘇って勝手に動いちゃったんだよ。ごめん、もう勝手にやらないよ」と説明し、ケリーは姉の胸に顔を埋め、コニーは妹を抱きしめ姉妹は仲直りした。

(click to amazon ↓↓) McFARLANE TOYS “The Walking Dead, TWD Color Tops DARYL DIXON” (ウォーキングデッド、ダリル・ディクソン、アクションフィギュア) クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

ミショーンは、セディクにジュディスを自分の代わりに見ていてくれと頼んだ。

セディクは「話したいことがあるんだ」と言うのでミショーンが「何?」と聞くと、セディク「いや。やっぱヒルトップで話すよ!」と言うと、ジェリーにイタズラしているジュディスの元へと走って行った。

その頃、出店の手伝いをしているヘンリーの所へ、メガネのアディーが話しかけて来た。

アディー「この前、告げ口してごめんね。貴方を困らせたくてやったんじゃないの。貴方が心配だからダリルに話したのよ」と謝るので、ヘンリーは気にしていない、と答えていた。

それを見たヘンリーを前に困らせた男子でアディーの仲間の2人が、1人でベンチに座っていたリディアの所にやって来て、

「アイツら仲良いな。アディーは、ヘンリーに気があるんだぜ。ヘンリーもあの調子だしまんざらでもないな。」とリディアに言う。

リディアも言われた方を見てヘンリーの様子を見ると苦しそうな顔をした。

男子は「うちらは仲間同士でなんでも分け合ってるような所だ。仲間になったんなら問題を起こすなよ」とリディアに嫌味を言う。

リディアはムッとすると、頭に来てその場から立ち上がって逃げた。

スポンサーリンク

タラは、ダイアン達に見張りをしてくれてありがとうと言っていた。

その近くで犬と一緒にいたダリルの所へ、コニーがやって来てメモを見て!とノートを見せる。

「気をつけて」と書いてある。

ダリルは頷き「犬の餌をやって欲しいんだが」とコニーに頼むとコニーは嬉しそうに笑い、両手を叩いて犬を呼び、走って行った。

ダリルの所に、キャロルとヘンリーとエゼキエルが来て

ヘンリー「助けてくれてありがとう」と言った。

エゼキエル「ヒルトップが大丈夫になったら、が王国に来い。」とダリルに提案した。

ダリル「考えてみるよ」と答える。

キャロルは、エゼキエルに「色々あるけれど、貴方は祭りを楽しんでちょうだい」とキスをした。

 

準備が出来たダリルはバイク、ミショーン、キャロル、マグナ、ユミコは馬車に乗って王国を後にした。

その頃、森の中では、DJとオジー率いるハイウェイマン達がウォーカーを倒し戦っていた。

DJ「すげーな。」と殺し方の上手さに感心し、ハイウェイマン達は

「もうじき夜になる。戻って様子を報告した方が良いぜ」と言っているとダリル達がタイミング良く現れた。

ダリルが争った痕跡を見つけ、これは人間の仕業だと言うと、マグナも落ちていた物を見つけ、ヒルトップのモノだと指摘し、側には人間の皮のようなものが落ちていた為に、ウィスパラーズが近くにいると推理した。

相談の結果、ダリルたちは二手に分かれることになり、ダリル、キャロル、ミショーン、ユミコが一緒に。

ハイウェイマンのオジーは「王国に戻ったら真っ先に映画を見せろよな」とキャロルに言い、キャロルは約束すると笑った。

ユミコは、「私たち全員が先に行ったら王国がやられるかもしれない」と言いマグナと離れて戦うと言う。

マグナ「私たち別々になるのかい?」とユミコを見つめるマグナ。

ユミコ「少しの間よ」となだめ、マグナはユミコをジーッと見つめると熱いキスをし、ダリル達の方へ走って行く彼女を見送った。

夜になった。

痕跡を探しながら懐中電灯片手に探る。

すると倒れている人間を発見。ヒルトップの住民だった。

ダリルは危険を察知。「道に戻るぞ!」と叫ぶ。

だが、真っ暗な闇の中を帰ろうとしても、溢れるようにウォーカー達が現れて来た。

ダリル、ミショーン、ユミコ達は手こずって先へ進めないでいた。

ミショーン「皆んな相手の手元を見て!もしかしたら皮を被った奴らかもしれないから!」と注意した。

ミショーンの刀の音が闇夜に鳴り響く。

ユミコやダリル達も数あるウォーカーの群れを倒して行き、いつしか、彼らの周りにはたくさんの量のウォーカー達が倒れていた。

まるで、あの霧の夜のように円陣を組んだかのようなダリル、ミショーン、ユミコ達。

気がつくと静かにウォーカー達がこちらに近寄って来た。

先頭を切って現れたウォーカーの手には、ナイフが握られている。

アッと言う間にダリル達は、ウォーカーの格好をしたすごい人数のウィスパラーズに囲まれてしまった。

「2度と同じ事はいわない。バカだな。娘を返せば死なずに済んだものを。だが、取引は終わりだ。」とベータがダリル達に言い放ち、武器を捨てろっと言う。

スポンサーリンク

「君が戻ったら楽しむよ」とエゼキエルは答え、キャロルにキスをした。

手を振るエゼキエルとヘンリー。

ミショーン、キャロル、ダリル、ユミコ達を見送り門が閉まった。

「ここにいたのね」とロジータが部屋に入って来た先には、機械をいじり仕事をしているユージンがいた。

ロジータが何を作っているか聞くと、ユージーンは、「無線を作っているんだ。皆んなが喋れるようになれば、何かあった時に連絡しあえて良いではないか、と思ってね」と相変わらず固い喋りをしながら、ロジータに気を使っているようだ。

ロジータ「それは、良いわね。」と言うと座り、並んでいる機械をいじりだした。

ユージーンもとなりに座り、機械をいじり出す。

ロジータ「聞いて、ユージーン。私たちの関係は変わらないわ。ゲイブリエルのことは理解してくれてありがとうね」と言い出した。

ユージーン「なんて事はない。君とは長い付き合いだし、責務だよ、責任感があるから」と照れたよう。

何で礼を言うんだ?と聞くユージーンにロジータも

「別に。責務よ、責任感からね」と話す。

ユージンは、ロジータに良い男は、ここにもいるよと又言い出した為に、ロジータは、「調子に乗るな!」と突っ込んだ。

 

タラは、ゲイブリエルとオーシャンサイドの女に武器を増やし武装しようと提案している。

ルークは、立ち稽古をアルデンとしていて、舞台下からイーニッドが「私の彼氏が嫌がりながら歌うのも良いなあって思ったのよ。これからずっとからかってやるわ」と笑って言う。

ヘンリーが、祭りの中を探し回っている。

すると木陰にリディアが座っていた。

ヘンリー「何かあったのかい?」と話しかける。

そのそばを、金髪の長い髪に黄色のワンピースを着た女が、出店の商品を眺めながら歩き回っていたが様子が奇妙だ。

その女は、キャロルとエゼキエルの似顔絵に、王と女王と書かれているのを見つけ立ち止まっているようだった。

その後ろをタミーローズと赤ちゃんを抱っこしたアール夫妻が話しながら、金髪女の後ろを通った為に、女は聞き耳を立てた。

アール「わしは、この子にアダムとつけるぞ」と言いタミーローズがからかっているのが聞こえて来た。

ヘンリーは、リディアが元気がないため横に座ると

「大丈夫?何があったのかい?」と聞くと様子が変な彼女に気づき、「誰かになんか言われたの?」と心配する。

リディアは、先程のアディーのことを聞く。

ヘンリー「あの子は、何でもないよ。僕が好きなのは…君だ。君なんだよ。アディーじゃない」と言った。

リディアはびっくりしたが、照れたように「私もよ。私もあなたが好きよ」と答えた。

見つめ合う2人。

ヘンリーはリディアにキスをした。

笑顔になったリディアは

「さっき頭に来たからヤギのフンをぶつけてやったのよ」と左を向くと、遠くで先程、リディアにアディーの事や嫌味を言って来た2人の男子が頭や体を手で払って汚れを落としているのが見えた。

笑うヘンリーとリディア。

するとバン!と大きな音がした。

ヘンリー「大丈夫だよ。あれ、前からあるパイプの故障した音なんだ」となだめると、「今から見て来るよ。その後、一緒に映画を観ようよ。席を取っていてくれる?」と言う。

リディアは嬉しそうに笑い、ヘンリーにキスをした。ヘンリーも嬉しそうに照れ走って行った。

スポンサーリンク

出店を見るふりをしながら、金髪女は、ユージーンとロジータがやって来るのを見ていた。

「何かお困りで?」と話しかけて来たのは、エゼキエルだった。

顔を上げた金髪女は、アルファだった。

「アレクサンドリアのデビーと呼んでください。ミショーンも来るとはびっくりしましたのよ!」と優しく話す。

エゼキエル「これからは私たち両国仲良くやって行くでしょう」と答えた。

アルファは、これから寒くなるだろうからセーターが欲しいの、と言い「洋服売り場はどこかしら?」とわざとらしく聞いて来た。

エゼキエルは「私がご案内致しましょう」と変装しているアルファを連れて行く。

(click to amazon ↓↓) “The Walking Dead – Wounded Hand, (レザー手帳型 iPhone ケース、ダリル・ディクソン) クリックしてアマゾンへ ↓↓

夜になった。

映画が始まった。

ジュディスは、ニコニコして拍手。

ジェリーは、ナディアと子供たちと笑って映画のアニメを見ている。

座席に座る観客みんなが大爆笑している。

リディアも笑っていたが、隣の席にヘンリーが来ないから心配そうな顔をしている。

気を取り直し上映スクリーンに目をやるリディア。その彼女の手を誰かが握る。

ハッと気づいたリディアが横を見ると変装したアルファが座っていて、唇に指を立ていつもの様に「シーッ」とやった。

 

ウィスパラーズに捕まってしまったダリルたちは、彼らの縄張りの場所に連れて来られた。

アルファがやって来て「娘はダメだ。弱すぎる。トラブルが起きてしまったのに。やむ終えないから、どうでも良い」と言い出した。

ミショーン「リディアは亡命したのよ」と言うと

アルファ「は?貴方は誰?コイツは、貴方の部下なの?」と聞いて来る。

ダリル「俺たちは皆、平等なんだ」

アルファ「お前達は平等だか知らないが、私を倒そうなんて出来やしないんだからな」と言うと、「お前だけ来い!」とダリルを呼んだ。

キャロルは泣きそうな顔をしながら心配そうにダリルを見た。

ダリル「どこへ?」とアルファに聞くが黙って行けと武器を突きつける。

辿り着いたのは、崖っぷち。

ダリルはアルファに速されて、崖のハジまで行くと下の谷底に数え切れない程のウォーカー達が蠢いている。

アルファ「あの中に私の部下がいて誘導しているのよ。」

ダリル「望みはなんだ?」と聞くが

アルファ「そんな物どうでも良い。王国を見に行ったわ。笑ったわ、とっくの昔に失われた聖地みたいよね。アンタ達を生かしてやるわ。だけど、これから行きていけるかなあ?とにかく私たちの言う事を聞かないと大変なことになるからね。ハイウェイと川のこっちは私たちのものだ。私たちの縄張りに入ったら容赦しないからな!アンタ達を今回だけは解放してやる。北の方角へ行きな。お友達が待ってるよ」と言う。

ダリル「お前、娘を殺したな?」とアルファに聞くダリル。

ダリルはリディアを殺したのか?と聞くと、アルファは一瞬ボーっとした表情になった、、、。

 

変装した金髪のアルファは、王国でリディアに帰るように説得した。

だが、リディアは戻らないと言う。

「私はヘンリーを好きよ。それに、ここの人達は、互いを尊重してる。助け合ってるのよ!こんな私のことまで心配してくれるのよ!だから、今私が叫べば、誰か助けに来るわ。黙っていてあげるから、ここからでて行ってよ、お願い!」と母に言うリディア。

アルファは、「貴方のために私は助けに来たのよ。何言ってるの?貴方は私の物よ?親子でやって行くのよ。強くしてやろうとしてあげて来たのに、お前ったらまったく強くなろうとしないんだからね」と言うが、

リディアは、「本当に叫ぶわよ!良いの?私は行かない。今まで選択の余地がなかった。ここならば、自分で選べるの。だから、私は行かない!今すぐ出て行って!」と言い、アルファは睨むと去って行った。

リディアは我慢していた涙を解放し、泣き崩れた、、、

スポンサーリンク

アルファ「私はね、リディアを守ることが出来ると思っていたわ」とボーっとしたまま言うアルファ。

それを聞いたダリルは「お前には娘は守れないよ」と言って、その場を立ち去る。

 

ダリルが北へ歩いて行くと心配そうにしていたキャロル達がいた。

キャロルと抱き合うダリル。そして、ユミコ達と歩き始めた。

ボーっと立ちすくむアルファの隣にベータがやって来た。

ベータ「リディアをやったのか?」と聞くが

アルファ「お願い、1人にして」と話す。

ベータはその場を静かに去る。

アルファは空を見上げ、目には涙が溢れて来た。

そこへ、仕事をしていた仲間の1人が通りすがりにこちらを見ていた。

アルファは泣いているのを見られていたのに気づき、その仲間にこちらに来いと手招きした。

こちらに来た仲間。

アルファは躊躇なくナイフで仲間の腹を刺し、宙を見上げると、涙を拭いた。

 

(click to amazon ↓↓) “The Walking Dead DARYL DIXON , Crossbow Bangle Bracelet Set of 2 ” (ダリル・ディクソン、クロスボウ・ブレスレット) クリックしてアマゾンへ↓ ↓


ダリルは、キャロル達と一緒に北の方角へと歩いていた。

すると森の中で木に縛り付けられ頭から血を流したセディクを見つける。

ミショーン「何があったの?」と聞くとセディクは、ヨロヨロと手を挙げると、指を指してアッチだと示す。

縄を解きセディクを連れてダリル達は、示す方向へと歩き出した。

森を抜け、広い平原へ出た。

そこは、リックとニーガン達が最後に戦った場所。

ダリル達が辿り着いた先にあるものを見て、皆が絶句した。

驚愕して何も言えず泣き崩れる者、歩けなくなり立ちすくむ者。

彼らが見た景色、

それは、壮絶な仲間の死だった。

仲間たちの首が棒に刺さって風に吹かれていた。

その首は、ウォーカーになり口をパクパクしている。

その頃、王国では、祭りの真っ最中で楽しそうに皆が笑っていた。

だが、その中に数人、仲間や家族や恋人がいないのに気づき、探している者達がいた。

 

ハイウェイマンのリーダーのオジー、

ハイウェイマンの部下に、

DJ、

フランキーに、

タミーローズ、

ロドニー、

アディー、

イーニッド、

タラ、、、

ダリルがキャロルの元に走って来た。

「見るな!君は見ちゃダメだ!」とキャロルの目の前を遮るダリル。

そこには、ヘンリーの首も刺さって風に吹かれていた。

 

王国に戻ったダリル達。

セディクは壇上の上で、住民達みんなに話し出した。

「僕は、皆に起きた事を話すために残されたんだ。あの時、いきなり背後から頭を殴られ気絶してしまった。気づくと、連れていかれた場所には、フランキー、ロドニーとアディーが人質になっていた。そこに、僕たちを探しに来てくれた、オジーやDJ、イーニッド、タミー、タラ、ヘンリーたちが助けようとアイツらと戦ってくれたんだよ。彼らは勇敢だった。本当に、、、でも、彼らの時は止まってしまった。彼らの犠牲の為に、僕たちはこの事を忘れずに彼らのためにも行きていかなければならないんだ。」とセディクは話した。

リディアは、ダリルに連れられて平原へ来た。

緑が広がる草原に、棒が逝ってしまった彼らの数だけ並んで立っている。

リディアは、向かって1番右端の棒のところへ行くと、ヘンリーの首があった棒を一瞬見つめ、首からネックレスを取り棒の根元に置いた。

リディアは、静かにダリルとその場を去った。

リディアのヘンリーに捧げたネックレスには、Hの文字が刻まれたコインが付いていた、、、。

スポンサーリンク

 

= Lyraの感想 =

悲しい。

分かっていた展開だけど悲しいよ。

無残な死は、The Walking Deadでは毎度のこと。

それに、今回よりも酷い仕打ちでギタギタにされたグレンやエイブもいる。

でも、人の死はどんなものでも嫌だ。

それが、大好きなメンバーの死、思い入れがなくてもファミリーで戦って来た仲間の死だから嫌でたまらない。

「たかが、ドラマじゃん」と馬鹿にする人もいるだろう。

そんな人には、今日の話は響かない。

分からないならアッチへ行って。

今日は、The Walking Deadが好きな人達だけで、The Walking Dead Family が好きな皆んなとだけで一緒に分かち合おう。

仲間の死を。

あの光景は嫌だ。

仲間の首を棒に突き刺さし、吹きっさらしの草原に置かれてるなんて。

キャロルがこれからどうなるか?

皆んなにも想像がつくだろう。

息子を殺された親がどうなるかわかるだろう。

アルファも親だ。

リディアを殺せなかったのは、母親の印だと感じ、Lyraは、少しだけアルファの心に近づいた気がした。

あの泣いたシーンも、娘との別れ、それに合わせた自分の孤独な未来を悲しんだのだ。

だから、親子の絆を切り裂いたヘンリーを殺した。

アルファは、親であるキャロルの事は、分かっていないのだ。

キャロルが普通の母親じゃないってことをね。

リディアが言う、自分の母親のイメージと同じだとアルファは知らない。

「ママを怒らせたら大変よ。敵には絶対に回したくない存在よ。」

そう。

キャロルがそうなのよ。

キャロルこそ、普通の主婦のような善人の顔を被った女戦士なの。

そんな女戦士の母親の愛情を踏みにじったアルファ。

彼女がどんな末路を辿るか、Lyraには見て取れるようにわかるわ。

来週でシーズン9は幕を閉じる。

この戦いは、たった一回では終わらない。

ニーガン達との戦いと同じように、次シーズンである、シーズン10に持ち越しになるだろう。

ただ、壮絶な戦いになる。

その前に、毎週恒例の、第15話のツッコミpointに行きましょう。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) The Walking Dead “Michonne” 1/6 Scale ABS& PVC& POM Action Figure. ミショーン アクションフィギュア、クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

 

☆Lyraのツッコミpoint ☆

①明暗の対比 →

The Walking Deadにある特徴の1つ。

楽しそうな家族や、愛し合う恋人同士がフィーチャーされたら、「その人たちは危ない」ってこと。

わざと幸せな場面を作り、殺される、と言うのがパターン化されている。

だから、イーニッド&アルデン、

リディア&ヘンリー

キャロル&江崎&ヘンリー親子、

アール& タミーローズ&アダムと名付けられた?赤ちゃん

たちは、怪しかったわけ。

明るい祭りをクローズアップするのもそう。

惨劇前の序章。

明るいのは今回でやり尽くしたから、次回は思いっきりズドーンと、暗黒がやって来るだろう。

貴方の好きなキャラクターは生き残れるかな?

②イーニッド →

イーニッドは、両親を目の前で殺された悲しい過去にも負けずに1人で生きて来て、カールと仲良くなり互いに惹かれあって、恋愛モードになりかけた信頼しあっていた仲だったのに、カールをあっけなく亡くしてしまった。

それでも医者になろうと健気に頑張って来たのに、、、何故?

何故、殺すよ?

TWDのスタッフ、よくやらかす、人選ミスを!

人選ミスって言い方悪いけど(笑)、犠牲者の選択を正しくやらないのよねっ。

今、このタイミングで消したらいけないのに、大事なキャラクターを簡単に殺す。

その一番良い例がカールだよ。

アレは間違い!

完璧なるミス。

それをまたやった。

何でイーニッド?

医者が、またいなくなるやん!

セディクだけで良いわけないでしょ、

女はらませて、ロジータの言うままにしてる男なんてな。

責任とれ、ボケ!

女を大切にしろ!

TWDのスタッフもよっ。

イーニッド殺すなら、代わりにアルデンを犠牲者にしなはれ。

だって、アルデンは不細工だし、そのくせカッコつけてるし魅力ないし、要らないわ。

日本では、アルデン好きな人いるみたいだけど。

要らないわ、要らないわ、いらないわ〜

③良いこと言うオジー →

オジー言う度にOzzy Osbourne 思い出すのはLyraだけ?

Lyraだけだろうな。ゴメン Heavy Metal好きだから。( ◠‿◠ )

オジー、ハイウェイマンのリーダーだけど、彼、良いこと言ってたよ。

ダリルが皮を被った奴らがいるって話をしたら、オジーが

「妙な時代の妙な処世術だな」ってね。

本当にそう思う。

ただのバイク乗りじゃなくて、考えている人ね、とわかるシーンでした。

④可哀相なハイウェイマンのオジー →

オジー、死んじまっただ。

映画見れずに、死んじまっただ。

出て来た意味を見出せずに、死んじまっただ。

スポンサーリンク

⑤江崎、何故、アルファが分からない?→

やっぱ、馬鹿なんだな、江崎。

江崎ファンには悪いけれど、危険がわかっている時期に祭りを決行するのもオカシイし、王の演技をいつまでも続ける江崎もオカシイ。

ジェリーや皆んなが望んでる、と話していたけど、悪い、ダメだわ、その演劇している生き方。

馬鹿なんだと思う。

演技してる間に、アルファの演技と変装を見破れないなんて、王の資格ない。

あんな気味悪い格好してる変な女いたら、普通の人ならば、アルファと分からずとも不信に思うはずよ。

江崎が気づいていたら、ヘンリーもイーニッドも死なずに済んだのにね。

⑥フランキー、いつの間に? →

ニーガンの妻だったマッサージ師。

いつの間に王国の住人になっていたの?

なんか、今回はアレッ?て人々が出てくる。

メガネっ娘アディーもそうだし、仲間のロドニーも犠牲者だけど、数集めみたいでなんか嫌ね。

⑦アルファの母の愛 →

リディアと2人きりでいたのだから、強いアルファならば殺せた筈。

それを殺さないのだから、誰が何と言おうとアルファには、まだ娘を思う愛があるのだろう。

⑧キスするリディアとヘンリー →

せっかく、愛を確かめ合ったのに〜。

邪魔する嫌な奴ら(男子2人組)を振り払って余計に絆が強くなり良かったな、と思ったら、これ。

リディア、1人でやっていけるか心配。

でも、コニーやダリルがいるから少しは明るいかな?

⑨マグナとユミコ →

Wow、やっとマグナとユミコのラブシーンが出て来たわーん。

早くしてよ、見せてよ、って意味なく言って来たLyraのリクエスト聞いてくれてありがとう!って感じ。

ちょっと、ぎこちなかったな。

と、贅沢言ってはいけませんか?

Lyraは、2人とも好きだから、もうちょい2人でいちゃこいているのを見たい。

マグナの熱い視線ぐわぁ〜!

ス・テ・キ。

てか、マグナどこ行ったの?

やばくね?

ユミコ探しに行きなさいよっ。

⑩時系列があっているのも妙→

The Walking Dead は意外とやらかしが多い。

カールが左目が悪いのに右目に包帯が巻かれて間違っちゃった、をやらかしてファンの人々に「アホか!」と指摘されたりと、かなりの勢いでドジる。

だが、今回は上手くハマっていてLyraはゾーっとした。

前に、リック達とニーガン達の戦争があったでしょう?

あの時にLyraがウィスパラーズの痕跡を見つけた!と言ったの覚えてる?

↓    ↓ 過去記事参照。ネタバレしています。

*【ウォーキングデッド シーズン9 新しい敵】 ニーガンその後、死亡者を紹介! ネタバレ Walking Dead9 deceased person, New Enemies

 

↑  ↑  この記事でLyraが指摘した場所に、棒がね、もう写っていた訳よ。

「予言してごめんなさい。」って気持ちにもなってしまい、見ていて凄く複雑な気持ちになりました。

あのリックが、ニーガン達とやりあってミショーンやマギー達と彷徨った平原で、今度は、イーニッドやヘンリーの首が切られて、あの棒に刺さってるなんてやり切れないわ。

あ、首切られてやり切れない、ってRAPみたい、、、Yo〜 Men!

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

あんな前からあった棒。

アレは、ウィスパラーズの境界線であり、斬首した首を見せしめにする場なんだよ。

これから、あの棒が縄張り争いの場になるかもね。

(click to amazo↓↓ ) “The Walking Dead, Three Zero, The Walking Dead:GLENN Rhee (1:6 スケール・アクション・フィギュア、グレン・リー) クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

今回は、ツッコミpointもシリアスになってついつい、力が入ってしまったよ。

Lyraの好きなStephen Kingと丸っきり同じことを言っていたから、それは嬉しかったの。

他にもLyraはLOVE×2が好きなんで、コニーとダリルが仲良し〜♪ も嬉しいし、

マグナが心配だが、ユミコと仲良しでラブラブしてくれ〜とも思っている。

余りにもアホな犠牲者を大量に出したTWDのスタッフに呆れてしまうが、来週の第16話でシーズン9は最終回だし、どうにか、見ている私たちが感動する終わり方をして欲しいですね。

もしくは、見ていて納得出来る終わり方をして、次のシーズン10へと綺麗に続くようにして欲しい。

前のシーズン8のような、ナアナアな終わり方や引っ張るだけのモヤモヤな結末はやめてねっ。

*『ウォーキングデッド シーズン9』第16話ネタバレ感想あらすじ Love Message 「アンタはどうして欲しいんだ?」 TWD9-16

 

最終回である、来週のシーズン9第16話も張り切って書くので遊びにきてねー!

楽しみに待っていてねん。

See you tomorrow !!

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪