【Zodiac Mindwarp and the Love Reactions / Prime Mover】 和訳 Respect for Predecessors 人は見かけじゃないのよ、心意気

Heavy Metal, Hard Rockが好き。

それは、様式美やサウンドのダイナミックさが好きだから、、、

と言うのもあるけれど、笑えるくらいマジなイメージ作りを撤退しているところもかなりある。

今日は、その笑える話を体現していたバンドのお話をしましょ!

今日Lyraが和訳 &解説するのはイングランドのハードロック、ヘビーメタルバンドのZodiac Mindwarp and the Love Reaction ゾディアック・マインドワープ・アンドザ・ラブリアクション。

スポンサーリンク

Vocalistであり、フロントマンであるMark Manning マーク・マニングは、元々はグラフィック・アーティスト。

たまに、エディターの仕事をしていたり、音楽誌の仕事もしていたらしいが、昔ながらのRockerになりたい夢が諦められずに、バンドを結成してしまったのがこのZodiac Mind Warp and the Love Reactionなの。

見た目のワイルドさ、、、を超えた汚さや、

Heavy Metalお決まりの歌詞やイメージが、好きな人達のツボにはまる仕上がりになっているのが最高なバンドなの。

それも、Heavy Metal だけでなくHard Rockや Grum Rock, R&RやLA Metal, Garage Rockなど、あちこち聴いてきた音楽が好きな人ほど、聴いていて面白くなってしまうだろう。

そんなロック好きのハートをくすぐるZodiac Mind Warp and the Love Reaction  (長い!) の描く歌詞はどんなものか?

彼らが体現していたイメージとは?

については、Lyraの和訳の後にお話ししましょう!

今日Lyraが選んだ曲は、1987年シングルカットされた【Love Mover】。

( Click to amazon ↓ ↓ ) Debut Album “Tattooed Beat Messiah” CD                クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

アルバム『Tattooed Beat Messiah』に収録されている彼らの大ヒット曲だよ!

MTVにヘビロテだったから見たことある人もいるでしょう。

Zodiac Mindwarp and the Love Reaction are a British hard rock group.

The band is the brainchild of Mark Manning, a former graphic artist and art editor of the now defunct Flexipop! magazine. The magazine folded back in 1982 but the hedonistic lifestyle of the frequenting rock and pop stars to the magazine’ offices fueled his desire to experience the debauchery of life as a decadent rock star. He joined another music publication called Metal Fury as a graphic designer but would assume the alter ego Zodiac Mindwarp at night.

スポンサーリンク

= Prime Mover =

Yeah Yeah Yeah Yeah
Well I love TV and I love T- Rex
I can see through your skirt
I’ve got X-Ray specs
I came from the sky like a 747
I’m the bad boy baby I fell out of heaven
Sex fuhrer baby I’m a love dictator
Blitzkrieg romance I’m a cool dominator

P-R-I-M-E Prime Mover
Baby You’re M-I-N-E I’m The Groover

Well I’m Christ in shades I’m a Napalm God
Your lipstick flickers round my lightning rod
You fever pitch bitch you love to tease
Well I’m a Hot Dog Daddy up on your knees
Sex fuhrer baby I’m a love dictator
Blitzkrieg Romance I’m a living detonator

P-R-I-M-E Prime Mover
Baby You’re M-I-N-E I’m The Groover Yeah

Sex fuhrer baby I’m a love dictator
You’re a disco reptile a funky alligator

P-R-I-M-E Prime Mover
Baby You’re M-I-N-E I’m The Groover

オラ、オラ、オラ、オラ
なぁ、俺はTVとT-Rexが大大大好き
俺にはお前のスカートの中が丸見えなんだ
何てったってX戦を体に搭載してるのさ
俺は747星群みたいな星からやって来たんだよ
俺は、天国から脱落した悪い男の子なんでちゅ
セックスのナチスドイツの総統のお前、
俺は、愛の独裁者なんだぜ
集中攻撃の恋愛だが、俺はクールな支配者なんだ
極上〜な、原動力
カワイイ〜お前は、お・れ・の・も・の、俺はカッコイイ奴
スポンサーリンク
俺は影のキリスト
俺はナパーム弾の神さ
お前の口紅が、俺の避雷針の周りでチカチカするぜ
お前は熱狂した尻軽女、だからしつこくせがむのが大好きだ
それに、俺は、お前の膝の上じゃ、すご技を持ったパパだぞ〜
セックスのナチスドイツの総統のお前、
俺は、愛の独裁者なんだぜ
集中攻撃の恋愛だが、俺は、人間起爆装置なんだ
極上〜な、原動力
カワイイ〜お前は、お・れ・の・も・の、俺はカッコイイ奴
最高!
セックスのナチスドイツの総統のお前、
俺は愛の独裁者なんだぜ
お前はディスコの卑劣な奴、
ちょっと変わってるワニだな
極上〜な、原動力
カワイイ〜お前は、お・れ・の・も・の、俺はカッコイイ奴
Songwriter: Mark Stephen Manning

Translator: Lyra Sky 和訳

やり過ぎとは、こういうのを言うのでは?

Sex Maniacな奴らが、宇宙から来たよ〜て(実際は、この街に住んでいないってだけだろうけど)、お目当の女の人に言い寄っているわけ。

お笑い芸人みたいだけど、昔のヘビメタのミュージックビデオ見ると、こんなの序の口なのがわかるよん。

ε-(´∀`; )

それにしても、笑えるミュージックビデオが、お馬鹿丸出しで、映画に良く出てくるステレオタイプ(決まり切った)のHeavy Metal のPVだよね。

でも、これ狙ってやってるのが分かる。

Markがやりたいと思ったロック像は、キャッチーでありながら、王道なロックンロール調を、チラッとHM風にすることだったんじゃないかな?

Zodiac Mind Warp(長いから短くします )は、Lyraが前に紹介した  Motley Crueが大好きで特に『Girls, Girls, Girls』 がお気に入りだったと言うから、この女大好き路線はMotley狙いだった気がするよ。

「嫌めて、Motleyと一緒にしないで!」と言う人もいそうだが、「Sex Drug R&Rこそが、Rock」の風潮がメインストリームだった当時の雰囲気や、言いたいことは、同じだよ。

Motley  Crue は、カットオフからバイク乗り風に移ったように、

Zodiac Mindwarp は、歌詞のイメージに合わせて軍服アレンジや、当時メンバーが好きだったMad MaxのBiker Fashionをワイルドにしただけで、狙いは同じでしょ?

Zodiac Mindwarpは、マッドマックスの Post Apocalyptic つまり、世紀末のファッションをしていたわけ。

1999年になると、ストリート系ファッションになって寂しくなっちゃうんだけどね。

あのやり過ぎた感のファッションは彼らなりのDirty Rockだったんだ。

それに、マニアック過ぎるLyra。

嫌いじゃないのよ、VocalのMark Manningが。ひゃあー、変人。

いやらしい歌詞を書いて歌ってるけど、Lyraには几帳面で真面目なMarkが見えちゃってるんだよね。

元々グラフィックアーティストだったから、一々ファッションに凝り過ぎちゃったんだろうし、雑誌の編集やってたから、言葉選びがもう、真面目にまとめちゃっている。

見た目がやり過ぎたから、彼らに興味ない普通の人から見たら、バカないやらしい男なんだろう。

だけど、好きなLyraからすると、歌の、したがり乱暴男のイメージを守るために、独裁者や支配者、ナパーム弾とアーミー絡みから歌詞が逸脱してないのが、真面目だなあーと思っちゃうの。

真面目に言葉選びしてるんだよ。

そこがね、なんかカワイイ。

ただ、これ一辺倒だと飽きちゃうよね。

Heavy Metalの宿命か?

 

スポンサーリンク

長く続けていくのは、イメージ戦略もあるし大変だ。

Zodiacは、1988年あたりから、つまり、この【Prime Mover】リリースした後に Alice Cooperや、人気急上昇のGuns N’ Rosesとツアーやっていく。

超人気があったこの2つのバンドとツアーしていたなんて凄いし、期待の新人?だっだんだろう。

Alice CooperやGunsとやる前は、このブログでちょくちょく紹介している同じくイングランドのバンド、The Cultともツアー出回っていたと言うのだから嬉しくなってしまう。

The Cultも王道なハードロックを、途中から作り出したから、やはりZodiac Mindwarpもファッションをどけて(笑)、楽曲だけを聴いたらストレートなロックなんだよ。

 

( Click to amazon ↓ ↓ ) 1st Album “Tattooed Beat Messaih”   クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

 

初めて彼らを知った時、そのバンド名から凶悪な輩を演出してるのかしら?と、色眼鏡で観察してしまった。

普通は、このヘンテコなルックスに注目するだろう。

だけど、この見かけはLyraには見慣れているから普通すぎて、それより、Zodiacというんだから、あのアメリカの摩訶不思議事件とされている連続殺人犯の Zodiac か?

または、宇宙の黄道帯や、それに付随する12星座のことを言っているのか?

とドキドキしたの。おまけにマインドワープだからね?

SFやInner Space インナースペースに興味がある自分にとっては、大好物な名前だった。

おまけにLove Reactionなんだもの!

しかし、中身を開けて見たらサウンドはど真面目なハードロックと王道ヘビメタだったから、良い意味で機体を覆された。

宇宙は狙ってるぽいけれど、これもブリティッシュロックには当たり前なネタだから、決して色物バンドじゃなかったんだよね。

だから、この際、ミュージックビデオのお笑いドスケベなオッさん風は忘れて、よーく曲を聴いて見て!

そこには、昔ながらのストレートなロックの歴史が詰め込まれているのがわかるだろう。

それは、Zodiac Mindwarp and the Love Reactions のメンバーの聴いて来たルーツへのリスペクトの現れなんだ。

そう、Love Reactionなのよ。

ロックへの愛の強さを体現しているのよ。

彼らのサウンドは、ガレージぽくもあり、グラムぽいギラギラ感もあり、へビメタのイメージを貫きながら、プレイは王道なハードロックなんだよ。

だから、ベタなロックを聴きたくなった時や、

ヘビメタを聴きたいけど様式美が強すぎるのより、聴きやすいのが良いな〜、という時に、このZodiac Mindwarp and the Love Reactionを聴いてみて!

ロック好きの血が騒ぐよ〜。

真夜中のドライブだと、尚、サイコー!

これこそ、【Prime Mover】な動きで真夜中を突っ走れ!

yeah!

 

スポンサーリンク

= Zodiac Mindwarp and the Love Reaction =

 

Zodiac soon left Metal Fury and formed the Love Reaction in 1985 with Jimmy Cauty, who later formed The Orb, The JAMS (Justified Ancients of Mu Mu), and The KLF on guitar, Kid Chaos (real name Stephen Harris) on bass and Boom Boom Kaboomski on drums.

The band was signed to the Food label of Phonogram Records who soon issued their first recording, Wild Child with just Zodiac (playing guitar and vocals), Kid Chaos on bass and Jake Le Mesurier on drums. A demo version of “High Priest of Love” was included on the Melody Maker “Vinyl Conflict 2” free EP in September 1986. By the end of the year the lineup had changed again to accommodate the still present figure of Cobalt Stargazer (real name Geoff Bird) and new drummer Slam Thunderhide (real name Stephen Landrum). That lineup would contribute the studio track, “Drug Shoes,” to the FOOD “Imminent 2” various artists compilation.

At various times, the band has also featured Evil Bastard (real name Robert Munro who co-penned and sang on two notable B-sides: Hangover from Hell and Lager Woman from Hell), Heavy Metal Bear (real name Alex Bradly), Trash D Garbage (real name Paul Bailey), Flash Bastard (real name Jan Cyrka), Suzi X (real name Richard Levy), Tex Diablo (real name Christopher Renshaw), and Robbie Vom (real name Rob Morris).

Zodiac Mindwarp progressed rapidly from their first gig at Dingwalls in November 1985, to playing in front of a packed Reading festival in 1986 but was followed by the departure of Kid Chaos who joined the massive rock outfit The Cult .

Zodiac regrouped by assigning Trash D Garbage on Bass and Flash Bastard (Jan Cyrka) on rhythm guitar section. The expanded five member outfit all went on to record Zodiac Mindwarp and the Love Reaction’s debut album in 1988 entitled Tattooed Beat Messiah. Other band members playing bass include Suzi X, Tex Diablo and Kev Reverb. Previous drummers were Robbie Vomm and The Apocalypse.

Currentlineup

  • Zodiac Mindwarp (aka Zed) – vocals
  • Cobalt Stargazer – guitars
  • The Beast – bass
  • Robbie Vomm – drums

Zodiac Mindwarp and the Love Reaction play a sleazy style of commercial hard rock featuring big riffs and choruses, as was the trend in the band’s heyday of the mid-to-late 1980s and early 1990s.

 

( Click to amazon ↓ ↓ ) Picture Disc Zodiac Mindwarp and the Love Reaction                                                  クリックしてアマゾンへ↓ ↓

 

The camp lyrics are intended as self-parody, and can be seen as either humorous, or offensive by those who take them at face value, for their often lascivious and misogynist tone. Song titles like “Back Seat Education”, “Feed My Frankenstein”, “High Heeled Heaven”, and “Trash Madonna” illustrate Mindwarp’s tongue-in-cheek approach. Lyrical content also exhibits a send up of cult worship, often of Zodiac Mindwarp’s self-proclaimed raging libido, with Mindwarp claiming the titles sex fuhrer, love dictator, and high priest of love.

The act produced a UK Singles Chart Top 20 hit with the breakthrough record “Prime Mover”, a song that was inspired musically by Hawkwind’s 1977 track “Quark, Strangeness and Charm”, itself heavily inspired by the German group NEU!

They toured the US supporting Alice Cooper and Guns N’ Roses on dozens of dates in 1988. After a few gigs, they were moved up to the middle of the bill between Cooper and Guns N’ Roses.

Stargazer, Thunderhide and Bastard were also featured in the film “The Decline of Western Civilization Part II” performing with Slash and Axl Rose (from Guns N’ Roses) and Alice Cooper, in an encore from this tour featuring Cooper’s hit “Under My Wheels”. The Love Reaction’s 1987 album Tattooed Beat Messiah failed to sell well enough in the States, resulting in them being dropped by their record label with outstanding debts, according to Zodiac himself. The Tattooed Beat Messiah LP spawned 5 videos that received regular rotation on MTV’s “Headbangers Ball” and host Ricki Rachtman claimed the band as one of his all time favorites, and most underrated bands of the era.

Occasionally referred to as “biker rock”, the band’s style of hard rock is reflected in their outlandish attire, which tends to parody the post-apocalyptic Mad Max biker look. Mötley Crüe declared them to be their favourite band and immediately restyled themselves for the Girls, Girls Girls record.

They adopted a more common “street look” recently, circa their comeback, around 1999.

In recent years, Manning has established himself as an author, penning Bad Wisdom(1996, with Bill Drummond), Crucify Me Again(2000), Get Your Cock Out (2000), Fucked by Rock (2001), Collateral Damage, The Wild Highway (2005, again with Drummond). Manning is also a regular contributor to The Idler magazine.

スポンサーリンク

Members

・ Zodiac Mindwarp (aka. Zed) : Vocals

・Cobalt Stargazer: Guitars

・The Beast : Bass

・Robbie Vomm:Drums

Discography

・May. 1986 “Wild Child” (EP)

・Aug. 1986 “High Priest of Love” (EP)

・May. 1987 “Prime Mover”

・Nov. 1987 “Back Seet Education”

・Apr. 1988 “Planet Girl”

・     1993 “My Life Story”(EP)

Albums

  • Tattooed Beat Messiah (1988) – UK No. 20 (re-released in 1997 as The Best of Zodiac Mindwarp and the Love Reaction)
  • Hoodlum Thunder (1991)
  • Live at Reading (1993)
  • One More Knife (1994)
  • I Am Rock (2002) – (re-released in 2005 with 4 demo bonus tracks)
  • Weapons of Mass Destruction (live album) (2004)
  • Rock Savage (2005)
  • Pandora’s Grisly Handbag (1986 live album and DVD) (2006)
  • We Are Volsung (2010)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪