【Twenty One Pilots / Heathens】 和訳 Intelligence meets Violence お利口さんがハメを外すと

New Comers 新参者だと思っていたらデビューから6年は経っていたという。

もう貴方達、中堅ね、って輩、ではなく(笑) Guys の話。

今日Lyraが和訳 & 紹介するのは、アメリカ合衆国 オハイオ州コロンバス出身のロック・デュオ Twenty One Pilots トゥエンティ・ワン・パイロッツTwenty One PilotsTWENTY ØNE PILØTS、時々TØPと略される。)。

スポンサーリンク

かなりのCoreなファンが付いている、2人組さん。

でも、元は3piece バンドで、2009年に大学の同級生だった、Vocalの Tyler Joseph タイラー・ジョセフ(写真で飛んでる方)と、元メンバーの Nick Thomas ニック・トーマス、 Chris Salih クリス・サハリで結成されたの。(Vocal 以外は2009年のアルバムリリース後、脱退した)。

現在は、2011年に House of HorsesのDrumsの Josh Dun ジョッシュ・ダンとの2人組になり固定されたみたい。

2009年12月に自主制作アルバム「Twenty One Pilots 」リリースや地道なツアーを重ねて2010年にメジャーヒットを当ててから、2012年にFueled by Ramenと契約。

翌年にグレッグ・ウェルズをプロデューサーに迎えた三枚目のアルバム『Vessel』をリリース

2015年にリリースしたアルバム『Blurryface』は全米1位を記録した。

 

チャートの常連に一時期なっていたから、彼らを知らい人でも、音はチラッと街中で聞いたんじゃないかしら。

その売れ線具合から、ちゃんと聞いたことがないロック好きさんからは、「ポップじゃないの?」と、犬猿されそうだけど、彼らの音はモノホンの悪よ(笑)。

ディープなオハイオ事情は知らないけど、悪さ具合がわざとらしく無くて歌詞を聞いててLyraは楽しいです。

歌い方も、ただもんじゃないの。

どんな歌か?

Lyraが言うただもんじゃない具合は?

については和訳の後に又お話しましょう。

今日Lyraが選んだのはTwenty One Pilotsのお初サウンドトラック収録されて、あと前に、このブログで紹介した曲、Avril Lavigne feat. Marlyn Manson 【Bad Girl】も入っていた 『Sucide Squad スーサイド・スクワッド』の曲、

【Heathens】です。(2016年)

( click to amazon ↓ ↓ ) Soundtruck CD “Suicide  Squad” クリックしてアマゾンへ ↓↓

新しいのにどこか懐かしい気もしちゃう不思議な魅力があるの。

Twenty One Pilots (stylized as twenty one pilots, and sometimes as twenty øne piløts) is an American musical duo originating from Columbus, Ohio.

The band was formed in 2009 by lead vocalist Tyler Joseph along with former members Nick Thomas and Chris Salih, who left in 2011, and currently consists of Joseph and drummer Josh Dun. The duo rose to fame in the mid-2010s after several years of touring and independent releases.

Heathens” is a song by Twenty One Pilots, released as the lead single for the motion picture soundtrack for the film Suicide Squad (2016) on June 16, 2016, through Atlantic Records and Warner Bros. Records.

The song was written by Tyler Joseph and produced by him along with Mike Elizondo. “Heathens” peaked at number two on the US Billboard Hot 100, tying with “Stressed Out” for the duo’s highest charting single to date. “Heathens” was nominated for three Grammy Awards at the 59th annual awards ceremony.

 

スポンサーリンク

= Heathens =

Chorus]
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don’t make any sudden moves
You don’t know the half of the abuse
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don’t make any sudden moves
You don’t know the half of the abuse

[Verse 1]
Welcome to the room of people
Who have rooms of people that they loved one day
Docked away
Just because we check the guns at the door
Doesn’t mean our brains will change from hand grenades
You’re loving on the psychopath sitting next to you
You’re loving on the murderer sitting next to you
You’ll think, “How’d I get here, sitting next to you?”
But after all I’ve said, please don’t forget

[Chorus]
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don’t make any sudden moves
You don’t know the half of the abuse

[Verse 2]
We don’t deal with outsiders very well
They say newcomers have a certain smell
You have trust issues, not to mention
They say they can smell your intentions
You’re loving on the freakshow sitting next to you
You’ll have some weird people sitting next to you
You’ll think “How did I get here, sitting next to you?”
But after all I’ve said, please don’t forget
(Watch it, watch it)

[Chorus]
All my friends are heathens, take it slow
Wait for them to ask you who you know
Please don’t make any sudden moves
You don’t know the half of the abuse

[Bridge]
All my friends are heathens, take it slow
(Watch it)
Wait for them to ask you who you know
(Watch it)
Please all my friends are heathens, take it slow
(Watch it)
Wait for them to ask you who you know
[Outro]
Why’d you come? You knew you should have stayed
(It’s blasphemy)
I tried to warn you just to stay away
(Away)
And now they’re outside ready to bust
(To bust)
It looks like you might be one of us

俺の友達は全員、野蛮人だよ、のんびり行こうや

アイツらが、君に知ってる奴はいるか?って聞いて来るまで待っていろよ

悪いけど、いきなり動かないでくれよな

もう。君は虐待される意味がわかってないよね?

スポンサーリンク

 

溢れかえるウチらのアジトへようこそ

かつてはこの部屋にいる奴らも愛する人がいたんだ

取り去ったんだ

ドアの所で銃確認をされるからな

俺たちの頭ん中の手榴弾の考えがなくなる意味じゃないぜ

君は隣に座ってる精神病者と愛し合ってるんだよ

君は隣に座ってる殺人者とやってるんだよ

君は思うだろう

「どうやってアンタの隣に座ってんだろ?」ってね

結局、俺が話して来たことを「どうか忘れずに」ってことさ

 

俺の友達は全員、野蛮人だよ、のんびり行こうや

アイツらが、君に知ってる奴はいるか?って聞いて来るまで待っていろよ

悪いけど、いきなり動かないでくれよな

もう。君は虐待されるって意味が分かってないよね?

 

 

俺たちは、よそ者とそんなに良くは付き合えないんだ

新顔は明らかに匂いで分かるんだとよ

説明しないけど、 君には問題があるんだろ

奴等は君の思惑はお見通しだってさ

 

君は隣に座ってるイカレタおかしな奴と愛し合ってるんだぜ

君は隣に座ってるこの世の物とは思えない奴等と出会うだろうよ

君は思うだろう

「どうやってアンタの隣に座ってんだろ?」ってね

結局、俺が話して来たことを

「どうか、忘れずに」ってことさ

( 見ろよ、見ろよ)

 

 

俺の友達は全員、野蛮人だよ、のんびり行こうや

アイツらが、君に知ってる奴はいるか?って聞いて来るまで待っていろよ

悪いけど、いきなり動かないでくれよな

もう。君は虐待される意味がわかってないよね?

 

 

 俺の友達は全員、野蛮人だよ、のんびり行こうや
(見ろよ、見ろよ)

アイツらが、君に知ってる奴はいるか?って聞いて来るまで待っていろよ

(見ろよ)

お願いだよ、俺の友達の野蛮人たちよ、のんびり行こうや
(見ろよ)

アイツらが、君に知ってる奴はいるか?って聞いて来るまで待っていろよ

(見ろよ)

何で君はここに来たんだ?

ここに止まるべきだって知ってたよな

(罰当たりだな)

近寄るなって警告したぜ

(逃げろって)

でも、今もう外で、奴等がブチのめそうと待ち構えてる

(ブチのめす)

君も俺たちの仲間の一人かもしれないみたいだな

Translator: Lyra Sky 和訳

歌詞は、書き下ろしなだけあってDC Comicsの悪キャラたちに合う仕上がり。

Lyraが一番好きなアメコミキャラクターのBatman の適役が集まったSuicide Squad  の仲間について歌っている。

だけど、歌詞の一部文が違うのもあるみたいね。

日本盤を買わないから知らないんだけど、歌詞の表記が違うのかしら?

You’re lovin’ on the psychopath sitting next you など三ヶ所が、

You’ll never know the psychopath〜にしてる人が日本は多いみたいなんだよね。

あと、Docked awayが look awayになってるのもあるんだよ。

 

だから、Lyraは聴いて みて You’re lovin’ on the psychopath sitting next you に聴こえるからこちらで訳しました。

やってる感じ。

この歌詞は、悪さばかりしてる自分の仲間を、新しく知り合った子に説明してるわけ。

「ヤバイ奴らだから、大人しくしてろよ」とアドバイスしながら仲間を 紹介しているの。

それは、映画の悪役達がフリークショー( 怪しい見世物小屋)ばりのキャラが濃い悪党や犯罪者を紹介しているんだけど、

実は、Twenty One Pilotsの昔からのDeep なファンのことを、最近、ヒットチャートなんかで知ったばかりの新しいファンに紹介している風でもあるのよね。

なんかね、「Twenty One Pilots」 や「TWENTY ØNE PILØTS 」「 TØP 」と書くのは良いんだけど、面倒臭いからと「21 pilots」書くとファンに怒られるんだよ。

マジ怖くない?

それだけ、彼らの事を愛しているんだろうね。

その気持ちわかるよ。

スポンサーリンク

 

彼らの魅力はワルな歌詞だけじゃなくて、曲の構成、作りがしっかりしてるから。

Twenty One Pilotsは、ピアノ、キーボード、ショルダーキーボード、シンセサイザー、ドラム(電子ドラム)、ボーカル、ウクレレとベースなどいろんな楽器、男をミックスしている多面的さがある反面、一番重きを置いているのは、Tyler が書く詩だ。

歌詞に重要性を感じているバンドが大好きだから、これはLyraにはかなりポイントが高い。

その歌詞は、長過ぎた場合は、ラップにする必要があると、ジョセフは言っていて、この曲もラップあるでしょう?

良い展開をもたらしている。

Lyraは、Tyler のラップがブラックぽくて好きだ。

ちょっとSting が真似して歌っていた歌い方に似てる気がする。

確か、Twenty One PilotsはThe Policeが好きだったよね。

リスペクトから、似てしまったのか?

または、意識してるのかもね。

 

Twenty One Pilotsの音楽性は、

オルタナティブ・ヒップホップ

エレクトロ・ポップ

インディー・ポップ、

ロックと言われているが、

今、お話したようにいきなりラップになったり、いきなりメタルぽくなったりする彼らの音楽性をカテゴライズするのは難しいだろう。

ただ、ファンやメンバーは、サブジャンルな「trash」とか、

「スキゾフレニア・ポップ(またの名をスキッゾォ・ポップ)」と位置づけている。

譲れないポリシーがあるんだろうね。

その多様性があるサウンドに乗る歌詞は、キリスト教神学についての引喩とについてのメッセージが多い。

日本人は仏教徒が多いが、神に強く日常的に信仰を表す人は少ない。

信心深いカソリックからしたら、現在の日本人は無神論者に近い。

多分、理解しにくいかもしれないね。

でも、彼らの歌詞を深くわかりたいひとは、全てのメンバーがキリスト教徒でもあるので、少し神について考えてみると、より深くTwenty One Pilotsを知れるでしょう。

 

このような特徴からLyraは、Twenty One Pilotsは最新型なミクスチャーサウンドのバンドだと言いたい。

最新式のようなシンセやギターサウンドを出したかと思うと、急に懐かしいレゲエ風になったりする。

歌詞は、若者のダークサイドを歌いかながらも、昔から心の支えである神を讃える。

最新式と昔からの王道なサウンドのごちゃ混ぜは、時代を超えて響き渡り、

若者の気持ちと、普遍的な神への信仰は、時代だけでなく国境を超えて轟続けるだろう。

それは、良いにしろ悪きにしろ貴方の中のくすぶっている想いを刺激してくれるかもしれない。

そして一度ハマったら、ズブズブとTwenty One Pilots の描く世界に取り込まれるだろう。

“君も俺たちの仲間みたいだな?”

“It looks like you might be one of us ?”

= Twenty One Pilots =

They put out two self-released albums, Twenty One Pilots in 2009 and Regional at Best in 2011, before being signed by Fueled by Ramenin 2012. Their label debut, Vessel, was released in 2013. The duo achieved breakthrough success with their fourth album, Blurryface(2015), which produced the successful singles “Stressed Out” and “Ride”. In addition, the single “Heathens”, recorded for the soundtrack of the film Suicide Squad, made the group the first alternative artist to have two concurrent top ten singles in the U.S. The duo has won a Grammy Award for Best Pop.

2009年に自費出版アルバム「トゥエンティ・ワン・パイロッツ」、2011年に「リージョナル・アット・ベスト」を発表。2012年にフュエルド・バイ・ラーメンと契約を結んだ。2013年、彼らのレーベルデビュー作「ヴェッセル」を発表。2015年、4枚目のアルバム「ブラーリーフェイス」で飛躍的な成功を収め、「ストレスド・アウト」「ライド」という2つのヒット曲を生み出した。

更に、映画「スーサイド・スクワッド」のサウンドトラック用に録音されたシングル「ヒーサンズ」は、アメリカで最高2位を記録。

オルタナティブアーティストとして初めて2つの曲を同時にBillboard Hot 100のトップ10入りさせた。バンドはグラミー賞に数度ノミネートされ、うち最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス(英語版)を受賞している

スポンサーリンク

メンバー

  • タイラー・ジョセフ (Tyler Joseph、1988年12月1日 – ) : リードボーカル、ピアノ、キーボード、シンセサイザー、ウクレレ、
  • ジョシュ・ダン (Josh Dun、1988年6月18日 – ) : ドラム、パーカッション、トランペット、コーラス

元メンバー

  • ニック・トーマス (Nick Thomas) : ベース、ピアノ、キーボード、コーラス
  • クリス・サリフ (Chris Salih、1985年9月18日 – ) : ドラムス、パーカッション

ファンダム

Twenty One Pilotsのもう一つの特徴に、スケルトン・クリークのロゴがある。

このバンドのファンダム(マーク)は、「 Skeleton Clique スケルトン・クリーク」と呼ばれているが、多くのファンは単に「クリーク(clique)」と呼ぶ。

スケルトン・クリークにはロゴが2つあり、長い縦の線にいくつかの短い横線が重なって表示されている。

左側にはエイリアン、右側には頭蓋骨のような頭がある。

 

Alternative logo used on the cover of Blurryface

According to the band, their purpose for making music is “to make people think”, as well as encourage them to find joy in what they come to believe in life.

 

Skeleton Clique logos

The band’s fandom has been dubbed the “Skeleton Clique” or just the Clique, in reference to the band’s use of skeleton iconography in many performances, graphics, and music videos. The Skeleton Clique are represented in the band’s official iconography by logos of a skull and alien head atop lines resembling keys.

Salih speculates that Tyler Joseph himself originally used the term “Clique” to identify with his fans.

During the 2017 Tour de Columbus, Twenty One Pilots hosted a public art show, dubbed “Artopia”, exclusively for Clique-related artwork at the Nationwide Arena.

On June 15, 2016, Twenty One Pilots tweeted a message in Morse code which read “takeitslow”, a lyric taken from the song “Heathens”.

On the same day, the song leaked onto the Internet. The following day, June 16, it was revealed that the song would be featured on the motion picture soundtrack for the 2016 American superhero film based on the DC Comics antihero team Suicide Squad. The soundtrack was released on August 5, 2016.

As I was writing the song I was like, I want this song to be a Twenty One Pilots song first. And I want it to resonate with our fans and make sense at our show. Even though the themes in the movie inspired the beginning of it, as the lyrics came together, and as the song came together, I realized, like, this was our song.

— Tyler Joseph speaking about the song.

“Heathens” is a rap rock song. It is played in the key of E Minor. The vocals in the song span from E4 to G5.

Band members

Current members

  • Tyler Joseph – lead vocals, piano, keyboards, synthesizers, ukulele, bass (2009–present)
  • Josh Dun – drums, percussion (2011–present)

Past members

  • Nick Thomas – bass, piano, keyboards (2009–2011), backing vocals (2009), merchandise distribution (present)
  • Chris Salih – drums, percussion (2009–2011)

Discography

  • Twenty One Pilots (2009)
  • Regional at Best (2011)
  • Vessel (2013)
  • Blurryface (2015)

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪